あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



カテゴリ:バリ島=ちょっとびっくり( 86 )


健気な少女に出会う。

ビーチでの朝食の帰り道...
道路を掃除する健気な少女に出会った。
健気な少女に出会う。_d0083068_10284233.jpg
5歳ぐらいかな。
チリ取りを取りに来た。
健気な少女に出会う。_d0083068_10294713.jpg
その時、写真を撮られていることに気づいたようだ。
健気な少女に出会う。_d0083068_10310459.jpg
気にしないで掃除を続ける。
健気な少女に出会う。_d0083068_10315474.jpg
ただ黙々と掃除する。
健気な少女に出会う。_d0083068_10352991.jpg
日本ではない光景だが、
バリでは、時々こうした健気な女の子を見る。
が、男の子が掃除を手伝っているのを見たことがない。
バリ島は男社会.....
女の子は生まれながらにしてそれを受け入れている。

by yosaku60 | 2020-03-09 10:43 | バリ島=ちょっとびっくり | Comments(0)

コオロギを戦わせてお金をかける

先日、ワヤンの家に行った時、こんなのがあった。
コオロギを戦わせてお金をかける_d0083068_13393651.jpg
これ、何?
と聞くと、中を見せてくれた。
おお!!コオロギが入っている。
コオロギを戦わせてお金をかける_d0083068_13405486.jpg
つつくと怒って羽根を震わせ音を鳴らす...そうで、
やってみせてくれた....本当だ、チチチと音を鳴らす。
コオロギを戦わせてお金をかける_d0083068_13422087.jpg
怒らせたついでに...
筒の蓋を片方づつ外して、
それを向かえ合わせにしてコオロギを戦わせて、
お金をかけるそうな。
勝敗はどうして決めるの?
お尻を向けて逃げた方が負けだ、そうな。
やってみるけど見ますか。
いいや、いい、可哀想だ。

で、家に帰って、ネットで見てみた。
こんな風にして戦わせるそうな。
コオロギを戦わせてお金をかける_d0083068_13485273.jpg
バリ島...まだ、知らないことがいっぱいありそう。

by yosaku60 | 2020-03-05 13:51 | バリ島=ちょっとびっくり | Comments(0)

2位になりました。ご愛読ありがとうございます。

エキサイトブログ社の「時事ニュース部門」で、
2位になりました。
今までの最高位です。
2位になりました。ご愛読ありがとうございます。_d0083068_10491792.jpg
今後も軽快且つ痛切に時代を切り取っていきたいと思っています。
よろしくご愛読のほどお願い申し上げます。

by yosaku60 | 2020-02-29 10:53 | バリ島=ちょっとびっくり | Comments(0)

大学の交流会に招かれる

日本の九州国際大学と、
バリのサラスワティ大学の交流会....
の最後の日の発表会に招かれた。
学生たちの発表を楽しく聞く、
私とカミさんとミチヨさん....
大学の交流会に招かれる_d0083068_11062112.jpg
いよいよ、私を取材した学生二人の発表になった。
短い時間の取材だったのに、よくまとめられていた...エライ。
画面に映っているのは、私の著書...
大学の交流会に招かれる_d0083068_11091023.jpg
発表の補足説明として20分ほど、
バリの王家とオランダの戦い...
インドネシアの独立戦争とバリ島の関係....
を主に講演した。
こういう晴れがましい講演は初めての経験だ。
大学の交流会に招かれる_d0083068_11132839.jpg
聴講の学生のひとりに...
私の家に勉強に通うアリさんがいた。
私の話、分かったかい?....と聞くと、
「よーくわかった」そうだ。
お世辞だろうが、それでも嬉しい。
大学の交流会に招かれる_d0083068_11161357.jpg
昼食をいただいた後、みんなで記念撮影...
学生っていいな~
大学を知らない私にとって、何もかもが新鮮....

大学の交流会に招かれる_d0083068_11170173.jpg

by yosaku60 | 2020-02-18 11:18 | バリ島=ちょっとびっくり | Comments(0)

また、またバナナの実が成っていた。

家の庭にあるバナナの木.....に
また、また、バナナの実がなっていた。
今度の房は大きい。
また、またバナナの実が成っていた。_d0083068_09525274.jpg
が、よーく見ると、
バナナの木が重みで倒れないようにつっかい棒がしてある。
誰がつっかい棒をしてくれたのだろう。
お手伝いさんのカデさんだ。
カデさんは、いろいろな追加の仕事をしても...
「したよ!」なんて言わない。
黙って、いつの間にかしている。
ありがたい。

で、現在は、以前に報告したバナナの実....
また、またバナナの実が成っていた。_d0083068_09580966.jpg
と合わせて、バナナは二つの実をつけている。
どちらも、あと20日間ほどで食べれるようになるという。
食べる時期が一気にやってくる。
みなさん、その頃、家に遊びに来てね。

by yosaku60 | 2020-02-10 10:02 | バリ島=ちょっとびっくり | Comments(0)

中国人が消えた桟橋

バリ島からレンボンガン島に遊びに行く....
そうした人の多くはムルタサリビーチの桟橋から出発する船に乗る。
その船を待つ桟橋の....
200~300人の人が集まる待合室。

通常ならば、客の4割が中国人、2割がインド人、
残りの4割をジャワ人、韓国人、オーストラリア人らが占める。

が、新型肺炎の問題があって、
ここ一週間、桟橋に立ち寄らないでいた。
でも、中国人を乗せた観光バスが消えたようである。
中国人が来なくなったのだろうか?
んで、思い切って(笑).......桟橋を調査して来た。

ここが、待合室。
まず、手前にいたのは、インド人のグループ。
中国人が消えた桟橋_d0083068_10113595.jpg
ここも、どうもインド人かな...
中国人が消えた桟橋_d0083068_10121242.jpg
待合室内を一回りしてみる。
中国人らしいアジア人がいない。
この二人は日本人だろう。
聞いてみた、日本人だった。
いらっしゃいませ。
中国人が消えた桟橋_d0083068_10135639.jpg
このグループも日本人だろう。
確かめてみた、間違いなかった。
いらっしゃいませ。
中国人が消えた桟橋_d0083068_10150548.jpg
結局は、中国人らしい人を見なかった。
同時にいつもは10人以上はいる韓国人も見なかった。
逆に、日本人が増えた(5~6組はいた)ようである。

桟橋に集まるお客から世情を見てとれる。
オモシロイ!

by yosaku60 | 2020-02-03 10:23 | バリ島=ちょっとびっくり | Comments(0)

将来のバリのお医者さんは女医さんだらけ

今日は日曜日、学校はお休み。
ビーチ近くで朝食をとっていると浜掃除の団体さんが現れた。
将来のバリのお医者さんは女医さんだらけ_d0083068_09551688.jpg
観光地のバリ....
ビーチを清掃してくれるボランティアが多い。
どうも学生さんのようである。
将来のバリのお医者さんは女医さんだらけ_d0083068_09573389.jpg
聞いてみると、ウダヤナ大学だそうな。
バリ島に唯一ある公立大学でまあまあ質が高い学校だ。
将来のバリのお医者さんは女医さんだらけ_d0083068_09591541.jpg
学部は? と聞くと、
ドクトル・メディカルコースだそうな。
将来のバリのお医者さんは女医さんだらけ_d0083068_10010265.jpg
そうか将来のお医者さんか...
にしても、女医さんばっかりだ!
将来のバリのお医者さんは女医さんだらけ_d0083068_10072248.jpg
そういえば、家のすぐ近くの公立診療所...
お医者さんは15~20人ほどいるが殆どが女医さんだ。
将来のバリのお医者さんは女医さんだらけ_d0083068_10124259.jpg
無理して、男のグループを探したら、一応....居た。
ガンバレ、バリの男。
将来のバリのお医者さんは女医さんだらけ_d0083068_10050365.jpg

by yosaku60 | 2020-02-02 10:12 | バリ島=ちょっとびっくり | Comments(0)

発情したリスはうるさい

ギギッ、ギギッ、と軒下からうるさい鳴き声が聞こえる。
リスが鳴いているのだ。
発情したリスはうるさい_d0083068_13063425.jpg
ようく見ると二匹いる。
左の方に尾ッぽだけ見えるのが一匹...
これは多分メスだろう。
右の方にそれを狙うかのように落ち着かない一匹がいる。
これは多分、オスなのだろう。
発情したリスはうるさい_d0083068_13093230.jpg
知らなかった。
リスも結構にうるさいものだ。

by yosaku60 | 2020-02-01 13:10 | バリ島=ちょっとびっくり | Comments(0)

紅白歌合戦

紅白歌合戦を聞いていた。
年末だから無理して聞いていたが、
つまらない、本当につまらなさすぎる。
何をワーワー騒いでいるんだ。
紅白歌合戦_d0083068_20325697.jpg

テレビを消してカミさんとビーチに繰り出すことにする。
しっとりした年の暮れを求めて....

バリの空からみなさんに....
明けましておめでとう....を言いたい。

by yosaku60 | 2019-12-31 20:40 | バリ島=ちょっとびっくり | Comments(2)

トンデモ疲れたハプニング

オレんちにやってきた娘さん達が悪い訳ではない。
勿論、私が悪い訳ではない。
誰のせいでもないが、昨日はとっても疲れた。
娘さん達....
写真の左から、
Sabrina、 Ajeng、Rika、 Sobah....ちゃん達だ。
みんな、ウダヤナ大学の日本語学科の3年生だ。
トンデモ疲れたハプニング_d0083068_09295325.jpg
誰が悪いのか、無理して探せば娘さん達になる。
上手く喋れないのに無理して日本語だけで喋ろうとするからだ。
インドネシア語を使えば、こんなハプニングが起こらなっただろうに。
言葉のコミュニケーションがとれないと、こんなハプニングになる。

ハプニング.....
最初から、詳しく話そう。

日本でいわゆるドクターストップがかかりダイエットを強いられているオレ。
好きなビールを絶って.....とは、いかないので、
せめて週に2回(水曜日と土曜日)....
のムティアラで飲むとき以外は、ビールを絶つと決断して、はや2ヶ月。
徐々に体重は減ってきているが、やはり心は寂しい。
その反動で、水曜日と土曜日は浴びるほどにビールを飲んで発散する。
一昨日が、その水曜日であった。
もういいかげんにベロンベロンになった時、
隣のテーブルにジルバを被った学生らしい娘さんが二人座った。
森崎さんが、そして、りっちゃん(女性の飲み友達)が言う。
「この二人、昨日も来たんだ」
「余ほど、困っているようだね」
何に困っているの?
森崎さん達の会話を聞きつけた私は問うてみた。
「日本語を勉強したいそうなのよ」と、りっちゃんが言う。
私は酔った頭で考えてみた。
今の私は、家で教えているのは「アリさん」だけだ。
アリは、もう二年も教えているので家族みたいなものだ。
二人増えても、なんとか教えれるかも知れない。
てなことを頭の中でパパパと巡らし、ジルバの二人に話した。
あんたたち日本語を勉強したいの? 
「はい」
そうなの、じゃ、家に来る。
私の家、妻もいるので怖くないよ(笑うよね、こんな言い方...)
「はい、行きます」
いつ来るの?
「明日行きます」
何時に?
「午後4時に行きます」
いいよ、待ってるよ。
と、これが一昨日。
そして昨日の午後2時頃、
二人のうちのひとりのサブリナちゃんからSMSが来て、
「あと二人増えるけどいいですか」
瞬間、困った...
4人も教えるのは、大変だ......
と思ったものの断る訳にはいかない。
で、いいですよ、と返信し、4人を待った。
が、午後4時になっても誰も来ない。
そうなのだ。
インドネシア人は時間を守らない。
ひとりや二人なら、それを直さすことはできる。
が、4人もとなると、絶対に守れない。
4人の到着を待ちながら、先が思いやられた。
あああ、受けるんじゃなかった。
が、まあ、もう承諾してしまっている。
4人は、5時頃やってきた。
1時間の遅れだ。
教える時間を2時間にしていた。
6時までで終わりたいのだ。
これじゃ1時間しか教えれない。
何故に6時に終わりたいのか。
木曜日はマッサージの日だ。
夕方、8時にコミンがマッサージに家に来る。
それを待つため、私は6時から焼酎を飲み始める。
ゆっくりゆっくり楽しみながら飲む。
一時間半かけて飲み、いい気持ちになり横たわる。
うつらうつらしてくる時にコミンが来る。
最初の1時間は私、次の1時間はカミさん。
私たちのマッサージは足だけだ。
身体はしない。
足だけで血の巡りがよくなり十分なのだ。
今の私にとって至福の時間だ。
話が長くなった。
どこまで話したっけ。
そう、5時に4人が家にやってきた。
1時間しかないので、私はすぐに授業に入った。
4人とも大学3年生。
既に2年半、日本語を勉強している。
それなのに、なんと下手なことか。
「およぎ」というひらかなを書かせてみた。
よくあることだが、
インドネシア人は「お」と「よ」は同じ字になる。
「ぎ」という字の縦の棒を傾いて書けない。
上がインドネシア人、下が日本人(オレ=笑)だ。
4人とも、上の「およぎ」を書いた。
トンデモ疲れたハプニング_d0083068_14485744.jpg
なんだ、2年半も勉強して、この程度か。
まずは、それを怒った。
今まで何を勉強していたのか。
お父さん、お母さんがお金を出してくれているのにだらしないぞ!
サブリナ、あんたは、どこから来たのか。
バニュワンギ、そうか、まあ、バリ島に近いな。
でも、コスを借りるのにお金がいるだろう。
アジェン、あんたは、どこから来たのか。
何!マラン、遠いじゃないか。
ソバ、あんたは、どこからか。
何!何! ジャカルタ!
ジャカルタからバリ島にわざわざ来ているのか。
ご苦労さんだな、でも、日本語、下手じゃないか。
もっと、頑張って勉強しなければ、両親に申し訳ないだろうが。
リカ、あんたは、どこからか。
カランガッサムか、でも大学には通えないよね。
そうか、ギャニアールでコスを借りているのか。
それでもお金がかかるよね。
私は、ここまで一気に喋った。
半ば本気だった。
二年半も日本語を勉強しているのに、余りにも下手だからだ。
怒るのは、インドネシア語を使った。
だから、彼女らは、みな理解できたと思う。
4人とも下を向いて、私の怒りを聞いていた。
そのあと、授業に入った。
怒りながら、私は決めていた。
今日は、まず「日本語を学ぶことが楽しいこと」を教えよう。
それには「漢字の面白さ」を教えることだ。
私はホワイトボードに次から次とマンガを描いた。
それらマンガが、漢字に変化する様を面白く教えた。
時々、彼女らに聞いた。
どうだ、面白いだろう。
「うん、オモシロイ」
生徒がもっとも喜んでくれたのは「恋」という漢字だ。
下から絵を描いていった。
「心」という漢字だ。
心臓の絵を描いた。
左心房と右心房の大きさに差をつけ詳しく描いた。
静脈を通って左心房にきた血が動脈となって右心房から送られる。
その血の流れを説明しながら「心」という字になったことを説明した。
恋をしたら、心が燃えるでしょう。
心が熱くなるんです。
ホラ、心の上に四本の線があるでしょう。
これ、火柱なんですよ。
炎なんですよ。
熱いんです。
でも熱いのは逃がしたくありません。
蓋をするのです。
ホラ、恋の字の一番上を見てください。
蓋が被せられているでしょう。
人間は恋をしている時が幸せです。
ハートは熱い時が幸せなんです。
ところで、サブリナ、あんたは心が熱いですか。
てな、話をするのです。
いくつの漢字を教えたでしょうか。
思いつくままに、どんどん教えたのです。
一時間、経ちました。
喋りっぱなしで、私も疲れました。
さて、今日は終わります。
次は、いつにしますか。
あれ、誰も次は来たくないの。
オレの話、面白くなかったのか。
オモシロイ、じゃ、また来ればいいじゃないか。
こんな風に話すけど、みな黙っているのです。
もう、どうでもいいか。
どうせ、ボランティアなんだから、勝手にできる。
さあ、今日は終わり。
みんな帰ってください。
(私には、焼酎タイムが待っている....)
その時....
誰だったか、忘れたが、
ひとりがボソッと言うのです。
「私達、勉強しにきたのではないのです」
「学校の宿題をしに来たのです」
「宿題は日本人に日本語でインタビューするのです」
「それを録音して先生に見せなくてはなりません」
「そのお手伝いをしていただけませんか」
なーーに!......
インタビューに来ただけか......
だったら、もっとはやくそれを言ったらいいだろうに......
と思ったものの、
早とちりして教え続けた自分が恥ずかしくもあって、
そうっだたの、いいよ、いいよ、
じゃ、今から、インタビューしてください。
ということで、6時から7時まで、
4人がそれぞれに、インタビューを録音することに。
で、4人が帰ってからの私が大変。
急いで焼酎を飲みはじめ....じゃなかった。
はらいせに、大事に残してあったビールを一本飲み、
そのあと、焼酎を「駆けつけ4杯」飲み、
コミンがマッサージに来る前に、どうにか飲み終わり、
が、マッサージの途中に酔いが回り出し、
いつも以上の異常な大いびき!
マッサージが終わったコミン曰く;ひどかった!!
ごめん、ごめん、
まあいいか、「まあいいよ」と相成った次第。
考えてみれば、ウダヤナ大学の日本語学科の生徒達。
みんなインドネシア語ができる。
ムティアラでは、最初にインドネシア語を使い、
どういう理由で日本人に会いたいかを話せばよかったのだ。
どうも、インタビューでは、
インドネシア語を使うのを禁じられていたらしい。
それにしても、
目的を喋る時ぐらいはインドネシア語で話せッ!てんだ。
さもなくば、二年半も勉強しているんだから、
もっと、早く日本語をマスターしなさいッ!てんだ。
みてみろ、オレ、完全に疲れ切ったんだぜ。
オワリ。

by yosaku60 | 2019-12-20 10:55 | バリ島=ちょっとびっくり | Comments(0)

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月