あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2015年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧


パ・ジョコの功績に群がる権力者達

写真は、パジョコの奥様と息子さんのレオさん。
パ・ジョコの功績に群がる権力者達_d0083068_1313029.jpg

パ・ジョコとのことをいろいろお聞きしていると、
そのレオさん、突然に言いだす。
「父のモニュメントがあるよ」
それを聞いて、稲川さんも驚き、私もびっくり....

どこ!それは?
「ガッツを西に突き当り右に回った突き当りのダルンだよ」
いつ、できたの?
「父が亡くなってしばらくして」
どんなモニュメント?
「知らない、行ったことがないから」

ええ、これには、さらにびっくり.....
普通なら、父親の功績を記念するモニュメントがあれば、
周囲に自慢してまわるのに...
少なくともオレなら、父親を自慢し、
ついでに自分も自慢するのに....
それを20年ほど、訪れたことがないとは、
しかも、車で走れば、たった30分の距離....
親が親なら子供も子供だ。

なんて、奥ゆかしい一家だ。

今から行けませんか? 聞いてみた。
「いいですよ、行きましょうか」....てんで、
レオさんと稲川さんと我々夫婦...
レオさんの運転する車で、ダルンの地に向かったのです。
で、着いた。
ここがそのモニュメント。

闘争記念棟; インドネシア独立戦争を戦った秘密の地下本部、
と表示されている。
パ・ジョコの功績に群がる権力者達_d0083068_13132543.jpg

中に入ってみた。
パ・ジョコの功績に群がる権力者達_d0083068_13183115.jpg

何やら、銘板だらけだ。
これらの銘板、日付がみんな違う。
次々と追加され貼られているようだ。
とにかく、次々と写真を撮った。

そのひとつ、この銘板には、驚いた。
なんと、1945年8月16日、日本の終戦の翌日が刻まれている。
この日が地下組織の最初のミーティングだったそうな。
インドネシア独立宣言の前日ってこと。
そのミーティングがこの家で行われたってことだ。
パ・ジョコの功績に群がる権力者達_d0083068_13221431.jpg

それから50年の1996年8月16日、
パ・ジョコが亡くなった後、このモニュメントが作られている。
これが、パ・ジョコの功績表示板。
革命の闘士、ここにあり....と、パ・ジョコの名が刻まれている。
パ・ジョコの功績に群がる権力者達_d0083068_1346597.jpg

パ・ジョコの功績表示板の周囲には、
それを証明するというか、
それに賛同するというか、
軍隊、警察、行政の高官が次々と名を連ねている。

インドネシア人にとって、
一番の名誉は独立に関与したということ。
だからであろう、いろいろな人物が、
さも、乗り遅れては恥とばかり、
パ・ジョコの功績を後追いで、称えている。

1996年8月16日、バドゥン県....
パ・ジョコの功績に群がる権力者達_d0083068_13472280.jpg

1996年8月16日、バリ州のLVRI地域本部
パ・ジョコの功績に群がる権力者達_d0083068_13474049.jpg

2004年8月16日 読めません(ごめんなさい)。 
パ・ジョコの功績に群がる権力者達_d0083068_1348075.jpg

2008年11月10日 バリ州知事
パ・ジョコの功績に群がる権力者達_d0083068_13481972.jpg

2008年11月10日、バドン県
パ・ジョコの功績に群がる権力者達_d0083068_13483819.jpg

2010年8月16日バリ州議会
パ・ジョコの功績に群がる権力者達_d0083068_13485987.jpg

2012年3月31日 軍事史センター長
国家建設の中で、この歴史的事実を忘れてはいけません...
と書かれている。
パ・ジョコの功績に群がる権力者達_d0083068_13492193.jpg

2014年 軍(ウダヤナ)長官
パ・ジョコの功績に群がる権力者達_d0083068_13494242.jpg

2014年バリ州警察
パ・ジョコの功績に群がる権力者達_d0083068_1350260.jpg

さて、ングラライの行軍に参加し、
後に(1965~1970)バリ州副知事になったピンダ中尉が、
次のように書いている。

以前はオランダ軍下にあった者が、
いざインドネシアの独立が達成されると、
今度は恥もなく、
自分はこの愛する祖国の独立のために戦った功労者であると、
平気で言いだす者が何人も現れた。
まるで笑い話だが、虐待を受けた多くの戦士にしてみれば、
誠に腹立たしい限りである。
......と、

同じことをパ・ジョコが稲川さんに語っていたそうな。

このモニュメント、パ・ジョコの生前に建っておれば、
これほど賑やかに銘板で飾られることがなかったのかも。

パ・ジョコにとっては、それが良かったか悪かったか。
生前であれば、多分、
モニュメントが建つことそのものに反対したのではなかろうか。
by yosaku60 | 2015-12-02 13:43 | バリ島での独立戦争 | Comments(0)

表に出ようとしない、パジョコの徹底ぶり

パ・ジョコの奥様は今もご健在だ。
不謹慎だが、昔は、相当の美人であった。
写真は、ご結婚の時のもの。
表に出ようとしない、パジョコの徹底ぶり_d0083068_117266.jpg

奥様は、現在、81歳(パ・ジョコとは、12歳違い)
今もって昔をしのばせる上品な方だ。
写真は、パ・ジョコの家の中庭で、
先日、お邪魔した時の帰り際、私たちを見送ってくれる奥様。
表に出ようとしない、パジョコの徹底ぶり_d0083068_118421.jpg

パ・ジョコご夫妻のご結婚は、独立戦争後だが、
独立戦争時代の活動を、それほど奥様にも語っていない。
勿論、子供たちにも語っていない。
その語らないことの徹底ぶりは見事だが、
語るような場に出ないことも徹底している。
そんな例を次に書く。

約20年前の11月、
松川さん(元パ・ジョコの上司)と稲川さんが、
マルガラナ慰霊祭に参加するためにバリを訪れ、
パ・ジョコの家に寄った時の話である。
独立戦争から既に40年過ぎていたのに、パ・ジョコは、
かたくなにマルガラナ慰霊祭に参加しなかった。
そのパ・ジョコに、松川さんと稲川さんが迫ったそうな。

「私達は、数千キロ離れたところから駆けつけている」
「パ・ジョコ、あなたは数十キロなのに参加しない」
「今年は、マルガラナに行こうよ!」

両氏の説得に折れ、その年初めて慰霊祭に参加したそうだ。
その次の年にパ・ジョコは、他界しているので、
それが最初で最後のマルガラナ慰霊祭参加となったそうな。
この話が物語るように、
ングラライ戦死後、バリの独立軍を率いたリーダーなのに、
それをひけらかすことは、絶対にしなかった(稲川弁)そうである。
  
   (註)稲川さんとパ・ジョコとの関係....

    日本がバリに駐屯している時の稲川さんですが、
    海軍省から派遣され、バリの民政部に勤めていた。
    民政部で主計及び物品調達を担当していた。
    先に軍の要請によりデンパサールに「台湾畜産会社」が作られ、
    缶詰を前線に送っていたことを書いた。
    パ・ジョコは、そこに勤めており、上司は松川さんであった。
    台湾畜産会社では、毎日、牛50頭、豚300頭の集荷が必要であった。
    民政部は、その集荷のための会社「バリ畜産会」を作った。
    バリ畜産会の代表責任者は、三浦襄であった。
    こういう関係から、稲川さんは、
    松川さんもパ・ジョコも、さらに三浦襄までも旧知だ。

このように、表に出ることを嫌ったパ・ジョコだが、
全員の前に現れ、公然と名を残したことがある。
1946年4月、ムンドックマランに於けるングラライ軍の旗揚げ時である。
そこには、参謀として、I Made wijakusuma の名が掲げられている。
anggota anggota(参謀)の欄に、I Made wijakusuma の名がある。
表に出ようとしない、パジョコの徹底ぶり_d0083068_119498.jpg

同じく、参謀の最後に、Herauci とあるのは、堀内大尉のことである。
by yosaku60 | 2015-12-01 11:09 | バリ島での独立戦争 | Comments(0)

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月