あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2019年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧


英国のブレグジット、実現気配あり....

迷走する英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット).....
10月の末には絶対に離脱するとジョンソン首相が広言していた。
今日が、その10月末日。
が、ブレグジットが成らなかった。
では、いつになったらブレグジットが成るのか。

今年中にはブレグジットできそうな気配がある。
しかも、EUとの「合意あり」のブレグジットができそうだ。
もしそうなれば、現在、世界の一大関心事である米中戦争.....
にも少なからず影響がありそうだ。

今日は、その辺のことを語ってみたい。

1、英国の議会制度

イギリスの行政を司るのは「下院」と「上院」と「女王」の三つあるが、女王は承認する権限だけで直接に行政に関わることはない。一方、下院と上院の関係だが上院は下院の決めたものをある期間ストップさせる権限があるだけで根本的に中身を決める権限はない。さらに上院議員は選挙がある訳ではなく首相が選任し女王が任命して決まる。だからイギリスの場合、行政は全て「下院」で決まると言っても過言ではない。なお首相の決まり方だが与党第一党の議員の中から選ばれる。したがって首相と言ってもそれほど大きな権限はない。例えば、日本の首相は衆議院の解散権があるがイギリスの首相はそんな解散権もない。解散するにも議会の同意が必要だ。ということで、イギリスの議会を理解するには「下院が全て」ということをまず覚えておいていただきたい。

2、英国の議員制度

世界の先進国の多くがそうであるが、国会議員の給料はそれほど高くない。なぜなら国会議員と言うのは名誉職であってボランティア即ち手弁当で国のために尽くすという考え方があるからだ。ちなみに各国の国会議員の給料を比較してみる。まずは日本だが公称2200万円と言われているがそれは嘘だ。手当やボーナスを入れると4400万円になる。外国の議員の場合、手当と必要経費しか認められないケースが多いので、日本の議員がいくらもらっているかと言えば4400万円というべきだ。ということで日本の4400万円に対して英国の議員はいくらかというと970万円である。同じく米国は1570万円、ドイツは1130万円、カナダは1260万円、お隣の韓国は800万円である。何故に日本の国会議員はこれほどに給料が高いのか。国会議員に言わせば、地元との付き合いで多額のお金が出てゆくので手取り額としては1000万円しかもらっていない感がある、なんていう。私は日本の悪いところはここにあると思う。国会議員が余りにも多くの給料をもらうことが岩盤規制を作ることになっている。諸外国がそうであるように、国を良くするための政治は心高き者のボランティアであるべきで、選挙というのは立候補する者の「心の高さ」を選ぶ制度であるべきだ。完全とは言えないがイギリスではそうした雰囲気で選挙が行われる。それに比べ日本は全くそうした雰囲気がない。私利私欲の選挙だ。残念だ。

3、ブレグジットに関する英国民の関心

現在、イギリス人はどんなことに関心を寄せているか。つぎのグラフを見て頂きたい。黄色の線がブレグジットだ。去年の中ごろから重大な国民の関心事になっている。ちなみに濃緑のMHSは「国民保健サービス」で、茶色は「犯罪」、紫は「経済」、緑は「移民」である。
d0083068_13270627.jpg
現在、イギリス国民は、ブレグジット問題を早く決着して欲しいと切に願っているのが読み取れる。

4、欧州連合(EU)にとってのイギリスのブレグジット

英国のブレグジットが余りにもごたごたしているのでEUも嫌気がさしてきた感がある。英国ともっとも貿易が多いEUの国はドイツである。ドイツはイギリスとの貿易で儲けている。儲けてはいるがそのドイツにしてもドイツ銀行の始末など国内がザアザワしていてイギリスのブレグジットにはかまっておれなくなってきた。ドイツに代わってEUをけん引するフランスにしても自国の経済を好転させるためマクロンとしては自分の理念の反対の減税を打ちたてたばかりだ。国内事情がイギリスにかまっておれない状況にある。さらにEU本部(ブラッセル)もイギリスのジョンソン首相のなんとしてもブレグジットを成し遂げるという信念に全面的反対できない状況にある。そこで出たのが今回の決定。ブレグジットの期限延長を3ヶ月認め、来年の1月下旬にする。但し、その前でもブレグジットできる。その場合は条件がある。その条件だがイギリスが総選挙をすること.....というのが今回の決定だ。

5、イギリスの総選挙が決定される。

ということで、ブレグジットを為すには、総選挙をやらねばならない。総選挙ということは議会解散である。議会解散には3分の2の賛成票が必要だ。当初、その3分の2を得るのは難しいとと考えられていた。それが蓋を開けてみると、賛成438票、反対20票の賛成多数で総選挙が決まった。何故にそうなったか。反対票を入れるはずの労働党が賛成に廻ったからだ。何故に労働党が賛成に廻ったかであるが、このまま総選挙になってブレグジットが決まっても「EUの合意の中でのブレグジット」であって、恐れていた「合意なきブレグジット」でないからだ。さて、ということで、イギリス議会は11月16日に解散し、12月12日に総選挙が決まった。
d0083068_15510750.jpg
6、総選挙ではどこが勝利するか。

イギリスの政党であるが、今年の春はブレグジット派が大躍進した。ブレグジット党は、何がなんでもブレグジットする、EUとの合意なぞ必要ない、という考え方の党である。しかし、最近になってブレグジット党が人気が落ちてきている。その代わりに一時低迷していた保守党が伸びてきた。ジョンソンは意外に人気があるのだろうか。今月の各党の支持率は次のとおりだ。
d0083068_14022360.jpg
保守党だけでは過半数に満たないが、大きく伸びているのだ。このまま12月まで勢いが維持できれば保守党が勝つと思われる(油断できないという報もあるが....)。保守党が勝てばジョンソンはすぐにブレグジットの手続きにとりかかる。しかも「EUとの合意の元」のブレグジットだ。ということであれば今年の12月中にブレグジットが実現する可能性もある。

7、12月にブレグジットが実現すると....

ブレグジットが実現すると、欧州との無関税自由貿易はなくなる。その代わりEUに断ることなく自由に各国と貿易協定を結ぶことができる。そんなイギリスが最初に交渉する相手はアメリカだ。トランプも「オレは待ってるぜ」と既にラブコールしている。イギリスが次に求める相手は、いわずと知れた「Five Eyes」だ。「Five Eyes」とは、UKUSA協定とも言われる。イギリス植民地を発祥とするアングロサクソン連盟だ。コモンウエルスとも言われるが、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージ―ランドの国々だ。これらの国は貿易だけでなく秘密事項を含めた安保協定も結んでいる。与しやすい国々だ。イギリスが「Five Eyes」の国々と自由に貿易協定を結ぶということは米国にとっても大きなことだ。何が大きいかというと、米中戦争が激しくなる中、中国の包囲網が強くなるということだ。さらに、例えば香港問題は宗主国として米国以上に英国は直接に中国に意見できる場面が来るであろう。その場合EUの各国に忖度することなくそれができるということだ。(余談だが....イギリスさんよ。ブレグジットが無事できれば日本の主導する「TPP11」にも是非に加入して下さいネ)

8、ということで、米中戦争

このところ、アメリカは中国に対して以前より増してダイレクトに非難している。大阪のG20の前に演説する予定だったぺンス副大統領の演説....延び延びになり先日行われた。その内容は痛烈だった。以前の演説以上に中国に牙を剥きだして酷評している。
d0083068_15503735.jpg
チベットやウイグルなどの人権迫害から軍事的な世界制覇の野望にまで言及し、日本の尖閣諸島への進出まで指摘している。
d0083068_15513347.jpg
最近のアメリカの動き....先日の国連会議で北朝鮮の制裁決議についてアメリカは賛成しなかった。これを見て、私は思う。今、アメリカは朝鮮半島について、北朝鮮は静観、韓国は見放しているのではなかろうか。半島情勢も含め諸悪の根源は中国であると対中国敵視一本に絞ったのではなかろうか。中国を潰せば、半島はどうにでもなると思ったのではなかろうか。私はそう見ている。それが証拠に対中国政策が厳しい。例えば台湾を守る法律を既に通している。香港問題に関与する法律は現在下院で承認されている。いずれ上院でも承認されるだろう。あとはトランプがサインすれば成立する。これとは別にアメリカ国内での中国の要人の動きは完全に監視するようになった。スパイ活動に監視の目を厳しくしたのだ。もし何かあれば米国内の中国留学生を全て中国に返すかも知れないと言われるほどに厳しい姿勢で臨んでいる。アメリカがこれほどまでに中国の封じ込めに国をあげて取り組んでいるのに、日本の安倍政権は「中国との関係は正常に戻った」とか「習近平を国賓としてお迎えする」とか「それも桜が咲く良い季節に」とかノーテンキな発言をしている。なんともはや、嘆かわしい。

by yosaku60 | 2019-10-31 19:11 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

10年で2倍になった物価

昨日、冷房機を掃除してもらった。
d0083068_09525069.jpg
その料金、一台;7万ルピア(550円)。
10年前の記録を見ると、一台;3.5万ルピアを払っていた。
10年で丁度2倍になったということだ。

10年前の他の価格を思いだしてみると....
バイク洗浄代は2倍に。
ガソリン代が1.7倍に。
お手伝いさんの費用は2.5倍になっている。
バリの物価....
10年前と比べて2倍になったってことだ。

ただ、ルピアに対する日本円の価値も1.5倍高くなっている。
で、日本から頂く年金で暮らしている私にとって....
暮らしぶりが2倍苦しくなった訳でもない。
少々やりくりしにくくなった程度で済んでいる。

by yosaku60 | 2019-10-31 10:05 | バリ島=物価・修理費 | Comments(0)

共同通信が放つフェイクニュース

地方紙は共同通信からの記事を掲載する。
そんな重要な存在の共同通信が昨日もフェイクニュースを流した。
共同通信て、なんで日本の邪魔ばっかりするのだ。
以下は、Kazuya Channel からの引用だ。

共同通信は、次のようなニュースを流した。
d0083068_07403258.jpg
徴用工問題を解決するために日韓が基金を作るんだって...
その名目は、日韓での経済協力だって....
ホントかいな!!!

この記事が流れたあと、
韓国の中央日報は、そういう事実はないと全面的に否定した。
昨日の朝、菅官房長官もそういう事実はないと否定した。
両国が即座に否定した。
ということは、共同通信のフェイクニュースじゃないか。

願望を含めた観測気球との話もある。
観測気球をあげたいと思ったのは誰だろうか。
共同通信の記事では「日韓関係筋」と書いている。

誰なのか。
日韓議連の河村建夫が疑われている。
河村ならいいそうなことだ。
それらしき発言もしている。

d0083068_07503068.jpg
河村建夫の発言を利用し若干フェイクさせ、
ニュースとして流したのが実際の処のようだ。

共同通信から多くのフェイクニュースが流される。
これを日本中の人が読むのだから影響は半端ない。

by yosaku60 | 2019-10-30 07:56 | マスコミの暴力 | Comments(0)

私人逮捕という行為を知らなかった。

N国党の立花孝志を追っかけると勉強になる。
その一つは選挙運動中の「私人逮捕」......

立花はかねてから喋っていた。

「政治活動」と「選挙活動」は全然別個のものである。
「選挙活動」は、一定のルールのもと権利を認められるが、
「政治活動」には、そのような権利がない。
「選挙活動中」の演説は、「喋る権利」もあるが「聞く権利」もある。
「聞く権利」を奪うことは民主主義に違反する。

これに該当することが起こった。
演説中に日本国旗を持った若者が現れて選挙活動の妨害をしたのだ。
立花の声がかき消える程の大声で怒鳴りちらすのだ。
立花は、その時。
「これから私人逮捕します」といい、選挙カーを降り、
日の丸の旗を振る若者の腕を掴まえた。
d0083068_14051145.jpg
若者は「何故にあんたが逮捕するのか」と喚いた。
立花は「みんながあなたの行動を見ている、現行犯だ」という。
そして、そのまま警察を呼び、警察に若者を捕獲させた。

私人逮捕....
私は知らなかったので、ネットで調べてみた。
規則が決められていた。
現行犯の場合にかぎり一般の人でも犯人を逮捕できるのだ。
ただし私人逮捕した場合、逮捕した人はあとで警察に呼ばれる。
2時間程かけて警察の調書作りを手伝うのだ。
その手間があるので「私人逮捕」を嫌がる。
立花は、それを知った上で「私人逮捕」した。
だから、この日の夜に警察に出頭して調書を作っている。
選挙妨害は罪が重く、4年以下の懲役だそうな。
立花は、そういうことを全て知った上で行動している。
痛快である。

その二つ目....
昨日、立花はNHKから訴えられた。
NHKが立花に未払いの受信料を払えと訴えたのだ。
訴えられた、立花の態度が面白い。
「とうとうしびれをきらしてNHKが訴えてきた」と喜んだのだ。
受信契約を結ばねばならないのは最高裁で判決が出ている。
だが、お金を払わなければならないとの法律がない。
これはNHKの内部規定だそうな。
が、それを争っても立花は多分負ける。
では、立花はどう戦うか。

d0083068_14213587.jpg

NHKの受信料徴収率は約80%である。
20%の人から徴収できていない。
徴収できていない人の分まで払うのは不公平である。
NHKの請求額は4560円である。
であれば80%の3648円は払うが残りの912円は払わない。
として戦うのだそうな。
NHKが立花のこの論理に対抗するのは難しい。
秘密にしている内部資料を公表しなければならない。
裁判で争う過程でNHKのいろんな横暴さが暴かれることになる。
で、専門家の中では、この勝負は最初から立花の勝ちだそうな。
争う過程に価値があるので立花は勝ち負けに関係なく勝つってことだ。
既に、ある弁護士は次のように発言している。
「これは正義の戦いだ」
「無報酬で立花の弁護を引き受ける」
「こんな無報酬の正義の弁護団を組んで戦う」

その三つ目....
立花の次のターゲットは、海老名市の市長選挙だ。
写真は海老名市長選出馬の記者会見をする立花孝志。

d0083068_14510383.jpg
その選挙公約が面白い。
1、NHKの受信料を払ってない家に「報酬代」として5万円支給する。
2、市の公務員の給与をNHKの職員並みに賃上げする。
さあ、海老名市長選、どのように盛り上がるだろうか。

立花曰く「革命だ」....
私もそう思う。
減税が世界の潮流なのに消費税を10%にした日本。
財務省の権力にひれ伏して抵抗できない政府。
人権弾圧を重ねる習近平を国賓として迎える政府。
強いと思われた安倍も今やボロボロだ。
何かしないと岩盤規制は崩せない。
このままでは日本は衰退するのみで伸びない。
立花、ガンバレ。

by yosaku60 | 2019-10-29 14:46 | マスコミの暴力 | Comments(0)

日本からのご一行(27名)ご案内

土曜日、8時5分前にヒルトンホテルに着いた。
滑り込みセーフだ。
インドネシアの独立戦争....
その中のバリ島での独立戦争....
インドネシアの残留日本兵.....
その中のバリ島での残留日本兵...
をお話した。
元公立高校の教師のお集まりだ。
さすが、熱心に聞いて頂けた。
一時間の予定が30分延長に...
私としては、嬉しい延長だ。
d0083068_07533195.jpg
9時30分ホテル発。
35人乗りのバスは、さすが大きい。
d0083068_07555779.jpg
マルガラナ英雄墓地(資料館入り口で)。
d0083068_07565744.jpg
昼食はサンゲの「ワルン・サワサワ」で、
この時点で一時間遅れ...
気にするのは私だけ、誰もそういうこと気にしない。
まあ、いいか。
d0083068_08020688.jpg
プナルンガン村の松井・荒木慰霊碑....
中央、紺色シャツが私....
d0083068_08522520.jpg
曽我さん宅到着、午後4時....
曽我さんを囲んで、いろいろな話を聞けた。
左の横縞シャツが曽我さん(76歳)。
d0083068_08063711.jpg
三浦襄のお墓案内....
ここに案内したことは失敗だった。
三浦襄という存在をビジネスにしている日本人...
そして、それに寄生するバリ人がいて....
拠点そのものが見苦しくなっていた。
三浦襄は高尚でお金が大嫌いだった。
ご本人も墓場のかげで泣いておられるのではなかろうか。
ここの整備にご尽力された「日本バリ会」の方々も嘆かれるであろう。
d0083068_08580159.jpg
気をとりなおして、サヌールビーチの「izakaya」に....
私もご相伴いただきました。
d0083068_09034522.jpg
みなさん、ご苦労様でした。
「バリの独立戦争」をいっぱい聞いてくれてありがとうございます。

by yosaku60 | 2019-10-28 09:06 | バリ島での独立戦争 | Comments(0)

尿路結石の民間療法

ラクダ公園のビーチで何かを探しているお爺ちゃんがいた。
d0083068_11084000.jpg
おじいちゃん、何を探しているの....
「プトラという貝じゃよ」
どんな貝なの....と、聞くと、
見せてくれた。
d0083068_11100281.jpg
これ、何にするの.....
「クンチン・バトゥの薬だよ」
売れるの....
「そう、一個1000ルピアで売れるよ」

クンチン・バトゥとは、尿路結石のことだ。
貝をつぶして飲むと結石がとれるのだろう。
その場で、カミさんと尿路結石と腎臓結石の違いが話題になった。
家に帰り、調べると、次のようなことが解った。
d0083068_11145541.jpg
腎臓に石ができるのを「腎臓結石」という。
その石が尿管に降りてきたのを「尿管結石」
さらに降りて膀胱に止まったのを「膀胱結石」
そして尿道まで降りてそこで止まったのを「尿道結石」というそうな。
勉強になりました。

さて、今朝の散歩では、久しぶりにラクダにも会ってきた。
4匹とも、ひと頃よりは元気がなくなった様に思えた。
d0083068_11181555.jpg

by yosaku60 | 2019-10-27 11:19 | バリ島=ちょっとびっくり | Comments(0)

ご一行(27名)ご案内に出発

今日は日本から来られたご一行を案内する日。
一行がお泊りになっているのは、ヒルトンホテル。
ご案内の時間割を作って見た。
d0083068_07300453.jpg
出発前の一時間のレクチャー.....
どうなるか分からないが、気にならない。
大勢の前で知ったかぶりして喋るのは初めてだ。
だが、事前勉強はしなかった。
喋るのが下手なら下手なのも自分である。
初めてなのに緊張していない自分にびっくりする。
それよりも気にかかるのが、バスの大きさ。
35人乗りのバスらしい。
曽我さん宅の前の道路には止められない。
どこに止めて歩こうか。
プナルンガン村の慰霊碑も同じだ。
小学校の前の道路には侵入できない。
どこに止めたらいいのだろう。
まあ、それも、これも、出たとこ勝負だ。
行ってきます。

by yosaku60 | 2019-10-26 07:35 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

サヌールビーチでの楽しい朝食

同じヴィラに住む隣人が日本から来てくれた。
ビーチでの朝食をご一緒した。
そこに、朝の散歩中の小原さんが加わってくれた。
私は、日本人の友人(バリ在住)が少ない。
小原さんは数少ない何でも話せる日本人の友人だ。

d0083068_11222406.jpg
爽やかな風のもとワイワイ喋りながらのビーチでの朝食は楽しい。
バリならではの楽しみ方ができた。

by yosaku60 | 2019-10-25 11:32 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

日本からのご一行出迎え準備

昨日、マルガラナ英雄墓地に行ってきた。
英雄墓地の博物館の入り口の鍵を持つマデさんに会うためだ。
ありがたいことにマデさん(写真左)は、私を覚えてくれていた。
d0083068_10380342.jpg
何故に、博物館なのか、
明日、日本から団体さん(27名)が来る。
その一行が来た時、博物館に入れてあげたいからだ。

じつは、その団体さん....
インドネシアの文化に触れ合う目的の一環で、
ジャワ島で歴史的遺跡を廻ったあとバリ島に来て、
インドネシア独立戦争を戦った日本兵に触れたいとのこと。
但し、与えられた時間は一日だけ。
その「一日勉強」を私に託されたのだ。
自費出版「尊崇」のことを知って私に依頼された。
案内する人も連れられて来る人も初対面...
私は「任しときなさい」と受けた。
勿論ボランティアだ。

で、考えた。
たった一日で、どうバリ島を見てもらおうか。
どう独立戦争に与した日本兵の戦いを知ってもらおうか。
考えた結果.....
出発前の一時間、ホテルで事前レクチャーすることにした。
次のような順序で一時間喋ろうと思う。

1、日本軍のインドネシア上陸
2、インドネシアの独立宣言
3、インドネシア独立戦争に参加した日本兵
4、バリ島の知識
  歴史、地形、民族、文化、宗教、
5、バリ島での独立戦争
7、バリ島で独立戦争に参加した日本兵

んんん??
本当にこんなこと上手く喋れるのだろうか。
まあ、いい。
やってみなくちゃ解らない。
ボランティアなんだから下手でも許されるだろう。

んで、レクチャーを終えたあとの
現地を見てまわる順序をつぎのように考えた。

1、マルガラナ英雄墓地
2、プナルンガン村の松井・荒木慰霊碑
3、残留日本兵のご遺族面会(曽我さん宅訪問)
4、三浦襄お墓
  
途中で一時間の昼食タイムを入れて、これで8時間になる。
9時にヌサドゥアのホテルを出て、夕食にサヌールに戻るのは17時になる。

ということで、昨日はこの準備のために一日かけて動き回り....
そのひとつが冒頭のマルガラナ英雄墓地の博物館だった訳だ。
あと、ひとつ準備があった。
3番目の曽我さん宅訪問の事前了解である。

で、お伺いした曽我さん宅....
右から、カミさん、曽我さんの奥さま、曽我さんの娘さん、
そして、曽我さんのお孫さんのユリアさん。
d0083068_10491983.jpg
曽我さんの家は、ユリアさんが全てを握っている。
ユリアさん、土曜日、日本人が30人ほど、ここに来るよ....
いいですか....
「いいよ、歓迎するわ」
てんで、曽我さん宅訪問の交渉成立。
簡単だ。

私達も入れて、約30名の団体...
昼食は、サンゲ村の「ワルン、サワサワ」で、予約を済ませた。
夕食は、サヌールのビーチレストラン「izakaya」....
に決め、オーナーのリコに直接に依頼し終えた。
彼なら、なんとかしてくれるだろう。
さて、
で、今日は、これから、
明朝の事前レクチャーの資料準備だ。

by yosaku60 | 2019-10-25 10:58 | バリ島での独立戦争 | Comments(0)

私の原点に二人の女性を案内する(その6;ランプ村の慰霊碑)

ブドゥグル高地とキンタマニー高地との交差点である.....
ランプ村付近を私は「バリ島の臍」と思っている。
臍は身体のど真ん中にある。
ランプ村もバリ島のど真ん中と思うからだ。

d0083068_08052345.jpg
何故なら、ランプ村の位置は....
1、バンリ県にあって、
2、ブレレン県まで500mであって、
3、バドゥン県にも2000mで行けて、
4、タバナン県から10キロ、
5、ギャニアール県をも10キロ......と、
バリ島の八つの県のうち五つがランプ村から近いのだ。
バリ島の臍といっても過言ではあるまい。
そんな場所だから、ングラライ隊の長征.....
その往路も復路も、この地付近を通過している。
そして、往路も復路もオランダ軍との戦闘があった。

往路での戦闘はランプ村から500m、
一キロ南の「Catur」との間の地でおこった。
1946年5月12日のことである。
この当時のングラライ軍は戦う闘志がみなぎっていた。
但し、自軍の中にいる敵のスパイに悩まされていた。
(写真はランプ村の慰霊碑)。

d0083068_09492759.jpg
復路での戦いは、ランプ村から北東2キロの
パングジャラン村でおこった。
村での宿泊中、突然に襲われ逃げまどうだけだった。
(以後の約一週間、谷をさまよい歩いた)
見張りに立っていた二人が殺され、こんな慰霊碑が建っている。
d0083068_09510694.jpg

この慰霊碑をバックに、左からミチヨさん、ユキさん。
そして、オレ、カミさん。
d0083068_09404873.jpeg

by yosaku60 | 2019-10-24 10:00 | バリ島での独立戦争 | Comments(0)

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月