あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



カテゴリ:飲んだくれ四方山話( 91 )


緊急支出金の真水分16兆円は間違いでした。

昨日のブログで、中国コロナ対策の緊急支出金について....
のこんな表を挙げました。
日本の支出額は16兆円でGDPの3%である、という表です。
緊急支出金の真水分16兆円は間違いでした。_d0083068_10485316.jpg
でも、16兆円ではありませんでした。
本物の真水部分は10.6兆円で、たったの2%でした。
もっと悪い!(笑ふだけ....)
中身は、次の合計の10.6兆円です。
1、雇用維持費としての30万円給付;4.0兆円
2、事業継続費としての企業援助金;6.6兆円

では、他には何が隠されているかというと、
医療対策費1.8兆円や、
コロナが終わった後の経済対策費;1.8兆円などが
含まれているそうなのです。
これは緊急支出金にいう真水部分ではありません。

まあ、そんな訳ですが、
悪口ことばかり言ってると気が滅入ります。
評論家たちが言っている「評価する点」をあげます。
1、雇用調整助成金;
   従業員を解雇しなかった企業への助成金
2、オンライン診療の初診解禁;
   医師会が反対していたオンライン初診が解禁された。
   規制緩和である。
3、生産拠点を国内に移す企業の後押し資金;
   2400億円。
4、生産拠点を東南アジアに分散させる企業へ援助;
   中小企業は費用の3分の2、
   大企業は2分の1を補助する。

by yosaku60 | 2020-04-10 13:49 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

事業規模108兆円(GDP20%)の評価

「諸外国はGDP10%の緊急支出なのに、
日本はその倍のGDP20%の事業規模108兆円の支出」....
なんて大嘘に騙されてはいけない。
安倍政権と官僚の国家ぐるみの大嘘をここに暴く!!!


1、国民への無償給付(真水部分)はたったの16兆円だ。

108兆円というのは元々補正予算に組んでいたものも含む。
だから、108兆円で比較することそのものが大嘘だ。
5人ほどの経済評論家(高橋洋一も含め)が同様に語る。
コロナ対策費として国民にわたる真水の部分は16兆円だそうな。
16兆円であればGDPの3%にしかならない。
GDPの20%なんかじゃない。
3%と20%では7倍も違う。
7倍もの嘘をついた。
国民を馬鹿にするな!大嘘だ。
GDP世界5位までの国のコロナ緊急支出金が出そろっている。
一覧表に書いてみた。
表の最下段が支出金のGDP比を書いている。
3%という日本の数字が如何にもみすぼらしい。
事業規模108兆円(GDP20%)の評価_d0083068_10485316.jpg

2、世界を引っ張る気構えがゼロだ。

G7で力を合わせて、武漢コロナに立ち向かうことが約束された。
それなのに、あまりにもみすぼらしい日本の支出額....
私は思う。
日本は世界の3位である。
アメリカと共に世界をリードしていかねばならない。
経済的大国の気構えが感じられない。
自分の国のことしか考えないうすっぺらさが情けない。
自分だけを考えてては、結局は世界では勝てない。


3、安倍政権の基本理念は「中国と日本(目先のお金)」だけだ。

安倍政権の何がおかしいか、改めて考えてみた。
主権国家は国の責任で国民を守らねばならない。
主権国家は世界の中で主権を主張しなければならない。
だから、第一に考えるのは「国民と世界」である。
が、安倍政権はそうは考えていない。
国(日本)の財政だけを考えている。
経済の相手として中国第一に考えている。
だから、安倍政権には「日本と中国」だけしか頭にない。
国民と世界が消えている。
目先のお金だけを考えているのだ。


4、この期に及んでなんで縦割り「総務省と経産省」なのか。

今回の支援策の国民への給付金の目玉は次の二つだ。
(A) 困窮所帯への30万円の給付(総務省所管)
(B)困窮中小企業への最大200万円の給付
   困窮個人事業への最大100万円の給付(経産省所管)
今回の目玉支援のこの二つ...
この二つの出どころが何故に総務省と経産省の縦割りなのか。
この期に及んで縦割りでは基本姿勢に統一制がとれないだろうに。


5、困窮の立証責任が全て個人申請によるとは何事か。

さらに受付は、全て地方自治体に任される。
窓口での紛糾が今から予想される。
紛糾が予想されると当然に支給が遅くなる。
このままでは、支給は7月中旬になるそうな。
高橋洋一は予測している。
このまま行けば、6ヶ月後の失業者率は4%を越すそうな。
失業者と自殺率は相関関係がある。
支給があるまで何千人の自殺者が出るだろうか。
諸外国の全ては、4~5月には支給が始まる。
日本は遅すぎる。
国会議員に緊迫感がない。
昨日、今日と、野党は国会審議を拒んでいる。
理由は「検討させて欲しい」からだそうな。
国民の命が絡んでいる、国会議員は寝ずに勉強しろ。
普段から勉強しておれば案が出たらその場で質問できるだろう。
野党は遊び過ぎだ。


6、給付金の申請条件がややこし過ぎる。

まずは、「困窮所帯への30万円の現金給付」だが、
住民税非課税所帯であることがベースになっている。
住民税非課税所帯のルールは地方自治体で異なるが、
東京の場合....
単身所帯;年収100万円以下
二人所帯;年収155万円以下
三人所帯;年収155万円以下
四人所帯;年収155万円以下
であって、相当に低収入でありハードルが高い。
それ以外に年収が前年度の半額以下に落ちた者ももらえるが、
全員ではない。「非課税額X2以下」との条件が入る。
となると、ほとんどの所帯が貰えない。
もらえるのは大凡1000万件所帯ほどになるそうな。
私が以前に予想した通り3兆円だけの支出だ。
(参考)
なお、生活保護受給者、年金生活者、公務員が対象になるかどうか
未定らしいが、私も含めてこの者達は取り前が少なくなる訳ではない。
最初から除外すべきだ。
それなのにまだ決めてないのは、国会議員の連中が国に帰った時に、
故郷のお年寄りから攻められるのが解っているから決めずにいるそうな。
あほらしい。馬鹿か!
もうひとつ、あほらしいのがある。
もっとも早く、もっとも効果的な、全国民一律給付....
一律給付しといて払い過ぎになっても来年の確定申告で調整できるので、
なんら問題ない、なのに何故に一律給付しないかというと、一律給付
しても選挙の時の票につながらない....というのが理由だそうな。
ほんにあほらしい。

さて、次に、持続化給付金と呼ばれる、
「困窮中小企業者への最大200万円の給付」及び
「困窮個人事業者への最大100万円の給付」であるが、
利益が半減したことの証明をしなければならない。
この証明の仕方が結構に専門的である。
さらに、年に100~200万円程度のはした金をもらったとて、
事業を継続できるだろうか。

さて、ということで、
安倍政権のみみっちさの糾弾でした。

by yosaku60 | 2020-04-09 11:52 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

街角の景色から日本を思う(16度目)

バンジャールの広場に、こんなのが設けられた。
ウイルスに感染しないための「手洗い器」だ。
街角の景色から日本を思う(16度目)_d0083068_11570322.jpg
「ハッテンワイン」の会社が寄贈してくれた。
「ハッテンワイン」の社長は、我がバンジャールに住んでいる。
地域の名士が地域のためにお金を出してくれた.....ものだ。
それって、日本の明治、大正、昭和の始め...........のようだ。
ここバリには昔の日本がある。
街角の景色から日本を思う(16度目)_d0083068_12070278.jpg
さて、今朝の為替レート。
すごーい!! 1円=149.25ルピアになっている。
過去に例のない最高額だ。 今、円は強い。
街角の景色から日本を思う(16度目)_d0083068_12072938.jpg
みんなが円を買いたがっているから円が強いのだ。
4月1日の国会質問でも「世界は円を買いたがっている」
「株や資産を売って、安定通貨である円を買う」と言う。
発言したのは、自民党の西田昌司....
街角の景色から日本を思う(16度目)_d0083068_12101451.jpg
彼は、安倍総理に訴える。
1、発想を変えなさい....
2、プライマリーバランスなんぞ意味がないじゃないか....
3、MMT理論を使って思い切り財政出動しなさい....
4、そのためには消費税をゼロにすることだ....
街角の景色から日本を思う(16度目)_d0083068_12122452.jpg
安倍総理は、のらりくらり....
消費税を触る気が全くないのがみえみえだ。
そんな安倍に「残念なひとことだ」と言いながら、
西田はさらに突っ込む。
世界はGDPの10%以上の財政出動を決めている....
日本も同じ動きをしないと置いてけぼりを食らうでしょう....
そんなの解っているでしょう.....
公共事業に60兆円を使うほどの公共事業がないでしょう....
そんなに機材もないし、工事する人も賄えない.....
だったら、消費税をゼロにして30兆円使いなさいよ!....
街角の景色から日本を思う(16度目)_d0083068_12181609.jpg
お金なんて国債を発行すればいっぱいあるでしょう....
そのことはMMT理論を読めば書いてある.....
議員のみなさん、配布してある「MMT」を読みましたか....
街角の景色から日本を思う(16度目)_d0083068_12244848.jpg
これを読めば、わかるでしょう....
読んだ人は誰も反対はしない......
街角の景色から日本を思う(16度目)_d0083068_12281227.jpg
今までやってきた、均衡財政....
プライマリーバランスだけを考える財政....
これじゃ、経済成長なんてしないのですよ......
街角の景色から日本を思う(16度目)_d0083068_12290495.jpg
もう30年もやってきて、解っているでしょう.....
解っているのに何故に今なお同じことを続けるのですか....
街角の景色から日本を思う(16度目)_d0083068_12325623.jpg
金本位制の時代は終わった.....
今、信用本位制だ.....
円がこれほどに信用あるのだから、日銀は無制限に国債を買える.....
街角の景色から日本を思う(16度目)_d0083068_12342324.jpg
国債の発行は無制限にできる.....
通貨は日銀の意志でいくらでも刷れる.....
黒田総裁、そうでしょう.....
違いますか、応えてください.....
黒田総裁は応える・
理屈はそうですが、無制限とは....と言葉を濁す。
街角の景色から日本を思う(16度目)_d0083068_12452412.jpg
黒田総裁も財務省上がりだ。
財務省あがりがみんな罹る「均衡財政病」から抜け出れない。
そのことを西田は、解ってるようで解らない人....とつつく。
財政出動がアベノミクスの矢の3本目なのでしょう.....
安倍ちゃん!(こんな失礼な呼び方はしなかったが).....
MMT理論で財政出動やりなさいよ!.....
街角の景色から日本を思う(16度目)_d0083068_12401334.jpg
じゃないと、経済のV字改革ができないでしょう.....
安倍ちゃん、発想の転換をしなさいよ、アンタ......

........

この西田昌司の質問に応える安倍総理、
しどろもどろのとおりいっぺんで、やる気のないのは明らか。
そんなヤル気のない国会の顔に比べ、
昨夜の国民一人一人にマスク二枚を配る会見の
はつらつとした声、生き生きとした顔.....
ここからは私が安倍総理を怒る。
おかしいでしょう、あべちゃん。
国民にお金を配る「小切手の発送」が難しいと言っていた。
マスク配れるのなら小切手も配れるだろう。
おなじことじゃないか。
安倍晋三の名で10万円の小切手を作りまずは配ればいいじゃないか。
アメリカはトランプ名の小切手を4月中に配ることになっている。
大人15万円、子供6万円の小切手だ。
銀行に行けば、すぐに現金にできる。
これじゃ足りないが、当面、ほっとできる。
日本の倍の人口のいるアメリカができて、日本がなんでできない。
4月中になんとかしないと、いけないでしょう、安倍ちゃん。
だめだ、こりゃ!

...........

追加

本日(4月3日)15時;
岸田政調会長が安倍総理に申し出たらしい。
「収入が落ちた所帯につき一所帯あたり30万円支給」...
「収入が落ちた所帯」という線引きが難しいだろうに!
スピード感を持って支給と言いながら、
そういう線引きをするとスピード感が出ないだろうに!
多分、1000万所帯、総額3兆円を考えている筈だ。
この案は自民党年寄り陣から以前にも出ていた。
何も斬新な提案ではない。
無いよりは勿論あった方が良いが....
今もってチマチマ感から抜け出れていない。
情けない。

by yosaku60 | 2020-04-03 12:51 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

街角の景色から日本を思う(15度目)

観光客が出歩かなくなったサヌールの街....
入り口を閉めたレストランもある。
街角の景色から日本を思う(15度目)_d0083068_09503101.jpg
写真は、サヌールの街では有名な交差点で、
「マクドナルドの交差点」というと誰もが知ってる。
写真の正面の道路の奥の高い木を見て欲しい。
街角の景色から日本を思う(15度目)_d0083068_09541024.jpg
その高い木は本当に高いので...
近寄ると木のてっぺんまで寫せない。
その木の根元に「ナシジンゴ売り」の屋台がある。
その屋台で買い物をしている後ろ姿がカミさんだ。
そう....私の家はここから右に歩いて一分の至近にある。
ということは、サヌールのマクドナルドから近い。
街角の景色から日本を思う(15度目)_d0083068_09554270.jpg
で、今朝の為替レート。
1円=145.75ルピア....また円が値上がりしている。
街角の景色から日本を思う(15度目)_d0083068_10010150.jpg
さて、日本の緊急支援策...
自民党は20兆の財政支出を政府に進言した。
消費税減税には触れず、
現金給付、助成金の支給、クーポンやポイントの発行で
消費税5%減税分に相当する約10兆円の給付措置の実現
を要求....と言う。

クーポン、ポイント......寝言を言うな。
消費税5%に相当する....言い訳に聞こえる、馬鹿らしい。
駄目だ、全く駄目だ。
こんなんで立ち直れる訳がない。
現実が解っていない。
危機管理が全くなっていない。

ただ、この提言を前に自民党の若手が集まって、
これとは別に消費税減税を訴えた。
これは良い。
安藤裕が引っ張る「日本の未来を考える勉強会」と
青山繁晴が引っ張る「日本の尊厳と国益を護る会」が
共同で「減税勢力」として、訴えたものだ。
街角の景色から日本を思う(15度目)_d0083068_10102389.jpg
安藤裕は全てについて深く将来を見通している。
彼の発言には100%賛成できる。
(内容は先のブログに書いたので割愛する)
街角の景色から日本を思う(15度目)_d0083068_10152087.jpg
真水部分だけで50兆という。
それでも不足かも知れないと言う。
街角の景色から日本を思う(15度目)_d0083068_10164372.jpg
以前は30兆だったが50兆円に拡大した。
世界の趨勢を見ると30兆円では追いつけないという。
何故なら世界の主要国が大規模な財政出動をする中、
日本が30兆円程度のチマチマとした財政出動で
とどめると当然に円高になる。
円高は日本の経済にマイナス要素となり立ち直れない。
ここは世界に合わせて財政出動すべきだ.....という理屈、
何故に自民党のお年寄りや政府は、解らないのだろうか。

二つの会を合わせて既に100名を超えているという。
今後大きな勢力となって自民党を改革して欲しいものだ。

by yosaku60 | 2020-03-31 10:22 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

街角の景色から日本を思う(14度目)

今朝の朝食を買おうと店に入ると、
入り口のおばさん、マスクをしきりに気にする。
もしかしたら、外人である私が近づいたからかも知れない。
街角の景色から日本を思う(14度目) _d0083068_10353310.jpg
バリ人は結構に神経質だ。
カミさんも気を使って余り近づかないようにしている。
迷惑がかかるからだ。
街角の景色から日本を思う(14度目) _d0083068_10365380.jpg
で、その朝食(ナシジンゴ)を持ってムルタサリのワルンに行く。
見てくれ、この広いスペースに俺たちだけだ。
街角の景色から日本を思う(14度目) _d0083068_10393866.jpg
食事後、レンボンガン島行き桟橋の待合室を覗いて見た。
人っこひとりもいない。
街角の景色から日本を思う(14度目) _d0083068_10410012.jpg
桟橋の向こうには連絡船が停泊している。
ずーと泊まったままだそうな。
街角の景色から日本を思う(14度目) _d0083068_10422399.jpg
プロムナードにポツンとひとり佇む老婦人...
誰だろう? ああ、カアチャンだ。
ごめん、冗談がきつくて(笑).....
街角の景色から日本を思う(14度目) _d0083068_10433838.jpg
帰り道、いつものように為替レートを見る。
1円=142ルピア....まだ昨日のままだ。
街角の景色から日本を思う(14度目) _d0083068_10453633.jpg
何もかも、止まったかのようなサヌールの町...
日本もこんなのだろうか?

by yosaku60 | 2020-03-30 10:47 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

街角の景色から日本を思う(13度目)

今朝のビーチ、人が少ない。
中国コロナのせいだ。
でも嬉しいことがあった。
ワルンのオヤジのキオエルが完全復帰したことだ。
「帰って来たか」と聞くと「ウン、帰って来た」とはっきり応える。
身体に力が戻ったことを自覚したようだ、
7カ月ぶりの復帰だ。
街角の景色から日本を思う(13度目)_d0083068_09302862.jpg
元気な人がここにもいた。
自転車でつっぱしるヨシコさん(日本人)だ。
ヨシコさんの家はこの近くにある豪邸だ。
やさしい彼女は近くにたむろする野良犬の面倒をみている。
だから野良犬たちはヨシコさんの自転車に伴走する。
街角の景色から日本を思う(13度目)_d0083068_09345338.jpg
コロナ騒動でお客が少なくとも休んでばかりおれない。
この店では従業員を休業させて店主自らが朝の掃除をしている。
街角の景色から日本を思う(13度目)_d0083068_09382840.jpg
で、今朝の両替屋の為替レート。
1円=142ルピア....動きが少ないと思ったら今日は日曜日。
為替は一日変わらない。
街角の景色から日本を思う(13度目)_d0083068_09413381.jpg
さて、バリ島だが、
あと2日(3月31日)で休校終了の期限がくる。
でもあたらしい指示がきた。
4月1日になっても学校をオープンしないそうだ。
まだまだ中国コロナがおさまらないからだそうな。
いつまで休むのだろう。
人々はいろいろに言う。
2週間と言う人もおれば一ヶ月という人もいる。
子供はいい、たいがいの子供は休校を喜んでいる。
大人は大変だ、バリ島は観光の島なのでホテルがいっぱいある。
そのホテルの従業員たちが一時解雇されて田舎に帰っている。
みんな「大変、大変」という。
そして村々では「お祈り」が始まっている。
中国コロナに勝つためのお祈りだ。

さて、中国コロナだが、
ヨーロッパ、アメリカに広がっている。
もしかしたら、
中国コロナは「肌の白い人」が好きなのではないだろうか。
(中国人も白人以上に肌の色が白い)
仮説をたててみた。
バカらしい話だけど聞いてください。
肌の色はメラニンとヘモグロビンで決まる。
メラニンの量は太陽の紫外線から守る度合いによって決まる。
肌が黒いか白いかはメラニンの量で決まる。
一方ヘモグロビンは肌が赤いか赤くないかを決める。
肌の黒い人は、メラニン>ヘモグロビン、
肌の白い人は、ヘモグロビン>メラニン.....
てなことがあるのではなかろうか(実際は知らない)。
ヘモグロビンは酸素を運搬する役目をもっている。
酸素をもっとも必要とするのは細胞の中のミトコンドリアだ。
ミトコンドリアは細胞の中の細胞で細胞のコワだ。
ミトコンドリアに酸素が届かないと細胞は死ぬ。
酸欠で最初に機能不全になるのはミトコンドリアだ。

ところで、
中国ウイルスに罹り重症化する人の特徴だが、
急激に血液中の酸素がなくなるそうだ。
酸素吸入が間に合わないこともあるほどのスピードだそうな。
ということは酸素を運ぶヘモグロビンがやられるということ....
ではなかろうか。

通常なら100個あるヘモグロビンに100個の酸素が結合する。
それがヘモグロビンが正常でなくなると、
100個あるヘモグロビンが80個の酸素としか結合しなくなる。
そうなるとチアノーゼ(顔面蒼白)が出てくる。
100個あるヘモグロビンが50個の酸素としか結合しなくなる。
そうなると細胞は機能不全になり個体(人間)は死ぬ。

中国コロナで重症化した人は急激に酸欠になる。
それはヘモグロビンにいたずらをするからではなかろうか。
だとすれば、酸欠を左右するヘモグロビン....
肌の色を決める役のあるヘモグロビン....
このヘモグロビンの二つの役目を考えるとき、
中国コロナの感染率(症状が出た人)と肌の色に、
何らかの相関関係があるのではなかろうか......
なんて思っても、おかしくないでしょう....で、
昨日一日、頑張って調べましたが、
そういう学術論文的なものはどこにも見つからず、
単なる私の妄想....ということで結論つけました。
ここまで読んでくださった方、申し訳ありません。
何の参考にもならない....
つまらない話を聞いてくれてありがとうございます。

by yosaku60 | 2020-03-29 10:32 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

街角の景色から日本を思う(12度目)

バリ島の朝....お祈りの女性....
美しい光景だ。
街角の景色から日本を思う(12度目)_d0083068_09333466.jpg
ロンボックの島の友人からメールがあった。
「元気でいますか」だけのメールだったが、
メールのやり取りの中で、
ウイルスが怖いので家に閉じこもっているという。
ロンボック島は感染者いるんですか?
と聞くと、まだいないけど.....の返事が来た。
みんな、みんな、何をパニックっているのだろう。
こうしたコロナ騒ぎでパニクルかどうかは医学的知識の差による....
と思っていた。
日本人は全国民が一般的な医学的知識があるので...
パニクらないと思っていた。
が聞くところによると東京のスーパーから食料が消えたという。
保存食の食べ物の棚はガラガラだという。
なんということか、情けない。
そんなにパニックっておかしいだろうが。
朝食を摂った後の帰り道...
サヌールの台所、シンド―パサールを覗いてみた。
いっぱいの食料が山積みになっていた。
良かった。
サヌールはまだパニックってない。
街角の景色から日本を思う(12度目)_d0083068_09372030.jpg
両替屋の表示をみてみた。
1円=142ルピア....昨日より3ルピア下がっている。
一日で3ルピアは大きい。明らかに乱高下している。
街角の景色から日本を思う(12度目)_d0083068_09384657.jpg
2兆ドルの支援策を決めたトランプ。
4月12日のイースター(復活祭)から経済再開を言い出した。
その理由、私が昨日のブログで言ったことと同じことを言っている。
勿論、私は大賛成だ(笑)。
インテリジェンスの中には国家封鎖まで言うひとがいるらしい。
勿論、トランプは拒絶した。
トランプは中国コロナで死ぬ人と経済崩壊で死ぬ人を比較した。
どちらも同じ命だ。
このままいくと経済崩壊で死ぬ人が多くなる。
そういう死者を出してはいけないというのがトランプの主張だ。
国を思い国民を思う大統領が下さなければならない瀬戸際策だ。
それをはっきり言えるトランプは偉い。
今回の中国ウイルス....
私は、日本の落語で出てくる話を思いだす。
大家さんかい...
去年の「流行病(はやりやまい)」で死んじゃってね~....
の下りだ。
今回の中国ウイルスも「はやりやまい」だ。
何十年に一回はあるのだろう。
そんなことにオタオタしていては人間をやっておれない。
ここんところを考えるべきと思う。
世界中がオタオタしすぎだ。

はやりやまいに罹る人はかかる。
かからない人は罹らない。
かかった人で死ぬ人がいる。
かかっても死なずに治る人がいる。
けっして疫病を馬鹿にしているわけではない。
人間がこれまで行き伸びて来た経験の中で....
運命と受け入れるべきは受け入れて処理すべきだ。
その運命は誰にくるか分からない。
もしそれが私だったら....
「そうか来たか」と受け入れる覚悟はできている。
そう言う覚悟で臨まないと、
中国が仕掛けて来た戦争に勝てない...と思うのだ。
オタオタしすぎると中国の思うが壺だ。

by yosaku60 | 2020-03-28 10:07 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

街角の景色から日本を思う(11度目)

インドネシアルピアと日本円の為替レートから、
日本を思うシリーズの11度目だ。
で、そのレートだが、1円=145.75ルピア、
相変わらずの高値安定だ。
街角の景色から日本を思う(11度目)_d0083068_10542530.jpg
ところで、今朝の産経新聞にこんな見出しがあった。
街角の景色から日本を思う(11度目)_d0083068_12060240.jpg
中国の発表数字をそのまま受け取ってとんでもない比較をしている。
産経新聞ともあろうものが情けない。
中国は世界に「検査、検査」と広げて自分のところは検査しない。
国民をして検査をさせない為、たとえ検査で「陽性」と出ても、
本人が感染していると言わない限り「感染」とは認めない。
で、国民も無理をして検査しても意味がないので受けないし、
新しい感染者がゼロの日が続くことになる。
こんなの中国の闇の訴え(市民ツイッター)を聞いたら当たり前に、
知ることができる。
産経新聞も多分知っているだろう。
であれば「中国を抜く....」なんてことを書くなと言いたい。

ところで、
トランプの緊急支援策だが、昨日、米上院を通過した。
賛成96反対ゼロの絶対多数での賛同だった。
今日中(3月27日)にも下院を通する予定だ。
その支援策の中身が次のようにあらわにされた。

1、総額2兆2千億ドル(日本円で240兆円)
2、家計支援;
   大人ひとりに1200ドル(13万円)の支給
   子供ひとりに500ドル(6万円)の支給
   この支払いは4月中に済ませる。
3、企業支援;
   準備金総額=8500億ドル(95兆円)
   中小企業で従業員に給与として支払ったのであれば、
   返済不要....事実上の連邦政府が給与支払い肩代わり。
4、ダメージ企業救済;
   準備金総額=5000億ドル(55兆円)
   コロナでダメジを受けた企業にはお金を貸す。
   但し従業員給与が一定以上に保たれることが条件。

これが、96対ゼロで上院を通過したというのには驚く。
さらに4月中に支給されるという早さにも驚く。

それに比べ、日本は、
岸田政調会長が国民全員に支給する方向で動いた。
勿論、安倍総理の賛同はすでに得ていた。
それを邪魔する男がいた。
二階幹事長である。
二階は立憲民主党に根回しし、公明党にも話を通し、
岸田案を潰そうとしている。
まあ、いつもの政権闘争に名を借りた派閥闘争であり、
いつもの中国関与を積極的に容認する派の抵抗である。
国家経済不在、国民不在の戦いであって見苦しい....
を通り越して、情けない。


ところで、アメリカはこんなに財政出動しても大丈夫か。
と思う人に言いたい。
アメリカは、これは中国から仕掛けられた「戦争」と捉えている。
戦争には、まず勝たねばならない。
勝ったあとに経済を考えれば良い。
まずは戦争に勝つことだ。
そういう危機意識をアメリカ議会(国民)は持っている。
だから、議会は全員一致で決まる。
それに財政出動だが、
アメリカや日本など基軸通貨を持っている国は「MMT理論」を
ある程度、利用しても良いと思う。
(2~3日中にMMT理論を書く予定)
「お金」はなんとかなるのだ。

今は、中国が仕掛けて来た戦争に勝つことだ。
日本国民が嫌いな「戦争」に既に入っている。
G7の中の大国の指導者は、全て「戦争」と捉えている。
これを「戦争」とはっきり言えない日本の政治家が情けない。

by yosaku60 | 2020-03-27 11:52 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

「してやったり」ニヤリと笑う安倍総理

「してやったり」ニヤリと笑う安倍総理....
のタイトル名は、あまりよろしくない。
それは解っている。
だが、あえて習近平と同じタイトルにした。
関連のある連載として読者に読んで欲しいからだ。
これも3月初めごろだったと思う。
安倍総理とトランプとの電話会談が予定されている前日だった。
トランプが突然に、
「オリンピックが一年延期されても...」と発言した。
とても、とても唐突だった。
みなさんも覚えておられるでしょう。
本当に唐突な発言でした。
さて、次の日、
会談を終えた安倍総理に質問する記者がいた。
オリンピックについて、どのような話が出たのですか...
「いいや、その話は出ませんでした」
これを聞けば、誰もがわかるでしょう。
私はカミさんにすぐに話した。
見てみろ、今後、オリンピックはああやこうや言われながら...
結局は「一年延期」に収まる。
ということで、真相は、
安倍総理がトランプに前日につぶやいてもらったのだ。
会談で二人で話したことにすると、
ILOや東京都を出し抜くことになる。
そうなるとややこしい。
オリンピックをやめるとなると7兆円の損になる。
安倍政権にとっても由々しき問題だ。
絶対に中止できない。
早めに保険をかけておこう。
で、安倍総理の仕組んだ出来レースです。
目的はトランプの力を利用しての世界の意見リードです。
「してやったり」ニヤリと笑う安倍総理_d0083068_10242165.jpg
さて、最近のオリンピック論議...
安倍総理の仕組んだとおりになりつつある。
ただ、私は、これを由としています。
安倍総理とトランプの関係があったからこそできる出来レースだ。
いいじゃないですか、こんなの.....
面倒くさいことですけどね~(笑)。

by yosaku60 | 2020-03-24 10:33 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

兄さん! 日本のマスコミは習近平国賓歓迎ですよ

今しがた日本にいる兄(80歳)と電話をした。
習近平国賓来日を話題に出した。
兄が言う。
国賓来日反対のデモをやらなきゃダメと思うよ!
ええ! やってるよ、兄さん。
そうなの、テレビにそんなの映らないよ!
そんなのを日本のマスコミが報道するわけないでしょ!

......

そうなんです。
習近平来日反対ののろしはマスコミが報道しないんです。

......

兄さん! ここに貼っておくから見てね。
それに、テレビだけ見ていたらダメ! 
新聞だけ読んでてもダメだよ。
日本のマスコミは、みんな「中国寄り」だよ。
日本が弱くなることに賛成なのだから.....
中国に日本を乗っ取って欲しいのだから....
国民にそれを知らせないようにしてるのだから....

習近平の国賓来日反対は、去年の10月からやってるんだ。
兄さん! 日本のマスコミは習近平国賓歓迎ですよ_d0083068_10440682.jpg
今年の1月からは「習近平国賓来日反対」の署名活動もやってるよ。
明日(2月27日)で、締め切りなんだけど、署名が集まらないんだ。
俺たち夫婦は、随分前に署名(電子署名)したよ。
兄さん! 日本のマスコミは習近平国賓歓迎ですよ_d0083068_10451395.jpg
演説もデモも....
兄さん! 日本のマスコミは習近平国賓歓迎ですよ_d0083068_10470173.jpg
やってるけど、多くの国民は無関心なんだ。
見ようとしないんだ。
兄さん! 日本のマスコミは習近平国賓歓迎ですよ_d0083068_10481551.jpg
党をあげて「国賓来日反対」をやってるのは「幸福実現党」だけだ。
習近平に天皇陛下の手を握らす(握手する)ことなんかさせないと怒っている。
日本での唯一の「保守」を名乗るだけあって立派だ。
兄さん! 日本のマスコミは習近平国賓歓迎ですよ_d0083068_10493615.jpg
兄さん、
こんな風にやってるんです。
でも、日本のマスコミは、絶対に流しません。
どうぞ、テレビ、新聞だけで判断しないでください。

by yosaku60 | 2020-02-26 10:51 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月