あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



カテゴリ:バリ島=バンジャール( 42 )


今年のオゴオゴ人形

バリ島の新年は「ニュピ」
毎年、少しづつ日がずれるが今年のニュピは3月7日。
ニュピの前夜は、各バンジャールが作る「オゴオゴ人形」が街を練りあるく。
わがバンジャールも「オゴオゴ人形」を作り始めた....のがこれ。
d0083068_11490471.jpg
なんだろうか。
巨大な昆虫であることは確か...
通りかかりのバリ人に聞くと「モスキート」という。
違う、それはないだろう、アリか蜂....だろうに。
以来、バリ人には尋ねないことにした。
出来上がればわかることだ。

by yosaku60 | 2019-02-12 11:53 | バリ島=バンジャール | Comments(0)

村の広場にバビグリン店が現る

バリ料理の代表と言えば ナシ チャンプル と バビ グリン。
一つのお皿にご飯とおかずを盛り合わせたのが 、ナシ チャンプル 。
お祭りや祝い事にはかかせない豚の丸焼きが 、 バビ グリン 。
そのバビグリン店が我がバンジャールの広場に現れました。
d0083068_11292110.jpg
現れたのが数日前のお昼。
夜に食べに行こうとすると、もう店はやっていません。
お昼だけやっているのかも....
d0083068_11304910.jpg
今日のお昼は是非に食べてみたいと思っている。

....................

ということで、お昼に早速買ってきてみた。

d0083068_13053918.jpg
豚肉の串は通常が一本なのに3本つけてもらった。
で、写真の一皿分が200円(ビールは自前=笑)。
バビグリンは豚皮の大きさで値段が決まる。
4cmX4cmほどの大きさのモノが乗っていた。
十分に大きい。そしてバビグリンは....
豚皮のこりこり感と皮の裏のねとねと感が売りもの...
これも十分だった。味がしっかりついていた。
カミさんが0.5皿しか食べないので、私が1.5皿戴いた。
腹がいっぱいだ。昼寝しよっと!

by yosaku60 | 2019-02-11 11:32 | バリ島=バンジャール | Comments(2)

バンジャールタマン60周年屋台村

わがバンジャールタマンの創立60周年の最後の催しは、
舞台での音楽と踊りと屋台村....
カミさんと一緒に楽しんできました。
まずは子供達...
d0083068_21214447.jpg
貝に絵を描いたヤドカリの大きいのが一匹100円...
生きてるんですよ、それも籠がついての値段。
d0083068_21222517.jpg
d0083068_21235592.jpg
d0083068_21261959.jpg
右はカミさん、どことなくこの場に溶け込めてないようです。 
d0083068_21271731.jpg
美味しそうなので、これを買いました。
イカと鶏肉の大きな串が一本150円。
d0083068_21311277.jpg
d0083068_21330541.jpg
d0083068_21334944.jpg
d0083068_21345580.jpg
明日は、稲川さんと一緒に一泊とまりでシンガラジャに行く予定...
ですので、今宵は早めに寝ることにして家に帰ってきました。

by yosaku60 | 2018-11-24 21:37 | バリ島=バンジャール | Comments(0)

バンジャールタマン・すごい!

今日は日曜日、朝から外が想像しいので通りに出てみると....
バンジャール広場のお弁当屋(ワルン)がここに引っ越ししていた。
d0083068_08480972.jpg
広場に行くと、こんなのをやっていた。
d0083068_08485388.jpg
観客もいっぱいだ。
d0083068_08515603.jpg
何事かと聞くと、
「バンジャールタマンの創立60周年祝い」という。
d0083068_08524661.jpg
あれ、先日、創立記念でバロン大会があったではないか...と聞くと、
「いや、あれだけじゃない」そして「来週もある」という。
来週は? 「バザーだよ」
で、今日のんは「抽選会と運動会だよ」という。
目前に抽選で当たる新しいバイクが3台あった。
奥の大きいのは30万円はするだろう。
d0083068_08561458.jpg
これから、10時まで、ここで軽く運動会がある。
ご飯食べたら、私も参加することとする。


で、参加したミニ運動会。
あたりまえだけど.....
私のような老人が参加できるレースはない(笑)。
見ていて面白かったのがムカデ競争....
d0083068_10330928.jpg

d0083068_10335111.jpg
d0083068_10345942.jpg
d0083068_10341145.jpg
d0083068_10352503.jpg
d0083068_10354270.jpg

by yosaku60 | 2018-11-11 08:58 | バリ島=バンジャール | Comments(0)

バロンダンス大会

昨日はバンジャールタマンの創立60周年だった。
その記念にバロンダンス大会が行われた。
d0083068_08151005.jpg
私が住み始めてからもバンジャールタマンは住民が増え続けている。
現在、385所帯、住民約1500名、サヌールでは2番目に大きいバンジャールだ。
d0083068_08180702.jpg
踊り手はバリ島のあちらこちらから来て11チーム。
3体のバロンが使われた。
この人達は審査員。
d0083068_08195417.jpg
これは観客。
手前のサングラスはカミさん。
d0083068_08205284.jpg
バロンの小さい動きを見逃さず見ていると、
中に入って演じている人の真剣さが伝わってくる。
d0083068_08224116.jpg
途中で雨が降ってきてダンスは中断....
家に帰って休んでいるうちにダンス再開に気づかず寝てしまったので、
どのチームが優勝したか、地元チームが何位だったは知らない(笑)。


by yosaku60 | 2018-11-04 08:29 | バリ島=バンジャール | Comments(0)

バリ島は、バンジャールが全て....

バリ島は、バリヒンドゥー教の島。
バリヒンドゥーの宗教行事を取り仕切る地域集合体....
それをバンジャールと言う。
日本語では、村落共同体と訳されている。
そのバンジャールの力....
今朝は、まざまざと見せつけれた。
写真で紹介する。

今朝の浜への散歩の途中....おや?
遠目に、バンジャールのクルクル櫓が飾られているのが見えた!
クルクル櫓;本当の名前を知らない。
        私が勝手にそう呼んでいるだけ。
        どこのバンジャール集会所にもある。
        村民集合のためのクルクルと呼ばれる音を鳴らす櫓。
d0083068_1075251.jpg

道路の半分を占領して、こんなのがある。
この中で、ガムランを演奏するのだ。
d0083068_1085727.jpg

きれいどころも集まっている。
d0083068_10103422.jpg

子供たちは、この日のためのお揃いのシャツを着ている。
d0083068_10111728.jpg

ご婦人たちもおそろいのクバヤだ。
d0083068_10124838.jpg

お供え物も多い。
d0083068_10131942.jpg

バンジャール集会場の広間も赤じゅうたんを敷いてある。
大きなセレモニーだ、何のためだろう?
d0083068_10222169.jpg

通りに出て、看板を読んでみた。
この程度なら、私でも解る。
バンジャール「バトゥジンバル」の息のかかるベーカリーの開店祝いだ。
d0083068_10223365.jpg

集会場の横の通路も飾ってある。
許可を受けて入ってみた。
d0083068_10243911.jpg

ビーチに向かって、お祈りがあるようだ。
ビーチでのお祈りとは、やはりバリらしい。
新しい店を開くときは、どんなに小さな店でもお祈りしなければならない....
とのコミンの言葉を想い出した。
d0083068_1028331.jpg

お祈りを見れない人のために、音声と映像中継もされるようだ。
d0083068_10345829.jpg

バンジャール「バトゥジンバル」...って、多分、150軒ほどの共同体であろう。
日本的にいえば、小さい集落だ。
ただ、ビーチ沿いの土地の権利を持っている、お金持ちが多い。
にしても、盛大、且つ豪華だ。
バリ島のバンジャール、その組織の結合力、なんともすごい!!
by yosaku60 | 2017-02-04 10:21 | バリ島=バンジャール | Comments(0)

お葬式の行列

サヌール市内、
所用でバイクを走らせていると、
お葬式の行列で、しばしストップ。
見慣れた行列であるが、
クバヤの華やかな色につられて、ついカメラに収めてしまう。
d0083068_1214955.jpg

どこのバンジャールだろうか。
見た顔がない...サヌールではない。
デンパサールからかも。
d0083068_123437.jpg

お葬式の規模は、行列の長さによってわかる。
今朝のこれ、もっとも一般的な規模のお葬式。
にしても、昔はクバヤ姿でサングラスをかける女性はいなかった。
が、最近ちょくちょく見るようになった......小さな変化だ。
d0083068_126661.jpg

by yosaku60 | 2015-06-12 12:07 | バリ島=バンジャール | Comments(0)

バリ島のバンジャールは、やはりすごい!

写真は、今朝の6時半。
身を清めたあと、バリ衣装を着た、
バンジャールの男どもが集まって作業をしている。
11時から始まるお葬式の準備らしい。

  バンジャールの日本語訳;村落共同体....

村長さんがいたので、聞いてみた。
バンジャールの男、全員参加なの?
「あたりまえです」」と、真顔でいう。

バリヒンドゥーでは、葬式がもっとも大きな催事...
バリヒンドゥーの宗教行事を司るのがバンジャールの使命....
から、愚問だった。 失礼しました。

さて、
こういうバンジャールの全員参加、
の助け合いを見て、思うことがある。

日本では、簡易宿泊所が火事で沢山の人が亡くなった。
ほとんどが生活保護者で、
しかも役所から、そこでの宿泊を勧められたそうな。

可哀想なことです。
誰も好き好んで生活保護者にならない。
ほんのちょっとの失敗か障害だったのだろう。

オレにしても、
もし、歯車が違えば、そうなった可能性がある。
いいや、その可能性は多かった。
過去、それほど一生懸命に仕事をしてきた訳ではない。
偏屈者で、周囲に溶け込むことができず、
わがままばかり言って、過ごしてきた。

そんなオレが、
それほどの悩みがなく今を平穏に暮らせている。
稀有なことで、運が良かっただけだ。
つくづく、ありがたい。

経済が発展したものの...
生活保護者があふれる日本、
貧しいものの....
バリヒンドゥーの経典どおりのバリ島、
を比較して考えると.....

貧しくともバンジャールが看取ってくれて、
さらに、最後は村民総出で送ってくれるバリ島....
の方が幸せなのかも知れない。
d0083068_11254444.jpg

by yosaku60 | 2015-05-19 11:26 | バリ島=バンジャール | Comments(2)

今年のオゴオゴ人形

バリヒンドゥーのお正月の「ニュピ」は、3月21日。
残すところあと2週間。
前日に街を練り歩くオゴオゴ人形作りも今がたけなわ。
わがバンジャールのオゴオゴは、毎年立派なので有名。
で、今年はと言うと、こんなの......
d0083068_7493927.jpg

ゴジラ?かと聞くと、「犬」という。
こんな大きいの作って.....
出来上がったらこの部屋から出せないのじゃないか....
と聞くと、「多分、大丈夫」という。
多分ね~バリ人らしい答えだ。
芯は竹で作り、その上に荒い目の金網、
続いて細かい目の金網を張り、その上に新聞紙を張り、
その上にさらに強度のある紙を貼り重ね、
その上からペインティングする手法で作られる。
d0083068_7584673.jpg

まだ紙が貼られていなく、
竹、荒い目の金網、細かい目の金網が散在する「足」をアップする。
d0083068_812362.jpg

作っているのは、村の若い衆。
バリ人は器用である。
器用といえば、隣で踊りを習うバンジャールの子供達もすごい。
d0083068_861467.jpg

そして、可愛い。
d0083068_864569.jpg

もっとも幼い子は、この子、2歳半。
2歳で自発的に踊りを始めたとママがいう.....すごい。
d0083068_89683.jpg

by yosaku60 | 2015-03-08 08:09 | バリ島=バンジャール | Comments(2)

バロンダンス・奇妙なことが

不確かである...オドロオドロした話には嘘が多い.....ので、お蔵入りしていたが、
「あけっぴろげてあらいざらいのありがまま」の趣旨を思い出し書くことにした。
先月2月16日には、バンジャールのバロンダンスがあった。
バロンダンスについては、「バリ島=バンジャール」のカテゴリにおいて、
2008年5月22日、2008年10月17日、2009年7月13日の
いずれも「バロンダンス」という題で過去のブログに掲載している。
また、2013年7月23日には「トランスに入るのが早すぎたバロンダンス」
という題でやはりブログに掲載している。

そして、先日の2月16日のバロンダンスであるが、
トランスに入る人々を写真に撮る.....という目的を決めて観賞したのだ。

そして撮った写真だが、
翌日例のダイバーの遭難事故があったので、ブログ掲載を抑制した。
で、バロンダンスというフォルダーを作り、撮った写真を全てそこにファイルしておいた。
で、最近になってそれを取り出し、ブログに書こうと思ったのだがどうもおかしいのだ。
ある時間の写真が抜けてないのだ。
写真が撮れなかったのだろうか、でも、枚数にしたら7~8枚ほどがないのだ。
それも肝心の.....まさに肝心の写真だけが写れてないか抜けたのだ。
そう、抜けた前後の写真が写れているので、その部分だけが写れてないのだ。

シャッターの押し方が悪かったのだと原因を決めているが、
もしかしたら.....てな、オレの嫌いな話(非科学は嫌いなのだ)も頭をよぎるのだ。

まあ、残った写真で、この不可解な話を書いてみる。
まずは、バロンダンスの最初の頃の写真。
バロンの中に入る準備をしている屈強な男を写したものだ。
二人は、バロンの中に入る前、ここで祈りを捧げる。
その祈りに聖水をかけて清めてくれるのが、矢印のお二人だ。
以下、二人のことを「お坊さん」と書こう。
d0083068_4294062.jpg

そして、男はバロンの中に入る(お尻がみえるでしょう)。
d0083068_432671.jpg

ランダ現る.....は、いつものとおり。
d0083068_433953.jpg

バロンは重く、中に入って踊れるのはせいぜい10分。
交代の男どもが次に入る準備をしている。
この写真、男の後にお坊さんが写っていないのだ。
オレは至近でずーと見ていた(目的がそうなんだから、見落とす訳がない)。
お坊さんはいつも待機しており、席を外すことがなかったのに....
まあ、一歩譲って、席を外したのを見逃したことにしておこう。
d0083068_438765.jpg

さて、この写真がトランスの始まりである。
矢印の男がトランスに入った! 
観客の視線がみな男の方に向いているのでお分かりいただけるかと思います。
d0083068_4471713.jpg

トランスなんて、要は気分の問題....と、オレは思いたいのだ。
バリ人は「神が降りてきた」と言うけれど.....
まあ、んで、トランスは伝染するのだ。
そして、時間にして10分ほどかけて少しづつトランスに入る人が増え続けるのだ。
お坊さん二人は、彼らの近くでトランスに入る人に聖水をかけ沈静に努めていた。

そして、オレは目撃した。
突然に、お坊さんの一人がトランスに入ったのだ。
続いて、すぐにもう一人のお坊さんもトランスに入った。
村の人々は、お坊さんを抱きかかえてなだめる。
これだ!! オレはチャンスと見た。
そして、何度もシャッターを押した。

が、それらの写真が写れてないのだ。
写真が写れてないのは、最初のトランスに入った写真を撮った以降だから、
時間にして10分ほどだろうか、10分ほどの写真が全てないのだ。
何回かのシャッターが切れなかったのは、失敗で説明がつく。
しかし、10分もの間に時間を経てシャッターを押したのが、
全て失敗するなんて確率は、少ないと思うのだ。

写真が全部消えたのではないという証明に次の写真をアップする。
お坊さんまでもトランスに入り、
バロンダンスが終ったことで、呆然とする観客を写したものだ。
中央に、これも唖然としているランダが写っている。
これはよく撮れている。
d0083068_4593440.jpg

by yosaku60 | 2014-03-19 04:37 | バリ島=バンジャール | Comments(0)

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月