あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



カテゴリ:バリ島=マッサージ( 26 )


アランバリ5人娘の今昔

サヌールのマッサージ店「アランバリ」..
最近、めっきりお客が少なくなった。

d0083068_10512987.jpg
7~8年前はお客があふれていた。
その頃の同店には「仲良し5人組」がいた。
今では5人全員が違う道を歩んでいる。
その今昔を写真で紹介する。

トニッさん。
d0083068_11520627.jpg
左が昔、右が今。
指の力が強く私のお好み(専属)だった。
現在、二人目のお子さんが(5カ月)腹にいて休業中。
どうしても欲しかった二人目を授かった。
おめでとう、トニッ。

シャンティさん

d0083068_12125517.jpg
左が昔、右が今。
柔らかい揉み方でカミさん専属だった。
知りあった頃は結婚していなかった。
結婚後、田舎(シンガラジャ)に引っ込んで子育てに専念した。
現在、2番目のお子さん(6ヶ月)が腹にいる。
時々「元気でいるよ」のメールが届く。

ディアンさん。

d0083068_12170046.jpg
左が昔、右が今。
マッサージの腕は最も良かった。
ディアンに揉まれるとカミさんは5分ももたず熟睡した。
途中でマッサージの仕事を辞め、幼稚園の先生に転職。
転職祝いは我が家でパーティー。
その後、裕福な男性(幼馴染=高校の先生)と結婚。
子供が授かってないが幸せな家庭を築いている。

アユさん。
d0083068_12240159.jpg
左が昔、右が今。
知り合った頃は結婚していなかった。
が、既に8年間のお付き合いをしている男性がいた。
その男性は私と同じ船乗りだったので「結婚しろ」と私が口説いた。
無事にゴールインし、男の子が授かった。
二階建ての貸し家を建て収入も安定し幸せに暮らしている。
生活が落ち着いたので、もうひとり子供が欲しいと言う。

コミンさん。
d0083068_12330818.jpg
左が昔、右が今。
コミンは童顔なので昔も今も変わらない。
知り合った頃は既に結婚していてお子さんがいた。
つい最近、二人目のお子さんが産まれた。
現在、週に二回、我が家にマッサージに来てくれる。

さて、こんなアランバリ店、育ちの5人娘...
全員、アランバリを辞め、結婚し、幸せな家庭を作っている。
そして、時々、私の家に遊びに来てくれる。
ありがたい。
写真は先日、遊びに来てくれた時のもの。
右から二人目がトニッ、三人目がコミン。
d0083068_12414912.jpg
同じく家に来てくれたアユさん。
d0083068_13042477.jpg


by yosaku60 | 2019-03-12 12:43 | バリ島=マッサージ | Comments(0)

サヌールのマッサージの値段

マッサージの値段はピンからキリまである。
ピンは上手くキリは下手だという訳ではない。
マッサージの雰囲気が「豪華」か「普通」かで値段が決まる。
「豪華」を、私は知らない。
「普通」の店の普通の値段を紹介する。
d0083068_12500682.jpg
通常の全身マッサージ(バリニーズマッサージ)は一時間;85000ルピア(680円)である。私が好きな足だけのマッサージは、一時間;80000ルピア(640円)である。まあ、これがサヌールのマッサージの安い方の相場である。

ちなみに、この店「lily」はJl.Pantai Sindhuにある小さな店である。
入り口に飾ってある「価格表」を写真に撮るために寄ってみた。
d0083068_12563208.jpg

by yosaku60 | 2019-01-17 13:02 | バリ島=マッサージ | Comments(2)

サヌールのマッサージ店が異常に増えています。

サヌールのタンブリンガン通りのマッサージ店だが、
10年前は10店ほどだったのが急に増えて今は20店を超える。
お客の奪い合いでマッサージ嬢のノルマが厳しくなった。
完全な過当競争だ。
それが嫌で店を止め独立するマッサージ嬢が増えてきた。
写真右のトニッもその一人である。
8月いっぱいで店を止め独立した。
d0083068_10540593.jpg
トニッの指の強さには定評がある。
強いマッサージが好きな私は昔は専属で指名していた。
彼女はバリ人のお客を沢山持っている。
独立しても十分にやっていける。トニッ、ガンバレ!

by yosaku60 | 2018-09-11 10:52 | バリ島=マッサージ | Comments(0)

楽しみにしていたマッサージ

昨夜は、楽しみにしていたマッサージを受ける。
体の血行をよくして熟睡することが目的だが、
私の場合、足裏のマッサージだけで十分に血が回る。
逆に言えば、
普段、足の先の血行が良くないということなのだろう。
何年も同じ人から同じマッサージを受けていると....
d0083068_07542467.jpg
気持ちの良さ、痛さの違いにより、
その日の体のコンディションがわかるようになる。
昨夜のマッサージでは、体の不調を感じた。
日本の冬の寒さで体が硬くなっているようだ。
徐々にほぐしたい。

by yosaku60 | 2018-01-26 07:59 | バリ島=マッサージ | Comments(0)

トニッ.....は、昔も今も可愛い

バリ島に住むことの値打ち....
オレにとって一番に上げるのが、マッサージ。
マッサージ嬢が美人で、テクニックが上手く、しかもお安い。
そうした中のひとり、トニッちゃん...!!
これが、5年前、23歳。
d0083068_12194745.jpg

これが、一年前。
手前がスリーちゃん、ひとりおいて、トニッ....!!
そしてコミン、その奥がオレ。
d0083068_12211591.jpg

つい先日、家に来てくれたトニッ....!!
現在28歳、少し、大人っぽくなったかも知れない。
d0083068_12225189.jpg

by yosaku60 | 2016-08-29 12:22 | バリ島=マッサージ | Comments(0)

リベンジ成功...Four Hands

four hands ....
Twin ともいうらしいが、
二人がかりでマッサージしてもらうことを言う。

片手で揉まれるより両手で揉まれる方が気持ちがいいに決まっている。
両手よりも、両手が二つ、
即ち、four hands が気持ちがいいに決まっている。

が、そうはいかなかった。
ということは既にブログに書いたとおり、
足を揉む人と、身体を揉む人に分かれたからだ。
上と下に分かれられたら、どちらに気持ちを集中してよいかわからなくなる。

が、失敗では終わらさないのがオレ(笑)。
リベンジしてみた。

その際の揉まれ方だが、

右の足を一人が揉んだら、もう一人は左の足....
という具合に同じ箇所を揉む....
しかも、一人が足の親指を揉んだら、もう一人も足の親指....
という具合に同じ部位を揉む....
しかも、揉みかたを右左揃える....
さらに、揉むストロークの速さもそろえる.....

が必要で、少々、マッサージ嬢の人選が難しい。
で、コミンに相談すると、
コミンとワヤンのコンビならできると言う。

ワヤン....
コミンの夫の姉である。
まあ、義姉妹ということである。
しかも、二人は、同じマッサージ店で働いていたことがある。
同じ手法の揉み方を修行してきている。

で、始まった、コミン(左)とワヤン(右)による、Four Hands。
d0083068_1134024.jpg

オレはアイマスクをし、腹にバスタオルを置き、
指定したのは、足と腕と肩の3カ所....の同時進行(笑)。

いや~ 極楽極楽!.... これ以上書くまい。
どれだけ書いても言い尽くせない程の快感!!!!

クセにならないように、ひと月に2回だけにしようと、
自分に言い聞かせているが、3回になるかも(笑)。
by yosaku60 | 2016-03-03 11:10 | バリ島=マッサージ | Comments(0)

夢見心地とはならなかった、four hands

2月10日は、ガルンガン(お盆)、11日は、マニスガルンガン。
four hands に行ったのは、ガルンガンの日。

four hands.....二人がかりのマッサージ。

行った場所は、ラーマヤーナの Shinjyu 。

何故に shinjyu を選んだのか。
マッサージ嬢のひとりの、イダは、イスラム教、
もうひとりの、ノニは、キリスト教、
二人とも昔から良く知った仲....
二人は、バリヒンドゥーではなく、ガルンガンの当日はヒマとのことで....

で、ラーマヤーナに行くと、
地下駐車場に、普段は制服姿でたむろする女店員ら、
が、この日はガルンガン....全員クバヤ着用。 
んで、写真を撮らせてもらう。
d0083068_9255871.jpg

さて、four hands 試行の評価...

結論を先に書く。

気持ち良すぎて、夢見ごこちで、
マッサージを受けている自分を想像していたのに、
その反対.....全く、ダメ。

その理由....
例えば、手や腕をもまれている場面、
右手を「イダ」にゆだね、左手を「ノニ」にゆだね、
両方からせめられてる....のを想像していたのに、

あ~あ。

マッサージ室が狭く、
両サイドからせめられるのではなく、上と下に分かれてもむ。
即ち、足をもむ人と、背中をもむ人に分かれたのだ。
足をもまれている感覚と背中をもまれている感覚は、全く別物。
その別物を同時に感ぜよ、なんて、頭が混乱して無理。
無理、無理、どちらかと言えば、苦痛。

イダがオレに聞く。
どおお?
苦痛なんて言えない。
が、気持ちが良い、などと嘘も言えない。
で、「どう答えてよいかわからない」と答えた。
と、イダは解ったようだ。

で、2時間の予定でマッサージを始めたのに、
一時間半でやめてしまった。

そして、料金を払う段になって、1400円しかとらない。
1時間半、それも足だけではなく、身体全身のマッサージ。
しかも、二人がかりでのマッサージ。

いくらなんでも1400円は安すぎる。
支払いカウンターで、「安すぎるが、間違いがないか」
と確かめるも、間違いがないといい張る。

もしかしたら、「気持ちが良い」と言わなかったので、
ディスコン(オマケ)があったのかも知れない。

まあ、それはそれとして、
hour hands は、失敗だった。
もし、今度試すとしたら、家に二人呼んで、
もみ方もこちらから指示してやってもらうことにしよう。
by yosaku60 | 2016-02-12 10:35 | バリ島=マッサージ | Comments(0)

たった2週間だけだった、お殿様的生活

オレ、晩酌をした後にマッサージに行くとすぐに寝てしまうんです。
でも熟睡はできません。
鼾をかかない程度に遠慮して眠るのです。
遠慮しながら受けるマッサージは気持ちが良くありません。

それが、それがですよ。
つい2週間前からですが、
大っぴらにおおきな鼾をかけるようになったのです。

性格が良く、話も面白く、マッサージも巧い、コミンちゃんが、
お店をやめて、フリーになったのです。
いつでも、家に呼べるのです。

で、晩酌が終わって、ほろ酔い始めた頃に....
オレ一時間、カミさん一時間(写真)のマッサージ。
d0083068_1081841.jpg

余りにも気持ちが良いので、
週に3回は来てもらっていたのです。

でも、そのコミンちゃん、
昨日から、別のマッサージ店に勤めだしたのです。
今までのように、時間制限なしに家に来てもらえません。

オナラをしても、オホホと、
軽く受け流してくれる、コミンちゃん。
家にきてくれるマッサージ嬢は、多いのですが、
コミンちゃんに代わる人はなかなか見つかりません。

お殿様のような生活。
たった2週間で終わりでした。 ジャンジャン!
by yosaku60 | 2015-08-16 10:11 | バリ島=マッサージ | Comments(0)

100人に一人のマッサージ師のその後

デンパサールの食品スーパー「テアラデワタ」
の店内を歩いていると、突然に、
「ボス!」 と呼ばれる。
振り向くと、アディだ。

2013年10月17日のブログで、
100人に一人のマッサージ師と誉めちぎった男だ。
相変わらず、痩せている。
が、マッサージの揉む力はすごい。

どうしたんだ?
「店が変わったんだ」
どこ?
で、案内されたのが、子供の遊び場の近くにある店。
店の名は、前と同じで「Dewata」。

「マッサージしていかないか」と言う。
今日マッサージすれば、一昨日、昨日、
とマッサージの3連チャンになる。

が、久々の再会だ。
誘われて断るには、気が重すぎる。
OK Ok の二つ返事で、店内に入る。
d0083068_17303011.jpg

マッサージが始まると、すぐに思い出した。
素早く細かな手の動き、上手い! やっぱり上手い。
100人に一人のマッサージ師と書いた過去に偽りなしだ。

足のマッサージ40分、
背中、首、手のマッサージ20分の計一時間、
のマッサージで、料金550円....高くはない。

夜は、9時半まで店を開いてるとのこと。
マッサージは睡眠前が最も気持ちが良い。
通うことになるかも。
by yosaku60 | 2015-05-27 17:37 | バリ島=マッサージ | Comments(0)

カリマンタンに行くなんて!

マレーシアへの出稼ぎを希望していた、クトゥ。
ようやく労働ビザがおりて、11月からマレーシアで働き始めた。
私が紹介したデニと一緒である。
両人とも新しい職場に満足しているようだ.....良かった!

d0083068_211477.jpgさて、クトゥやデニのように、
マレーシアへの出稼ぎなら、まだ判る。

が、同じインドネシアへの出稼ぎもある。
プトリー(写真右)の場合である。
なんと、カリマンタンに行くという。

.........
カリマンタン島=ボルネオ島には、
インドネシア と マレーシア、
そしてブルネイの三つの国がある。
マレーシアとブルネイでは、
英語読みでボルネオ島と呼んでいる。
日本もそう呼んでいるはずだ。
が、インドネシアでは、
母国語読みで、カリマンタン島と呼んでいる。
インドネシア人に「ボルネオ島」と言っても通じない。
..........

プトリーは、来月の7日にカリマンタンに出発する。
急な話である。

デンパサールからスラバヤ、
スラバヤからバリックパパン、
バリックパパンからサマリンダ、
と、飛行機を乗り替えて、
それから、さらに、バスに揺られて行くそうな。
って、外国より遠いじゃないか。

カリマンタンは物価も高いと聞く。
なんでそういうところに行くのだ。

「労働条件は、給料は?」と、
いろいろ聞いてみるが、バリ島とあまり変わらない。
待遇の面からも、行く理由がわからない。

そのプトリー、
しばらく会えないので、マッサージをしてあげる、と家に来てくれた。

プトリーは、美人である。
美人は、通常はマッサージがうまくない(笑)。
が、プトリーの場合、マッサージも相当に上手い。
オレの肩こりは、並はずれていて誰もほぐすことができない。
が、プトリーに揉んでもらうと肩こりが和らぐのだ。
勿体ないが、まあ、出発までの2週間、できるだけ家に来てもらうことにしよう。
d0083068_2531678.jpg

by yosaku60 | 2014-11-25 01:59 | バリ島=マッサージ | Comments(0)

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月