あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



カテゴリ:バリ島=バンジャール( 45 )


ノーテンキな??バリ人

写真の広場は、私が昔よく行ってたワルンがある広場だ。
場所はムルタサリ、持ち主はバンジャール(村落共同体)だ。
何を思ったかバンジャールは広場を子供の遊び場にした。
広場を走るのは足で漕ぐ自動車。
すぐ近くに広大なビーチがあって子供がワイワイ遊んでいる。
なのに、こんなせせっこましい遊び場を作っても人は来ないだろうに....
と思ってみていたら、営業してから約一ヶ月、
私は、この場所で子供が遊んでいるのを見たことがない。
商売を始める前にマーケティングリサーチをしないのだろうか。
全然繁盛しない商売....
子供が来ないので、店番の大人が自動車を漕いで遊んでいる。
バリ人は、ノーテンキ.....と思う。
が、やってみなくちゃわからない....といわれそうだ。
そりゃそうだ!! 
d0083068_10364156.jpg
バリ人は面白い。

by yosaku60 | 2019-10-20 10:40 | バリ島=バンジャール | Comments(0)

バンジャール寺の「Tumpek Wayan」

昨日は朝からバンジャールの衆が集まってウバチャラの準備をしていた。
三日間続く、バンジャール寺のTumpek Wayan式典の準備だ。
Tumpek Wayan.....創立記念日のこと。
d0083068_07381757.jpg
神の式典のための造り物は全て竹で作らねばならない。
d0083068_07400060.jpg
バリ人の男衆は小さい頃から竹の造りものに慣れている。
d0083068_07412992.jpg
誰もが手際が良く造る。
d0083068_07425178.jpg
で、造ったのがこれ、
パングンガン(panggungan)という。
d0083068_07453231.jpg
このお寺の創立記念日だ。
d0083068_07471107.jpg
境内にはお祈りする人がいた。
d0083068_07482655.jpg
祭壇に飾るモノは女衆が作る。
d0083068_07500911.jpg
バンジャール総出で結束力が素晴らしい。
見ていても飽きない。
d0083068_07505197.jpg
21日(月曜日)は、奉納のバロンダンスがある。
今回はゆっくり観ることにしよう。

by yosaku60 | 2019-04-20 07:54 | バリ島=バンジャール | Comments(0)

バンジャールの労働奉仕について思う

バリ島の何がすごいか....
私は「バンジャールの絆(きずな)」だと思う。
バンジャール....日本語では「村落共同体」と訳されている。
バリヒンドゥー教の祭事を村落ごとに司る組織で...
1000年以上の歴史があってバリ島の社会に深く浸透している。
私の所属するバンジャールの名は「バンジャール・タマン」.....
所帯数約300のサヌールでは2番目に大きなバンジャールだ。

さて、今日は日曜日、
ビーチに行こうと家を出ると...
バンジャールの男衆が集まって町内を掃除している。
バンジャールの申し合わせによる掃除だということがすぐに解った。
何故なら、男衆がクメジャ(Kemeja)を着ているからだ。
d0083068_09540325.jpg
ここで、少し、バリ人の民族衣装を述べておきたい。
バリ人の女衆の着る衣装は、クバヤ「Kebaya」と言って有名だ。
で、男衆の着る衣装であるが、
1、通常のバンジャールの行事では、クメジャ「kemeja」を着る。
2、寺の行事で集まる際は、バジュサパリ「Baju Sapari」を着る。
3、バジュサパリは神の前に出るので白色でなければならない。
4、クメジャは、そんな決まりがなく自由である。
5、どちらも頭にウダン(Udeng)を被る。
6、バジュサパリを着る時は白色ウダンを被る。
の決まりがある。

だが、次の写真を見て欲しい。
右の男はウダンを被っていない。
バリヒンドゥーではいろいろな決まりがあって厳格だ。
が、その決まりを少々破る人がいても責められない。
厳しいけれど、おおらかなのだ。
d0083068_09474566.jpg
こうした、おおらかに受け入れること....
日本人は余り得意ではない。
ルーズだと言って非難する。
d0083068_11345868.jpg
「絶対にみんなと同じでなければならない」...という中の、
「絶対」が日本人には強すぎる。
こうした「絶対」はバリの社会にはない。

集団を統制するには厳しさが必要だ。
が、厳しいだけではやってゆけない。
バンジャールは、1000年以上も続いている。
日本で言えば平安時代から続いていることになる。
時の長さの意味するところは大きい....と思うのだ。
d0083068_11455537.jpg
ここにもウダンを被らない人(右端)がいた。
ばかりか、クメジャを着ていない人(空色シャツ)もいた。
みんなまとめて許される....これがバリ島のバンジャールだ。

d0083068_11532342.jpg
ビーチに行く間に町内清掃中の女の衆とも出会った。
ここは「バンジャール・バトジンバル」。
地主が多い土地柄、お金持ちが集まるバンジャールだ。
バンジャールによって、それぞれ特徴がある。

d0083068_11521856.jpg
バリヒンドゥー社会は全てを包み込みながらも色鮮やかである。

by yosaku60 | 2019-04-07 12:06 | バリ島=バンジャール | Comments(2)

今年のオゴオゴ人形

バリ島の新年は「ニュピ」
毎年、少しづつ日がずれるが今年のニュピは3月7日。
ニュピの前夜は、各バンジャールが作る「オゴオゴ人形」が街を練りあるく。
わがバンジャールも「オゴオゴ人形」を作り始めた....のがこれ。
d0083068_11490471.jpg
なんだろうか。
巨大な昆虫であることは確か...
通りかかりのバリ人に聞くと「モスキート」という。
違う、それはないだろう、アリか蜂....だろうに。
以来、バリ人には尋ねないことにした。
出来上がればわかることだ。

by yosaku60 | 2019-02-12 11:53 | バリ島=バンジャール | Comments(0)

村の広場にバビグリン店が現る

バリ料理の代表と言えば ナシ チャンプル と バビ グリン。
一つのお皿にご飯とおかずを盛り合わせたのが 、ナシ チャンプル 。
お祭りや祝い事にはかかせない豚の丸焼きが 、 バビ グリン 。
そのバビグリン店が我がバンジャールの広場に現れました。
d0083068_11292110.jpg
現れたのが数日前のお昼。
夜に食べに行こうとすると、もう店はやっていません。
お昼だけやっているのかも....
d0083068_11304910.jpg
今日のお昼は是非に食べてみたいと思っている。

....................

ということで、お昼に早速買ってきてみた。

d0083068_13053918.jpg
豚肉の串は通常が一本なのに3本つけてもらった。
で、写真の一皿分が200円(ビールは自前=笑)。
バビグリンは豚皮の大きさで値段が決まる。
4cmX4cmほどの大きさのモノが乗っていた。
十分に大きい。そしてバビグリンは....
豚皮のこりこり感と皮の裏のねとねと感が売りもの...
これも十分だった。味がしっかりついていた。
カミさんが0.5皿しか食べないので、私が1.5皿戴いた。
腹がいっぱいだ。昼寝しよっと!

by yosaku60 | 2019-02-11 11:32 | バリ島=バンジャール | Comments(2)

バンジャールタマン60周年屋台村

わがバンジャールタマンの創立60周年の最後の催しは、
舞台での音楽と踊りと屋台村....
カミさんと一緒に楽しんできました。
まずは子供達...
d0083068_21214447.jpg
貝に絵を描いたヤドカリの大きいのが一匹100円...
生きてるんですよ、それも籠がついての値段。
d0083068_21222517.jpg
d0083068_21235592.jpg
d0083068_21261959.jpg
右はカミさん、どことなくこの場に溶け込めてないようです。 
d0083068_21271731.jpg
美味しそうなので、これを買いました。
イカと鶏肉の大きな串が一本150円。
d0083068_21311277.jpg
d0083068_21330541.jpg
d0083068_21334944.jpg
d0083068_21345580.jpg
明日は、稲川さんと一緒に一泊とまりでシンガラジャに行く予定...
ですので、今宵は早めに寝ることにして家に帰ってきました。

by yosaku60 | 2018-11-24 21:37 | バリ島=バンジャール | Comments(0)

バンジャールタマン・すごい!

今日は日曜日、朝から外が想像しいので通りに出てみると....
バンジャール広場のお弁当屋(ワルン)がここに引っ越ししていた。
d0083068_08480972.jpg
広場に行くと、こんなのをやっていた。
d0083068_08485388.jpg
観客もいっぱいだ。
d0083068_08515603.jpg
何事かと聞くと、
「バンジャールタマンの創立60周年祝い」という。
d0083068_08524661.jpg
あれ、先日、創立記念でバロン大会があったではないか...と聞くと、
「いや、あれだけじゃない」そして「来週もある」という。
来週は? 「バザーだよ」
で、今日のんは「抽選会と運動会だよ」という。
目前に抽選で当たる新しいバイクが3台あった。
奥の大きいのは30万円はするだろう。
d0083068_08561458.jpg
これから、10時まで、ここで軽く運動会がある。
ご飯食べたら、私も参加することとする。


で、参加したミニ運動会。
あたりまえだけど.....
私のような老人が参加できるレースはない(笑)。
見ていて面白かったのがムカデ競争....
d0083068_10330928.jpg

d0083068_10335111.jpg
d0083068_10345942.jpg
d0083068_10341145.jpg
d0083068_10352503.jpg
d0083068_10354270.jpg

by yosaku60 | 2018-11-11 08:58 | バリ島=バンジャール | Comments(0)

バロンダンス大会

昨日はバンジャールタマンの創立60周年だった。
その記念にバロンダンス大会が行われた。
d0083068_08151005.jpg
私が住み始めてからもバンジャールタマンは住民が増え続けている。
現在、385所帯、住民約1500名、サヌールでは2番目に大きいバンジャールだ。
d0083068_08180702.jpg
踊り手はバリ島のあちらこちらから来て11チーム。
3体のバロンが使われた。
この人達は審査員。
d0083068_08195417.jpg
これは観客。
手前のサングラスはカミさん。
d0083068_08205284.jpg
バロンの小さい動きを見逃さず見ていると、
中に入って演じている人の真剣さが伝わってくる。
d0083068_08224116.jpg
途中で雨が降ってきてダンスは中断....
家に帰って休んでいるうちにダンス再開に気づかず寝てしまったので、
どのチームが優勝したか、地元チームが何位だったは知らない(笑)。


by yosaku60 | 2018-11-04 08:29 | バリ島=バンジャール | Comments(0)

バリ島は、バンジャールが全て....

バリ島は、バリヒンドゥー教の島。
バリヒンドゥーの宗教行事を取り仕切る地域集合体....
それをバンジャールと言う。
日本語では、村落共同体と訳されている。
そのバンジャールの力....
今朝は、まざまざと見せつけれた。
写真で紹介する。

今朝の浜への散歩の途中....おや?
遠目に、バンジャールのクルクル櫓が飾られているのが見えた!
クルクル櫓;本当の名前を知らない。
        私が勝手にそう呼んでいるだけ。
        どこのバンジャール集会所にもある。
        村民集合のためのクルクルと呼ばれる音を鳴らす櫓。
d0083068_1075251.jpg

道路の半分を占領して、こんなのがある。
この中で、ガムランを演奏するのだ。
d0083068_1085727.jpg

きれいどころも集まっている。
d0083068_10103422.jpg

子供たちは、この日のためのお揃いのシャツを着ている。
d0083068_10111728.jpg

ご婦人たちもおそろいのクバヤだ。
d0083068_10124838.jpg

お供え物も多い。
d0083068_10131942.jpg

バンジャール集会場の広間も赤じゅうたんを敷いてある。
大きなセレモニーだ、何のためだろう?
d0083068_10222169.jpg

通りに出て、看板を読んでみた。
この程度なら、私でも解る。
バンジャール「バトゥジンバル」の息のかかるベーカリーの開店祝いだ。
d0083068_10223365.jpg

集会場の横の通路も飾ってある。
許可を受けて入ってみた。
d0083068_10243911.jpg

ビーチに向かって、お祈りがあるようだ。
ビーチでのお祈りとは、やはりバリらしい。
新しい店を開くときは、どんなに小さな店でもお祈りしなければならない....
とのコミンの言葉を想い出した。
d0083068_1028331.jpg

お祈りを見れない人のために、音声と映像中継もされるようだ。
d0083068_10345829.jpg

バンジャール「バトゥジンバル」...って、多分、150軒ほどの共同体であろう。
日本的にいえば、小さい集落だ。
ただ、ビーチ沿いの土地の権利を持っている、お金持ちが多い。
にしても、盛大、且つ豪華だ。
バリ島のバンジャール、その組織の結合力、なんともすごい!!
by yosaku60 | 2017-02-04 10:21 | バリ島=バンジャール | Comments(0)

お葬式の行列

サヌール市内、
所用でバイクを走らせていると、
お葬式の行列で、しばしストップ。
見慣れた行列であるが、
クバヤの華やかな色につられて、ついカメラに収めてしまう。
d0083068_1214955.jpg

どこのバンジャールだろうか。
見た顔がない...サヌールではない。
デンパサールからかも。
d0083068_123437.jpg

お葬式の規模は、行列の長さによってわかる。
今朝のこれ、もっとも一般的な規模のお葬式。
にしても、昔はクバヤ姿でサングラスをかける女性はいなかった。
が、最近ちょくちょく見るようになった......小さな変化だ。
d0083068_126661.jpg

by yosaku60 | 2015-06-12 12:07 | バリ島=バンジャール | Comments(0)

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月