あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2019年 12月 ( 48 )   > この月の画像一覧


紅白歌合戦

紅白歌合戦を聞いていた。
年末だから無理して聞いていたが、
つまらない、本当につまらなさすぎる。
何をワーワー騒いでいるんだ。
紅白歌合戦_d0083068_20325697.jpg

テレビを消してカミさんとビーチに繰り出すことにする。
しっとりした年の暮れを求めて....

バリの空からみなさんに....
明けましておめでとう....を言いたい。

by yosaku60 | 2019-12-31 20:40 | バリ島=ちょっとびっくり | Comments(2)

苦節3ヶ月、ついに達成

76キログラムあった体重を今年中に60キロ台にする。
ということで挑んだダイエット作戦.....
今年最後の今日、12月31日に、ついに達成、
苦節3ヶ月、ギリギリセーフ。
苦節3ヶ月、ついに達成_d0083068_17051753.jpg
今日はビールを飲んでお祝いだ!!!
又、太るだろうが一度達成できたのでもういい。
有言実行で頑張った自分への褒美だ。

by yosaku60 | 2019-12-31 16:55 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

安倍総理がダメになった理由

カミさんとの対話の形で喋る....

安倍総理がダメになったって何がダメになったの?
二つある。
ひとつは消費税を10%に上げたこと。
もうひとつは政策が中国寄りになったことだ。
二つとも時期を得ない無謀な決定だ。
時期を得ないって?
景気が落ちている今、世界中が減税をしている。
それを増税するなんて世界の笑い物だ。
でもIMFが消費税望ましいと言ってるようよ。
あれは日本の財務省がそう言わせているんだ。
あんなの本当にするようじゃ世界経済を読めないよ。
それに、ウイグル人権法案を407対1の絶対多数で決めたアメリカ。
アメリカでは国と国民が一体になって「反中」に固まっている。
そんな中、安倍総理だけが「親中」に様変わりした。
「時期を得ていない」と言って当然だろう。
それはそうね。
安倍総理は何故に消費税を上げたのかしら?
周りの力に負けたのだ。
周りの力って?
次の四つの力だ。
1、経済界
2、マスコミ界
3、財務省
4、麻生副総理
一つ一つ説明して欲しいわ。
まずは経済界を説明するね。

経済界は何故に消費税増税に賛成するのか

日本を代表する経済団体に「経済同友会」と「経団連」があるよね。
経済同友会の桜田謙悟代表幹事が言っている。
「10%じゃまだ足りない。」
「17%まで上げるべきだ」
経団連の中西宏明会長も言っている。
「10%に上がったが更なる増税あるべきだ」
「そのために国民世論を盛り上げるべきだ」
どうして経済界が消費税アップを求めるのかしら?
簡単に言って、会社として腹が痛まないからだ。
その理由だが次の四つある。
1、経済界が最も困るのは法人税が増税されることだ。
消費税と法人税の双方が増税されることはない。
であれば消費税の増税があれば法人税の増税はないということだ。
2、次に、消費税の増税分を社会保障費に回すということは、
国民が直接払う社会保険費の額を据え置いていいということになる。
ということは会社が支払う額も据え置かれるということだ。
よく意味が分からないわ?
健康保険、厚生年金保険、介護保険の三つの保険だけど、
会社と社員が半分づつ負担することになっているんだ。
社員負担分の増額がなければ会社負担分の増額もないということだ。
三つ目は何?
3、大手の会社では、子会社に製品を作らせて購入するでしょう。
消費税が上がっても子会社からの仕入れ額を上げないことがある。
そうすれば、消費税があがった負担を負わなくとも良い。
わかる、わかる、子会社いじめね。
最後のひとつは?
これはちょっと難しい。
4、輸出品を作る会社は「輸出免税」というのがある。
消費税というのは、国内の消費に関して適用されるだけなんだ。
外国に輸出して外国で使われる場合は消費税がかからない。
それどころか、お金が還付されるんだ。
例をあげて説明するね。
100万円の原材料を買って加工して売るとするよね。
買う時には10%の消費税を払うので支払い額は110万円になる。
その加工品を150万円で海外に売るとしても消費税はかからない。
そればかりか仕入れの時に払った10万円の消費税分が還付されるのだ。
消費税がいくらになろうとも会社には関係ないのだよ。
分かったわ。
じゃ、マスコミ会が何故に消費税増税に賛成するの?

マスコミ界は何故に消費税増税に賛成するのか

これは簡単だ。
マスコミ界のスポンサーは大企業だ。
その大企業が消費増税に賛成するのだから賛成して当然なのだ。
それに今回の増税、新聞業界は早々と8%据え置きが決まったよね。
自分ところは増税の影響がないんだ。
それはそうね。
では、財務省は?

財務省は何故に消費税増税に賛成するのか。

日本の財務内容が赤字だというのが長い間の理由だった。
でも複式簿記で財務を記し日本銀行も入れて連結決算をすると、
日本の財務は赤字ではないということがばれてしまった。
財務省はわかっていて嘘をついていたんだ。
では、何故に消費税増税を訴えるのか。
元財務官僚の高橋洋一が言う。
財務省にはびこった癖....なのですよ。
「癖」で済まされたらたまったものではないよね。
ということは、
麻生副総理にもその「癖」がうつったということね。

麻生副総理が何故に消費税増税に賛成するのか。

そう、そのとおりだ。
財務官僚と言うのは、頭が良いでしょう。
議論をすると大概が負けるんだって。
麻生も長い間、財務省にいる間に洗脳されたのだろうね。

そうか。
安倍総理は、経済界からの強い要望に負け...
マスコミから消費税増税を促され.....
財務省に洗脳された麻生副総理を忖度して.....
消費税増税を決めたのね。
情けないわね。


.......

もうひとつ、情けなくなったこと、
政策が中国寄りになったのは何故なの?

そうなったのには、次の六つの理由がある。
1、経済界
2、外務省
3、マスコミ界
4、二階幹事長
5、公明党
6、自分の読み誤り
一つ一つ、解説するね。

経済界が中国寄りになっている理由

日本の大手企業の社長はほとんどがサラリーマン社長だ。
自分が社長の間、会社の業績が伸びれば良い。
短期で収益をあげるには、中国市場はまだまだ有益で離れがたい。
言ってみれば、先の先を見ない経営者が多すぎる。
それが、未だ中国寄りになっている理由だ。
要するに無責任体質なのね。
じゃ、外務省が中国寄りだ、ってのは?

外務省が中国寄りになっている理由

先日の「ニュース女史」で須田慎一郎が言っていた。
外務省でアメリカ寄りと中国寄りの覇権争いがあって、
中国寄りが勝利した......この話、
裏をとろうとあちらこちら調べたが見つからなかった。
ただ裏社会ばかり調べている須田慎一郎が言うのだから、
なんらかの根拠があるのだろう。
外務省に「チャイナスクール」という言葉がある。
外務省に入省する者の内、中国語を勉強する者は、
最初の一年は台湾、次に中国、次にアメリカと三年勉強して
帰るそうだが中国で最も大きな影響を受けて帰ってくるそうな。
中国向けの援助「ODA」をつい最近まで続けていた。
これは「チャイナスクール」所属の人物たちが「ODA中止」
に猛然と反対したからだそうな。
若い時に中国に入ると「ハニートラップ」にかかるって言うわよね。
外務省の役人にもそういう人が多いのでしょうね。
では、マスコミがどうして中国寄りになるの?

マスコミ界が中国寄りになっている理由

日本のマスコミはほとんどが政権批判である。
日本の現政権はアメリカ寄りだ。
アメリカを批判する中国、現政権を批判するマスコミ。
同じ穴に潜む貉である。
同じ穴の貉と言えば、二階幹事長もそうね。

二階幹事長が中国寄りになっている理由
安倍総理がダメになった理由_d0083068_13215636.jpg
二階幹事長の中国寄りは今更語るに及ばないほど有名である。
自身の選挙区の和歌山県田辺市に「日中国交正常化30周年記念碑」
を建立しようと(地元市議に反発され頓挫)したほどの中国バカだ。
自民党幹事長と言えば「党の要(かなめ)」である。
前回の内閣一新で幹事長が岸田文雄に代わると思っていたが、
二階の続投となった。 
続投させなければならない理由が安倍総理にあったのだろうと思う。
その理由がそのまま、安倍が「中国寄り」になった理由と思う。
公明党って昔から中国寄りだったでしょう。

公明党が中国寄りになっている理由

そう、そのとおり。
公明党は結党の昔から中国寄りだ。
今もそれが変わらない。
安倍自民党は公明党の援助を受けなければ、
今ほどの国家議員を当選させれない。
公明党を忖度して中国寄りの政策をとらなければならない。


自分が中国寄りになっている理由

これが分からない処だが.....
安倍総理が中国寄りになったと思われる時期は、去年の5月、
李克強が日本に来た時(北海道に同行した)からだろうか。
その後(10月)3兆円規模の通貨スワップ協定まで結んでいる。
アメリカが中国所有のドル建て外貨の削減に努力している中、
なんというバカなことをしたものか。
それに、習近平を国賓として招くことまで約束している。
巷間聞くところ、安倍は「失敗した」と思っているらしい。
ここまで米中戦争が本格的になると思っていなかったのだろうか。
どうもそんな風に聞こえる。
であれば「甘い!」のひとことだ。
そうか。
安倍総理は、経済界から焚きつけられ、
中国びいきの外務省に転がされ、
うるさいマスコミの突っ込みに負け、
二階幹事長の「党運営」に忖度し、
公明党に遠慮し、
自分の考え方まで見失ってしまったのね。
四面楚歌で可哀想と言えば可哀想ね。
いんや、国を背負っているのだから、可哀想ってことはないよ。

by yosaku60 | 2019-12-31 13:29 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

サンゴ礁に乗り上げた座礁船

森崎さんのブログ(下記)に座礁船の写真があった。
   ブログ名;momobaliのblog
   adress; http://blog.livedoor.jp/momobali/
こんな写真だ。
サンゴ礁に乗り上げた座礁船_d0083068_16253543.jpg
見に行って来た。
が、森崎さんは望遠付きの本物のカメラ、
私のスマホのカメラでは、こんなのしか撮れない。
サンゴ礁に乗り上げた座礁船_d0083068_16274646.jpg
森崎さんは、
どうしてこんな風に乗り揚げたのだろう、
と疑問を書いている。
私も疑問に思う。
ただ、私は元船乗り....
こうではなかろうかとの推測がある。
その推測が正しいかどうか、
今朝方、浜にいる人に聞きこみをした。
殆どの人が次の4点を言う。

1、どうしてこうなったのか分からない。
2、どんな船か知らない。
3、2週間前に乗り揚げた。
4、毎年一隻ほどが必ず同じような事故がある。

そうか、2週間前か。
それが本当だとすると12月15日頃になる。
今月の満月は、12月11日....
潮は満月から2日ほど遅れて満潮になる。
そうか満潮までいかないがそれに近い時乗り揚げた。
やばい。

サヌールのビーチを聞き歩いて、
座礁船の近くに来た時、
聞きたかった答えにぶつかった。
この男達が言うのだ。
男達はダイビングガイドの海のプロたちだ。
サンゴ礁に乗り上げた座礁船_d0083068_16392175.jpg
具体的なことを喋ったのは、この男だ。
「船はタンカーだ」
「錨をおろしていたらしいよ」
サンゴ礁に乗り上げた座礁船_d0083068_16402835.jpg
昔からの知り合いの、ネネル(名前)、
彼も「そうだ」と同調する。
サンゴ礁に乗り上げた座礁船_d0083068_17133547.jpg
やっぱりそうか。
私もそうでないかと思うのだ。
そう思う原因を簡単に説明する。
錨を下ろして船が泊まることを「錨泊する」という。
通常の錨泊を絵に描くとこうなる。
サンゴ礁に乗り上げた座礁船_d0083068_16425839.jpg
錨には爪があって「海底を掻く」というが、実際にはそうではない。
海底に着いている錨と錨鎖の重さによって泊まっているだけである。
そう、錨だけではない、錨鎖の重さが海底に伸びることが大事なのだ。
だから、長く錨泊する時はできるだけ錨鎖を伸ばして重さを増やす。
ところが、ところがだよ。
サンゴ礁の海ではそう言う訳にはいかない。
サンゴ礁の外の海は大概に水深が深い。
余り水深が深いと錨が届かず錨泊できない。
一万トンの船で水深50メートルが限度である。
日本では「清水港の沖」がそうだ。
清水港の沖に錨泊する時は気を使う。
50メートルほど、あらかじめ錨鎖を垂らしておく。
そして、目的地にそろっと近づく。
錨が海底と接触するとエンジンを「フルアスタン(後進フル)」にする。
船の前方への行き足が止まったところで「錨を出せ」のオーダーをする。
長々と書いたが、サンゴ礁に錨を下ろす時もほぼ同じなので書いた。
サンゴ礁の手前の海が深いからだ。
絵に描くとこうなる。
サンゴ礁に乗り上げた座礁船_d0083068_16560909.jpg
この絵を見てわかるように、
錨の状態は「清水港沖」よりもっと良くない。
錨鎖を伸ばすことはできないからだ。
サンゴ礁に錨だけを置くだけだ。
錨の重さだけが頼りの錨泊になる。

   (参考)
   錨を置くだけだが珊瑚に引っかかって錨が抜けなくなることもある。
   ニュージーランドの上に「ラロトンガ島」という小さな島がある。
   島の周りは全部サンゴ礁だ。
   ここで、錨を下ろして、一週間錨泊したことがあった。
   仕事を終え出港しようとした時に珊瑚に挟まった錨が抜けなくなった。
   そんな経験がある。
   どうしたか....をいつかブログに書きたい。

話が横道にそれた。
話を戻す。
絵を見てわかるように、サンゴ礁での錨泊では、

1、錨鎖を伸ばすことができず「把註力(泊まる力)」が少ない。
2、珊瑚は崩れることがあるので錨が外れやすい。

ということで、サンゴ礁の錨泊は危険なのだ。
錨が外れて船が止まらなくなることを
錨が走り出すと書いて「走錨」という。
サンゴ礁の錨泊では走錨しやすいのだ。
走錨が始まると、すぐにエンジンをかけて、
サンゴ礁に乗り揚げない様に操船しなければならない。
だが、走錨を気にしないで乗組員が休んでいると、
船ってすぐに動き出せない。
自動車と違ってエンジンはすぐにかからない。
エンジンを準備するのに少なくとも20分はかかる。
そうこうしているうちに、
あれよあれよと言うままにサンゴ礁に乗り揚げるのだ。
話は戻るが、
私が「ラロトンガ島のサンゴ礁」に錨を下ろしたあと、
機関長を常時エンジンルームに待機させ、
私は常時、船橋で船の状態を監視していた。
サンゴ礁での錨泊の安全確保は大変なのだ。
もし、この座礁船が錨を下ろしていたのであれば、
座礁は「船長のミス」だ。

by yosaku60 | 2019-12-30 17:09 | 日本=知ったかぶりです | Comments(0)

次の次の総理は吉村大阪府知事になって欲しい。

就任当初の安倍総理はまだしも最近はだらしなくなった。
そのだらしなくなった理由は大体読めている。
明日の今年最後のブログにそれを書こう。
が、安倍がだめなら次もいない。
次は誰か分からないが、次の次に吉村大阪府知事を推したい。

1、サンフランシスコが慰安婦像設置を許可した。
  それを怒り、姉妹都市決裂を決断した時の吉村.....
2、国会に保険(地方財政)を語る参考人として呼ばれた時、
  自分を呼んでおきながら出席が少ない国会議員を叱り飛ばす吉村....
3、大村愛知県知事を「反日プロバガンダ」と批判する勇気ある吉村...
4、橋下徹から自分をとっくに超えたと言わしめた吉村.....

こんなに気骨のある政治家は現自民党にいない。
たとえば、
今、政界は秋元司衆議員のIR汚職で揺れている。
東京地検特捜部は「複数の線」で内偵を進めてきた結果の逮捕だから、
多分、事実なのだろう。
今の自民党、それに野党にしても、こうした汚いお金があるはずだ。
というか、あっておかしくない。
が、橋下徹は言う。
「大阪にはない。吉村がいるから.....」という。
何故なら、
吉村はIR誘致に大きなお金が動く危険を予知し、
次のように厳しくしているからだ。
次の次の総理は吉村大阪府知事になって欲しい。_d0083068_11131242.jpg
吉村の正義感はすごい。
最近の彼のツイッターから、そのいくつかを紹介する。
堺市議会の自民+民主+共産の野合と徹底的に戦う。
写真は、自分の退職金は要らないと提案する永藤堺市長。
次の次の総理は吉村大阪府知事になって欲しい。_d0083068_11212882.jpg
大阪府の府議会議員に、
議員年金復活とは何事か、甘えるな、
と怒る吉村...
次の次の総理は吉村大阪府知事になって欲しい。_d0083068_11244828.jpg
答弁の予定のない職員は府議会に出席しなくてよろしい。
本来業務に集中しろ....と議会改革を断行する吉村...
次の次の総理は吉村大阪府知事になって欲しい。_d0083068_11274968.jpg
こういう気骨のある政治家がひとりでもいることに癒される。
吉村さんよ.....大阪が終わったら、日本を頼む!!

by yosaku60 | 2019-12-30 11:32 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

バドゥン半島観光(その3;ムラスティービーチ)

ムラスティービーチ....
バドゥン半島観光(その3;ムラスティービーチ)_d0083068_11110390.jpg
パンダワビーチと同じだ。
岩を切り開いてビーチへの道がある。
バドゥン半島観光(その3;ムラスティービーチ)_d0083068_11121433.jpg
パンダワビーチとの違いはワルンが少なくうるさくないことだ。
バドゥン半島観光(その3;ムラスティービーチ)_d0083068_11133435.jpg
外人客が少ない。
こちらの方がナチュラルかも....
バドゥン半島観光(その3;ムラスティービーチ)_d0083068_11140238.jpg
往路と復路、別々の門をくぐる。
バドゥン半島観光(その3;ムラスティービーチ)_d0083068_11144183.jpg
これもバリらしい....
バドゥン半島観光(その3;ムラスティービーチ)_d0083068_11154318.jpg
人の集まらない端の方に行ってみる。
バリの田舎の海と思われる風景が残っていた。
バドゥン半島観光(その3;ムラスティービーチ)_d0083068_11171598.jpg
ちょっと休憩....
お店のスタッフは少々日本語が話せる。
バドゥン半島観光(その3;ムラスティービーチ)_d0083068_11184979.jpg
海岸沿いの苔むした廃船.....
バドゥン半島観光(その3;ムラスティービーチ)_d0083068_11193495.jpg
絵に描いてみたくなる。
バドゥン半島観光(その3;ムラスティービーチ)_d0083068_11203579.jpg
ここなら、もう一度来ても良い。
by yosaku60 | 2019-12-29 11:22 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

忘年会に繰り出す

昨日の授業....
私;日本の有名な女の子のチコちゃんて知ってる。
アリ;知らない。
私;チコちゃんは「ぼーっとしてるんじゃないよ」と言う。
アリ;ぼーって何?
私;心ここにあらずの...
  心を亡くする....
  と書くと「忘」になる....
  この字を「ボウ」とも読むんだよ。
    本当は「呆」だろうがそんなのどうでもいい。
    今日は「忘」をボウと読むことの勉強。
アリ;忘れる、をボウと読むの解ったわ。
私;アリ、今から「ボウ年会」に行こうか。
で、急遽、オミンちゃんも呼んで四人で忘年会....
忘年会に繰り出す_d0083068_09541010.jpg
にて、美女三人に囲まれ、
私はボーッとして齢を忘れました....とさ。

by yosaku60 | 2019-12-29 10:06 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

バドゥン半島観光(その2;ニャンニャンビーチ)

ニャンニャンビーチという奇妙な名のビーチがある。
猫とは関係がない。
バドゥン半島観光(その2;ニャンニャンビーチ)_d0083068_10523269.jpg
ウルワツ寺院の手前3キロほどを左の脇道に入る。
脇道の入り口には門がある。
一般の家に入って行くような感じの門だ。
バドゥン半島観光(その2;ニャンニャンビーチ)_d0083068_10581100.jpg
駐車場は崖の上にある。
カミさんが崖に立つと右からパラグライダーがやってきた。
バドゥン半島観光(その2;ニャンニャンビーチ)_d0083068_12070221.jpg
よし、パラグライダーがカミさんの立ってる位置に来たら写そう。
どんな感じになるだろうか。
カミさんが「いつまで待たせるの、早く撮って...」という。
カミさんは、高所恐怖症.....それを知ってて、無視するオレ。
バドゥン半島観光(その2;ニャンニャンビーチ)_d0083068_12100002.jpg
来た! 今だ。
シャッターを押す。
どう?カミさんの頭に落ちてくるように....見えないかあ~
無理してみれば、そう見えるよね。
バドゥン半島観光(その2;ニャンニャンビーチ)_d0083068_11011060.jpg
崖を降りてビーチに行くには20分ほど歩かねばならないらしい。
私たちは行かなかったので、ネットで拾った写真を掲載する。
バドゥン半島観光(その2;ニャンニャンビーチ)_d0083068_11032457.jpg
海を見下ろすとそこがインド洋であることを感ずる。
バドゥン半島観光(その2;ニャンニャンビーチ)_d0083068_11004082.jpg
船乗り時代の思い出で「世界の海」を書いて来た。
インド洋に関しては、次のように書いている。


6、インド洋:「インド人」

   当たり前だって........いいえ、違いますヨ。
   インド洋はほとんどがインド人なのです。 
   そこを離れるとインド人はいません。
       
   インド洋の中央にあるモルデイブ、
   セイロン(今のスリランカ)、
   マダガスカル、
   モーリシャス......、

   みんなインド系です。
   ですから、インド洋といえばインド人が思いつくのです。

   インド洋の台風は「サイクロン」・・・!!   

........

モーリシャスの話が出たので、船長時代、モーリシャスに
行った時の写真を掲載します。
南半球定期航路の船だったので、
三月に一回はモーリシャスに行ってました。
バドゥン半島観光(その2;ニャンニャンビーチ)_d0083068_11250951.jpg
観光客の来る海岸....
バドゥン半島観光(その2;ニャンニャンビーチ)_d0083068_11261855.jpg
浜辺で遊ぶ子等...
みんなインド人の顔、してるでしょう。
バドゥン半島観光(その2;ニャンニャンビーチ)_d0083068_11272630.jpg
若かったオレ、45歳ぐらいだったかも...
バドゥン半島観光(その2;ニャンニャンビーチ)_d0083068_11282267.jpg
左が一等機関士、中央がオレ。
バドゥン半島観光(その2;ニャンニャンビーチ)_d0083068_11291641.jpg
左が機関長、真ん中がオレ。
店員さんもインド系なのわかりますね。
バドゥン半島観光(その2;ニャンニャンビーチ)_d0083068_11310155.jpg
グラスボートに乗ってみました。
バドゥン半島観光(その2;ニャンニャンビーチ)_d0083068_11324153.jpg
海の色が余りにもきれいなので飛び込みました。
バドゥン半島観光(その2;ニャンニャンビーチ)_d0083068_11334202.jpg
海を潜りグラスボートの底のグラスに顔をのぞかせ、
ボート内に同乗の機関長さんに撮ってもらったものです。
左の半端写真は帰りの車の中で....
バドゥン半島観光(その2;ニャンニャンビーチ)_d0083068_11352492.jpg
お粗末でした。

by yosaku60 | 2019-12-28 11:06 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

バドゥン半島観光(その1;道路事情)

昨日、バドゥ半島の未だ行っていなかったビーチ....
ニャンニャンビーチとムラスティービーチに行って来ました。
同時に走っていなかった道路をみんな走りました。
バドゥン半島の大体を語れるようになったかと思います。
で、今日はバドゥン半島の道路事情です。
バドゥン半島観光(その1;道路事情)_d0083068_11054885.jpg
上の図のペケ印は走らない方が良いコースです。
まずは図の一番上のペケ印です。
バイパスを北から来た場合、
通称マクドナルド交差点(Simpan Unud)を
「Uluwatu2 」に行くか「Kampus Udayana」に行くか迷います。
この場合、「Kampus Udayana」の方を勧めます。
「Uluwatu2 」から「Raya Uluatu」への接続は
常時渋滞しているからです。
どちらを選んでも距離的には余り変わりません。

次に中央のペケ印です。
ウルワツからヌサドアに戻る際、この方が近そうですが、
使わない方がよろしいです。
曲がりくねっていて、道路幅が狭いからです。
少し北に行って(Ungasan Simpang)から
直接に「Dharmawangasa」を走った方が安全です。

最後に右のペケ印です。
ヒルトンホテルからパンダワビーチに抜ける道です。
昔もそうでしたが、今も変わっていません。
自動車はほとんど走っていません(走れないから)。
凸凹道で、バイクでも大変な悪路です。

それに、これは情報だけですが、
ウルワツのケチャダンスを観る客が多くなりすぎて、
「Raya Uluwatu」は夕方から夜にかけて常時渋滞だそうです。
ケチャダンスを観るなら、
「Garuda Wisnu Kencana Cultual Park」....
で、毎晩6時から観ることができます。
ウルワツほど出演者の規模は大きくないのですが、
会場のシチュエーションはウルワッより雰囲気があります。
それに、ウルワッはケチャダンスだけですが、
此処では他の踊りも観れるのでお得です。

by yosaku60 | 2019-12-27 11:28 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

朝食に新しい仲間が加わった

私たちがワルンに着くと駆け寄ってくるモナ(犬の名)....
朝食に新しい仲間が加わった_d0083068_09292223.jpg
に加えて新しい仲間ができた。
名前をナタリという。
朝食に新しい仲間が加わった_d0083068_09303869.jpg
ナタリの飼い主はワヤン(写真)。
昨日、近くに捨てられていたそうで、
可哀想だから拾って名前を付けたそうな。
朝食に新しい仲間が加わった_d0083068_09323806.jpg
犬は賢い。
拾われてすぐにワヤンを飼い主と認めたようだ。
ワヤンのワルンで落ち着いて眠る。
朝食に新しい仲間が加わった_d0083068_09355759.jpg
私達も毎朝会える楽しみが増えた。

by yosaku60 | 2019-12-26 09:36 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月