あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2017年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧


国のアイデンティティ(その2;アメリカ)

各国のアイデンティティを考える。

今日は、世界一の国、アメリカ。


アメリカ国民は全て、アメリカが好きである。

そうした自国愛がアメリカのアイデンティティである

なんて、当たり前のことを書きたくない。


なぜに国民にそうした一体感を持たせることができたのか。

その媒介したものを探りたい。

というと、国歌になるかも

確かに、アメリカ国内で行われる大きなスポーツ大会では、

選手も観客も一体になって、感動深く国歌を歌うシーンがある。


実は、つい最近まで、私は、

アメリカ人のアイデンティティを象徴するものは国歌だ、

と思っていた。

が、最近、もっと大元になるものがあることに気付かされた。


それを書く前に、

私がアメリカで、「アメリカ」を感じたエピソードを少し書きたい。


(過去のエピソード;その1)


大分昔の話(私のは全てそうだが)になるが、

ゴルフを覚え、少々夢中になっていた初期の頃。

アメリカの西海岸(どこの港か忘れた)に居た。

丁度、ゴルフの全米オープンをやっていた。

当時のナンバーワン、プレーヤーは、ニクラウスだった。

アメリカ人の誰もがニクラウスを好きだった。

誰もがニクラウスの優勝を願っていた。

が、それを阻もうとする日本人が現れた。

青木功である。

二人は、同じ組でまわっていた。

青木は最後まで食い下がったが、優勝したのはニクラウスだった。

その日、駐在員が船にやって来て言った。

「青木を応援してたよ」

「でも、優勝しないでくれとも思っていたよ」

どうしてかと聞くと、

「青木がニクラウスに勝つと

「アメリカ人に恨まれて、仕事がしにくくなる」

なあるほど

この時、アメリカ人のアメリカひいきの強さを痛感した。


(過去のエピソード;その2)


過去、バブルの時期だったと思うが、

日本の経済力が急激に伸びて、

日本人がアメリカのビルを買い占め出した時があった。

そんな時、アメリカ南部の小さな町の小さな酒場に行った時だ。

飲んでいた一人の客が私を見て「日本人か?」と聞くので、

「そうだ」と応えると、ペッと唾をはかれた。

唾は飛んできた訳ではなく、そうした仕草だけだったが、

なあるほど、これがアメリカ人の本質かと、

気分を悪くした思いがある。

まあ、人種差別のようなものだ。


(過去のエピソード;その3)


これもアメリカ南部の町(バルチモアだったかも)で経験したこと。

酒場で黒人の店員のおばさんと親しくなった。

親しいだけで、別に変な関係があった訳でない。

その酒場に仕事相手の白人の若い男を連れて行った時である。

いつものとおり、黒人のおばさんと冗談を言いながら酒を飲んだ。

そして、その店を出た時である。

白人の若い男が、

「船長、頼むから、黒人と親しく話さないでくれ」という。

理由を聞くと「船長とつきあいにくくなるから」という。

人種差別の根深さを知ったエピソードだ。



さて、

アメリカは、移民国家、多民族国家である。

そんな中で、表面には表れないが、人種差別がある。

なのに、全ての国民が「自国愛」を抱いている。


どうして、そんなことができたのか。

その理由が最近わかった。

「教育」である。


ケントギルバードが語っていた。

アメリカの学校では授業前に全員で胸に手をおいて唱和するそうである。

唱和の内容だが、アメリカ人として誇りを持つことを謳っている。

小さい時から、繰り返して唱和すれば、誇りを持つようになって当然だ。


ということで、

アメリカ人のアイデンティティは、「教育」である。

教育の成果として、アイデンティティが醸成される。

と思うのだ。


みなさんは、どうお思いですか。


by yosaku60 | 2017-08-31 10:29 | 日本=知ったかぶりです | Comments(4)

国のアイデンティティ(その1;韓国)

私流に各国のアイデンティティを考える。

最初はお隣の韓国。


私は韓国人については少々詳しい。

昔、私が船長をしていた船の乗組員は韓国人だった。

時節は、パルパル・オリンピックの前(19851987)。

パルパルとは、韓国語で「88」、即ち1988年。

韓国人の乗組員とは、足掛け三年間、寝食を共にした。

「同じ釜のメシ」を喰った仲間である。

長所も短所も知り尽くしている。

知り尽くさねば、船長としてやっていけない。

そうした経験から韓国人のアイデンティティ….

を改めて考えてみた。


はっきり言って、韓国人は解りやすい。

1、負けず嫌い

2、頑張る

3、仕事が早い

4、直情的

5、自己主張が強い

6、飲みだすと酔いつぶれるまで飲む

書きだせばまだまだあるが、

こうした特徴はどこから生まれたのだろうか。


常に他国に支配され続けられた環境の中で

自分を主張しなければ、生きてゆけなかった歴史

からきているのではなかろうか。


で、こうした特徴が垣間見える現象をちょっと拾ってみると


他人との対峙から自己を確認する。

他国との対峙から自国を確認する。

そうした方法以外に自己や自国を確認する習慣がない。

ということは、他との比較でしか、自己が見えない。

さらに、他との比較をしておかないと、自分自身が不安になる。

ということなどが思いつく。


これらを突き詰めてゆくと「他との比較」

という文字が浮かんでくる。


んで、んで、韓国人のアイデンティティを

一文字で「比較思考」と表されるように思うのだが.....

それが合ってるかどうか、

振り返って冒頭にあげた特徴を見てみたい。


1、負けず嫌いは、相手にまけたくないのだ。

2、頑張るのは、他よりも秀でたいので頑張るのだ。

3、仕事が早いのは、他と比べての話だ。

4、直情的なのは、他に自分の存在を明確にしたいからだ。

5、自己主張は他との差異を見せつけるためだ。

6、酔いつぶれるまで飲むのは、気強さ維持のストレスの発散だ。


やはり、そのようである。

ということで、

韓国人のアイデンティティを「比較思考」としたい。

勿論、私流である。

みなさんはいかがお思いでしょうか。


by yosaku60 | 2017-08-30 10:38 | 日本=知ったかぶりです | Comments(0)

自費出版「尊崇」の国内郵送代

「尊崇」の自費出版、
ヤフーニュース「海外・オセアニア」に掲載された。
だからであろうか、ジャカルタ在住の見知らぬ方から注文が届いた。

で、今しがた、ジャカルタに郵送してきた。
郵便局の支局は、家から3分の至近にある。
こんなところ....
d0083068_12503919.jpg
宛先は、下書きを見せると、
タイピングしてくれて、
専用のビニール袋にも入れてくれる。
d0083068_12554312.jpg
で、重さを計ると、660グラム、
料金はと言うと、3万ルピア(約250円)....
安い!
ジャカルタの本人には、いつ届きますか?
「明日着きます」
早い!
インドネシア国内郵送事情、なかなかに質が高い。

by yosaku60 | 2017-08-29 12:56 | バリ島=その日のできごと | Comments(4)

ごめん、嬉しいことがあったので....

各国のアイデンティティを書く予定が、
嬉しい話が飛び込んできて.....
それを先に書きたくなりました。
ごめんなさい。

今朝方聞いたばかりのホヤホヤな嬉しい話...
ムルタサリのワルンの店主のヤンティーさん、
d0083068_09441257.jpg
から打ち明けられたもの。
「私、5日前に結婚したの」
「それも、パスポートに記入される正式な結婚」
で、パスポートを持った、結婚式の写真を見せてくれた。

d0083068_09491658.jpg
ヤンティーは、ジャワ島のシトゥボリド出身。
7年間の結婚の経験があるものの、その結婚は形だけ。
書類に残す正式な結婚ではなかった(イスラムではよくある話)。
だから、今回が初めての結婚のようなもの(イザブ・カブルと言うらしい)

ヤンティー33歳。
夫はジンベル出身の22歳(私も顔見知り)。
どちらが先に惚れたのか?
「夫の方よ」
ヤンティーは彼のどこが好きになったの?(月並みの質問だけど)
「齢のわりには、考えが大人」
そうか、おめでとうヤンティー!!!

ところで、ここ最近の私.....
自費出版の「尊崇」が意外に評判が良く、
なんとなく、嬉しいことばかり続く。
今朝のヤンティーの結婚話も、
携帯電話も買えなかった貧しい彼女を知っているだけに、
心から喜べる嬉しい話だった。

....

バリ島に住んでいると、廻りが若者だらけなので、
こうした嬉しい話に接する機会が多い。
ありがたい話である。

by yosaku60 | 2017-08-29 10:04 | バリ島=人物往来 | Comments(2)

バリ人は「8月」が好きです。

バリ人は「8月」が好きです。
涼しくさわやか、という気候の理由だけではありません。
独立記念日がある月だからです。
d0083068_08100358.jpg
聞くところによると、昔は独立記念日の前後2週間だけ祝ったそうです。
ですが、今は違います。
8月に入ると、即ち、8月1日から、お祝いムードに入ります。
あちらこちらで、メラプティ製品の販売が始まり、
家々にメラプティの国旗が掲げられ、
これが、8月の月が終わるまで続くのです。
d0083068_08101630.jpg
一年12カ月の内の一ヶ月が「独立色」になるのです。
短い期間ではありません。
この期間、大げさに言えば....
インドネシア人が、みな一色に染まるのです。
d0083068_08104742.jpg
私は、前に、この状態を羨ましいと書きました。
国民がひとつのこと、しかも、それが良いことに、固まるなんて...
素晴らしいことと思うのです。

これが、
インドネシア国のアイデンティティであるように思うんです。
d0083068_08103280.jpg
アイデンティティ...
使ったことがない言葉が出てきて、私自身舌を噛みそうです。

その国を形造っている思考...
その思考を司る国民性....
その国民性を育んだ文化、歴史....

をイメージして、アイデンティティという言葉を使いましたが、
間違っているかも。
もともとは、哲学用語。
自分らしさ...とか、
「汝、己を知る」...とか、
仏教でいう、「足らざるを知る」...とか、
なのでしょうが、今や別の意味で使われるようになったようです。

まあ、そんなこと、どうでもいいことにして、
今の私、本を書きあげて、ヒマなので、
インドネシア人が一塊になって独立を祝うことを考えていると、

おお、これが、これこそが、
インドネシアのアイデンティティだと、思ったのです。

じゃ、日本はどうなのか、
アメリカはそうなのか、
韓国はどうなのか、
中国はどうなのか、
イギリスはどうなのか、
ドイツはどうなのか、
フランスはどうなのか、

と、次々と、これらの国のアイデンティティや、如何に?
と、思いめぐらせて行くと、なかなか面白いんです。
ばかな私が、勝手に想像する、各国のアイデンティティです。

明日から、ちょっと書いてみますので、
聞いてやってください。

(写真は、先日の8月17日の独立記念日に撮ったものです)

by yosaku60 | 2017-08-28 08:11 | バリ島=社会・生活 | Comments(2)

凧揚げ大会の採点の仕方

バリ人は「8月」が好き、の話は、次の回にし、
今朝は、今しがた入手したホットな話。
前から気になっていた、凧揚げ大会の「採点の仕方」です。
情報入手は、友人のリコ(ビーチレストラン「居酒屋」のオーナー)から。
彼は、ハーレーを3台持っている(かなりリッチだ)。
d0083068_10191483.jpg
採点は、次で決まる。
1、音の響き(風に吹かれると音が出るようになっている)
2、泳ぎ方(凧は止まってはいけない、正確に空を泳がねばならない)
3、これまでの経験(毎年入賞するようなグループには、審査を厳しくする)

凧には、いくつか種類があって、種類ごとに同時に揚げられる。
そして、種類ごとに順位が決まる.....そうだ。


さて、今日は、日曜日。
ムルタサリでは、今日も「凧揚げ大会」がある。

今日は、いくつぐらい揚がるの?
会場係をしているリコに聞いてみた。

「800以上だよ」
じゃ、競技参加者はどのくらい?
「小さいのでも4人がかり...」
「大きいのは、10人がかり...」
「で、5千人ぐらいかな」
「それに観客2千人として7千人集まるよ」

大きいので10人?
そんなことはないだろう。
近くに居た、このグループ。
数えたら、20人はいた。
d0083068_10401562.jpg
バリ人の男どもは、
凧揚げに夢中になり、凧に群がる時、誰もが笑みいっぱいになる。
その異常さ、
私の理解の枠を超える!!

by yosaku60 | 2017-08-27 10:38 | バリ島=社会・生活 | Comments(0)

風薫るバリの8月、浜辺のワルン

「風薫る」と書くと、日本では5月。
新緑の時期のすがすがしい風を言う。

が、ここバリ島の「風薫る」は、8月だ。
雨が降らず、朝は涼しい風が吹き、爽やかだ。

そんな「風薫る8月」を狙って写真をとってみた。
撮れてるだろうか。

木陰は、涼しいです。
d0083068_12492404.jpg
そよ風になびく、メラプティの国旗....
d0083068_09323624.jpg
d0083068_10130475.jpg
同じく、風になびくペンジョール....
d0083068_09342691.jpg
記念写真を撮るカップルが目立つ季節...
d0083068_09360482.jpg
朝の低い太陽が木造りのレストランに届き始める。
涼しげな色彩....
d0083068_09365095.jpg
これはオマケ。
タツノオトシゴに見える、漂流物。
おもしろいでしょう....

d0083068_09384400.jpg


ここからは「風薫る」から離れて....

毎朝出向く浜辺のワルン近辺の日常の光景から...
奥に座っているのは、カミさん。
こんなところで朝食を摂るんですよ。
私が座ると、どこからか犬が集まるんです。
d0083068_09430016.jpg
これが朝食、これで、二人分。
二人とも腹いっぱいになります。
十分に豪華です。
値段は、適当に、こちらが決める。
時には多くおいたり、時には少なかったり...
至極いいかげんだ。
d0083068_09544746.jpg
その「ワルン」前の広場。
d0083068_09472238.jpg
そして、近くのビーチサイド。
d0083068_09485549.jpg
更に、そのお隣...
d0083068_09495465.jpg
そして、そして、
この近辺で、いつも出会う、ハナちゃんたち(姉妹3人)。
d0083068_09571872.jpg
バリ人の誰もが、「8月」が好きだ。
その理由、気候の他にもうひとつある。
それは、明日に書く。

by yosaku60 | 2017-08-26 09:51 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

日本への空路往復チケットを買う

9月末、日本に帰り、10月末、バリ島に戻る。
今回(日本滞在40日間)は、エヴィを連れて帰省する。
ただ、航空運賃はじめ交通費はエヴィの自腹....

で、どんな航空会社にするかは、エヴィにお任せ。
私らは、エヴィについて行くだけ...
で、エヴィが選んだのは、エアーアジアの羽田着往復便....
私達にとって、直行便は少々疲れる。
マレーシアで、3時間待ちは、ちょうど良い中間食事タイム、
で、別に過不足なし、まあ望むところ。

ということで、航空運賃だが、
夫婦二人分の往復で、1680万ルピア(14万円)。
(受託手荷物は、行き帰りとも二人で、70キロで申請)
(又、行き帰りとも、保険付き)

これが、高いか安いか、よくわからない。
(エヴィに言わせると、安いとのこと)

さて、私たちは、バリ島からの航空チケットを買う場合、
いつも地元の会社「 Anta Tour 」を使うことにしている。
いろいろ情報が聞けて便利だからだ。
d0083068_10574810.jpg
で、お金を払うと、
札束をこんな風にしてカウントする。
バリ(多分、インドネシア中)は、みんなこういう数え方をする。
実に手早い。
d0083068_10592229.jpg
彼の場合、一度指を手繰ると、3枚を数える。
(指を手繰る;指パッチンをするように....)
3枚で一回ということになる。
で、10回手繰ると、30枚になる。

3枚づつを指で手繰る方法と、
5枚づつ指で手繰る方法の2種類あるらしい。

まあ、いずれにしても数え方が速い、見事だ!

by yosaku60 | 2017-08-25 11:04 | バリ島=その日のできごと | Comments(2)

可愛い生徒達

私は、週に一度、私立の語学学校に通っている。
ボランティアで、バリ人に日本語を教えるためだ。

その目的....
「バリ人に喜んで欲しい」からであるが、
よーく考えてみると、それは建て前であって、
私の心の奥を覗いてみると、
「自分に満足感を得るため」の様である。
本音は「わがまま」「いいかっこし」ということになる。
まあ、いつもの私である。

では、あるが、
日本語を学ぼうとする、生徒たちに接していると、嬉しくなる。
これは本当だ。

で、単に日本語を教えるだけでなく、
日本語に関連して、生徒達に目的を与えたくなった。
具体的には、「日本語能力検定試験」へのチャレンジを勧めてみた。

と、この4人がやってみようと申し出てきた。
「ありがたい」
「やろう、やろう」
てんで、我が家で、週に一度の課外授業を始めた。
d0083068_09500845.jpg
私は、教材を準備したり、軽く教えるだけだが、
勉強の仕方などは、エヴィ(右から二人目)がやってくれる。

エヴィ、ありがとう。
そして、人生に前向きなバリの若者達....
傍にいるだけで、嬉しくなる。

みんな、私のわがままを受け入れてくれる。
ありがとね!

by yosaku60 | 2017-08-24 09:58 | バリ島=人生のかかわり方 | Comments(0)

バリ島の「バリ」という意味は....

バリ島は、インドネシア語で pulau Bali と書く。
pulauは「島」ですが、
Bali は、何だと思いますか?

Banyak libur の頭文字をとったという、こんな冗談があるんですよ。
Banyak=多い
libur=休暇
ということは、休んでばっか ということ!

なんでやすむのかって?
バリヒンドゥーの宗教行事が多いからです。

まあ、これはジョークですが、
住んでみると、ホントに休みばっかです。

ここ、一週間をみてみると、
8月16日は、独立前夜祭
8月17日は、独立記念日

まあ、これは国の行事だから特別ですが、
二日後の
8月19日は、サラスワティ(Saraswati)...
教育の女神さまに感謝する日 (必ず土曜日)です。
感謝するのですから、この日は本を開いたり雑念を持ってはなりません。
で、学校は休みです。

んで、次の日の
8月20日は、バニュピナルー(Banyu Pinaruh)
サラスワティの締めくくりに、海で水浴して身体を禊ます。
d0083068_09155254.jpg
そして、今日
8月23日は、パグルワシー(Pagerwasi)
ご先祖を供養する日です。
同じ目的で、ガルンガンがありますが、
シンガラジャでは、ガルンガンよりもパグルワシーの方が大事なんですよ。
シンガラジャ出身者は、この日は、絶対に故郷に帰らねばなりません。
勿論、バリ島中、この日は「お休み」です。

で、明日は、
マニス・パグルワシー。
無事にご先祖を供養できたことを祝って、楽しくおしゃべりする日です。

ああああ、バリ島....banyak libur の bali
でも、いいんじゃないですか。
神の島 なんだから...

by yosaku60 | 2017-08-23 09:29 | バリ島=慣習・伝統 | Comments(0)

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月