あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



カテゴリ:バリ島=レストラン( 90 )


ビーチレストラン;Luhtus coffee shop

欧米人は、
ケーキを食べ、コーヒーを飲み、お喋りするのが好きだ。
そういう欧米人のための店作りをして、成功したのが 
シンドゥ―ビーチにある、Luhtus coffee shop だ。

バイクの奥に座っているのがオーナー(確かベルギー人?)と、
その仲間たち(みんなお年寄りだ)。
左の門を入った処がケーキ屋になっている。
d0083068_11010097.jpg

元々、この店は、「スパ(ayuspa)」からスタートした。
で、現在は、ケーキ屋、スパ、レストランと、
三つを兼業し、それぞれがそれぞれに頑張っている。
d0083068_11050856.jpg
この店が繁盛している、ひとつの理由は、
オーナーが従業員を大切にするからである(と思う)。
バリのレストランは、次から次とスタッフが新しくなるのに、
この店のスタッフには開店以来勤めている人が二人もいる。
そのうちのひとりが写真中央の青Tシャツのアユさんだ。
d0083068_18372562.jpg
隣のバンジャール出身で、私とも知己である。
店の繁栄は、アユさんが支えている部分が多い。
d0083068_18515730.jpg
が、残念ながら、
最近は、ひとときほどにお客が集まらなくなったように見受ける。
原因は、シンド―ビーチにインドネシア人が押し掛けるようになったからだ。
このバイクの量を見てくれ。
みんな地元民のバイクだ。
d0083068_19061537.jpg
これだけの地元民が店の周辺をたむろする。
欧米人は、静かな処を好む。
地元民のこうした喧騒から、お客が遠のいたような気がする。
商売って、難しい....

by yosaku60 | 2018-02-21 18:54 | バリ島=レストラン | Comments(0)

ビーチレストラン;居酒屋

昨日のブログは、
日本食レストランなんて今更.....と書いた。
日本人観光客が下止まりしたままで増えていないからだ。

に比べて、欧米人(さらに中国人)の観光客は増えている。
で、サヌールビーチでも欧米人相手のレストランの威勢が良い。

そんな例をふたつ挙げる。
ひとつは、ハイアットビーチの「居酒屋」
d0083068_10402307.jpg
10年前から、この店を見続けてきているが、
少しづつ少しづつ大きくなって、このような店に成長した。
成長の理由は、経営者のリコ(バリ人)....
写真右の黒服の男...
の手腕であろうと思っている。
リコは、日本語も話せるが、英語もペラペラである。

10年前の彼は、日本人客をターゲットにしていた。
が、いち早く日本人減少の空気を読んだ彼....
だんだんと欧米人をターゲットにシフトした。
そして成功した。

その成功を支えた理由がある。
彼の店を飾るインテリアのセンス(POPも自作)である。
まさに欧米人が好むように店を飾っている。
それも高級ではない、庶民的な欧米人が好むように飾っている。
店構えとして、それが、
欧米人にとって「手ごろなお食事価格処」と見えるようだ。
d0083068_10530640.jpg
もう一つ彼の経営手腕がある。
スタッフ教育だ。
お客さん本位に従業員を鍛える。
それに耐えれず辞めるスタッフが後を絶たない。
が、メインになるスタッフは、変えずに大事にしている。
それも彼の経営手腕であろう。
メインのスタッフ...
もう6年以上、勤めあげている写真の「アグンさん」だ。
d0083068_11070782.jpg
彼女は、古株だからと言って決して鼻高々にならない。
おしとやかな日本人的バリ人である。
「居酒屋」の繁栄...
このアグンさんも一役買っているように思う。

そんなアグンさんが言う。
「ポークリブ始めたよ、おいしいよ」

今晩でも、行こうかな~

by yosaku60 | 2018-02-20 11:12 | バリ島=レストラン | Comments(2)

7軒目の日本食レストラン現る

サヌールのタンブリンガン通り...
に、間もなく7軒目の日本食レストランができる。

私の家から5分のタンブリンガン通り...
たった4キロの短い通りなのに、
また一軒、日本食レストランが増えた。

7軒....
北から、日本食レストランの名前をあげてみる。

家からもっとも近いのが、一軒目「神様」...
知り合いのスタッフがいるので、たまに行く事がある。
d0083068_10064822.jpg
次が、「枝豆(soya)」....
中国系の経営者のようだ。
メニューを見たら、高すぎるので行ったことがない。
d0083068_10072208.jpg
d0083068_10074173.jpg
次が、老舗、3軒目「漁師」....
昔は良くいったが、最近は行っていない。
d0083068_11530406.jpg
次が、「喰う」....
高級ホテルの中にあり、価格が高いので行ったことがない。
d0083068_10081084.jpg
次が、5軒目「ここや」....
まあまあの味であり、時々行く。
(写真の右の方の赤い看板の店)
d0083068_11563718.jpg
6軒目が、「居酒屋」....
上の写真の左の方の店、居酒屋との看板が出ているが、
本当の店の名前は、他にあるのかも知れない。
経営者は「神様」と同じ。
まだ、行ったことがない。


そして、
タンブリンガン通りの南の果てにできたのが、「青灯り」....
「神様」から数えて7軒目になる。
こんなに日本食レストランが増えて、やってゆけるのだろうか。
d0083068_12060067.jpg
来月からオープンだそうな。
準備中の店内を見せてもらった。
d0083068_12070753.jpg
うーん、どうだろうか。
気になる表示に出会った。
d0083068_12083374.jpg
Japanesse Cuisine とある。
Cuisine とは、料理 という意味である。
が、Japanesse のスペル、
英語でもインドネシア語でもない。
エスがダブっている。
単純ミスであろうが、これを「おおらか」と見るか、
「信用ならない」と見るか、評価の分かれる処である。
私は、細かいことをきにしない、おおらかさと受け取った。
オモシロイ!

by yosaku60 | 2018-02-19 12:03 | バリ島=レストラン | Comments(0)

間口30mの新しい店が現れる

サヌールビーチの中央にサヌールの魚市場がある。
その魚市場に隣接する場所に大型レストランが進出してきた。
左がレストラン、右が洋服店。
同じ建物の中にあり、経営者は同じ。
二つの店を合わせた間口が30mある。
調度品の一つ一つが豪華で、近隣の他を圧倒している。
d0083068_10350356.jpg
店の裏をみると、大きさが解る。
d0083068_10515502.jpg
海岸からみると、こんな感じ。
d0083068_10380992.jpg
如何にもバリ風である。
こんな感じのデコレーティングはバリ人しかできない。
そう、、経営者はバリ人である。

欧米資本でビーチが乗っ取られそうになっている現在、
サヌールの魚市場近辺は、バリ人が頑張っている。
うれしいことである。
ああ、そうそう、
この店の名だが、「nelayan」と言う。
意味は「漁師」
バリ語もインドネシア語も同じ「漁師」である。

地元の魚市場の隣に「漁師」と言う名のバリ人経営のレストラン。
地元感が感ぜられる.....その全体的な佇まいが嬉しい。

料理のメインは、パスタやパイなど、
ヨーロッパ系の好むもので統一されている。

魚市場を挟んだ隣が「リラ」の店。
やはりバリ人の店、やはり欧米人が好む料理.....
で、成功している。
「nelayan」の料理の価格だが、
例えば、朝食セットの値段、いろいろついて、850円....
安くはない、がべらぼうに高いわけではない。

ビーチ沿いにできた新しい大型レストラン「nelayan」、
将来は、賑わう店になるのではなかろうか。



さて、
そのnelayanのスタッフに知り合いが一人いた。
写真のプトリである。
d0083068_10585888.jpg
明日は、このプトリのことを書きながら、
バリ島レストランのスタッフ事情、バリ島の若者事情、
などにつき書いてみたい。

by yosaku60 | 2018-02-07 11:01 | バリ島=レストラン | Comments(0)

今年3回目の「大当たり」

レストラン「ムテアラ」での、食事は、
私のストレスのはけ口です。

ビールを頼み、料理ができるまでの間、
茹でピーナッツをいただく。

で、中身が5粒入っていると「大当たり」
てんで、ビール一本、無料でもらえる。

先日、またまたまた、「大当たり」が出た。
今年で3回目だ。

この先、まだまだ、出そうだ。
週に2回行く「ムテアラ」........週3回にしようかな。
d0083068_07094810.jpg
d0083068_07102145.jpg

by yosaku60 | 2017-06-02 07:12 | バリ島=レストラン | Comments(0)

ちょっと気になる「ジェニス・カフェ」

メリキュールホテルのシーサイド....
の南の外れに、自然食の店があったが、いつしか消えた。
その同じ場所に、2か月前からオープンした、こんな店。
d0083068_9312392.jpg

ちょっと、いいかな....
てふ、なんとも気になる佇まい。
d0083068_93301.jpg

ビーチから見たら、こんな感じ...
こっちから見ても、悪くない!
d0083068_9334250.jpg

近寄ってみた。
「ジェニス・カフェ」とある。
d0083068_9345350.jpg

入口はこっちかな....
d0083068_936634.jpg

中に入ってみた.....
なかなか良い感じ。
d0083068_9375386.jpg

もっと奥に進んでみた....
違和感がない。
d0083068_9385283.jpg

外人の女の子がいた....
店の雰囲気にピッタリ、違和感なし。
d0083068_9405738.jpg

ピザも自家焼きのようだし....
本格的だ。
d0083068_9421196.jpg

飲むだけのバーカウンターがある。
どうもここに座ることになりそうだ。
d0083068_9433188.jpg

ビーチを楽しむスペースもある。
夕陽が沈む頃にくれば、ここに座るかも。
d0083068_9441842.jpg

ちょっと気になる店だ。
マークしておいて、いつか来よっと!!
d0083068_9474636.jpg

by yosaku60 | 2017-02-18 09:47 | バリ島=レストラン | Comments(0)

華やかに晩酌 in  「ムティアラ」

レストラン「ムティアラ」には、週に2回行くことにしている。
大概、エヴィも一緒に行く。
が、この日は、スペッシャル!!
きれいどころが二人も加わった。
これだけそろうと、鼻の下が床に触れるほどに伸びて....
お酒も、ぐーと美味しくなる。
ご機嫌に酔って、家に帰って爆睡....
ごめんね、かあちゃん、鼾うるさくて!
d0083068_922409.jpg

by yosaku60 | 2017-02-14 09:27 | バリ島=レストラン | Comments(2)

カフェテラス、EMPUNA

先日のシンガラジャ行きだが、
想像していた通りのものを発見した。
現在、その写真をまとめている。
で、発見報は明日書くことにして、今日は、食べる話をば...

サヌールを10時頃に出発すると、
ブラタン湖を過ぎたあたりで12時になる。
大体がいつもそうである。
で、毎回、昼食のために寄るレストランがある。
場所的には、廣済堂ゴルフコースのほぼ向かえになる。
右の看板を見て欲しい。
あけましておめでとうございます...
と、書いてある。
そう、日本人の経営するレストランだ。
が、経営している方とお会いしたことがない。
親子丼とかがあって、お味もまあまあ、お値段もまあまあ、である。
スタッフがよく教育されており、店内の清掃が行き届いている。
清潔な上に、ゆったり食べれるのが良い。
d0083068_10201617.jpg

by yosaku60 | 2017-01-27 10:20 | バリ島=レストラン | Comments(0)

ラクダ公園(仮称)で食事をしてみた

「お父さん、薬飲んだ」
エヴィが家に来ると、開口一番、こういう。
血圧の薬のことだ。
ああ、そうか....エヴィに言われた時だけ飲む。
良くなるとかの自覚症状がないものを飲んでもしようがない。

午前11時。
そんないつもの口調でエヴィが現れた。

エヴィ、来てくれてありがとう...
昼メシ、どこに行こうか...
エヴィの行ったことのない店にしよう...

とかで、
思いついたのが、ラクダ公園のレストラン。
が、食事の他に公園入場料が200円かかる。
「バリ人的には入場料が高すぎる」
「もったいない」と、エヴィが言う。

エヴィ、大丈夫だ、オレからはお金とらない....

確かにオレは無料で入れている。
が、それは、早朝のこと。
昼の一般客が来る時に顔パスが効くかどうか自信がない。

そうだ、エヴィ...
無料で入れたら、そこで食事をしよう.....

と、決めて、ラクダ公園に行った。
運のいいことに、受付に顔見知りがいる。
それもカデ(経営者)が。

勿論、無料だろうな!

でないと入らないぞ、と言わんばかりに高飛車に聞いてみた。
エヴィの手前もあって、ちょっと威張ってみたかったのだ。
カデ自らが「ボレボレ(どうぞどうぞ)」と応えてくれる。
ということで、いいかっこできたとさ(笑)。

まあ、そんな訳で、始まった昼食。
が、メニューを見てびっくり、ビール大瓶400円。
ローカル価格ではない。
ビールを止めてアクアにしよう。

今、オレはほとんどバリ人。
そんなオレにとって、ここはオミット!
d0083068_7185412.jpg

by yosaku60 | 2016-02-23 10:25 | バリ島=レストラン | Comments(5)

新しい店探し(ホットプレートの店=つづき)

本日は、ガルンガン(日本でいえば、お盆)です。
d0083068_9535212.jpg

浜のワルンでもガルンガン用の食べ物が出て来ました。
d0083068_955322.jpg

さて、昨日のブログで、
鶏肉のホットプレートの試食を書きました。
昨日の昼食、早速に挑戦してきました。
これです。
d0083068_9585120.jpg

で、その感想ですが、
牛肉も鶏肉も全く同じです。
食感がちょっと違うのが当たり前ですが、
両方とも同じ味付けで、香辛料が多すぎです。
その味の濃さに隠れて、牛肉、鶏肉の違いが隠れてしまっています。
残念.....この店には、もう来ることはないでしょう。
by yosaku60 | 2016-02-10 10:04 | バリ島=レストラン | Comments(0)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月