あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2018年 05月 ( 54 )   > この月の画像一覧


安倍総理のロシア訪問 (その2;演説の中身)

安倍総理の演説を聞いて驚いたことが二つある。


ひとつは、安倍総理が演説の中で、

「平和条約締結の先には4島の帰着問題の解決がある」

と、さらりと言ったことだ。

観衆(ロシア国民)の前で言ったのです。

ロシア国内でもテレビ放映があると思う。

日本人にではなく交渉相手国の国民の前で言ったのだ。

日本国民の前では、こんなにはっきり言ってこなかった。

確か、

「まずは、共同してロシア経済に貢献する」

「しかるのち、平和条約に結ぶ」

「その後、どうなるのか、ムニャムニ」

程度に話していたと記憶する。


  (註) 自分が言うと、問題が多いので、

   鈴木宗男に言わせているところがある。


それがロシア国民の前で明確に言ったのだ。

勿論、プーチンもそれを聞いている。


私は、思うのです。

日本のマスコミは信用できない。

が、こうした映像には嘘の入りようがない。

そのままが事実だ。

安倍総理も確たるものがなければ喋らない。

ということは、

平和条約締結後に4島帰着問題は動きだすのです。

どういう風に動くか分からない(想像しているが)。

いずれにしても動き出す、そう確信しました。


次に驚いたのは、

やはり安倍総理のさらりと漏らした次のひとこと、

「北朝鮮問題ではプーチンに理解してもらった」

このとおりの言葉ではなかったかも知れない。

が、これに近いことを演説の中で言った。

私は解った。

北朝鮮制裁に向けての国連での同意のとり付けだ。

制裁を決めようとしても中国とロシアが反対した。

そのロシアに下交渉したのが安倍総理だった。

プーチンは安倍の意見を受け入れた。

ロシアという一角が崩れ中国も制裁に同意した。

そうした結果の現在の北朝鮮情勢だ。

ということは、今の状況を作ったのは、

安倍総理とプーチンの関係があったからだ。

そのことが安倍総理自身の口からポロリと出たのだ。


  日本のマスコミは、すぐに「日本は蚊帳の外」

  といって安倍を批判する。 よく言う~ヨ!!


勿論、裏でいろいろあったと思う。

というのは、

現在、ロシアは欧州勢とアメリカから制裁を受けている。

そうした制裁で現在、ロシア経済がマヒしている。


   ロシア制裁の理由はクリミア半島問題だ。

   現在の世界を考えるに、このクリミア問題は大きい。

   次の私のブログでも扱ってみたい。


プーチンにとっては、

自分のところが制裁を受けて大変なのだ。

そして安倍もその制裁に一部加担している。

そんな安倍から北朝鮮の制裁への同意を求められた。

忸怩たる思いもあったであろう。

であるから下交渉の裏には何かあって当然だ。

ロシアへの制裁軽減の働きかけを依頼されたかも知れない。

どうもそんな気がする。

まあ、そんな訳で、

安倍総理のポロリと洩らしたひとこと。

私は納得しながら聞きもらさなかった。


ついでに

もうひとつ少し驚いたことを付け加える。

フォーラムに参加した欧州勢の代表だ。

ドイツのメルケルではなかった。

フランスのマクロンだった。

何故にメルケルではなく、マクロンだったのか。

マクロンが望んだのか、

それともメルケルがその任にあらずであったのか。

私は後者であろうと思っている、

何故なら、今、メルケルは大変だからだ。

多分、ロシアに来るヒマがなかった(笑)。

ちょっと、現在のメルケルを想像してみる。


メルケルは、

国内政治にあって移民問題で統制がとれていない。

好調な経済だが、ここに来て問題が起きている。

どんな問題かというと….

中国の投資に失敗したことを今やっと気づいた。

中国にどっぷり漬かりすぎたのだ。

中国で商売をするには中国の支配を受け入れなければならない。

そのことが今になって、やっとわかったのだ。

撤退の準備をしながら中国とつき合わねばならない。

ドイツはその準備を怠ってきたのだ。



さあ、今日は雑談風に書きました。

明日は、「クレミア半島情勢」を書いてみる。

世界を俯瞰するには、

絶対知っておかねばならない大きな問題だ。

なのに、今の私はざっくりとしか知らない。

勉強しながら書いてみる。


by yosaku60 | 2018-05-31 19:13 | 時事放言 | Comments(0)

いつものワルンでの朝食光景

今日はウマニス・ガルンガン。
何故でしょうか、
ワルンはいつもより早い時間にオープンしています。
で、お客もいつもより多めです。
(中央の白い服がカミさん)

離れた処から写真を撮ろうと席を離れると、
ホワイト(犬の名)が後を追ってきました。
d0083068_09542139.jpg

by yosaku60 | 2018-05-31 09:58 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

安倍総理のロシア訪問(その1;プーチンとの会談)

5月23~25日、安倍総理がロシアを訪問した。

世耕大臣も同行した。

プーチンとどんな話をしたのだろうか。

新聞にも地上波テレビでも全く報じられない。

そんなマスコミに成り代わって(笑)

ここに発表させて頂く。


安倍総理の訪露は、サンクトペテルブルクで行われた、

「国際経済フォーラム」に参加するためだった。

プーチンが開催に気合を入れていたフォーラムである。

日本の首相で参加したのは安倍総理が初めてだ。

プーチンに招待されて参加したのだ。


「アベちゃん、来て欲しい」

「ウラジミール、わかった、行くよ」


二人の会談は、今度で21回目になる。

単に出会うのではない。

目的を持って会談したのが、21回目なのだから、

こんな風に言える間柄になっている。
d0083068_16531977.jpg

安倍総理も「国際経済フォーラム」の観衆(ロシア国民)に向け、

二人はそういう仲になっていることを演説している。

その演説を聞いているプーチンが大写しになる。

プーチンは笑わないが、静かな表情から、

当たり前として肯定している感じが読み取れる。


今回の訪露で安倍とプーチンは2回の会談を行った。

一回はサンクトペテルブルクの「国際経済フォーラム」、

場所を変えてモスクワの「日露ビジネス会話」でも会談している。

d0083068_16553454.jpg
安倍総理は次のように演説をしている。


日本は8項目の協力プランを提案した。

その提案を元に130項目以上のプロジェクトを立ち上げた。

その内のすでに半数以上が契約を終えている。

ウラジミール(プーチン)は6年後のロシアを考えている。

それは、次の四つに代表される。

1、ロシア国民の健康寿命の伸長(80才を目指す)

2、住宅環境の改善

3、生産性の高い輸出指向産業の創設

4、デジタル経済の普及

この4つの全てに日本はコミットできる。

d0083068_16563354.jpg
こうした安倍総理の演説の他に、私が目を引いたのは、

演台の安倍とプーチンに、

日本から参加した企業家が直接に話しかけた次の内容だ。


1、「丸紅」が高速道路の受注を発表していた。

2、「富士フイルム」からヘルスケア―事業の進展報告と、

それに伴う援助として、プーチンに各種審査の簡素化を

図るよう迫っていた。

3、「横河電機」が製油所の省エネ化デジタル化に向けて、

ロシア側と検討が具体化しつつあるが、更なる加速化を

プーチンに直接問いかけていた。


これを聞いて思った。

日露間の経済援助事業は案外に進んでいる。

このままゆけば、いずれ平和条約調印まで進むだろう。

ということは、

その先に「4島の帰着問題解決」があるということだ。


4島の帰着について....

私は、こうなるのではなかろうかという予感がある。

ちょっととっぴな予感なので、国際法上、安全保障上、

実現可能かどうか勉強が足りていない。


by yosaku60 | 2018-05-30 17:23 | 時事放言 | Comments(0)

ガルンガンの朝

バリ人にとって最も大きなお祈り....
である「ガルンガン」の日の朝の光景です。

信号待ちの交差点にて、私の前の人達.......
皆さん、どこにお祈りに行くのでしょうか。
d0083068_10011750.jpg
街の四つ角にある神木に人が集まっていました。
d0083068_10031529.jpg
海辺のプラ(寺)にも人が集まります。
d0083068_10053413.jpg
みなさん、幸せそうです。
d0083068_10064545.jpg


by yosaku60 | 2018-05-30 10:06 | バリ島=慣習・伝統 | Comments(0)

私の予想が当たった!!

日米/中・冷戦時代と題し、

多方面から分析し、いろいろと書いてきたが、

最近は「今後の予想」を書くことも多くなった。

そうした中から、

予想どおりの結果になっているケースを紹介したい。


私は、511日のブログ、

俺にも言わせて下さい(その9;マハテール首相誕生)

の中で、次のように書いた。


今日を境に中国は、

怒涛のように崩れるのではなかろうか。


それが、528日の産経新聞で、

次のように書かれ、私の予想が当たった!


中国の「一帯一路」の野望が、逆回転を始めた。


……


その産経新聞の中身をかいつまんで書く。


マレーシアのマハテール首相は28日、同国とシンガポールを結ぶマレー半島高速鉄道計画の廃止を表明した。中国の「一帯一路」の主要事業であった計画が頓挫したことで、中国の野望が逆回転を始めた。マハテール氏によると、総額550億リンギット(約1兆5千億円)の事業費は、融資する中国輸出入銀行から、受注した中国交通建設に直接支払われ、マレーシア側は一度も引き出していない。支払いは出来高でなく計画ベース。利息も含むと、中国への債務は920億リンギットに。前政権が続いていれば「国は破綻していた」と非難する。さらに豪州紙は次のように批評している。中国は採算性や必要性が不明確なまま、巨額のインフラ資金を融資し、周辺国を債務不履行陥れ支配する。そんな中国の思惑に限界が見え始めている。


(私の感想)

前政権でマレーシアは中国に乗っ取られそうになっていた。

マハテールが首相になって中国マネーを排除しどうにかストップをかけた。

で、消費税削減策まで打ち出し経済の立て直しに躍起になっている。

親中の政権になると怖い。

親中派の石破が首相になどなったら......

中国に乗っ取られるかも知れない(笑)。





もうひとつある。


私は、524日のブログ

朝鮮半島の将来が日本に及ぼす影響(その3;マスコミの変化)

の中で次のように書いている。


民間有識者による規制改革推進会議でやっている。

「電波制度改革」という項目で検討しているそうだ。


そう書いた次の日に、その検討が公表された。

その記事を転載する。


規制改革推進会議は25日、近く安倍首相に提出する規制改革の骨子を公表した。

柱には、電波の有効活用を始めとする放送改革があり、検討する具体的項目として、放送改革で検討する具体的項目として、「通信・放送の融合が進展する下でのビジネスモデルの展開の方向性」「より多様で良質なコンテンツ提供とグローバル展開」「電波の有効利用に向けた制度のあり方」を挙げている。



(私の感想)

政府の具体的な案として登場するのは6月になってからだ。 

それにしても私が予測していたよりずっと早い。

まだ、検討の骨子のみで中身の詳細が発表されていないのでわからないが、

テレビの偏向報道に対する対策がどのように汲まれているか楽しみである。


by yosaku60 | 2018-05-29 12:02 | 時事放言 | Comments(0)

有料トイレの表示

観光地のトイレは大概が有料であるが、
その表示を紹介する。
d0083068_09485208.jpg
WCは、
ダブルシーとは言わず「ウエッセ」と発音する。

トイレとシャワールームは一室になっているので....

MANDI = シャワー使用、5000ルピア(40円)。
BAB = Buang Air Busar、排便、3000ルピア(25円)。
KENCING = おしっこ、2000ルピア(15円)。

ということは、
BAB + KENCING =5000ルピア
になるのかなァ~と悩む馬鹿なオレ(笑)。

by yosaku60 | 2018-05-29 09:57 | バリ島=社会・生活 | Comments(0)

朝鮮半島の将来が日本に及ぼす影響(その5;社会指導層の若年化)

yosakuさん......、

アンタが言う「野党の衰退」の原因の一つの......

3、社会指導層の若年化、だけど……..

若年化ということは老人がいなくなるってことだよね.....

そう、そういう意味で書いたのだけど分かりにくいね、

ごめん。


まあ、いいけど。......

じゃ、いつを基準にそういう風に言うのですか..

そう、それが大事だよね。

私が言うのは、1960年を基準にしている。

60年安保闘争」の時だ。

闘争時、東大生の樺美智子が人ごみに踏まれて圧死した。


覚えている..

センセーショナルに報道された..

そう、世間の誰もが驚き、悲しく思った。

当時、彼女は23歳だった。

もし生きていれば、今は80歳になっている。

もし生きていても、政治から引退している年齢だ。

私は、このことを言いたいのだ。


「安保闘争も遠くなりにけり」ってことか..

うまくいうな(笑)、そのとおりだ。

1955年から自由民主党と日本社会党の対立が始まった。


55年体制」と言われる由縁だよね……

そうだ、そのとおり。

ただ、1955年当時の日本社会党には、

改憲から護憲まで、再軍備から再軍備反対まで、

いろいろな考え方の人が集まっていた。

だが、「60年安保闘争」を境に別れた。

改憲・再軍備を志向する者の民社党ができ、

護憲・再軍備反対派は社会党に残った。

別れたあとの社会党だが、

その血が現在の野党の体に流れている。


なあるほど、…….

だから現在の野党が「護憲・再軍備反対」なのか……

うん、実際に引き継いだのは現在の社民党だけど、

まあ、実態は、そういうことになる。

ちょっと、図を書いてみた。

これを見ながら流れを理解して欲しい。

d0083068_15004708.jpg
見て欲しいポイントが三つある。


ひとつは、60年安保闘争の時の「反政府派」だ。

日本社会党、共産党、全学連の三つ挙げているよね。

「社会党」と「共産党」は、親ソ・反米であった。

だから、反政府なのは解る。

が、解らないのは、全学連の学生たちだ。

彼らは「安保改定」の中身を知っていただろうか。

私は、どうもそうは思えないのだ。

安保条約そのものは1951年からあった。

この時の改定は、日米の関係をより平等化し、

そのことを明文化しようというものだった。

全学連の学生は、そのことを知っていただろうか。


アメリカに戦争に巻き込められるのが嫌だ、

というのが主な理由だったといわれる。

何を根拠に戦争に巻き込まれると思ったのだろうか。


私は思う。

学生たちは、

一応、マルクス主義など読んで共感したりする。

が、理想のみ思い、頭でっかちになり、

現実も見えなくなり、政治闘争の暗闇に身を投じてゆく。

そのことに達成感さえ覚える、青っぽさ!

あげくは、

1969年の東大安田講堂事件などに発展して行く。

そうだ、同じ時期に日大闘争なんていうのもあったけ!

バカモン達が!!


どうしたの、そんなに興奮して..

実はオレ、当時も怒っていたのだ。

学生運動をしている連中はオレの齢と余り変わらない。

オレはその頃、一生懸命に汗水流し仕事をしていた。

親からお金をもらって大学まで行かせてもらって、

大事な勉強もせずに、ワイワイ遊んでいる気奴らを

甘えん坊のように思えて憎かったのだ。


それならそれで、それはもう昔の話....

今になってまだ怒らなくてもいいじゃないの......

いいや、実は、これがね。

今のマスコミの偏向報道に関係しているからだ。


ええ?.....

そこまで関係しているの。………

説明して欲しい。…….

うん、学生運動ばかりしている学生。

危なっかしくて、企業は採用しないよね。


それは解る。.

不満分子だから.

会社に入っても仕事せずに文句ばかり言う。…….

そう、そうなのだ。

が、そういう時、そういう活動家を採用した所がある。


どこ、そんな奇特な処.

国家公務員とマスコミ関係なのだ。


なあるほど..

で、当時マスコミ関係や役所に入った活動家だが、

今は、マスコミ関係の会社や役所のトップになっている。

彼らは昔のことを忘れず今も反政府であることが多い。

左よりのトップがうじゃうじゃいることになる。

が、そんな彼らも、そろそろ70歳に近くなってきた、

そろそろ引退の時期にきている。

ということは、マスコミと役所から、

そんなトップがいなくなるということだ。

今後、左寄りの偏向報道が消えて中立になり、

親中、親韓、親朝に偏る役所のトップ(前川の如く)も

消えてゆくということになる(のではなかろうか)。


なあるほどね..

さて、上の図で見て欲しい二つ目のポイントは、

1977年のダッカ日航機ハイジャック事件だ。


覚えている.....

福田総理の時だったよね....

彼が「人の命は地球よりも重い」と言って.....

牢から罪人を逃がし、お金まで与えて.....

今の時代、ああいうこと言ったら、世界から総スカンを喰う....

そうだ。

思えば、政府も学生も甘えていたんだよね。

まあ、その後3年ほどちょこちょこあったけど、

1980年になると学生たちは政治運動から身を引く。


当たり前だ! 学校を出たら、

学んだことを生かして一生懸命働けばいいのだ。

何を生意気に政治活動などやるのだ。

まだ10年早い(笑)。

んで、んで、1980年が、

世の中が少しまともになってきた分岐点であることを

この表から知って欲しい。


さて、次に見て欲しいポイントの三つ目は、

2015年の日米防衛指針制定の与野党攻防だ。

日本が戦争に巻き込まれる「戦争法案」だといって、

野党は強烈に反対してきた。


そうだったね....

そう。

で、強行採決で決めた直後に「北朝鮮問題」が起こった。

滑り込みセーフであった。

防衛指針を決めていたからこそ、

今、日米で対処できている。

決めてなかったら米国から情報が知らされない。

秘密が漏れるようだったら情報が共有されない。

秘密保護法がないときはそうだった。

今は秘密保護法がある。

米国からの情報が普通に入る。

対朝鮮行動を一緒に考え一緒に行動できる。

それができなかったら大変になっていた。


そこまで理解できるように、

図の過去から現在の流れを読み切って欲しい。


さて、

もういちど上の表を見て欲しい。

気づかないかい。

ここ60年(1955年~2016年)、

与野党の戦いは「安保」で明け暮れてきた。

そうした今、

「自衛」の解釈はより現実に近いものになった。

「安保」での攻防は終わった。

今後、新しい局面に入る。

今後の与野党の攻防は「憲法改定」だ。

私は「野党の衰退」と書いた。

いずれ憲法も改定されると見ているからだ。


by yosaku60 | 2018-05-28 15:01 | 時事放言 | Comments(0)

バイク洗車代は高くなかった

バイク洗車代、18000ルピア(150円)だが、
昔より2.5倍になったと、先のブログでぼやいた。
が、今日、改めて洗車の工程を全てみると、
決して高くない、というより安価かも知れない、
と思いなおした。

その工程だが、

1、まずは高圧水で泥を落とす(左)。
d0083068_10134893.jpg
2、石鹸で汚れをとる。
d0083068_10143811.jpg
3、水洗いして、石鹸分をとり、拭き取る。
d0083068_10163524.jpg
4、油をエアーで飛ばしながら、隅々にオイルを差し込む。
d0083068_10260590.jpg
5、オイルコ―ティングしながら磨き上げる。
d0083068_10185937.jpg
一台の洗車所要時間;40分。
それも若い男が一生懸命に働いての40分。
で、石鹸もオイルも圧搾空気も店の払い.....
で、出来栄え上々.......
とくれば、150円なら安いもんだ(過去を訂正)。

by yosaku60 | 2018-05-28 10:23 | バリ島=物価・修理費 | Comments(0)

目に迫り耳にも迫る中華汚染

今朝のこと、
ガルンガンを控えた日曜日の朝だからだろうか、
人の出が少ない、と思ったら....
静かな通りの一か所だけがなにやら騒々しい。
d0083068_11170824.jpg
4つ星ホテル「Swiss-Belresort」の前に大型観光バスが
6台もいて、それに乗り込むお客さん全員が中国人。
それも全員が若い娘さん。
着る服も原色で華やかだが聞こえる言葉も姦しい。
そこで浮かんだ川柳.....
目に迫り、耳にも迫る、中華汚染

by yosaku60 | 2018-05-27 11:37 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

ヤスミタちゃん、家に遊びに来る

里子(就学援助)のヤスミタちゃん......、
の田舎は、バリ島の東の果ての「クブ」だが、
現在、実践学習でデンパサールに来ている。

その彼女が家に遊びに来てくれた。

何をして遊んだら喜んでもらえるか分からない。
で、「勉強でもするか」てんで、
日本語を教えている(現在カミさん担当で進行中)。
d0083068_11313196.jpg

by yosaku60 | 2018-05-26 11:31 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月