あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



カテゴリ:バリ島=人物往来( 203 )


エヴィ、日本で活躍中

私のブログ愛読者でバリ島にお住まいの方から、
「エヴィさん、どうしてますか」と、よく聞かれます。
まとめてご返事いたします。
エヴィは那智勝浦町の観光課に勤務しております(地元新聞参照)。

d0083068_10295839.jpg
時々電話がありますが、忙しいようです。
インドネシア語ではなくほとんど英語で仕事をしているとのことです。
エヴィの場合、日本語も勿論できます(一級取得)が、
英語はそれ以上に上手なので、活躍している様が想像できます。
エヴィの能力が花を咲かせたようで嬉しいことです。

by yosaku60 | 2018-12-12 10:37 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

6年ぶりに突然出会う

稲川さんと一緒に入った、とあるレストラン。
そこの店員が「ヨシイ」と私の名を呼ぶ....
一瞬誰だか解らない、と「スリーです」という。
思い出した、スリーだ。
「あの子はいくつになった」と、聞くと「5歳」という。
そうか、となると、最後に会ったのは、ほぼ6年前ということか。
実は、6年前....
スリーのお姉さんから電話があった。
「大変、スリーが倒れた、何も食べられない」
私は、スリーの家に飛んで行って、見舞った。
赤ちゃんでも食べられる栄養になるものを持って....
なぜなら、毎日インスタント麺しか食べない女の子だったから、
栄養失調になったのではないかと思ったからだ。
次の日、お姉さんから電話があった。
「スリー、妊娠でした」
ええ! まさか、あの子供が...
それ以来、スリーちゃんと会っていないんです。
んで、6年前のスリー。
d0083068_08590930.jpg
そして、6年ぶり(10日前)に会ったスリー。
d0083068_08585050.jpg
現在、23歳、すっかり大人の女性になっているのでびっくり。
でも、生活の苦労が顔に表れているようにも見えました。
ガンバレ、スリー。

by yosaku60 | 2018-12-01 09:06 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

女性の飲み友達「かおりさん」

人生が寂しくならないためにお茶のみ友達が必要だ。
お酒が飲める間は、それが「飲み友達」だったらもっと嬉しい。
それが女性だったら、もっともっと嬉しい。
しかもその方がお若い方だともっともっともっと嬉しい。
そんな「もっとX3」が、写真のかおりさんだ。
昨夜ご一緒に痛飲し今朝のワルンでの食事もご一緒した。
d0083068_10554141.jpg
そういえば、かおりさんの上の名は知らない。
お互いに飲み友達と名乗り合ってもう3年ほどになるが....
かおりさん、としか知らない。
飲む量だが、私はビール大瓶2本が限度、かおりさんは3本が限度、
私が少々負け気味なので丁度良い。
嬉しいのは我々二人が飲むのを下戸のカミさんが喜んでくれることだ。
カミさんだけではない....見てくれ!
ホワイト(犬の名)までも大口を開けて迎えてくれた(笑)。

by yosaku60 | 2018-11-17 11:09 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

アマンダさんは骨董が好き

オーストラリア在住の友人の稲田さんから電話があった。
「ムティアラで飲みませんか」
マッサージを予約してあったが断って....はーい、行きましょう。
てんで、昨夜はムティアラに行った。
稲田さんの奥さまはオーストラリア人でアマンダさんと言う。
そのアマンダさん、骨董が好きだとのこと....
私はびっくり!  外人の女性が骨董が好きだなんて、
でもそれは、森崎さん曰く、偏見だそうな。
まあ、そんなことで....
骨董が趣味の森崎さんがアマンダさんにアンティックアイロンをプレゼント。
アマンダさん嬉しそうに納得.....の写真です。
アマンダさんは夫の稲田さんを見て森崎さんは私を見る。
このアンティックさ....
でなく、アンバランスさが面白い写真になりました。
d0083068_08154838.jpg
アマンダさんの前にあるのが、そのアンティックアイロンです。
炭火などを中に入れて使ったようです。
森崎さん曰く「80年ほど前のモノ、まあ、それほど価値はない」とのこと。
私も稲田さん(写真右)もよーく分かりませーん。
d0083068_08205283.jpg

by yosaku60 | 2018-11-09 08:23 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

二年ぶりに逢う、シャンティー

コミンの家に行くと、珍しい先客がいた。
まるで日本人の顔のシャンティ―(写真)。
d0083068_10063631.jpg
女の子は2歳半のナンダちゃん。
ナンダちゃんの生後3ヶ月の時、お祝いに来て会っていた....
から、ほぼ2年ぶりだ。
シャンティ―の夫=グデ(写真左)も来ていた。
彼は船乗りとして働いている。
現在、3カ月の休暇をもらってバリ島に戻っている。
8カ月乗船して、3ヶ月の休暇が貰えるそうだ。
30年前の私は、一年乗船して一カ月の休暇だった。
d0083068_10114954.jpg
グデから、最近の船乗り事情をいろいろと聞きとった。
もっとも様変わりしたのは、自宅を守る妻への送金だ。
シャンティーから「お金が足りません」とメールが入ると、
船上からインターネットですぐに送金でき、暫く待つと、
シャンティーから「お金ついたありがとう」と返事があるそうな。
世界どこの海にあってもインターネットでつながってるなんて、
船乗り稼業も変わったものだ。

私の船長時代....
乗組員はフイリッピン人だった時、
彼らは船に乗って来る前に、会社で月いくら送金するか契約して乗ってきた。
送金したあとの残りは、毎月、私から乗組員に現金(ドル)で渡していた。
が、フイリッピン人にもいろいろいて、遊びが好きな者は、
すぐに現金を使い果たしてしまい、他の乗組員から借金をして遊ぶ。
フイリッピンはお互いに文句を言わないが、やはり小さないざこざが起きる。
で、私は船長の権限で、そういう遊び人には給料を渡さなかった。
船長預かりとしたのだ。ただ、現金に変えて「受取証」を発行していた。
乗組員からは給料を貰えないと苦情が出たが、私は無視した。
が、契約期間の仕事が終わって国に戻る時、預かっていたお金を全部渡す。
相当の額になっているので、私に反抗していた輩も、その時は喜んだ。
全額、家族のために持って帰れる。
ということで、最後は喜んでもらえるので、私はそういう管理をしていた。
でも、インターネットで乗組員が勝手に送金できるとなるとそんな管理はできない。
とは、思いながらも、例えばラインなどで、
世界のどこの海上にあっても、毎日、妻と話せて顔も見れる....
なんて、今の方がずーと乗組員の精神管理がしやすいだろうな、と思う。

私が船乗りだった時は、妻とのやりとりは手紙だった。
港に着き、手紙が届いていた時は嬉しかったものだ。
私が三通書くと妻からは一通の返事が来た。
3対1だった。
思い返してみると、今も....

昼食をご一緒して、シャンティー親子は帰って行った。
旦那さんの休暇中にサヌールの家に遊びに来てくれるそうな。
待ってるよ!
d0083068_10350494.jpg

by yosaku60 | 2018-11-02 10:35 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

若いって素晴らしい

お喋りは日本語しか使っちゃダメ....と、
実地勉強を言い訳にビーチレストランに繰り出した。
二人は、日本語を習いに来る、一応....私の生徒。
教えるプロではないので遠慮して、一応...と書いた。
真ん中がオミン、30歳、仕事が忙しく滅多に家に来れない。
左がアリ、大学2年生の19歳、週に2回、家に来てくれる。
d0083068_07231465.jpg
私は宣言通りインドネシア語を使わず全て日本語で通した。
難しい話になるとアリがオミンに通訳していた。
教え始めてまだ6ヶ月のアリ。 うまくなったね~
d0083068_07290346.jpg
にしても、若い娘さんは、笑いがあって素晴らしい。
場所は、レストラン「IZAKAYA」...での楽しい日曜の夜でした。

by yosaku60 | 2018-10-08 07:37 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

私の名前を覚えてくれてた小学生

ラクダ公園に小学生が団体で遊びに来ていた。
その中のひとりに見覚えがあった。
向こうも私を見つけて「アレッ」とか言う。
で、嬉しいことに、先生に「ヨシイという日本人」
と紹介してくれた。
ありがとうプトゥ(左)。
d0083068_06573875.jpg
プトゥは私がバリに来た年に生まれた。
誕生日が私と一日違いであったことと、
一歳の誕生日にお祝いを上げたことでよく覚えている。
それ以来、5年ほど誕生日にはお祝いをあげていたが、
最近はルーズになって途絶えていた。
それなのに名前を覚えてくれていた。
こういう小学生から名前を呼ばれると嬉しいものだ。

by yosaku60 | 2018-09-18 07:16 | バリ島=人物往来 | Comments(2)

IZAKAYAの店主・リコ

日本に帰るカミさんと昨夜は最後の夜。
ビーチレストラン「IZAKAYA」で二人だけの晩餐会。
と、店主のリコ(写真中央)も今晩、日本に行くという。
リコとは、10年前....
IZAKAYAが椅子4つのカウンター席だけだった頃からの付き合いだ。
リコ.....才能のほとばしる男だ。
左後ろの、EAT DRINK....は彼の字だ。
d0083068_12134340.jpg
店のインテリアも彼自身の手による。
欧米人の好みそうな店づくりをしていて客が多い。
d0083068_12220619.jpg

d0083068_12252928.jpg右は彼の家の裏庭の塀に描いている壁画。
後ろ姿はリコ。
この絵の前には鳥が二羽いる。
籠に入った鳥が可哀想と描いているものだ。
安物のペンキで描いている。
手本も写真もない。
彼の頭の中にある光景だ。
光の入れ方、描き方がうまい。
初めて描いた壁画らしいが大したものだ。
彼の趣味は多い。
畑でオーガニックの野菜を育てている。
オートバイが趣味で、
ハーレーダビットソンを3台も乗り回す。
レストランにバンドが入ると、
その楽器メンバーとしてギターを奏でる。
日本語は流暢に話す。
同じほどに英語を話す。
まあ、マルチだ。
おまけに奥さんを大事にする。
変な遊びなんてしない。
私の数少ない尊敬するバリ人の男だ。

by yosaku60 | 2018-09-15 12:35 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

コミンを夕食に招く

本日、カミさんは日本に帰る。
私一人がバリに残る。
誰かに世話にならなければやっていけない私....
を面倒見てくれるのはコミン....
とカミさんが思ったかどうかわからないが、
昨晩はコミンを家に呼んで夕食をごちそうした。
写真は、日本の「お酒」を初めて飲む、コミン。
d0083068_10033442.jpg
但し、コミンは第二子が生まれたばかり....
第一子、生まれたばかりの第二子、それに第三子の私...
こんなに面倒見て大丈夫かと聞く前に「お願いします」と言うオレ。

by yosaku60 | 2018-09-14 10:12 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

オララガ仲間のワヤンさん

運動することをオララガという。
毎朝、ビーチで運動していると同じような人に出会う。
そんなオララガ仲間のひとりがワヤンさん(写真=47歳)。
d0083068_14383827.jpg
お子さん3人は息子ばかり。
一番下はまだ中学生だが、その上はトヨタで働いており、
一番上はセミプロとして日本人に野球を習っているそうで、
日本漬けの、ありがたーい、ご一家の奥さまだ。

by yosaku60 | 2018-09-10 14:42 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月