あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



カテゴリ:バリ島=人物往来( 176 )


久しぶりに逢ったら妊娠してた。

以前「美人紹介」の欄で掲載したプトリ。
結婚したことを風の噂で聞いていた。

が、今朝のジョギングで久しぶりに出会った、
ら....結婚どころか妊娠までしていた。
5カ月前に結婚して腹の中の子は5カ月だそうな。
いわゆる、できちゃた結婚なのだろうか....
なんてことはどうでもいい。
d0083068_10092333.jpg
どっち?.....と聞くと、「女の子」という。
きっと、プトリみたいな可愛い子だよ!!
私も口がうまくなったものだ。

ここはバリ島、日本とは違う。
ありのままをそのまま言っても、
セクハラになんてならない。

by yosaku60 | 2018-05-19 10:09 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

今年もヤスミタちゃんに逢えた

バリ島の東の果て....
の水がなく生活が難しい「クブ」という処.....
に、就学を援助している里子がいる。
専門高校2年生のヤスミタちゃんで、
一年に一度だけ逢いに行くことにしている。

今年もそろそろ会いに行こうかと思っていた矢先、
専門高校の現場実習でデンパサールに来るとのこと。
で、ムティアラで逢った。
d0083068_06373838.jpg
田舎の子はすれていない。
純真さを壊さない様に気を使ったつもりが....
周囲に飲む大人が多く、場慣れせず、
見ていて可哀想だった.....ごめんね。

by yosaku60 | 2018-05-10 06:42 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

庭師ワヤンの「床屋」と「実家」を訪ねる

私の家の庭の管理をしてくれているワヤン。
が、彼の本職は「庭師」ではない。
本職は「床屋さん」である。
友人として私を助けてくれてるだけだ。

以前は、ギャニアールで床屋を開いていた。
が、実家のバンリ県のニャンランからは遠くて不便だった。
で、実家の近くで「床屋」を開きたいという夢をもっていた。

2月、その夢がかなった。
先日、そこを訪ねた。
d0083068_10211292.jpg
実家からも近い。
歩いて5分とかからない。
家に寄って見ると、奥さんと娘が迎えてくれた。
d0083068_10235562.jpg
ワヤン!夢がかなったね。
幸せそうで、見ていて嬉しくなったよ。
この先いろいろあるだろうが乗り越えて欲しい。

by yosaku60 | 2018-05-06 10:26 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

来月から日本で働くドディ

昨日のブログに書いたPuraja村….

に案内してくれた現地の男がいる。

Karang Suung村で知り合った男だ。

名前を聞くと、ドディ(Dodi=写真)と言う。

d0083068_10515724.jpg
ドディは来月、日本に働きに行くという。

日本のどこに行くの?

「茨城です」

仕事は何?

「野菜を作ります」

日本語うまいね?

「タバナンの学校に行っています」

遠いじゃないか?

「寮に入っています」

今日は?

「今日は休みなので実家に帰りました」

日本語は読めるの?

「ひらがなだけ

「毎日、日本語で日記を書くようにしています」

勉強初めてどれくらい?

2ヶ月です」

おいおい、たった2ケ月か?

「日本語少しできたので日本で働けます」

日本での給料はいくら?

18ジュタ(15万円)です」

何年、働くの?

「3年間です」

日本に行くとき、業者にいくら支払うの?

30ジュタ(24万円)です」

飛行機代もみんな含めてか?

「そうです」

 

   ここまで聞いてわかりました。

   彼は日本の「外国人技能実習制度」で日本に行くのです。

   この制度、昨年11月に制度の改革がありました。

   外国人を大事に扱うような方向に少し改革されました。

   それに、ドディの場合、

   仲介者は、真面目でなかなか良い業者なようだ。

   良かった。


日本では頑張ってお金を貯めなさいよ、ドディ!

「はい、頑張ります」


by yosaku60 | 2018-05-01 10:57 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

オーストラリアに住む友人

私のオーストラリアの友人、稲田さんを紹介したい。
(左;稲田さん、中;奥さまのアマンダさん)

d0083068_10131932.jpg
稲田さんは.....
オーストラリアに住んでおられる。
20代から住んだそうなので、もう40年にもなる。
オーストラリアの家は、庭が広く...
草を刈り切れないので、馬やヤギを放牧している....
と、夢のような生活をしておられる。
バリ島にも別荘があって、バリに来られた時は、
ムティアラで夕食をご一緒することにしている。

稲田さんは....
武道(空手)を極めただけあって今もサムライである。
日本を忘れていない。
というより日本の現実を憂慮している。
「(もりかけ)で騒ぐ日本人」
「なんて日本人は小さいんだ」
そういうところは気が合うのでお酒がすすむ(笑)。

さて、そんな稲田さんとお話していて、
改めて思いなおしたことがある。

私が「ご夫婦で政治の話をすることがありますか」とお聞きした時だ。
それに応えて稲田さんは
「当然です、毎日話をしています」と言い。
横で奥さまのアマンダさんも「当然よ」と頷く。

忘れていました。
ほとんど50年前になりますが、
私は、日本/オーストラリアの定期航路のコンテナ船に乗っていました。
定期航路なので、一年もすると、いろいろなことが解ってきます。
その中のひとつに、
「オーストラリアでは中学生の時から政治の話をする」
を耳にしたことがありました。

  国政選挙の際のオーストラリアの投票率は、90%を超えます。
  投票は義務であって投票に行かない人は義務違反ということで、
  罰金制度がある(ということがありますが)やはり若い時から
  興味を持つことが大きいと思います。

その時の私は25歳。
政治はほとんど知りませんでした。
恥ずかしい思いをしたことを覚えております。

最近の私ですが、
マスコミの偏向報道について、あれこれ考えることが多いのですが、
結論として、偏向報道をする側よりもそれに踊らされる民衆の方が
問題だ....と思うようになりました。

勉強し、自分で考えられる力をつければ、偏向報道につけ込まれる
ことがなくなります。
要は、現在の日本人(特に団塊の世代)は勉強不足なのです。

何が勉強不足かといえば、世界情勢です。
世界を考え、その中の日本を考え、そこに住む国民を考えねば、
ならないのに、そういう順序を完全にオミットしています。

マクロを捉えて、その中のミクロを考えねばならないのに、
ミクロだけを考えマクロは蚊帳の外だなんて、ミクロの存在
根拠(母体)がありません。

「自欲」に思いを馳せ、「国益」に思いを馳せず....

好きか嫌いかだけで「人」を評価し、そこで思考をストップさせ、
その先に「国」があることを考えず、ましてやその先に「外国」
があることなんぞ、知る由もせず.....

テレビを見て、新聞を読み、時々週刊誌の見出しのみを見て、
それも「自分の好み」という色眼鏡越しに見て全体を判断して
いるのではないでしょうか。

ごめんなさい!

稲田さんとのお話から、
だんだんと持論の遠吠え(笑)に発展してきました。
でも、現在の日本の問題点は、ここ!!!です。
いずれ、さらに掘り下げて書きたいと思っています。


さて、明日のブログの予告ですが、
実は、稲田さんの奥さまからオモシロイものを頂きました。
野菜からヌードルを作る料理用具(機械)です。
乞うご期待!

by yosaku60 | 2018-04-27 11:42 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

コミンちゃん、29歳になる

4月21日、昨日はコミンの誕生日だった。
が、残念ながら、土曜日....
は、日本語を教える日なので忙しい。
お昼にお祝いのケーキを持っていくだけにした。

コミンは、手作りの料理を作って待っていてくれた。
趣味は料理....というだけあって、どれも美味しい。
d0083068_09094867.jpg
コミンは、現在妊娠6ヶ月。
隣のコマンは髪を長く伸ばしている。
妻が妊娠中は夫は髪を切ってはいけないからだ。
何故、夫は髪を切ってはだめなのか。
コマン曰く「髪を切ると夫婦は離婚する」。

d0083068_09123455.jpg
家に帰って、お手伝いさんのカデに、
「何故、夫は髪を切らないの」と、同じ質問をしてみた。
すると「生まれる赤子が普通ではなくなる」と言う。

コマンはシンガラジャ、カデはヌサペニダ出身。
やることは同じでも、所変われば祟り(たたり)が異なる。
.....なんて、いかにもバリらしい話だ。

by yosaku60 | 2018-04-22 09:25 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

ワヤンの腹の子は女の子のようだ。

今朝は、昨日のブログの
おばちゃんの浜の店に行ってみた。
おばちゃんの娘のワヤンが店番をしていた。
d0083068_09330295.jpg
ワヤンは現在、妊娠5ヶ月。
最初は男の子だったので、今度は女の子が欲しいという。
日本では「腹が尖がると男の子、腹が横に広がると女の子、
と言われているよ」と教えると、
バリでも全く同じことを言うらしい。
ということは、
どうもワヤンの腹の子は女の子のようだ。
おめでとう、ワヤン!

by yosaku60 | 2018-04-19 09:45 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

バリのおばさんパワーに驚く

今朝のこと、
ジョギングを終えての帰り道の街角で、
いつものワルンのおばさんと出会う。
あれ!浜の店は?

「浜の店は娘に任せている」
「この店は第2店舗、揚げ物だけの店」
「朝の6時から9時まで開いている」

ええ、朝の6時に店開き!
何時に起きて、これを揚げるの?

「朝の2時に起きるわ」
寝る時間がないじゃないか....
「お昼の2時から一時間昼寝をする」
と言って、ケラケラ笑う。

バリのおばさんパワーはすごい!
d0083068_09465881.jpg

by yosaku60 | 2018-04-18 09:47 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

今朝は早起きしたようだな、クトゥト

今朝のビーチでの会話。

クトゥト、今朝は早起きしたな!エライ.....
「毎日、早起きしてるよ」
毎日?うそつけ....
いつもこんな時間に店を開けないじゃないか....
「今日は、朝ごはん、作らなかったからよ」
なに、それ?....
「私は5時に起きて、ご飯を作って、家の掃除をして」
「それから、ここに来るのよ」
毎日か.....
「そう、毎日」
えらいなあ....
「当たりまえだよ」
一緒に写真とりたいけど、いいか....
「いいわ」
おいおいクトゥト、オレを見下ろすな....
身長いくらだ....
「167cmよ」
オレより、1cm高い....
待て待て!場所を選ぼう....
「何処?」
アンタはここに立て、おれは上の段に立つ...
そう、そう、それでいい....

てんで、撮った写真です。
d0083068_09464896.jpg

by yosaku60 | 2018-04-17 10:02 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

ジュンコさんの真似はできない

私の友人に、「junko・san」が二人いる。
二人を区別するため、呼び名が違う。
「若い方のじゅんこさん」と呼ぶ方と、
単に「ジュンコさん」と呼ぶお二人だ。
(こんな違い、勿論お二人はご存知ない)

若い方のじゅんこさんは、ひらかなのつもりで呼ぶ。
ジュンコさんの方は、カタカナのつもりで呼ぶ。
じゅんこさんは、日本人だが、
ジュンコさんは、外人だからだ。
独身なのに完全なインドネシア人だ。

「家でお食事しませんか」
ジュンコさんをお誘いしたら、来てくれた。
d0083068_15484879.jpg
ジュンコさんの話を聞いていると、
びっくりすることだらけ...
私には、絶対に真似ができない。
前にも書いたが、
私は自分のできないことをできる人を尊敬する。
男性であっても女性であっても同じだ。
年齢も関係がない。

この日は、私から質問攻めにした。
驚いた話がどんどん出てくる、オモシロイ。

ジュンコさん!
また、遊びに来てくださいネ。
で、私の知らないこと、いっぱい教えてください。

by yosaku60 | 2018-04-13 16:20 | バリ島=人物往来 | Comments(0)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月