あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2017年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧


改装オープンした千里浜温泉

私がもっとも好きな近場の温泉......
だった、バーデン千里浜が、「里湯ちりはま」
と、名を変え改装オープンした。
オープンして三日目の昨日、行ってみた。
d0083068_08235129.jpg
受付....入浴料450円。
d0083068_08251664.jpg
脱衣場から風呂場への扉が新しくなっていた。
中はこじんまりとした、いい感じ....
d0083068_08274959.jpg
ここの売りは、やはり露天風呂....
女性風呂との境目の塀を新しくしただけで、
露天風呂全体は昔のままであった。
d0083068_08303440.jpg
通常、露天風呂というのはぬるめである。
が、ここの露天風呂は熱い。
それがこの露天風呂の売りである。
源泉らしく、うすく硫黄の匂いがするのも良い。
常連さん曰く、源泉は58度あるそうな。
それに水を足して、44~45度にしているそうな。
この日の湯温は、44.4度であった。
私にとってはちょうど良い湯温である。
熱いので湯の中では動かない。
そーと浸かるだけである。
肩まで浸かるとのぼせるので、上半身だけ浸かる。
それでもよーく温まる。
どれくらい温まるかというと....
d0083068_08420877.jpg
わかるだろうか、胸の上から下の上半身が赤くなってるの....
これだけ、色が変わる風呂は、まあ、ない。
さて、
改装なった「里湯ちりはま」の設備を紹介しよう。
まずは休憩室。
d0083068_08485313.jpg
廊下には、健康器具が並ぶ。
これは出た腹をブルブルと震わせて引っ込める器具だそうな。
使ってみたかったが、つぎの機会にしたい。
d0083068_08512822.jpg
お決まりのマッサージ器だが、5台とは豪勢だ。
d0083068_08522124.jpg
昼は食事のできる喫茶室もある。
温泉たまごが50円だそうな。
d0083068_08533437.jpg
温泉ホテルにあるお土産品コーナーの代わりに
近所の農家から出品された野菜などが売られている。
太い大根が一本100円、ネギがひと束100円ってのは、
安いのではないだろうか。
写真後ろ姿はカミさん。
ビールの友に銀杏を買ってもらった。
(ひと袋200円=支払いカミさん)
d0083068_08565440.jpg
ということで、「里湯ちりはま」だが、
家から15分と近く、ほんもの源泉で、湯温44度以上、
と、三拍子そろっている。
日本にいる間は、通うことになるだろう。

by yosaku60 | 2017-12-29 09:03 | 日本=日本に帰省中 | Comments(2)

55年の空白を埋める

餅井君(写真)....
中学時代の3年間、毎日のように会っていた。
それが別々の高校に進み、会わなくなった。
それから55年、彼がどのような人生を送って来たか知らない。
彼も私がどのような道を辿ってきたか知らない。
d0083068_13053884.jpg
そんな彼と、
食べながら、飲みながら、
鼾をかきあいながら、語り合った。
55年間の空白が一気に埋まった濃密な24時間であった。

by yosaku60 | 2017-12-28 13:13 | 日本=日本に帰省中 | Comments(0)

自慢の大工小屋です。

なんにも書く事がないので、戯言をば....

カミさんは、私が台所に入るのを嫌います。
ですから私は台所のことはなんにも知りません。

悔しい!
オレにもカミさんが入って来れない場所が欲しい!
てんで、作ったのが「大工小屋」
部屋ではありません。
小屋です。
別棟です。
ですから、表札もかかっております。
d0083068_09263231.jpg
この表札、自分で書いたものです。
小屋の中に入ると、こんなのになっております。
d0083068_09275780.jpg
天井、壁、床、棚....
全部、私の手造りです。
ですから、自慢の大工小屋なのです。

ちょっとした修理器具、みんな揃っています。
揃えただけで使ったことがないものもあります。
一種の道楽です。
何が揃っているかカミさんは知りません。
ざまーみろ...(なんて思ったことはありません)

by yosaku60 | 2017-12-27 09:33 | 日本=日本に帰省中 | Comments(0)

日本とバリ島間の航空運賃

日本の寒さに懲りて、自分だけでも、
一足早くバリ島に戻ろうかと航空運賃を調べてみた。

航空運賃で、よく理解できないのは、
片道運賃よりも往復運賃が安価の場合があるってことだ。

その場合、往復チケットを買って、片道だけ利用して、
復路チケットを捨てればことが足りる。
で、往復運賃と片道運賃の両方を調べる必要がある。

航空運賃は、季節や期日により日々に変わる。
が、大雑把に言って、つぎのようであった。
もちろんに、最安値のもののみの掲載である。

(往復運賃)

1、東京(成田、羽田)発、バリ島往復
                直行便.....55,000円
            途中乗り換え便.....35,000円

2、関空発、バリ島往復
                直行便.....50,000円
            途中乗り換え便.....40,000円

3、小松空港発、バリ島往復
            成田経由便となる...60,000円 
  

(片道運賃)

1、成田発、バリ島行き
          直行便...........15,000~20,000円
     (但し、成田発08時35分なので成田で一泊要)

2、羽田発、バリ島行き
                直行便......なし 
        途中乗り換え便....20,000~30,000円   

3、関空発、バリ島行き
               直行便........50,000円  
     (但し)
     LCCではなくガルーダ航空であるが、
     関空発11時なので、当地からは、
     間に合うかどうかのリスクあり。 

4、小松発、バリ島行き
             韓国仁川経由便....55,000円
     (但し)本数が少ない。

........

んと、いろいろ検討してみたが、
結局は、このまま日本に居座ることに決めた。
バリ島に戻るのは、カミさんと一緒に一月末になるだろう。

誤解なきよう言っておく.....
日本滞在延期は、カミさんのために決めたのではない。
私はズボラ人間である。
チケットを買うのが面倒になっての先延ばしである。     

by yosaku60 | 2017-12-25 10:11 | 日本=日本に帰省中 | Comments(0)

アルバムの最初の写真(カミさん....)

ということで、
カミさんの1歳の時の写真。
d0083068_08420890.jpg
1歳の誕生日に撮ったものだそうな。

誕生日か~

私は、バリ島に移り住み、
バリ人に誕生日を祝ってもらうまで、
誕生日に自分がお祝いされることを知らなんだ。

それを
70年前から、カミさんは知っていたってことだ。

この差は、我々、夫婦の間で、
良いにつけ悪いにつけ、
いろいろな処に現れる。
時には喧嘩の原因にもなる。

一言で言って、
私は「がさつ」である。
がさつ...って、方言かな~
言葉を変えていうと「情緒がない」ってことだ。

例えば、
花の種類で特定できるのは、チュウリップ、
魚を見て特定できるのは、金魚と太刀魚だけである。

by yosaku60 | 2017-12-24 08:51 | 日本=日本に帰省中 | Comments(0)

アルバムの最初の写真(私....)

日本での長期滞在....
暇なので、アルバムの整理をしている。

みなさん、
もっとも古い写真はいくつの時のものですか。
私の場合は、5歳、
カミさんの場合は、1歳です。
この違い。
育った家庭の裕福度に関係があるのです。

(5歳の私)
d0083068_08444832.jpg
この写真を撮った時のことは、よく覚えている。
家の前の道路で遊んでいると、
若い男(といっても30歳ほど)の男が近づいてきて、
「写真をとってあげる」と、パチリ。
翌日、その男がやってきて、おふくろに写真を売りつけたのだ。
断りきれずに買う羽目になった、おふくろから、
「写真を撮ると言ったら、断りなさい」と、叱られた。
おふくろが渡したお金の金額も覚えている。
50円だった。
子供の小遣いとしては、大金だった。
かあちゃんに....
心から「ごめんなさい」と思ったことを鮮明に覚えている。

by yosaku60 | 2017-12-23 08:55 | 日本=日本に帰省中 | Comments(0)

「その時の俳句」見つける

d0083068_15502281.jpg昨日のブログで、
白尾を「終の棲家」と決めたことを書いた。

その決めた時に作った俳句があったはず...
と探したが見つからない。

で、あきらめて、
友人(中田さん)宅に寄ったところ、
そこに、その俳句があった。

右の俳句である。

   骨埋める
   決意、この街
   冬ざるる

       洋司

私にとっては、
思い出のある俳句だ。

by yosaku60 | 2017-12-22 15:52 | 日本=日本に帰省中 | Comments(0)

嬉しい人が訪ねてくれました。

私の住所は、石川県かほく市白尾....

「白尾」に越して来たのは、23年前、
その時、私は決めていたことがあります。
ここは「終の棲家」
ここに腰を据えて生涯住み続ける....
ということです。

それまでの私、
中学卒業を機に生まれ故郷を離れ...
その後、日本のあちこち、計7ヶ所を転々とし...
腰を落ち着けて住んだところがなく、
言ってみれば地元を持ったことがなかったのです。

それが「白尾」という地元を持ったのです。
で、嬉しくて...
これから人生が始まるという思いでした。
私が48歳の時でした。

そんな時に出会ったのが、吉田さん.....
白尾に生まれ白尾に育った地元のひと...
白尾の住民から選ばれた、
白尾の街のお世話をする専属職員でした。

白尾の街のお世話をする....
であれば、私もあやかりたい。
てんで、私は吉田さんに近づいて行き(笑)、
それを吉田さんが受け入れてくれる。
ってのが、お付き合いが始まった経緯です。

そんな吉田さんが、
昨晩訪ねてきてくれたのです。
で、夕食をご一緒することを無理強い「笑」。
d0083068_09024973.jpg
昔話に話が咲きました。
吉田さん、
こんなわがままな男を受け入れてくれて、ありがとう。
これに懲りず、これからもよろしくお願いします。

by yosaku60 | 2017-12-21 09:18 | 日本=その日のできごと | Comments(0)

家を留守にすると機器が壊れる訳が解った

夕食前、風呂に入っているとパンと小さな音がして、
突然に風呂場の灯りが消えた。
ブレーカーが落ちたのだ。
カミさんが台所にいる。
何か大きな電気を使ったのだろうか。

寒さに震えながら、風呂から出て調べてみた。
電圧オーバーではなく、漏電ブレーカーが落ちていた。
漏電箇所を調べると、
IHクッキングヒーターだった。

カミさんが魚を焼こうとしてスイッチを入れた時に
落ちたらしいので理由が合致する。

IHクッキングヒーターは、14年前に取り付けた。
もう寿命なんだろうか。
購入時、確か30万円以上したように記憶する。
叉も大きな出費.....いやな予感が頭をよぎる。

.........

まあ、こんな話があって、
IHクッキングヒーターの専門業者に来てもらった。

     事前の電話連絡では、
     14年前のものでは、基盤がない。
     基盤の故障ならば、新替になるとのことであった。

が、嬉しいことに、基盤の故障ではなかった。
魚焼き器のヒーターからの漏電であった。
で、ヒーターを取り替えて修理が完了した。

驚いたのが、ヒーター漏電の理由である。

ここ十年、一年に一ヶ月しか使わないんですよ....
と、いうと、技術屋、
「それが原因かもしれません」
と次のように言う。

1、ヒーターはパイプになっている。
2、パイプの中に熱線が入っている。
3、熱線とパイプが接触すると漏電になる。
4、接触の主な原因はパイプの腐食である。
5、腐食の原因に魚の塩がある。
6、塩が「ついたまま」にしていると、その部分が腐食する。
7、通常使用している場合は「ついたまま」にならない。
8、付いたり落ちたり、するからだ。
9、が、長期間使わずにいると、その場所に「ついたまま」になる。
10、と、その分が点蝕して、目に見えない小さな穴があく。

と言うのだ。
納得だ。

吉村昭の「破獄」という本(実話)がある。
独房に入った受刑者が味噌汁の汁を鉄格子の一箇所に塗り続ける。
一年続けると鉄格子がボロボロになり、脱獄するという話だ。

私の家は、海岸に近い。
潮風が吹く。
自動車を駐車場に置いたままで、使わないと底が腐食すると言う。
少なくとも週に一回は乗り回さないといけないらしい。
これも同じ話だ。

で、IHクッキングヒーターの技術屋がカミさんにいう。

ヒーターを使ったら、軽くでいいですから、
濡れ雑巾で拭いておいてくださいね。
......

だそうです。
みなさんもお気をつけ下さい。

by yosaku60 | 2017-12-19 09:39 | 日本=日本に帰省中 | Comments(0)

本格的に降り出した

「今年は寒い」と、誰もが言う。

本格的に雪が降り出した。
d0083068_11002963.jpg
まだまだ、降り続いている。
この調子だとどれくらい積もるのだろうか。
すでに玄関への階段も塞がれた。
d0083068_11031607.jpg
今日は、籠城だ!

by yosaku60 | 2017-12-17 11:03 | 日本=日本に帰省中 | Comments(0)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月