あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



6月、同級生5名がバリ島に来ます

6月になると小学生時代の同級生が5名、バリ島に来てくれる。
嬉しいことだ。
全員が73歳、若くはない。
どういう風にバリ島での滞在を楽しんでもらおうか....
バリ島のお寺とか、可愛い小物とか、興味がない筈だ。
考えた末に世界遺産めぐりを中心にスケジュールを組み立てた。
こんな風にだ(同級生に送ったパンフレットから...)。
d0083068_10551069.jpg

ただ、バリ島の世界遺産といっても、
日本から来る人は「棚田の景観」が世界遺産と思っている。
それは違う...ということが言いたくて、
パンフレットの末尾にこんなページを組み入れた。
d0083068_10423399.jpg
6月2日からの一週間....
同級生に楽しんで欲しいのは勿論だが、私も一緒に楽しみたい。

# by yosaku60 | 2019-04-10 10:40 | バリ島=知人の訪バリ | Comments(0)

統一地方選挙の結果が面白い

統一地方選挙の結果が出そろった。
私にとっては、願ったとおりの結果が出た。
私の願い....
以前に私が描いたつぎの図で説明する。
鎖が描いてある。
この鎖は「お金」「利権」「既得権」「しがらみ」を意味する。
こんな鎖はない方が良い。
下の図は、鎖が二本なくなっている。
「地方」と「国」の間に、しがらみがない....
の如く、鎖をできるだけなくするのが私の願いなのだ。
d0083068_10490800.jpg
で、今度の統一地方選挙だが、上の図の「将来」に掲げたとおり、
国政と地方の間が遮断された(即ち鎖がなくなる)ケースが散見されたのだ。
その例を挙げる。


1、北海道知事選挙

現職の高橋はるみの道政はどうだったか。一口で言って無策な道知事であった。観光開発に失敗し中国マネーに乗っ取られ、公共事業の入札を取り締まれず、財政破綻状態に拘わらず自分の退職金は3,600万円受け取り、次は参議院議員に立候補するという。まるで、大阪を破綻させた前府知事の太田房江と同じ穴の貉である。彼女は自民党公認であった。であれば、道民はもう自民党の道知事は嫌になるはずだ。だが、今回も自民党公認の鈴木直道が当選した。彼は自民党だから当選できたのではない。破綻した夕張市のかじ取りを曲がりなりにもやってきた経験、即ち財政の厳しさを知っている男として、前任の高橋はるみへの反面教師として選んだのだ。ただ、それだけでは言い表せないほど相手陣営との差が開いた。160万票対90万票。ほぼダブルスコアである。この原因であるが、私は北海道道民が「中国の進出」に恐れを抱いて来たためと思っている。というのは、相手陣営の石川知裕(小沢の元秘書)を推薦したのは、立憲民主、共産党、自由党、社民党の全野党だからである。いわゆる「中国色」に染まった政党の寄り合いである。石川が道知事になったら、今にも増して「中国マネー」が北海道に入って来て、いずれ乗っ取られると怖く思ったのだろう。私は映像で見ていないが、石川知裕は演説で「北海道独立」を訴えたらしい。中国マネーが今より以上に入って来ることを遮断する....私にとっては、上の図の鎖を断ち切ったと同じ意味だ。喜ばしいことである。


2、大阪クロス選挙

昨日書いたので多くは書かないが、松井一郎が大阪市長になり、吉村洋文が大阪府知事になった。相手側は自民党、公明党、立憲民主党、共産党、いわゆる「維新の会」を除く全政党だった。それなのに、大阪維新の会という地域政党の二人が当選した。国と地方の鎖が完全に切れた(ない)方が勝利したのだ。既得権の鎖が切れていても勝利することを証明できた。喜ばしいことである。


3、島根県知事選

自民党が推薦した大庭誠司と自民党県連が押した丸山達也....すなわち同じ自民党だが、「国」と「地方」との戦いであったが、制したのは「地方」の丸山達也であった。地方は中央とのパイプが大事、と言われた過去から脱し、地方自らの意志で知事を決めた。島根県と言えば、竹下元首相、青木元参議員を傑出した自民党本流の牙城である。その牙城が崩れたのだ。今やもうそんな時代ではない。地方と国の鎖が切れた典型例である。喜ばしいことである。なお、今回の選挙で竹下派(前の額賀派)の力が落ちたように思う。竹下派は半島勢がよりどころとする派である。日本と韓国の水面下の鎖が細くなるのではなかろうか。であればこれも喜ばしいことである。


4、福岡県知事選

過去自民党が押して当選した現職の小川洋と今回新たに自民党が推薦した武内和久の保守どうしの戦いであった。ただ、武内氏の自民党公認については麻生総理のごり押しがあった。いくら副総理でもごり押しは受け入れられない。地元は大いに反発し、地元が押す小川洋が4倍の大差で当選した。中央の権力に地元は屈しない。ここでも地方と国との鎖が切れた。喜ばしいことである。


5、和歌山県議選、二階俊博敗北

和歌山県議選の御坊市選挙区で共産党の楠本文郎が現職の中村裕一を破り当選した。ここは自民党幹事長、二階俊博の地盤であった。二階俊博と言えば、親中、親韓、ばりばりの男である。中国に行く時には何千人もの経済人を中国へのお土産として連れて行く。江沢民の銅像を田辺市の公園に建てようと画策したり、大規模年金保養施設として122億円で建てた「グリーンピア南紀」を中国のリゾート会社「BOAD」に一億6千万円で横流ししたりしている。当然に中国、韓国から見返りが入っている。ただ、中国は使い道がなくなるとポンと捨てる。今回、二階は地元の選挙戦に負け、3回も駆けつけた大阪の府知事選にも負けたことで、過去の神通力が落ちている。中国、韓国と二階の間の鎖が細くなるのだろう。であれば、喜ばしいことである。

地方との鎖が切れた国会議員はどうするか。
今まで国会議員は選挙区の地盤ばかり気にしていた。
世界のことなど何も考えないし知らない。
それではいけない。
外交ができない石破茂や小泉進次郎が首相候補とは...
なんと日本人は世界観に欠けているのだろうか。
経済、政治、外交、安全保障は「言葉遊び」ではない。
国会議員は世界のことが解らなければならない。
世界が解って初めて日本が見えるのだ。
日本が見えて初めて地方のことも見える。

てな、日本になって欲しい...
それに向かって、今回の統一地方選....
を契機に少し動いたように思えて、喜ばしい。

# by yosaku60 | 2019-04-09 14:20 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

リアちゃんは朝も働いてた

日曜の夜、森崎さんと飲みに行く店はいくつかある。
その中のひとつが「リアの店」.......
真ん中の人が、その店主のリアちゃん。
これでも3人の子持ちである。
d0083068_12521433.jpg
産後の肥立ちが悪く暫く静養していて最近再デビューした。
が、上の写真を撮った以降は暫く会えていなかった。
なんだか、又も病院へ戻ったような噂も聞いていた...
ところが、びっくり...
今朝のビーチの散歩時、突然に出会う。
d0083068_12573621.jpg
朝だけ、清掃のアルバイトをしているそうな。
ということは、元気になったようだ(相変わらずほそーいけど)。
まあ、働けるようになって...良かった。

# by yosaku60 | 2019-04-09 13:01 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

大阪から日本の夜が明ける

大阪府知事には大阪維新の会の吉村洋文が当選した。
大阪市長には大阪維新の会の松井一郎が当選した。
大阪府議会議員の半数以上を大阪維新の会が占めた。
大阪市議会議員のうち大阪維新の会の議員数が40議席となった。
過半数に2足りないが公明党の一議員に競り勝つなど善戦した。
そして、これら「維新の会」の勝利(得票数)は圧倒的だった。
私は、大阪の夜明け、そして、日本の夜明け、が来たと思った。
大げさではない。
そうなる。
その理由を書きたい。
まず、今回の戦いの構図を見て頂きたい。
こうなっている。
d0083068_11585504.jpg
かたや、「維新の会」と「憂国住民」と
こなた、その他全ての政党、団体、それらを応援するマスコミの全て....
    さらに、いつも日本や政権の悪口を言っている自虐派日本人、
    さらに、日本人の仮面を被った半島寄りの人、
    さらに、中国からお金をもらい恩義を感じている人....
との戦いであった。
右の枠は、お金がないグループ....
左の枠は、お金がありあまるグループである。
では、安倍総理はどちらを応援していたのか。
微妙である。
次の写真を見て欲しい。
d0083068_11594750.jpg
と言っている。
そう言わざるを得ないからそう言っているのか、
本当にそう思っているのか、最近の安倍総理の言動を見ていると判断に迷う。

ただ、選挙運動中、次のようなことがあって、安倍総理は怒ったらしい。
選挙運動中、自民党の柳本市長候補の票が伸び悩んだ。
その原因は、自民党が共産党と組んだことで世間が批判したからだ。
大阪の自民党は、その批判を消す為、次のようなパンフレットをばらまいた。
d0083068_13131391.jpg
自民党は共産党と組んでなどいません。
共産党と組んでいるのは、維新の党の方でしょう....
という訂正ポスターだ。
こんなのは嘘だということ、大阪市民はすぐに解る。
なにしろ、共産党が自民党の柳本を応援しているのを現場で見ている。
それに、住民投票は何回もやるもんじない、と安倍総理は言うはずがない。
彼は、法にのっとるなら何度やってもいいという主義だ。
要するに、安倍に了解を得ず勝手にこんなポスターを作りばらまいたのだ。
これには、安倍が怒ったらしい、そりゃ、そうでしょう。
このポスター、すぐにひっこめられたらしい。
今回、大阪自民党はこんな素人のようなミスをいっぱい起こした。
それが敗因のひとつに数えられている。
まず、候補者選びの最初からミスした。
大阪府知事の候補者だが、最初は青山繁晴参議院議員に白羽の矢をたてたらしい。
青山が受ければ、それは絶対に通るだろう。
しかし、彼は受けるはずがない。
そんなの私でも解る。
青山自身も語っている「あほか」....
青山に断られた自民党は、今度は辰己琢朗を狙った。
確かに辰己琢朗なら、吉村洋文といい勝負になるだろう。
が、自民党はおそまつだった。
辰己琢朗と松井一郎は、気心が知れた友人だった。
それに、大阪都構想については、賛成派だった。
そういうことも調べずに辰己琢朗を選んだのだ。
巷間聞こえるところ、辰己は松井にすぐに報告したとのこと。
ということで、皆さんご存知のように辰己琢朗は立候補を辞退した。
ここまでは良かったのだが、
自民党大阪府議会議連の幹事長の花谷みつよし...
d0083068_13315554.jpg
が、大阪市内での選挙運動の演説中に、
何を血迷ったか、辰己琢朗の悪口を言いだした。
甘口いっぱいで誘ったことを市民は知っていた。
これはおかしいと動画を撮った人が居る。
彼は辰己琢朗の娘さんの真理恵さんと友人だった。
で、この動画を真理恵さんに送ったそうな。
d0083068_11592371.jpg
それを伝え見た、辰己琢朗は怒ったそうな。
そんな話は、今の時代、すぐに世間に広がる。
で、花谷みつよしがどうなったかというと....
d0083068_11580151.jpg
自身が落選したのだ。
花谷みつよし、は、前の都構想論議で橋下徹と戦い抜いた男だ。
大阪市長に立候補した柳本あきらの先導者でもある。
ああいえばこういう、口先だけが鋭い男だった。
が、彼が抜けた大阪自民党は勢力半減だ。

今回の選挙戦を見ていて特に思ったことがある。
市民がデマに騙されなくなったことだ。
前回は、都構想が実現されると、
水道代が高くなるとか、税金が高くなる..
とかのデマが飛び、維新側を悩ましたが、
今回は、こうしたデマが飛ぶと、若者がすぐにツイッターで、
「デマですよ」と、注意喚起するので広まらなかったらしい。

こんなのがあった。
この山本かずお、という男は「大阪維新の会」ではない。
自分で「西成大阪維新の会」という名前をでっちあげ立候補した。
「だまされるなよ、みんな!」と、ツイッターで騒がれ、
1182票しかとれず、落選した。
d0083068_11581405.jpg
大阪市民は今やおばちゃんも甘くないのだ。
さて、今後、大阪はどうなるか。
それを占うために、今回に選挙の得票傾向を見てみたい。

1、府知事選、市長選、は圧倒的に「大阪維新の会」が制した。
2、府議会議員、市会議員の票数をひとりひとり辿ってみても...
  「大阪維新の会」は他党を圧倒した。
3、自民党支持者の半数以上が「大阪維新の会」に投票した。
4、組織票として「反維新」を貫けたのは公明党だけだった。

その公明党との関係はどうなるか。

1、公明党支持者の85%が「反維新(小西、柳本)」に投票した。
2、ただ、公明党は頑張ったものの維新票に遠く及ばなかった。
3、ということは、次に衆参同時選挙があった場合、
  公明党の小選挙区選出の現職議員4名は、もし日本維新の会
  から同地区に立候補者を出した場合、公明党国会議員は全員
  落選することが見えてきた。
4、公明党の小選挙区議員は現在8名だ。8名のうち4名落選すれば、
  半減ということだ。公明党にとっては由由しき問題だ。
5、公明党党首の山口那津雄が大阪に応援演説に来なかったのは、
  こうしたことが予想されたかららしい。
6、ということは、今後、大阪の公明党は大阪維新の会に極端な
  反発ができないという図式になる。

ということで、あらためて今後の大阪だが、
都構想の実現までにはいくつかのステップがある。

1、まずは法定協で区割りなどの制度案を策定する。
  今まで、ここで足踏みをしたが、府議会議員が過半数をとれたことで、
  法定協の委員数も過半数になりそうで、なんとかなりそうだ。
2、次に、府市両議会が制度案を承認する。
  府議会は問題ないが、市議会が問題だ。
  ただ、上記したように公明党が賛成し市議会も承認する可能性が高い。
3、承認されれば、それから60日以内に住民投票が実施される。
4、住民投票で都構想が賛成されたら、その後3~4年後に「特別区」再編となる。

ということだ。
この間、日本の国内にいろいろと影響を与えながら、都構想論議が進むと思う。
この、「いろいろと影響を与えながら...」というところが未知数で楽しいのだ。

例えば、次回の堺市長選では、絶対に竹山は落選する。
一億二千万円もネコババしておいて、いくら左寄りの堺市民も許さないだろう。
京都府は大阪府を見下しているところがある。
が、辰己琢朗が府知事か市長に立候補すれば、必ず当選する。
今回のことがあるので、大阪維新の会はこぞって彼を応援する。
かくして、大阪市、堺市、京都市、それに神戸市を入れれば、
当初の大都市=関西圏=800万都市が実現する。
日本がそろそろと動きはじめる。

# by yosaku60 | 2019-04-08 14:25 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

嬉しいことが重なる

昨日は嬉しいことが重なって在った。
一つは大阪の統一地方選挙で都構想派が勝利したことだ。
これについては、のちほど詳しく書きたい。
で、もう一つの嬉しいことだが、
日本語を学びたいと家に通ってくる生徒がひとり現れたことだ。
写真は、そのチェニンさん。
d0083068_09200269.jpg
今年の12月の日本語能力検定試験の4級に合格したいとの希望で家にやって来た。
実力テストをしたところ今から7カ月勉強すれば3級に合格できると判定した。
ウダヤナ大学に通いながらアルバイトをしている忙しい娘さんである。
私の家に通うのではなく宿題を出して家で勉強をしてもらう方法をとることにした。
週に一回、新しい宿題をとりに家に来てもらう。
勿論、都度、テストを行う....ガンバレ、チェニン。

# by yosaku60 | 2019-04-08 09:28 | 日本=その日のできごと | Comments(0)

バンジャールの労働奉仕について思う

バリ島の何がすごいか....
私は「バンジャールの絆(きずな)」だと思う。
バンジャール....日本語では「村落共同体」と訳されている。
バリヒンドゥー教の祭事を村落ごとに司る組織で...
1000年以上の歴史があってバリ島の社会に深く浸透している。
私の所属するバンジャールの名は「バンジャール・タマン」.....
所帯数約300のサヌールでは2番目に大きなバンジャールだ。

さて、今日は日曜日、
ビーチに行こうと家を出ると...
バンジャールの男衆が集まって町内を掃除している。
バンジャールの申し合わせによる掃除だということがすぐに解った。
何故なら、男衆がクメジャ(Kemeja)を着ているからだ。
d0083068_09540325.jpg
ここで、少し、バリ人の民族衣装を述べておきたい。
バリ人の女衆の着る衣装は、クバヤ「Kebaya」と言って有名だ。
で、男衆の着る衣装であるが、
1、通常のバンジャールの行事では、クメジャ「kemeja」を着る。
2、寺の行事で集まる際は、バジュサパリ「Baju Sapari」を着る。
3、バジュサパリは神の前に出るので白色でなければならない。
4、クメジャは、そんな決まりがなく自由である。
5、どちらも頭にウダン(Udeng)を被る。
6、バジュサパリを着る時は白色ウダンを被る。
の決まりがある。

だが、次の写真を見て欲しい。
右の男はウダンを被っていない。
バリヒンドゥーではいろいろな決まりがあって厳格だ。
が、その決まりを少々破る人がいても責められない。
厳しいけれど、おおらかなのだ。
d0083068_09474566.jpg
こうした、おおらかに受け入れること....
日本人は余り得意ではない。
ルーズだと言って非難する。
d0083068_11345868.jpg
「絶対にみんなと同じでなければならない」...という中の、
「絶対」が日本人には強すぎる。
こうした「絶対」はバリの社会にはない。

集団を統制するには厳しさが必要だ。
が、厳しいだけではやってゆけない。
バンジャールは、1000年以上も続いている。
日本で言えば平安時代から続いていることになる。
時の長さの意味するところは大きい....と思うのだ。
d0083068_11455537.jpg
ここにもウダンを被らない人(右端)がいた。
ばかりか、クメジャを着ていない人(空色シャツ)もいた。
みんなまとめて許される....これがバリ島のバンジャールだ。

d0083068_11532342.jpg
ビーチに行く間に町内清掃中の女の衆とも出会った。
ここは「バンジャール・バトジンバル」。
地主が多い土地柄、お金持ちが集まるバンジャールだ。
バンジャールによって、それぞれ特徴がある。

d0083068_11521856.jpg
バリヒンドゥー社会は全てを包み込みながらも色鮮やかである。

# by yosaku60 | 2019-04-07 12:06 | バリ島=バンジャール | Comments(2)

今朝の散歩(公営質屋の創立記念日)

朝の散歩でムルタサリに着くと、
広場が車だらけのバイクだらけの人だらけ...
聞くと「PEGADAIANの創立記念日」のお祝いらしい。
PEGADAIAN....
家の近所にも支店がありますが「公営の質屋」です。
日本にはありませんよね。
インドネシアでは、必要です。

お店も出ていました。
バリのバテック(布生地)が人気です。
d0083068_12200289.jpg
あちこち、自撮り人だらけ....
d0083068_12145687.jpg
私好みの美人....
が、買うモノがありません、残念。
d0083068_12204483.jpg
買うモノもなく、早々に、ラクダ公園に....
運のいいことにセキュリティーが知人(後方)....
入場料を払わなくとも入れてもらえます。
d0083068_12234261.jpg
顔見知りのスタッフがいる。
おはようさん、忙しそうだね...
「今晩は500人のお客が来るんですよ」
ええ、中国人?......「いいえ、バリ人」
d0083068_12290912.jpg
ラクダ小屋に行こうとすると、放し飼いの馬がいる。
2回噛まれたことがあって、馬は怖いのだ(笑)。
おそるおそる、後ろをとおり抜ける。
d0083068_12310446.jpg
久しぶりに見るラクダ、毛並みが良くない。
それより気になる、ズリ落ちそうなズボン...
d0083068_12324920.jpg
帰り際、カミさんに撮ってもらう。
d0083068_12334953.jpg
他愛ない今朝のひととき....オワリ。
# by yosaku60 | 2019-04-06 12:44 | バリ島=ちょっとびっくり | Comments(0)

吉田さんは10年前とおんなじ...

今朝のビーチは吉田さん....古い友人
森崎さんと3人でスラウエシ島で遊んだ仲...
とご一緒しました。
d0083068_10010198.jpg
3人でスラウエシ島に行ったのは2009年12月...
ということは、おおよそ10年前の話です。
吉田さんはその時と余りお変わりありません。
が、私の方は....
いっぱいお変わりあるようです(笑)。

# by yosaku60 | 2019-04-05 10:03 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

見失った日本を好きなバリ人

こんなステッカーを貼った車を見た。
d0083068_09012309.jpg
車から降りてきたのはイケメンの若いバリ人。
どうしたの、これ! と聞くと、
「日本、大好きなんです」と言って走り去ってしまった。
何か急いだ用事があるようだ。
車の前にも、こんな日本語が書かれていた。
d0083068_09052340.jpg
沖縄の方言で「なんとかなるさ」という意味らしい。
青年の帰りを待ってみるも、どこに消えたのか戻って来なかった。
バリは小さい.....まあ、いつか会えるだろう。

# by yosaku60 | 2019-04-04 09:08 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

幸せな73歳

机に向かっていると、突然、後ろから歌声が聞こえてきた。
ハッピバースデートゥーユウ ♫♫
アリ(右)とオミン(左)がケーキを持って歌いながら入ってきた。
びっくりしたな、もう....でも、ありがとう。
d0083068_12164949.jpg
otanjyoubi omedetou yoshi yoji
d0083068_16191201.jpg

アリの誕生日は4月23日、オミンは6月14日。
お返しを忘れないように、ここに書いておく。

# by yosaku60 | 2019-04-03 12:17 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

都構想からみえるもの(その5;もしかしたらの夢)

後ろ向きな話ばかり書きたくない。
ぱーと明るい話を書きたい。

もし、吉村大阪府知事と松井大阪市長が当選したら......

大阪維新の会、日本維新の会は生き残れる。

その上で、大阪維新の会の
府議会議員が議会の過半数をとれたら....

都構想への挑戦ができる。

更に、大阪維新の会の
市議会議員が議会の過半数をとれたら....

大阪都構想が実現に向かって動きだす。
来る同時選挙で日本維新の会の国会議員が増える。

日本維新の会の党勢が伸びたら....

国政における公明党に維新の会がとって変わる。
公明党が安倍政権の邪魔ができにくくなり、
憲法改正に反対を唱えにくくなる。
憲法改正が実現に向かって動く。

憲法改正ができたら....

世界の日本を見る眼が変わる。
日本人が日本という国に自信を持つようになる。


......

てなことは夢の夢だろうが、
しばらくは、こんな夢をみさせて欲しい。

# by yosaku60 | 2019-04-02 20:35 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

千円で泊まれるお宿

友人から聞いた情報です。
私の家の近所に千円で泊まれるお宿があるのです。
どんなボロボロな処かと思えば、さにあらず、
お湯が出て、冷房があって、プールがあって、朝食までついているのです。
写真で紹介します。

ロビー
d0083068_09565271.jpg
貴重品ロッカーがあって安全です。
d0083068_09552683.jpg
ベッド
d0083068_10092430.jpg
清潔そうです。
d0083068_09573634.jpg
シャワー
d0083068_10064800.jpg
トイレ
d0083068_10071328.jpg
プール
d0083068_09593795.jpg
朝食....果物までついてるんです。
d0083068_10003027.jpg
実際には100000ルピアと書いてあるので、
日本円にしたら、750円になります。
知りませんでした。こんなところがあるなんて!

# by yosaku60 | 2019-04-02 10:03 | バリ島=ちょっとびっくり | Comments(0)

73歳になりました

新しい年号が「令和」に決まりました。
響きの良い年号です。
4月1日、本日が私の誕生日です。
73歳になりました。

あるお方から、こんな大きな鯛を頂きました。
焼酎も、そして大きな活き海老をこんなにも頂きました。
果報者の73歳です。
d0083068_15100397.jpg
朝起きると、カミさんから祝いの言葉がありました。
喧嘩ばっかりしている夫婦ですが嬉しい言葉でした。
「73歳まで生きられてよかったね」
つくづく、私もそう思っています。
振り返って過去を思い起こすと、
幼い時も....
学生時代も....
会社員時代も....
放浪時代も....
そして今も...いつもいいかっこしいでわがままでした。
こんな過去を背負いながら今は幸せに過ごせています。
なんと運の良い人生なのでしょう。
十分長く生きてきました。
今は余分の人生を生かさせて頂いております。
感謝しながら力を入れず惰性で余生を送りたく思っております。

# by yosaku60 | 2019-04-01 15:29 | 日本=人生のかかわり方 | Comments(4)

初めて食べました「Sukun」

日曜日、コミン(右)とトニッ(左)が家に遊びにきてくれました。
中央の皿に盛り上がった白いのはコミンが蒸してくれたものです。
スクン(sukun)というのだそうです。
d0083068_10152615.jpg
拡大してみます。
こんなんです。
d0083068_10164492.jpg
初めて食べました。
味がなく、ほくほくなだけの里芋のような感じです。
バリ人は砂糖をつけて食べますが、私は醤油をつけて食べました。
なかなかいけます。
切る前は、こんなんでした。
20cm径ほどの大きさです。
d0083068_10214484.jpg
値段は一個7000~10000ルピア(50~80円)。
季節モノなので、この時期しか売っていないそうです。
蒸しても揚げても、何をしても食べれます。
バリの食べ物(果物)は、奥が深い...
まだまだ食べてないモノがありそうです。

# by yosaku60 | 2019-04-01 10:25 | バリ島=社会・生活 | Comments(2)

都構想からみえるもの(その4;共産党と自民党が組む理由)

大阪府知事、大阪市長の選挙では、
大阪維新の会とそれ以外の全ての党との争いになっている。
反維新として、自民党、公明党、立憲民主党、共産党がタッグを組んでいる。
これら反維新が何を目的に協力できるのかを検証してみたい。

検証するには2回に分けて見ると解りやすい。
まずは「日本を潰したい」理由で集まる輩である。
d0083068_16421331.jpg


次は、大阪維新の会を潰そうとする輩である。

d0083068_16451590.jpg


ということで、その1とその2を合わせて、
大阪維新の会に皆が寄ってたかって反発するメカニズムだ。

# by yosaku60 | 2019-03-31 16:47 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

日曜の朝のビーチを散歩する

昨夜は夜の9時頃から、
これがバリの雨季と言わんばかりの「どしゃぶり」....
が止んだ今朝方、空気が澄んで太陽がいっぱい...
のビーチを散歩しました。

アグン山がきれいに見えて...
d0083068_11412490.jpg
7時半という時間、既にビーチには人が集まって...
d0083068_11423563.jpg
海に入って、食べるのは...
d0083068_11453122.jpg
おばさんが売るルンピア(春巻き)だったり...
d0083068_11464826.jpg
サティアヤム(鶏肉の串刺し)だったり....
d0083068_11475126.jpg
歩く人は、人種もばらばらで、そんな中....
d0083068_11503223.jpg
カミさん(左端白シャツ)は、どんどん私よりも前を歩いて...
d0083068_11523681.jpg
とうとう見えなくなっちゃって.....
d0083068_11535880.jpg
やっと捕まえたのが、ゴール地点のお店の前...
d0083068_11560315.jpg
疲れました。
昼は、暑くなりそうです。

# by yosaku60 | 2019-03-31 11:57 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

都構想から見えるもの(その3;何故に都構想に再挑戦するのか)

大阪都構想は以前に住民投票をして敗北している。
それをもう一度やることに世間の批判が多い。
批判する人は二度目の挑戦をすることになった経緯を知らない。
また大阪府知事と大阪市長のクロス選になった。
こうなったのは公明党に約束を反故にされたからだ。
この約束の経緯も余り知られていない。
二つを一緒に説明する。


大阪の二重行政の実態。

大阪都構想の目的はいくつかあるが、最も大きなことは二重行政解消だ。
それに対し、自民党は二重行政はないと言う。
次のプラカードを見て欲しい。
d0083068_11274079.jpg
これらは自民党の府議会議員が賛同しているが、
自民党の市会議員が反対しているものだ。
自民党の中でこうした二重行政がありながら、それを言われると黙る。
不利になると黙る....大阪自民党は口先ばかりだ。


「大阪会議」を自らがボイコットした自民党....

二重行政はあるのだ。
こした二重行政をなくするため、大阪維新の会は「大阪都構想」を訴えた。
自民党は「大阪会議」を設けて話し合えば二重行政は防げると主張した。
都構想は住民投票で敗れて自民党案の「大阪会議」に進んだ。
「大阪会議」での決定は多数決ではなく全員賛成が原則だ。
d0083068_10052168.jpg
最初の「大阪会議」で意見が紛糾した。
その後、自民党公認の堺市長が出席しなくなった。
自民党は話し合いを提案しておいて自らがボイコットした。
「大阪会議」が頓挫した。


府知事・市長選で再度「都構想」を訴える。

2015年11月、大阪府知事選挙と大阪市長選挙があった。
「大阪会議」が頓挫したので二重行政を阻む手立ては「都構想」しかない。
大阪維新の会から立候補した松井と吉村は、住民に訴えた。
設計図を書き直すのでもう一度「都構想」に挑戦させて欲しい!
結果は次の通り、大阪府知事選も大阪市長選も大差で維新が勝利した。
「都構想」を訴えての大差の勝利であった。
都構想に再挑戦することの民意が募ったのだった。

(大阪府知事選)
松井一郎 2025387票(64.1%).....当選
栗原貴子 1051174票(33.3%)
美馬幸則  84762票( 2.7%)

(大阪市長選)
吉村洋文  596045票(56.4%).....当選
柳本顕   406595票(38.5%)
中川暢三    35019票(2.7%)

その後、松井、吉村の二人は公約どおり「都構想」に邁進した。
府政、市政をしながらの「都構想準備」であった。
設計図は、大阪市を4つの特別区に分けることで描きなおした。


公明党は「いずれ住民投票をする」ことを約束した。

住民投票にまで持ってゆくには大きな関門がある。
「法定協議会」を通過しなければならないのだ。
法定協議会を通過するには維新だけでは数が足らなかった。
鍵を握るのは公明党だ。
こんな構図になる。
d0083068_18110340.jpg
その公明党だが、先の選挙で維新の力を知った。
維新に賛同した方が公明党のためになる。
そう思った公明党は次の約束をした。
「改選の前までには法定協議会を通しましょう」
そして、その約束を書面にして松井府知事に渡した。
但し二つの条件があった。
1、この約束をしたことは秘密にして欲しい。
2、法定協議会では「総合区制度」も議論して欲しい。
大阪維新の会は公明党との約束を得れたので都構想に邁進した。
同時に公明党との約束の「総合区制度」も議題に揚げ検討した。
だが、途中から公明党の雲行きが怪しくなった。
最後は賛成してくれるはずの公明党の意識が変わったのだ。


約束を破った公明党...その理由。

大阪の地元公明党の本心は、都構想反対だった。
何故なら、現在の地位を失うからだ。
制度が変わって再選挙した場合、当選できるかどうか解らないからだ。
本心はそうであったが、公明党本部の思惑があって簡単ではなかった。
何故なら、国政選挙は別だった。
公明党の衆議院議員は「維新の会」の協力を得て当選していたからだ。
公明党における小選挙区での衆議員議員数は次の8名だ。
北海道=稲津久、 東京=太田昭宏
近畿(大阪)= 佐藤茂樹(3区)、國重 徹(5区)、
伊佐進一(6区)、北側一雄(16区)
近畿(兵庫)= 赤羽一嘉(2区)、中野洋昌(8区)
8名の内、大阪から半数の4名の当選者が出ている。
なぜに4名も当選できたか、
大阪維新の会がこれらの区に候補をたてないからだ。
まあ、所謂、選挙協力だ。
こんな理由があって維新の会には気遣いをしていたのだ。
だが、その気遣いを止めることにした。
最近は、維新の勢力が落ちてきたからだ。
公明党は、決断した。
もういい、維新との約束は反故にしよう。


維新にとって民意を問う以外に方法がなくなった。

公明党は「改選の前までには法定協議会を通しましょう」.....
との過去の約束を反故にした。
具体的には法定協議会での都構想論議に邪魔を入れたのだ。
松井、吉村にとって、法定協議会が進まなければ都構想も進まない。
もう一度、府民市民に民意を問うしか方法がなかった。


何故にクロス選をするのか。

大阪市長の吉村が辞任し、大阪府知事に立候補する。
大阪府知事の松井が辞任し、大阪市長に立候補する。
所謂、クロス選だ。
何故にクロス選に挑んだのか。
野党は党利党略というが、それは違う。
このまま行っても12月には大阪府知事、大阪市長の選挙がある。
その時は、選挙費用がかかる。
4月の統一地方選挙と12月の知事市長選挙の2回分の選挙費用がかかる。
2回分の選挙費用が1回になれば当然に経費は節減できる。
クロス選にすれば、選挙費用をミニマイズできるのだ。
大阪維新の会の本分は税金の無駄遣いをなくすることだ。
この時期に選挙を行えば本分どおりとなるのだ。
もうひとつ、理由がある。
任期が新しくなることだ。
クロス選でないと再任だから任期は今年12月までとなる。
クロス選の場合、任期は今より4年となる。
二人とも当選すれば、都構想に向けて戦える時間を得れるのだ。
d0083068_11284549.jpg
私は、都構想を大阪だけに捉えていない。
日本の地方自治、翻って、日本の形が変わる一歩だと思う。
リーダーが何人もいての話し合いでは、最後は決まらない。
船頭が多いと船は陸に乗り上げてしまう。
改革を決め前に進むには一人のリーダーに委ねねばならない。
そのリーダーがだめなら選挙で交代させる。
それが究極の民主主義だ。

# by yosaku60 | 2019-03-30 11:10 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

野菜の値段

最近、嬉しいことがある。
カミさんが朝のビーチ散歩の帰り道、
市場で野菜を買うようになったことだ。
今まで外人専用のスーパーでしか買わなかったカミさん。
やっと「バリ人仕様」に馴染んでくれるようになった。

で、ここは、サヌールで一番大きな「シンドゥー市場」。
d0083068_10164758.jpg
買い物の仕方で最も大事なことは、
「キロいくら」と尋ね、その上で「半キロ」を買うことだ。
(二人の生活では一キロは多すぎるので...)
ごまかされない方法だ。
次に大事なのは、
良心的なおばさんを見つけたら同じ店に通うことだ。
安心して買い物ができる。
私の場合、このおばさんだ。
d0083068_10273761.jpg
さて、今朝、買った野菜は次の通り....
d0083068_10285705.jpg
パパイア1個;140円
アボガド2個;80円
玉ねぎ4個;110円
ジャガイモ6個;120円
ニンジン4本;100円
キュウリ2本;40円
白菜一把;50円........の計640円の買い物でした。

# by yosaku60 | 2019-03-29 10:39 | バリ島=物価・修理費 | Comments(0)

都構想から見えるもの(その2;大都市法)

都構想を掲げて再チャレンジしている大阪維新の会。
「大都市法」という法律のもとで都構想にチャレンジしている。
大都市法は、都構想の「そもそも論」なのに余りにも知られていない。
都構想のことを批判する人は、この「そもそも論」を語れない。
というか、知らないし、知ろうとしない。
で、今日は「大都市法」の勉強だ。


政令都市って何ですか。

人口が50万人以上の市で政令で指定されたものを政令都市と言う。
日本で20の政令都市がある。
d0083068_10010831.jpg
政令都市は普通の市と何が違うのですか。

権限の大きさが違う。普通の市は都道府県の配下にある。政令都市は都道府県から多くの権限を委譲されているので、都道府県と同等と見做される。端的に言えば、都道府県の指示に従わなくとも独自の判断ができる。


大阪府と大阪市は、何が問題なのですか。

近い、狭い、ところに同程度の予算を持つ、二つだから問題があるのです。
数字で見てみます。
d0083068_09363400.jpg
大阪府は最も狭い面積なのに上から2番目の人口がいる。
しかも二つの政令都市(大阪、堺)が隣接している。


「大都市」って何ですか。

政令都市と隣接の自治体の人口が200万人以上の処をいう。
札幌、さいたま、千葉、横浜、川崎、名古屋、京都、大阪、堺、神戸....
の10市が大都市である。
ひとつひとつを見てみる。
札幌はおおきな北海道の中にポツンとある大都市だから権限がダブらない。
さいたま、千葉、横浜、川崎は、東京都圏だ。
東京圏には、東京と言う大権限を持つ都市が中央にある。
東京と言う「大きな都」の衛星都市という立場にあるので権限がダブらない。
京都、大阪、堺、神戸は、関西圏だ。
関西圏の中核は大阪府であるべきだが、規模が小さく中核になり得ない。
京都は京都府という大きな面積の府の中にあるので権限がダブらない。
神戸は兵庫県という大きな面積の県の中にあるので権限がダブらない。
問題は大阪と堺である。
二つを包む大阪府は小さい。
都道府県の中では、下から2番目だ。
d0083068_10391102.jpg
この狭い大阪府の中に日本で2位の人口を持つ大都市=大阪市がある。
(一位;横浜=370万、二位;大阪=270万、三位;名古屋=230万)
狭い大阪府のど真ん中に大きな大阪市があって両所の予算も伯仲している。
権限をめぐって争いごとが起こって当然だ。
争いが絶えず無駄が多すぎるので「府市合わせ=不幸せ」と呼ばれている。
所謂、二重行政だ。


「大都市法」って何ですか。

大阪のように二重行政で無駄が生じてる現象を解消するために作られた法律だ。
政令都市と隣接自治体の人口が計200万人以上の地域は市町村を廃止して特別区を置くことができる、とする法律だ。
民主党政権下の2012年8月、民主、自民、公明など各党の賛成で成立した。
この時、おおさか維新の会はあったが、まだ国政に参加していなかった。
「維新の会」がなく、民主、自民、公明など各党の賛成で成立した法律だ。


昔は賛成、今は反対...おかしいと思いませんか。

「大都市法」は二重行政の無駄をなくするためにできた法律だ。
この法律は、民主、自民、公明など各党の賛成で成立した。
それなのに見て下さい。
今、大都市法の下の都構想に反対するのは、民主、自民、公明なのだ。
いや、それだけではない。
おおさか維新の会以外の全ての団体が反対しているのだ。
野合である。
d0083068_12030221.jpg
2012年、法律を作る時はみんなで賛成した。
それから7年、その法律を実行しようとすると反対する。
過去は何だったのだ。
現在との関連を説明できないだろうに!


堺市長もこの野合から生まれた。

おおさか維新の会以外の全ての団体が野合した例がある。
2年前の堺市長選だ。
野合が成功し竹山市長が誕生した。
お金に汚れたとんでもない市長だ。
野合で当選した竹山市長は全団体から守られ勝手放題をしている。
用途不明のお金、1億2千万円を使っても、議会から守られている。
堺市民は知っているのだろうか。
おおさか維新の会の議員が市議会で追及してものらりくらり逃げる。
他党が追求しないので、不信任決議案を提出しても通らない。
今頃、竹山は後ろを向いて舌を出して笑っているに違いない。
みなさん、竹山ってこんな男なのですよ。
これは、昨年の始め、関西生コンにガサ入れがあった時のものです。
d0083068_11264745.jpg
画面の一部を大きくしますね。
竹山おさむ、のポスターが見えるでしょう。
d0083068_11290102.jpg
関西生コンを経由して、韓国、中国から、選挙資金が入っているのだ。
維新を除く全ての政治団体が応援し、おまけに潤沢な資金がある。
この時の選挙戦だが、堺市民の個人宅に毎日の様に維新批判のチラシが届いたそうな。
資金潤沢だからできる技だ。
それに怖いのは、韓国系、中国系の応援には選挙違反が適用されないことだ。
沖縄の選挙違反が摘発されないのと同じ構造だ。
さて、
現在の大阪市の市長選挙...
この時の堺市長選の再来のように思うのだ。
大阪市の人、こうした事実に気づいているのだろうか。




さて、今日の主張はここで終わり。
これからは軽く流すだけ(読み物として)。

前回の大阪都構想の住民投票の時の話だ。
あの時、都構想反対の人のもっとも多い反対理由は
「住民サービスが低下する」だった。
おかしい。
大阪市は、270万人いる。
それを4つの特別区に分けるので、ひとつの区は60~75万になる。
管轄する人数が少なければ少ないほどサービスが行き届く
あたりまえだ。
特別区長は選挙で選ばれる。
もし、サービスが行き届かないなら選挙で落とせばよい。

また、こんな話もあった。
「都構想」....大阪が「都」になる訳がないじゃないか。
これもおかしい。
大都市法には、次のように書いている。
「特別区を包括する都道府県は、地方自治法、その他の法令の適用について都と見做す」
法律に「都と見做される」と明記しているのだ。
「大阪都」と言う名前ではないが、「大阪都」と見做されるのだ。
名前よりも「実態」が大事だ。
「実態」が大事なことを大阪の特におばちゃんが解っていない。
(おばちゃん、ごめんね、勿論全員じゃないよ)

こんな話もあった。
反対論者は「大阪市がなくなる」というのだ。
なくなる訳がないじゃないか。
市民に「家はどこですか」と尋ねたら「大阪市」と言わないでしょう。
「おおさか」とだけ言うでしょう。
「おおさか」が残るのですよ、何が問題があるのですか。

ということで、今日の話、終わります。
「大阪都構想」...日本が変わる入り口かもしれないと応援している。
前回、住民投票で敗れた時、腹いせにジャワ島の旅に出た。
今回は、そういうことが起こらない様に願っている。

# by yosaku60 | 2019-03-28 11:53 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

世界情勢拾い読み(二回目)

中国; 習近平欧州訪問

習近平がイタリア、モナコ、フランスの3か国を訪問した。

(イタリア訪問)
次の3つの目的である。
1、「一帯一路」覚書にイタリアのコンテ首相との署名
2、ジェノバ港の整備
3、トリエステ港周辺の鉄道整備
G7で中国の一帯一路に署名したのはイタリアが初めてである。イタリアの経済不振は深刻である。イタリアの債務はひところのギリシアの債務の7倍以上ある。原因は民衆迎合主義、即ち国民に良く思われる政策をとってきたためだ。早く言えば甘えである。ではあるが、EUというグローバリズムの中で自由に経済・金融政策をとれないという弱みもあって積極的な成長戦略をとれない。中国は弱い国の弱みに入り込むのが上手い。イタリアのコンテ首相は若い。注意深くつき合うと言っているが中国の手練れに操られた。イタリアが一帯一路の覚書に署名したので欧州の署名国家は21か国になった。
d0083068_14491993.jpg
また、ジェノバ港、トリエステ港の利権に携わることになるので、陸のシルクロードと海のシルクロードが繋がった。
d0083068_14513324.jpg

(モナコ訪問)
モナコは次世代通信ステムの5Gについて、中国のファーウエイを使うことを決めている国である。小さな国であるがヨーロッパのお金持ちが集まる国であり、その影響は小さくない。中国寄りの施策をとってくれるモナコへの表敬訪問だ。

(フランス訪問)
今やEUのリーダーはメルケルからマクロンに移っている。そのマクロンにエアーバス300機購入を土産に交渉した。それまでドイツもフランスも中国のファーウエイを使用しないことを世界に表明していた。エアーバス300機の土産をもらったマクロンはメロメロになった。「EUはファーウエイを排除しない」「EU内の国々の今後の動向を見守る」と前言を翻した。

さて、習近平のこれら3国の訪問とその成果であるが、私は「死に体をさらして喘ぐ中国」のように見える。ただ「死に体」と言えど大物である。絞ればまだお金が出てくる。それに群がる価値があるのだろう。



イギリス; ブレグジットのその後

前回書いた時より「合意なき離脱」の可能性が高くなってきたように思える。何故なら、イギリスのポンドの価値が落ちないからだ。世界はイギリスが「合意なき離脱」をしてもなんとかやっていける、と読んだのではなかろうか。GDPが8%減ると見積もられているがそれほどでもないと読んだようだ。何故なら「合意なき離脱」となった場合、アメリカ(トランプ)が個別に貿易協定を結ぶと表明している。将来的には日本のTPPもある。それに英国は今も影響のある「英連邦」を持っている。それに先日の習近平の欧州訪問でフラフラするフランスを見せられた。EUに残るのも危険である。これは私の個人的な思いであるが、英国は日本にとって友好国である。英国と別れたのは大東亜戦争の時だけだった。英国と同盟を結んでいる間の日本はいつも安泰だった。英国よ、EUを離れて、日本/米国の枠にいらっしゃいな。



北朝鮮; 次はロシアに接近か

米朝会談失敗の後、金正恩は焦っているようだ。北朝鮮の開城(ケソン)にある南北共同連絡事務所の北朝鮮側要員を理由も言わず引き揚げ三日後に復帰させた。米朝関係の間に立って上手くやってくれるはずの韓国が何の用もなさなかった、という北朝鮮側の韓国への怒りである。なんとも大人げない。ただこのことから韓国の文在寅が北朝鮮側に告げていたこととアメリカに告げていたことが違ったことがばれたようだ。アメリカはそういうこともあろうと別ルートで情報を得ていたが、金正恩は文在寅にしてやられたと怒ったのではなかろうか。そんな金正恩、次に頼れる国としてロシアへの接近を強める姿勢を見せている。今年の春か秋にロシア訪問が検討されている。そう言えば、米朝会談の失敗の後、中国を訪問し報告していないようだ。忙しい金正恩。



台湾; 蔡英文ハワイ訪問か

台湾の蔡英文総統が太平洋の島々を歴訪している。その一環として今月の終わりごろハワイに行く予定となっているらしい。27日というから今頃、ハワイに居るかも知れない。いよいよ「台湾旅行法」の実施である。次はアメリカ高官の台湾訪問の番だ。トランプのことだ。直接に台湾に乗り込むかも知れない。 台湾の総統選まであと一年、祭英文は再選を狙って立候補するようだ。ただ党内では蔡氏より独立志向が強い前行政院長(首相)の頼清徳氏(59)に期待する向きもある。頼清徳氏にとっては「台湾旅行法」で米国との交流が広まることが追い風になる。



米国; ソウルのアメリカンスクール閉鎖

韓国駐留アメリカ軍はソウルにあるアメリカンスクール(小・中学校)を閉鎖した。基地内への移転であるが、移転ではなく「閉鎖」と発表している。「閉鎖」と発表していることが問題だ。アメリカ軍の韓国からの撤退、あるいは北朝鮮への空からの軍事攻撃に備えるための撤収と噂される。無理もない。韓国を見放すならば、アメリカ軍にとって陸軍は不要だ。北朝鮮との戦争は、空からと海からで十分だ。......てなことではないだろうか。



日本(番外); 「国民保守党」の立ち上げ

チャンネル桜の水島総が「国民保守党」を立ち上げた。
d0083068_16364908.jpg
党首はまだ決まっていないらしい。噂によれば「おおきなわ」の我那覇真子との話も出ている。彼女は国連に乗り込んで行く勇気のある娘さんだ。それに最近の彼女は憲法改正集会にも出席し筋道の通った演説をしている。党首としては面白いかも知れない。さて、水島総だが、橋下徹とのやり取りで「コメンテーターではなく、政党を立ち上げ国会議員のひとりでも作ってみろ」と焚きつけられたのが影響しているのかもと邪推している。
もともと自民党は保守ではない。リベラルと保守の中間である。自民党よりも保守の政党が、右から、日本第一党、国民保守党、日本維新の会、の3党が揃った。手薄だった右が賑やかになった。そういえば「日本のこころ」は残っていないのだろうか。

# by yosaku60 | 2019-03-27 15:52 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

近所のお菓子屋さん

家を出てすぐの大通りにお菓子屋さんがある。
d0083068_10525636.jpg
週に一度来る日本語の生徒さんの「おやつ」にと、
時々買うようになった。
大体が一つが10円である。
ケーキ類になると、30円の高額なものもある。
とにかく種類が多い。
d0083068_10554014.jpg
私は辛党であるが甘党でもある。
好き嫌いはない、ここにあるどれもOKだ。
要するに口に入るモノなら何でも良い。

経営者のママさん。
d0083068_10564170.jpg

# by yosaku60 | 2019-03-27 10:57 | バリ島=ご近所さん | Comments(0)

都構想から見えるもの(その1;道州制)

私は、次の言葉が嫌いだ。
利権、天下り、金権政治、既得権、岩盤規制、なれあい....

政治にこのような言葉が蔓延る原因に現国政選挙の制度があると思う。
地方の小さな組織体において地域に根付いた連携があるのは当然と思う。
それが段々と膨らんで国政にまで及んでは困るのだ。

要するに....
国会議員という者は、
地元を見て...自分の得票を考えて....国を見ない...では困るのだ。
世界を見て...国を思い...政治を考えて.....欲しいのだ。

人間には欲がある。
言うに優しく実現は難しい。
であれば、制度を変えるのだ。
地方を大きくして自治権を強化すれば地方と国の間の鎖が切れる。
例えば、道州制だ。
上は制度疲労した現在、下は道州制になった将来を描いた。
d0083068_11483609.jpg
こういう効果があるのだから、道州制は昔から何度も検討されてきた。
次の三つの分け方で検討された。
d0083068_11513388.jpg
私は9州制がいいと思うが、いずれにしても前に進まない。
何故なら、冒頭にあげた既得権にすがる輩が多すぎるからだ。
制度を変えると、現職を失う、それは嫌だ。
現職にすがっていたいという既得権だ。

実は「大阪都構想」の争いが、全くこの構図のとおりなのだ。
「大阪都構想」の行く末は、道州制にある(いずれ述べる)。
それに反対するのが、大阪維新以外の現職の府議会、市議会の議員なのだ。
自分の既得権を守るのが全てなので、政策施策うんぬんはどうでも良い。
既得権を奪われることに反対するものどうしが傷を舐め合って集まる。
こんな具合にだ。
d0083068_12030221.jpg
節操のなさが恥ずかしくないのだろうか。
が、こうした候補者の節操のなさに気づかぬ国民が多い。
言葉でごまかされる人、言葉の中身を分析できない人...
が多いからだろうが、この先その辺のことを解析してみたい。

# by yosaku60 | 2019-03-26 12:19 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

お若いお母さんにびっくりしました。

レンボンガン島の通船桟橋...
嬉しいことに、時々、日本人と出会うようになった。
今朝の二人は、恋人どうし...ではありません。
聞いてみると、ホンモノの親子だそうです。
なんと! お若いお母さん。
びっくりついでに....
「ブログに載せてもいいですか」とお聞きすると、
「いいですよ」と軽くOKしてくれました。
d0083068_10221454.jpg
息子さんの卒業記念(高校)の訪バリだそうです。
中学卒業の時も記念にバリに来られたそうで、3年ぶりの訪バリ...
「物価が値上がりしているので驚きました」とのこと。
なーるほど、そうなんだ!
住んでいると緩やかな値上がりに気づきません。

# by yosaku60 | 2019-03-26 10:28 | バリ島=ちょっとびっくり | Comments(0)

新しい店「Sea Grass」に行ってみた

昨夜(日曜日の夜)は、森崎さんと飲む日...
パンタイ・ドゥユンの新しい店「Sea Grass」に行ってみました。

ここは見晴らしの良い二階席....
一階が忙しいのか二階にはスタッフもいません。
やっとオーダーできても料理がなかなか来ません。
テーブルの上に何もないでしょう。
こういう状態で待たされたのです。
d0083068_11011543.jpg
やっと頼んだものが来ました。
が、その価格にびっくり、税金が15%つくのです。
ビール大瓶、54000ルピアになるんです。
私はムティアラをはじめ内税の店に慣れているので、
15%も税金がつくと騙されたような感じになります。
わたしのような年金生活者の来る店ではありません。
d0083068_11061178.jpg
森崎さんはピザを頼みました。
薄っぺらいピザでダンボール板の厚さほどしかありません。
カミさんは、スパゲティーを頼みました。
美味しくなかったそうです。
私は、プロモ(29000ルピア)のナシゴレンを頼みました。
これは美味しかったです。
安いものほど美味しいのでしょうか。
それに、それに、
ビールを追加オーダーしてもなかなかきません。
スタッフ教育がよくありません。
d0083068_11154628.jpg
森崎さん、ごめんなさい。
変なところにお誘いして....

ドゥユンビーチの「Sea Grass」...
雰囲気として、食べたり飲んだりする店ではなく、
恋人どうしが愛を語らってビール一本で長居をする店のようです。
そんなの....遠に忘れてしまった私には用のない店です。
外から眺めて「通り過ぎる店」でいいようです。

# by yosaku60 | 2019-03-25 11:16 | バリ島=レストラン | Comments(0)

次の米中会談に苦慮する中国

米中の貿易戦争...
関税のかけ合いの交渉が止まったままのように見える。
止まっている訳ではなかった。
アメリカが水面下ですごい要求をつきつけている。

その要求を語る前にこれを見てくれ。
FACE BOOKの私の書き込みにLIU ZHENMINという人物が反応した。
d0083068_16175826.jpg
LIU ZHENMINという人物を私は知らない。
何者か調べてみた。
こんな写真にヒットした。
今年の1月31日、中国の副首相(左)が通商協議のためアメリカを訪れた時のものだ。
左から3番目の白いノートを広げているのがLIU ZHENMINだ。
副首相の横に通訳らしいのが見えるのでLIU ZHENMINは通訳として臨席したのではなさそうだ。
d0083068_16193891.jpg
LIU ZHENMINの肩書だが、国連経済社会局の事務総長とある。
中国の外務省員であって国連に勤めているため協議の仲介をしたのだろう。
d0083068_16285296.jpg
なぜこんな人物...といっても彼に使える秘書官だろうが、
私の書き込みに反応したのか。
唐突過ぎる。
調べてゆくと、少しづつ呑み込めてきた。
中国シンパを増やそうと情宣活動をしているのだ。
d0083068_16300715.jpg
私への「書きこみ」....
どこで何を読んだか、私を「反中論者」と見たのだろう。
私のような者まで手を伸ばす。
なんと、中国は焦っているのだろうか。
その焦りの理由こそ、冒頭に書いたアメリカの水面下交渉なのだ。
今、アメリカは中国にこんな要求をしている。

1、資本の移動を自由にしろ。
2、外国企業がお金を持って中国を出ることを妨げるな。
3、これらが守られているかどうか次で検証する。
4、毎月の両国専門家会議、3ヶ月毎の高官会議、年に一回の閣僚級会議。
5、検証結果、守られていなかったら、関税を掛け増しする。
6、途中で通貨(中国元)を切り下げるな。但し、最後は切り下げろ。

上記1から6の意味だが、
これまでの中国では、
外国企業が中国で得た利益を国外に持ち出すことを許さなかった。
それはいけないだろう!
自由にさせろ! と突きつけている。
途中で通貨を切り下げるな...
の要求の意味だが、
持ち出す際の元からドルの換金を高いレートでするってことだ。
中国から脱出する企業が有利になるための要求だ。
中国から多額のドルが持ち出される...
となると当然、中国は外貨準備高が不足してくる。
外貨がないと、ドル決済の貿易ができない。
中国は海外に資産を持っているじゃないですか。
その資産を売ってドルを得ればいいでしょう。
投げ売りになるって、そんなのしようがないでしょう。
で、「最後は切り下げろ」と言うことの意味...
外国企業が脱出し終わったら為替は勝手でいいよ。
終わったんだから、元は安物の通貨でいいじゃないですか。
....との意味だ。

なんとも強い要望だが騙され続けてきた反発である。
こういうのを呑んだら、中国はどうなるか。
中国は、こんなのを受け入れる筈がない....
とはいいながら新たな関税を突きつけられたら困る。
となると受け入れざるを得なくなる....状況にある。

さて、中国はアメリカにどう応えるのでしょう??

それにしても、
LIU ZHENMINと名乗る人物からの私への書き込み...
今朝ほど彼から友達リクエストが届いたのでOKをしたら、
先ほどからチャットを申し込まれた。
英語の挨拶に返事しなかったらインドネシア語で申し込んできた。
使いなれた正確なインドネシア語だ。
日本語、英語、インドネシア語、なんでもござれか!
d0083068_12100070.jpg
不気味でもあるが、少々面白くもある。
ただ私は中国寄りに感化されることは絶対にない。

# by yosaku60 | 2019-03-24 08:59 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

バリ人と「賭け」をして負けました。

今朝のムルタサリのレンボンガン島発着桟橋で...
私は桟橋を警備するスタッフ(少々顔見知り)に話しかけた。

おはよう...
今度、この船に乗ってレンボンガンに行きたい....
アンタに袖の下(お金)をあげるので乗せてくれないか...
船長が怖いって...
勿論、船長にも袖の下を出すよ...
誰かが告げ口するから怖いって...
受付のダユはオレの友達だ、大丈夫だよ....

って、乗る気はないが真面目そうなスタッフをからかっていた。
そこへ、一人の男が日本語で割り込んできた。
「あんた、バリ人みたいな交渉を知ってるね」
オレ? バリ人だよ、カテペ(住民票)あるんだから...
「ホント、すごい」

彼はバリ人の日本語ガイドだった。
d0083068_10315542.jpg
レンボンガンから帰って来る日本人客をここで待ってるそうな。
彼と世間話になった。
日本人少ないよな...
見ろ、中国人ばかりだよ...
d0083068_10342542.jpg
彼が言う。
「あそこに日本人がいるよ」
どこに?
「木の後ろのサングラスの3名」
d0083068_10362367.jpg
ばかな、あれは中国人だよ...
「いや、日本人だ、オレは日本人ガイドしてるから解る」
いや、オレは日本人だよ、中国人との区別ぐらい解る...
「間違いないよ、日本人だ」
あんたの知り合いなのか...
「違う、初めて見る人だ」
じゃ、わかる訳ないだろう...
日本人か中国人か賭けるか...
「いいよ、賭けても、でもお金は嫌だ」
「私は、お金を持っていない」

てな、話をしながら、世間話に移った。
彼は、中国人がレンボンガン島を困らせている現状を語った。

「レンボンガン島のサンゴが壊されてるんだ」
「シュノーケリングのあと、ボートで岸に帰らず...」
「中国人は面白いからってサンゴの上を歩いて帰るんだ」
「サンゴは死んでしまっている」
「中国人はペットボトルを海に捨てる」
「村人が拾うけど間に合わず海が汚れっぱなしだ」

そんな話をしていると、待合室にいた中国人が動きだした。
d0083068_11034139.jpg
船が出るようだ。
賭けの対象の3人の女性も席を立った。

こちらに歩いて来た。
私の横を通る時、日本語で聞いてみた。
日本人ですか...
「そうです」!!!!!

負けた、負けちゃった。

あんた達が日本人か中国人か、この男と賭けをしてたんです....
「そうですか、私はいつも(中国人)と言われるのですよ」
と、右端の女性が言う。
色が白く、近くで見ても中国人だった。
左の二人は、まあ近くで見たら日本人だ。
ってことはガイドは遠目が効いただけかも...
d0083068_10525338.jpg
でも、負けは負けだ、で、ガイドに言う。
負けた、何が欲しい...
「何もいらない、バリ倶楽部の名を覚えて欲しい」
エライ! 日本人のように会社思いのバリ人だ。
解った、覚えておくよ...
d0083068_11003440.jpg

# by yosaku60 | 2019-03-23 10:56 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

世界情勢拾い読み(一回目)

最近の世界情勢の拾い読みです。

アメリカ; トランプ、拒否権発動する

3月16日、トランプは拒否権を発動した。大統領になって初めての拒否権だ。経緯を書く。トランプはどうしてもメキシコとの国境に塀を作りたい。選挙公約でもあり、アメリカをむしばむ麻薬の流入ルートを断ち切る目的の国境の塀だ。その建築費用だが、アメリカ下院で予算が承認されなかった。でもトランプは諦めなかった。他の方法で建築予算を捻出することを考えた。「国家非常事態宣言」を発令することだ。その発令により軍事予算の一部を使って塀が作れる。熟慮の末に「国家非常事態宣言」を発令した。それに怒ったのが野党民主党だった。トランプの発令した国家非常事態宣言は無効である、との決議案を可決した。トランプはそれに反発した。議会の「無効の決議」に対して拒否権を発動したのだ。大統領になって初めての拒否権発動だ。今後は議会に差し戻され再可決が検討される。が一般的に大統領が拒否権を発動したものを再可決することは議会にとっては重いことらしい。簡単ではないということだ。今後は「国家非常事態宣言」を発動したままメキシコとの塀が造られる可能性が大きい。それはそれとして、今回のトランプの国家非常事態宣言は民主党だけでなく与党の共和党の一部も反対している。次の大統領選挙に微妙に影響することになろう。


中国; 崩壊が進行していると思える

現在の中国にはいろいろな問題がある。項目であげてみる。不良債権の蔓延、人民ストライキの多発、企業倒産多発、高失業率、不動産バブル崩壊、著しい高齢化社会、少数民族迫害への国際批判、改善しない環境汚染、外貨準備金の枯渇、と何を挙げても悪いことだらけだ。この中で特に「企業倒産多発」が目につく。中国には民営企業が約60万社ある。昨年の上半期でその内の約一割にあたる5万4千社が倒産した。この数値こそ現在が「崩壊途中」であることを物語っている。
3月15日に全人代(全国人民代表大会)が終了した。アメリカの圧力で法案のひとつが採決された。「技術移転の強制禁止法案」だ。要するに外国から技術を盗みませんという宣言のようなものだ。こんなことを言っても何も変わるまい。単なるジェスチャーだろう。今、中国がもっとも警戒しているのは、内部からの不安暴発だ。昨年末には共産党としてタブーであった退役軍人のストライキの制御に警察を派遣し死者まで出した。全人代では、それを防ぐため「政治的な安全を守ることが最優先」と謳っている。今年はこれまで以上に報道の規制がされるはずだ。規制されればされるほど暴動が起こる。さあ、中国、今年をどう凌ぐ。


北朝鮮; 北朝鮮はアメリカを見誤った。

先の米朝会議が失敗に終わった。失敗の原因は北朝鮮がトランプを甘く見たためだ。北朝鮮の情報源はアメリカの民主党だ。2月28日、いわゆる「ロシア疑惑」で元腹心のコーエン被告の議会証言があった。その証言でトランプは窮地に陥り、その回復の為に米朝会議での成功を欲しがる....と民主党は読んでいた。北朝鮮は米国民主党の読みにほくそ笑んだ。ちょっと譲歩すればトランプはその倍も譲歩する、と読んで米朝会議に臨んだ。そしてしっぺ返しを食らった。アメリカにとって北朝鮮の非核化は急ぐ必要がない。制裁を続けながら自然崩壊を待った方が良い。それに気づいた北朝鮮は「ミサイルを飛ばすかも...」と脅かし始めた。衛星から見られていることを承知しての動きだ。それに対してアメリカはグアムから爆撃機2機を飛ばした。反対に脅かしたのだ。北朝鮮は沈黙した。もうひとつ問題がある。金正恩の義兄の金正男の息子の金ハンソルが海外で、臨時政府「自由朝鮮」を立ち上げた。住民を圧迫する金正恩体制を覆す目的で脱北し海外に住んでいる北朝鮮人に呼びかけたものだ。早速活動を始めた。スペインの北朝鮮大使館を襲撃し書類を奪い、「神格化を打倒する」と金日成の金正日の写真を床にたたきつけた。だがこれはアメリカのCIAがバックで糸を引いているとも言われる。なにやらキナ臭い。まあいずれにしても今の北朝鮮、内部では大もめなのではなかろうか。対北朝鮮については、日米とも「待てば海路の日和あり」であろう。


日本; 次は拉致問題解決

米朝会議が不発に終わった、その直後、安倍総理は「次は私の番だ」と発言した。すごく唐突だった。唐突さの裏に何があるか考えたら解る。トランプから安倍総理へバトンタッチの発言があったのだろう。今、少しづつ米朝会議の模様が漏れ始めている。トランプと金正恩の会談でのトランプの冒頭の発言は「日本の拉致問題」だったという。考えてみれば当たり前だ。トランプは金正恩に社会主義のままでも経済発展できる道を伝授しようとしている。非核化への交換条件でもある。ただ、経済発展は当初の資金がなければ達成できない。アメリカは最初からその資金を出さないと言っている。資金は日本から出る。ただ拉致問題解決が条件だ。トランプにとっては、北朝鮮の非核化=北朝鮮の経済復興=日本からの拠出金=拉致問題の解決.....みんな繋がっているのだ。だから、会談の最初に拉致問題を話した。金正恩もその関連は十分に気づいているはずだ。ただ、私は思う。そう簡単ではない。何が難しいのか。私は北朝鮮が一枚岩ではないと思っている。金正恩が北朝鮮を経済発展させたいと思っている。これは年次宣言でも言っているので確かだろう。だが、北朝鮮軍のトップ達はどう思っているだろうか。今、彼らは特権階級にいる。それが経済発展して緩い社会主義国家になるとお役目御免となる。特権階級から落されるのだ。特権階級はそれが嫌だ。そうした抵抗が北朝鮮の中にあるように思うのだ。で私は思う。今、金正恩が統制に苦慮しているのは軍の内部問題であろう。


韓国; 文在寅は、もしかしたら「主体思想崇拝者」かも

ご存知のように文在寅は尋常ではない。尋常でないことは当初から解っていた。ただ、私は最近、文在寅を変な疑いの眼で見ている。誰もこういうことを言う人はいない。今のところ私だけだ。文在寅は共産主義者である....なんてことは最初から解っていた。そうではない。彼は共産主義者を通り越して「主体(チュチェ)思想主義者」なのではなかろうか。そう思って彼の行動を見ると、全てが納得いく。「主体(チュチェ)思想」を簡単に説明する。「主体思想」とは北朝鮮の政治思想だ。北朝鮮の憲法と言っても良い。思想というか考え方は次のようだ。1、人民が全てである。2、人民が全てであるためには共産主義でなければならない。3、その共産主義を成功させるには良き指導者がいる。4、良き指導者は「金日成の家系」以外にはあり得ない。即ち、金一族の独裁を成功させるために創造された偽善哲学である。現在の北朝鮮人民は、この主体思想を叩きこめられ金一族を崇拝している。北朝鮮だけではない、韓国にも日本にも「主体思想崇拝者」がいる。日本では沖縄に特に多い。というか、沖縄に米軍基地があるので、米軍と日本を切り離す目的で、北朝鮮主体思想団より刺客が送られてきているのだ。沖縄で「米軍は出てゆけ」「北朝鮮に制裁するな」とのプラカードを掲げているのは、ほとんどが「主体思想家」である。オカルト集団と同じだ。ただ困ることがある。主体思想を学ぶと同時に「自分が主体思想者であること」を他人にばらしてはいけないことも一緒に学ぶ。例えば、文在寅が主体思想者であっても、彼は絶対に自分がそうだとは言わないのだ。もし、文在寅がそうであったら、北朝鮮を自分の師のように崇めてへつらう。たとえ、文在寅自身がそうでなくとも、現在の彼の腹心の何人かは主体思想者であることは既に解っている。オーム真理教のようなもので、一旦洗脳されると、世俗的な良し悪しが判断できなくなる。


ロシア; 北方領土

日本人はおかしい。いつまでも北方四島に拘っている。世界の戦争を見てみたら解る。「戦争を始めます」と言って戦争することはない。日本の武士は自分を名乗ってから相手と戦った、ということを引きづって戦争宣言を必要と思っているが、世界の過去の大半の戦争は宣言なしに戦争が始まっている。日ソ中立条約を一方的に破られても文句はつけれない。そうなることを防げなかった方が悪いのだ。戦争の終了も同じである。終了を宣言しながら、また戦争をおっぱじめるのは中東戦争の常だった。話変わるが、大東亜戦争の終わりを8月15日としているのは日本の国内だけだ。天皇陛下が国内的にそう宣言しただけだ。大東亜戦争が国際的に終了したと認められるのは、戦艦ミズーリ艦上での降伏文書調印の時だ。1945年9月2日だ。これが世界に通用する「終戦日」だ。その前日の9月1日までに択捉島、国後島、色丹島が占領されていた。歯舞諸島への侵攻作戦が発令されたのは、同日の9月2日だった。ということは、戦争終結前に三島はとられていたのだ。9月5日に歯舞諸島がとられた。どさくさに紛れて取りやがってと怒れるのは歯舞諸島だけだ。と私は思っている。さて、現在、ロシアとの平和条約締結に伴って、北方四島がどうなるか、いろいろに報道されている。これらの報道だが、私は、ロシアからの世評作り報道と見ている。直前まで「難しくしておいて」、解決した方が、お互い(両国)の手柄になるからだ。で、結論だが、平和条約締結の直後、少しずらして歯舞諸島返還、色丹島条件付き返還、と私は思っている。


ドイツ; ドイツ銀行

ドイツ銀行の破たんはすぐそこまで迫っていた。これは私の昔のブログにも書いて来た。ただ、大きすぎるのでドイツとして破綻させる訳にはいかないので、いずれ国から援助金を入れ国営銀行になるだろうと予想していた。私の予想が外れた。3月10日、ドイツ国内のコメルツ銀行との合併話が出だした。メルケルは民間のことだから政府は口出ししないと言っているが、そういうのは嘘だろう。裏でしっかり動いているはずだ。いずれにしても私は銀行の合併の効果は解らない。ドイツ銀行がどうなるか。今のドイツにとっては直近の重大事である。


ベネズエラ; 問題は軍隊

独裁的なマドゥロ大統領とそれに反発するグアイド国会議長との反目が続いている。インフレ率200万%を超えた。お金は用をなさず仮想通貨(ビットコイン)で買い物するそうな。国外に逃亡する国民も多くいる。マドゥロ大統領側についているのは、ロシア、中国、キューバだったが、中国は資金不足で手を引いた感じになっている。つい最近、グアイド国会議長の側近がマドゥロ大統領側に拘束された。グアイド国会議長を押すアメリカはベネズエラへの追加制裁を決めている。ベネズエラ問題を見る時、軍隊の動向を知らねばならない。マドゥロ大統領政権下で軍隊は沢山の国民を殺した。もしグアイド国会議長が次の大統領になると、その時の罪を問われるのではないかと戦々恐々としているのだ。グアイド国会議長は過去のことは水に流すと言っているが、軍隊はそれを信用していない....ということだ。ベネズエラ;昔は平和な国だったのに、変わったものだ。


日本; 「国民民主党」が立ち上がる

チャンネル桜の水島某が「国民民主党」を立ち上げた。橋下徹とのやり取りで「コメンテーターではなく政党を作り、ひとりでも国会議員を育てろ」と言われたことが影響しているのではないかと邪推している。これで、日本第一党、国民民主党、日本維新の会の順で、自民党よりも右の政党が揃ったことになる。そういえば「日本のこころ」は残っているのだろうか。

# by yosaku60 | 2019-03-22 12:29 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

ダメな歯医者さん

バイパス沿いにある(ダメな)歯医者さん、
経営者はまさか日本人ではないでしょうね~
d0083068_08085972.jpg

# by yosaku60 | 2019-03-22 08:09 | バリ島=ちょっとびっくり | Comments(0)

日々、好奇心を持つことが大事です。

私は、人一倍、好奇心が強いようです。
特に、朝起きてから2時間ほどは好奇心が元気に満開します。
昼になると、ぐったりして「ふてくされ寝」ばかりです。
そんな訳で、昨日の朝の「好奇心」のあれこれ....

カミさんが朝食のナシジンゴを買っています。
私は、少し離れてカミさんを待っていました。
と、左手前の男の子、ちらっと私を見て顔を下げるのです。
また、ちらっと見て顔を下げるのです。
私が毛色の違う外人だから興味があるのでしょう。
d0083068_10543901.jpg
私も彼をちらっと見て、わざと横を向いて、またちらっとみました。
何度かそんなことをしているうちに目が合いました。
彼はとまどって、すぐに目を下ろしました。
二人の好奇心がぶつかった瞬間でした。


カミさんと絢子さんと3人でラクダ公園に行きました。
この日のラクダは、初めてみる繋がれ方をしていました。
現在、ラクダはオスが二匹、メスが二匹の計四匹です。
オス二匹を近くに置くと喧嘩をして困ります。
で、普通はオスどうしは離しているのに、昨日はこんなのでした。
d0083068_11030921.jpg
いつ喧嘩が始まるかはらはらしながら見ていました。
ずーと見ていると、あることに気づきました。
二頭が顔を上げて近づこうとすると首の紐がピンと張るのです。
d0083068_11110240.jpg
ラクダは喧嘩するときは噛みあいます。
相手を噛めない紐の長さにしてあったのです。
と気づくまで、5分程ラクダの横に立ち尽くしていました。


と、一緒に来たはずの絢子さんがいません。
見回すと、一匹の馬の前に座ってじーと座っている絢子さんを見つけました。
余りにも一生懸命に見ているようなので、そーとしておきました。
d0083068_11102300.jpg
でも、余りにも長く見ているので、声をかけました。
「どうしたんですか、絢子さん」
と、「草を噛む音が面白くて...」
との微笑ましい返事が返ってきました。
ここにも好奇心いっぱいの人がいました。

このあと、私は、
絢子さんに、私の体験談を話しました。

.....
わたしは、10年間程、俳句を学びました。
私の先生は「知足庵・南秋草子」先生でした。
俳句界でも名の通った先生でした。
先生から俳句を読むときの心構えをいろいろ教わりました。
1、掛け軸にし床の間に飾っても飽きが来ない俳句でなくてはいけません。
2、そんな俳句は詠むのではありません、出会うものです。
そんな俳句に沢山、出会うためには、
1、好奇心を満杯にして...
2、沢山「感動」してください。
と、教わりました。
.....

てな話をしながら、
馬の草を食む音に興味を持つ絢子さんを間接的に褒めました。
ということなのですよ、絢子さん、お分かりでしたか。

さて、20年前の在りし日の秋草子先生を思いだしました。
人生の師でした。
微笑みながら私の話を聞いてくれた先生の顔が目前にあります。
先生を思い出しながら書いた、今朝のブログ....
書きおえた後、何故かすっきりした気分になっています。

秋草子先生とご一緒した50代の頃の私は純粋でした。
いろいろなことに感動しました。
60代の私....
バタバタでした。
感動が激しすぎて味わう余裕がありませんでした。
70代になって落ち着きました。
同時に感動が減りました。
これではいけません。
意識的に好奇心を拡げ...
意識的に感動を増やすことが大事なのでしょうね~
心がけます。

# by yosaku60 | 2019-03-21 11:44 | 日本=人生のかかわり方 | Comments(0)

木曜日の通学服

木曜日....
官庁関係勤務者は「郷土服着用」が決められている。
小中学生の通学服も同様だ。
今朝7時に....
出会った近所の中学校の生徒の登校光景。

駐輪場を出る男の子を呼び止めて撮ったもの。
同級生なのに右と左は身長が30cmも違う。
d0083068_10362478.jpg
中には妙に大人っぽいのもいる(右から二人目)。
バリ人は同級生といっても時々年長者が混じる。
d0083068_10382813.jpg
女子は大概が真面目そう。
d0083068_10393582.jpg
帯の色は自由なようだ。
d0083068_10412727.jpg

# by yosaku60 | 2019-03-21 10:43 | バリ島=社会・生活 | Comments(0)

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月