あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



カテゴリ:バリ島=人生のかかわり方( 68 )


何故か何故かを考えるしつこいオレ

昨日で米中貿易戦争を書き終えた。
考えてみれば米中貿易戦争を書く気などなかった。
もともとはNHKの偏向報道を書いたのが最初だった。
それを書いているうちに、どんどん世界や世間が動いた。
それを追っかける内にいつの間にやら自分の方が先に進んで、
米中貿易戦争の予想をするまでになった。

カテゴリ;時事放言は昨日で154回になった。
154回もよくも書いてきたものだ。
予想はもういい。
目的のない、遊びになってしまう。
事実(現象)を掘り下げる方が楽しい。

私は考えるのが好きだ(写真)。
昔から理屈っぽいのだ。
だから女性に好かれない。
知っているけど治せない。
病気みたいなものだ。

d0083068_12053224.jpg
考えることを好きだがその結果を書くのは好きでない。
うまく書けないからだ。
でも時々まぐれでうまく書けることもある。
そんな時は一日嬉しい。
ムティアラに行ってビールを飲んで騒ぐ。

米中貿易戦争をまあまあ書き終えた時は、嬉しくて....!
その晩は、ムティアラで騒いだ。
帰り道、カミさんから「大声を出して下品な」と叱られた。
ちょっぴり反省....でも今更、上品になるなんて無理デス。

d0083068_13245057.jpg
でも、でも、米中貿易戦争...
少々、消化不良なところがあります。
その消化不良な原因ですが、共産主義・中国共産党....
を説明しきれていないからのような気がします。
日本人ご老人(60歳以上)の偏向思考も説明しきれていません。
両者は出所が同じです。
今後の日本の将来を考えるのに大事なところです。
そのことに切り込んでみたく....またまた虫が湧いてきました(笑)。

by yosaku60 | 2018-09-13 12:45 | バリ島=人生のかかわり方 | Comments(0)

メティ、ジャワ島に運ばれる

ラクダ公園のおばあちゃんラクダのメティ...
に、会いに行ったが、もういなかった。
「ジャワ島のドクターの処に運ばれた」という。
d0083068_16041139.jpg
たぶん、安楽死させられるのだろう。
可哀想だが、結構に何度も見舞いにきてあげれた。
私としては、思い残すことはない。
悲しい思いをしなくて、ほっとした面もあって複雑だ。

by yosaku60 | 2018-08-21 16:09 | バリ島=人生のかかわり方 | Comments(0)

7月が終わり8月に入ります。

7月はいろいろありました。
いろいろありながら殆どのことが7月中に解決しました。
で、昨夜は「そんな7月に乾杯会」をカミさんと二人でやりました。
じじい、ばばあのつまらない感傷会ですが嗤ってみてやってください。
d0083068_07531474.jpg
つつましく暮らしていますが、
たまには、ちょっと贅沢をしています。
d0083068_07542998.jpg
手前の女性二人は、ゆきづりの人....
でも、お話をしました。
二人はオーストラリアのパースから来ていました。
私も行ったことがあります。
パースでの思い出などを話しました。
オモシロイ日本のおじいちゃんと思われたようです。
自分だけでなく周りも楽しくなるのは嬉しいことです。
7月が有意義に終わった嬉しさをばらまいた夜でした。

by yosaku60 | 2018-08-01 07:59 | バリ島=人生のかかわり方 | Comments(0)

可愛い生徒達

私は、週に一度、私立の語学学校に通っている。
ボランティアで、バリ人に日本語を教えるためだ。

その目的....
「バリ人に喜んで欲しい」からであるが、
よーく考えてみると、それは建て前であって、
私の心の奥を覗いてみると、
「自分に満足感を得るため」の様である。
本音は「わがまま」「いいかっこし」ということになる。
まあ、いつもの私である。

では、あるが、
日本語を学ぼうとする、生徒たちに接していると、嬉しくなる。
これは本当だ。

で、単に日本語を教えるだけでなく、
日本語に関連して、生徒達に目的を与えたくなった。
具体的には、「日本語能力検定試験」へのチャレンジを勧めてみた。

と、この4人がやってみようと申し出てきた。
「ありがたい」
「やろう、やろう」
てんで、我が家で、週に一度の課外授業を始めた。
d0083068_09500845.jpg
私は、教材を準備したり、軽く教えるだけだが、
勉強の仕方などは、エヴィ(右から二人目)がやってくれる。

エヴィ、ありがとう。
そして、人生に前向きなバリの若者達....
傍にいるだけで、嬉しくなる。

みんな、私のわがままを受け入れてくれる。
ありがとね!

by yosaku60 | 2017-08-24 09:58 | バリ島=人生のかかわり方 | Comments(0)

今朝は佳子さんに教えられました。

最近、毎朝のように佳子(Yoshiko)さんと出会います。
佳子さんは、毎朝1時間半、海岸を早足でウオーキング....
我々夫婦は、30分、遅足(?)でウオーキング.....
で、出会う確率、75%....
出会って、当たり前ですよね。
写真は今朝のもの...
d0083068_10100810.jpg
写真は2年前の佳子さんと夫のフイリップ(日本の我が家で)
d0083068_10125541.jpg
先日まで、フイリップも一緒に浜で逢えたが、
今、フイリップは母国のフランスに行っていて、佳子さんだけ....
今朝は、そんな佳子さんに、いろいろ教えられた。

佳子さん夫婦は、
フランスとバリと日本との「行ったり来たり生活」をしている。
そうした経験の中で、今回フイリップがインドネシアの永久ビザを取ったとのこと。
フランスの国内法とインドネシアの国内法との違いで、そちらを選んだとのこと。
その理由、教えてもらうも少々難しくて、よくわからない。

が、その理由はともかく「永久ビザ」のこと、
現在、我々も、どうするか悩んでいることなので参考になった。

なんで、悩むのかって?
来年でキタップが終わるんです。
で、永久ビザをとるか、
一般旅行者に戻るかを選択しなければならないんです。

一般旅行者に戻れば、再申請してキタスをとることになる。
が、それも少々面倒くさい。
永久ビザ...安ければすぐにでも取りたい。
が、その費用が高い。
永久ビザ取得には、ひとり約60万円かかる。
フイリップはお金持ちなので、簡単だろうが、
我々夫婦にとっては、二人で120万円は、ドスンと重い。

さあて、どうしようか。
いっそ、日本に帰ろうか、と思ったりしている。

と、我々が悩んでいることをそのまま打ち明けると、
佳子さんは、次のようにアドバイスしてくれた。

1、健康でいることが一番大事。
2、そのためには運動すること。
3、「老い」を思わないこと。
そして忠告してくれた。
4、「日本に帰ったら老いるわよ」

そうかも知れない。
我ら夫婦、今後どうするか、現在思案中。
佳子さんは、見てのとおり、美人でスタイルも抜群に良い。
そして健康だ。
そんな佳子さんのいうことなので、実践的に聞こえる。
今朝も、他人の意見に心が動きました。

ありがとう、佳子さん。
考えさせてもらいます。

by yosaku60 | 2017-07-22 10:50 | バリ島=人生のかかわり方 | Comments(0)

スーパーにあるレストラン

日本では、スーパーの入り口付近に、
ちょっとした腹ごしらえができる「軽食コーナー」があります。
ここバリ島でも、そんな気の利いたスーパーが出現し始めました。
d0083068_10161913.jpg
座っているのは、カミさん。
バリ島も変わりつつあります。
どんどん住みやすくなっています。

by yosaku60 | 2017-07-21 10:19 | バリ島=人生のかかわり方 | Comments(0)

ご助言ありがとうございます。

我々夫婦、現在迷っていることがあります。
来年の4月で、バリ在住10年を過ぎるからです。
「バリ島に10年住んでみよう」との夫婦の約束の期限が来るのです。
さーて、来年から、どうしようかと、夫婦間で話し合いが続いております。

そんな今朝、お会いしたヤマナカさん(写真)から助言をいただきました。
「日本ではお年寄りは大事にされすぎている」
「大事にされすぎたお年寄りは急に老けてしまう」
「老けない為にもバリ島はいいんじゃないですか」
d0083068_10220359.jpg

ここ10年、日本に帰っても一ヶ月いるだけ、
去年は、日本に帰っていません。
日本の生活が想像できなくなっています。
解らない中でも「さもありなん」とする、ご助言でした。
どうしようかな~
①、もうそろそろ夫婦ともども日本に帰ろうか。
②、日本が好きなカミさんが日本に住み、
  バリが好きな私がバリに住む(しばらくは夫婦別居)。
③、あと2,3年は二人ともバリに住む。

現在、思考中ですが、今朝のヤマナカさんのご助言で、
①を選ぶのは、少し遠のいた感じです。
ヤマナカさん、ご助言有難う。
それに焼酎と柿ピーもありがとう。
d0083068_10324082.jpg

by yosaku60 | 2017-07-20 10:32 | バリ島=人生のかかわり方 | Comments(3)

「いい加減人生」に少々の責任が.....

バリ島で年金生活を送らんとする、
こんな爺にも優しく接してくれるバリ人....
へのお礼の意味で始めた日本語教育ボランティア。

なんやかやと始めてから2年過ぎた。
当初は、私も生徒も「お金関係なし」で気楽だった。
いってみれば、いい加減だった。

が、3ヶ月前から、学校(私立の語学学校)のシステムが変わって、
同語学学校の他の授業を受けている生徒だけに、
私の授業を無料で受けれるということになったのです。

で、生徒は私にではなく、
学校になにがしかの授業料を払っている人だけになったのです。
そんな一生懸命な生徒に教えるには、私は能力不足です。
最近、少々重荷になってきております。

でも、今の私がバリ人にしてあげれるのは、これくらいしかありません。
もう少し、頑張ります。

手前の男の子、中学生です。
こういう子が、日本語に興味を持ってくれるなんて、
なんとも嬉しいことです。
d0083068_10321697.jpg

by yosaku60 | 2017-07-17 10:32 | バリ島=人生のかかわり方 | Comments(3)

仲間たち

バリでの暮らし10年目に入っている。
いろいろな仲間ができた。
写真の彼女たちとも、ふるーい、仲間だ。
左から2番目の太めの子、名前はコマン。
家に遊びに来たときは、まだ小学生だったのに、
こんなにおっぱいおおきくなっちゃて.....
d0083068_09353388.jpg
後ろを振り返るようになってしまっては、人間失格です。
.....反省!

by yosaku60 | 2017-05-30 09:38 | バリ島=人生のかかわり方 | Comments(0)

永くなりました、バリ島での隠遁生活

昨日は、おめでたい日でした。
結婚式があり、ポトンギギがあり、オトナンが各所でありました。
ポトンギギ;野獣性を消し、本物の人間になる儀式。
      日本でいえば、成人式。
オトナン; 生まれてから6ヶ月目に行う通過儀礼。
      この日を境に、輪廻転生で生まれ変わりつつある物体が
      この世の「人」になる。
日本では、結婚式が重要な式であるが、ここバリ島では、異なる。
大事な儀式を大事なものから順序付けると....
1、葬式 2、ポトンギギ、3、オトナン...
               で、このいくつかあとに結婚式。
ただ、シンガラジャ地区では、生まれて6ヶ月目のオトナンよりも、
3ヶ月目の方を大事にします。
まあ、ということで、いろいろあって、一概に言えません。
バリ島は、儀式の格付けも場所によって、実にいろいろです。

さて、余談はこのくらいにして、今日の本題....
昨日は、知り合いから、ポトンギギの儀式に呼ばれました。

井口君、9年前のこと覚えていますか。
我々のために踊ってくれた、小学生低学年だった、フェヴィちゃん(左)。
d0083068_10100901.jpg
今、彼女は高校2年生になりました。
身長174cm、見上げてしまいます。
d0083068_10104454.jpg
同じく、兄のエサ君。
彼も小学生でした(左の手を上げている子)。
d0083068_10110930.jpg
今は、大学生です。
d0083068_10113684.jpg
ポトンギギのお祝いは、この二人です。
この日のため、サンガ(家寺)も新しく建て直していました。
d0083068_10232372.jpg
収入の5割が儀式のために使われる、バリ島.....
大変でしょうけど、みんながそれを受けいれております。
部外者から見ると、そのことが驚きです。

by yosaku60 | 2017-04-28 10:13 | バリ島=人生のかかわり方 | Comments(0)

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月