あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



カテゴリ:日本=知ったかぶりです( 46 )


攻撃を受けた船舶の被災場所について

一昨日のホルムズ海峡の私のブログ....
を見た方から質問がありました。

被災場所は海面から相当の高さがありました。
機雷ならば海面の付近が被災するのでないでしょうか。

そうです。
私もおかしいと思いました。
でも、次の写真を見て、はたと思い直しました。
船が横方向に相当に傾斜しているように見えるのです。
d0083068_07441977.jpg
船側に穴が開き、船内に浸水してきた場合、
船を故意的に傾けて浸水ヶ所を水面上にします。
船乗りならば、通常に誰もが考える措置です。
そういうことができるように船は船側にバラストタンクを持っています。
左舷のバラストタンクに海水をいっぱい入れて、
右舷のバラストタンクの海水を抜けば、船は左に傾きます。

写真の船は7万トンなので、船の幅が30mとすれば、
4度傾ければ、被災場所が海面から1m、上に上がります。

写真では、10度ほど傾いているように見えます。
であれば、被災場所が海面から2.5m、上がったところになります。

ということもあるので、
現状の被災場所の位置だけ見て「機雷ではないない」
と言い切れないものと思います。

情報がいっぱい飛び交っていて、
いろいろな思惑も飛び交っていて、
正確なことを把握しづらい状況です。

by yosaku60 | 2019-06-16 07:57 | 日本=知ったかぶりです | Comments(5)

ホルムズ海峡でのタンカー被弾

ホルムズ海峡でタンカーが被弾しました。
私は少なくとも10回以上航行している現場です。
公表されている情報におかしな点があります。


1、被災海面が正確ではない。

報道ではホルムズ海峡を抜けたオマーン湾ということで、
次のような被災地が記されています。

d0083068_11225850.jpg
これは間違いだと思います。
もっとホルムズ海峡に近い処だと思います。
何故ならあとで述べますが、地雷による被災であるからです。
であれば、積荷船舶が必ず通るルート近くに地雷が置かれるからです。

現場を説明するためにペルシャ湾全体を述べます。
d0083068_11272651.jpg
ペルシャ湾に出入りする場合、図の東経60度線は重要です。
この線を超えて西に入ると急に空気が熱くなり東に抜けると涼しくなります。
船乗りにとっては、東経60度を超え西に入ると、
「いよいよペルシャ湾」の感じになります。
同時に、この線を超えて西側にいる間は、
ペルシャ湾手当といって給料が10%増しになりました(昔=笑)。

まあ、これは余分の話です。
全体図を見ていて、ついつい思いだしただけです。
本当に紹介したいのは、次の図です。
d0083068_11343623.jpg
ホルムズ海峡を航行する場合の国際ルールが決まっています。

ああ、その前に話しておきたいことがあります。
ホルムズ海峡はイランとアラブ首長国連邦の間の海峡と思う人が多くいます。
違います。
イランとオマーンの間の海峡です。
オマーンに飛び地があるからです。
半島はアラブ首長区連邦ですが、その先っちょだけはオマーンなのです。
ですから上の図に書いてある「リトルコイン島」はオマーン国なのです。

   島は二つあります。
   ですから、リトルコイン島ではなく、
   リトルコイン諸島だったかも知れません。
   忘れました。
   船の方向(北方)から見ると、こんな島です。
   
d0083068_13465405.jpg

さて、国際ルールの話に戻ります。
障害物を左に見る船はできるだけ障害物から離れて航行し、
障害物を右に見る船はできるだけ障害物の近くを航行しなければなりません。
前々図に描いてある矢印のとおりです。

船を攻撃する場合、荷物を積んでいない空のタンカーを攻撃しません。
ペルシャ湾の港で貨物を満載して出てくる船を攻撃します。
その方が効果的だからです(あたりまえですよね)。

積荷を終えた船は、リトルコイン島の近くを航行しなければなりません。
必ずそこを通る訳ですから、地雷の設置場所の選定地になります。
今回も、リトルコイン島の至近に機雷が置かれたと思います。
島の北側至近か東側至近だと思います。
東側であれば、すでにオマーン湾ということになります。



2、砲弾による被弾ではないと思います。

会社側は砲弾といっています。

d0083068_11551932.jpg
砲弾であれば、どこからか(他の場所から)撃たれなければなりません。
付近に船がいないので陸上からということになるのでしょう。
でも見て下さい。
船舶の右舷が被災しています。
イラン国ではなくオマーン国の方向からの攻撃になります。
d0083068_11595359.jpg
リトルコイン島の方向からです。
ここを通る時、乗組員の目は常時島に向いています。
勿論、前方の海面も見ますが......
島から目が離れることはありません。
でも、砲弾目視の報告がありません。
ということは砲弾ではなく機雷ということです。

機雷だろうと思える他の証拠もあります。
もういちど上の写真を見て下さい。
海面に接した喫水線上が被災しています。
海面にちょっと頭を出すか、
ちょっと海面下にあるかの浮遊機雷による被災です。
浮遊機雷ではなく海底に錘をおろした機雷では船底が被災します。
浮遊機雷であるとのもうひとつの証拠があります。
外国(ロイター)では、こういうことも発表されています。
d0083068_12093832.png
小さな字のところです。
次のように書いています。

   米政府高官はロイターに話した。
   イラン軍がタンカーの側面から不発機雷と
   みられるものを取り除く作業をしていた。
   その写真を撮って保存している。

   (追記)
   不発弾除去の写真がネット上に流れていますので追記します。
   イランは何故に早々と撤去したのだろうか。
   不発機雷がチェックされれば「イラン製」とばれるからだろう。
   そうでなくとも、そう思われても仕方がない。
d0083068_16183403.jpg
ということで、やはり機雷なのです。
機雷といってもいろいろあります。
「磁気機雷」と報道している情報もあります。
船舶は大きな鉄の塊です。
鉄の塊が近づくとと、付近の磁性に変化がおきます。
その変化を受けて爆発する機雷です。
ということは、機雷に当たらなくとも、
その近くを船舶が通るだけで爆発するのです。
危険な機雷ですから、味方船を爆発させてしまう恐れがあります。
ですから、こうした機雷は時限性になっています。
設置してから、1~2時間だけ有効なのです。
ですから、
敵の船舶が近づいてくるのを確認してから設置するのです。


さて、話を変えます。
次の映像の説明です。
d0083068_12254415.jpg
エンジンルームが火災になったそうです。
CO2を注入して消化した....の説明です。
エンジンルームが火災になると、エンジンルームには入れません。
 
  でも、ひとり入ろうとしたようですね。
  火傷をした乗組員がひとり報告されています。

エンジンルームに入らずにどう消化するか。
火は酸素がないと燃えません。
エンジンルームの酸素をなくするのです。
そのため、エンジンルームの外にCO2ルームという部屋があります。
この部屋には、CO2のボンベがいっぱいあります。
そこで、まずはエンジンルームからの出口をみんな閉めます。
アイアンドアといって、鉄の厚い扉でエンジンルームを密室にします。
その上で、CO2ルームのボンベを全部全開にするのです。
そうするとエンジンルームはCO2が満たされ酸素がなくなって瞬間に消化できます。
ですが、CO2が充満したエンジンルームには人間が入れません。
ということはエンジンが使えないので「航行不能船」になります。
でも航行が不能なだけで、すぐに危険な訳ではありません。
船長はこの時点で船を放棄してはいけません。
エンジンルームが浸水したからといって船は沈みません、
船は、そのように造られています。
が....もういちど被弾したそうです。
しかも、今度は、船の中心です。
積荷のメタノールがいっぱい積まれた場所です。
(白いものは写真の都合で光ったものです)
(雲とか煙とかではありません)
d0083068_12385757.png
メタノールに引火すれば船は爆発します。
船長は二度目の被弾で乗組員の退船を決断しました。
船を捨てるのを「アバンダンシップ」と言います。
大変な決断だったと思いますが私も同じ措置をとったと思います。
船主と運航者に申し訳ないことですが、人命優先です。

事故のことばかり書きました。
起きてしまったことはしようがありません。
大事なのは誰の指図で機雷がセットされたかということです。
イラン政府の指図とは思えません。
が、イランには国の指示が届かぬ過激分子が多くいます。
そうした輩の仕業ではないでしょうか。
でも、ここが困る処なのです。
イランが核を持つと困るのはこのことです。
イランが持つとサウジアラビアも核を持つでしょう。
それよりももっと困るのは、
イラン経由で過激分子に核が拡散することなのです。
トランプが心配するのは、このことです。
北朝鮮が核を持つことよりもイランが核を持つことが怖いのです。

さて、
安倍総理とハメネイ師との会談が終わりました。
その効果につきいろいろ書かれております。
ハメネイ師は安倍総理に「核保有の意思なし」と伝えました。
イランは政治よりも宗教が強い国です。
ハメネイ師のそうした意見が公表されたということが評価できます。
トランプが安倍に感謝すると前置きしながら言っています。
「少し早すぎたようだ」
そのとおりです。
時間をかせげたこと....
アメリカにとっても国際社会にとっても良いことです。
安倍はそれなりの役を果たしたと評価されるでしょう。


カミさんに質問されたので、その答えを追記します。
カミさんが聞く。
「日本の船と知っていてやったのかしら?」
状況判断したところ、それはありません。
どこの船でも良かったのです。
航走してくる船を見てどこの国の船かわかりません。
パナマ籍船ということは、船尾に表示しているのでわかります。
ですが、その船は、パナマの国の船ではなく、
実際には「日本の船会社の運航」ということは通常はわかりません。
目的をもって調べれば解りますが...
今回は2隻が被災しました。
もう一隻は、フロント・アルテア号という船でした。
船主はノルウエーですが、運航は台湾の精油会社でした。
船に書かれた船籍となると確か「太平洋の島の名」でした。
その船の主たる損得はどこの国に所属するかなんて、
今は、船名を知っただけでは簡単にわかりません。
そういういうことから、
日本の国を狙って爆破したものではないと思います。

なお、今ほどのニュース(CNN)で、
不発機雷は、リムペットマインと呼ばれる機雷で、
船底に付着させ遠隔操作で爆発させるものである。
とも報道されました。
それが本当なら、上記の私の私見、少し異なってきます。
でも、今朝に知り得たデータの中だけで分析して書いた...
ものですから、修正せず書いた当時のままにしておきます。

by yosaku60 | 2019-06-14 13:06 | 日本=知ったかぶりです | Comments(0)

小野田少尉が怒った理由

陸軍中野学校はスパイ養成学校である。
が、戦線が悪化し将来はゲリラ戦になることが予想された。
そうしたゲリラ戦に特化した兵士を養成するために二俣分校ができた。
小野田少尉はその二俣分校を出ている。
ゲリラ戦では最後のひとりになっても戦い抜けと教えられた。
ゲリラ戦には上官がいない。
全ての作戦を自分だけで考えなければならない。
そのための教育を受けた。
徹底した自由発想が求められた。
日本人は軍隊の上に天皇がいると思いがちだ。
中野学校では天皇の評価にについても自由に発想できた。
小野田少尉は権力というものが徹底的に嫌いだった。
だから天皇のもとで戦争するという意識はもとよりなかった。

ということで、まずはこの写真を見て欲しい。
日本に帰って皇居に向かって首を垂れるシーンだ。
「ほら、あっちにむかって頭をさげなさい」と、
日本政府が小野田に無理やりやらせたシーンだ。
小野田の不服そうな表情わかりますか。
d0083068_12083244.jpg
何故に小野田は不服だったのか。
小野田は天皇に指示されたから戦争に行ったのではなかった。
天皇の示した「開戦の詔書」...
即ち戦争をする理由に納得して戦争に行ったのだ。
「開戦の詔書」を守り最後まで戦ってきたのだから頭を下げる必要はない。
日本民族を尊ぶのは天皇も私(小野田)も同じだ。
との気概があったようである。
私は小野田の気持ちがよく解る。
行動するには行動する理屈がなければ行動しない。
理屈もないのに上からの指示だけで行動することはない。
小野田も私も組織の中では生きてゆけない(笑)。

さて、こんな小野田なのに、当時目立ってきていた...
現在のリベラルと呼ばれる輩が、このシーンを見て
「天皇のしもべが軍国主義を抱えて帰って来た」
と受けとって、小野田の帰国を批判したのだ。
前に説明した通り、全くのお門違いだ。


「開戦の詔書(要点)」

私はここに米国及び英国に対して宣戦を布告する。東アジアの安定を確保して世界の平和に資することは私は常に心がげていることである。各国との交流を篤くし万国の共栄の喜びを共にすることは我が国の外交の要としているところである。今や不幸にしてまことにやむをえない事態となった。このような事態は私の本意ではない。中華民国政府は以前より我が国の真意を理解せず、みだりに闘争を起こし、東アジアの平和を乱した。幸いに国民政府は南京政府に変わった。我が国はこの政府と誼を結び共に提携するようになったが重慶に残存する蒋介石の政権は米英の庇護を当てにし兄弟である南京政府といまだに相互のせめぎあう姿勢を改めない。米英両国は蒋介石政権を支援し東アジアの混乱を助長し平和の美名にかくれて東洋を征服する非道な野望をたくましくしている。あまつさえくみする国々を誘い我が国の周辺において軍備を増強し我が国に挑戦し平和通商にあらゆる妨害を与えついには意図的に経済断行をして我が国の生存に重大な脅威を加えている。私は政府に事態を平和のうちに解決させようとし、長い間、忍耐して来たが米英は少しも互いに譲り合う精神がなくむやみに事態の解決を遅らせようとし、その間にもますます経済上、軍事上のの脅威を増大し続け、それによって我が国を屈服させようとしている。ここに至っては我が国は今や自存と自衛のために決然と立ち上がり一切の障害を破砕する以外にない。私はすみやかに禍根を取り除き東アジアに永遠の平和を確立しそれによって我が国の光栄の保全を期するものである。

この開戦の詔書には当時の中華民国のことを詳しく書いている。
小野田は17歳から20歳の4年間を中国で過ごしている。
商社に勤め中国語を自由に話しフランスの租界地で商才を発揮している。
中国のことを書かれた開戦の詔書を完全に理解できたのだ。

さて、小野田が怒った話に移る。
決定的なことがあった。
小野田に同情して全国から小野田のもとに寄付金が送られてきた。
時の総理大臣の田中総理からも100万円が与えられた。
小野田は、これらのお金をそっくりそのまま靖国神社に寄進した。
それがリベラル派の逆鱗に触れたのだ。
国民からの寄付を「靖国神社」に全て寄進するとはなんということだ。
戦争が大好きな軍国主義者の再来だ....などと小野田が批判されたのだ。
小野田はそんな自分への批判に腹が立った。
好き好んで戦ってきた訳でない。
日本人が日本を守るために戦ってきたのだ。
戦った人はみんなそうだ。
私は運よく生き残って帰って来た。
私は今から働けばお金を儲けることができる。
生きて帰れなかった同僚が靖国神社に眠っている。
そうした同僚に寄進して何が悪いことなのか。
と思ったが....
小野田は疲れ果てこうした反発をする気がしなかった。
こんなおかしな日本から身を引いた方が喧嘩をしないで済む。
と、選んだのがブラジル行きだった。
30年間、戦争がまだつづいていると思って、
戦いに戦い続けて、祖国に帰って来たのに...
そんな祖国の人と喧嘩したくない...
という小野田の気持ちはよく解る。
悲しかったろうし、やるせなかったろう。

ついでに、当時小野田に向けられた批判の言い訳を説明したい。


(批判)どうして30年もひとりで戦ったのか...

小野田はルバング島に派遣される前、上官から説明を受けていた。「アメリカは日本に上陸することになるだろう。今の時点での日本の負けは確定している。但し将来は解らない。日本が復活する時がある。再度日本が復活する日までひとりになってもルバング島を守り抜け」との指令だった。そのための小野田の任務は残置渫者(ゲリラ)だった。小野田がルバング島で任務についた時は200名ほどの日本兵がいた。しばらくしてアメリカの攻撃を受け、150名ほどが戦死した。小野田は残った人員を4~5名一組に分け、ジャングルに潜まさせた。ゲリラ戦である。当初の予定通りだ。最終的には他の組が全て投降し小野田自らが率いる4名だけになった。4名のうちのひとりがアメリカ軍に投降し、2名が現地人に殺され、最終的に小野田ひとりになったのだ。


(批判)終戦になっていることを伝えるビラを撒いたのに何故に出てこなかったのか。

ばらまかれたビラは読んだ。ただ、そのビラには間違えがあった。日本人なら絶対に間違えないところ(兄弟の名前のミス)であった。アメリカの策略によるビラだと思った。以後、どんなビラを読んでもアメリカの策略に思えた。
d0083068_14035345.jpg

(批判)母親が直接に「出てきて下さい」と訴えたのに何故に出てこなかったのか。

聞こえていた。私の母親は戦地に出る時「つかまるならこれで死になさい」と短剣を渡してくれた。そんな母親が「出てきて」などと本心で言う訳がない。言わされているだけだ。


(注釈)小野田が日本に帰って来た時、母の小野田タマエも羽田に迎えに立った。その母親の我が子を迎えた言葉は「よう生きて帰って来た、ご苦労さん、あんたは偉い」だった。その時、タマエさんの目から涙はなかった。顔をくしゃくしゃにしたが泣かなかった。当時喰いいるように私はテレビを見ていた。タマエさんが泣かないのを見て驚いたことを覚えている。 タマエさんが泣いたのは、一ヶ月後小野田が実家に帰り母親に自害用の短刀を返した時だ。
d0083068_14310758.jpg
泣いた理由は、この短刀が我が子を最後まで苦しめたのかも知れない、との自分の反省からだった。タマエさんは紀州徳川家の家老の家の出だ。さすが武士の家に育った女性だ。ついでに書くが小野田がブラジルに向かう時、タマエさんは「もう会えないことは覚悟している。あの世で会えることを楽しみにしている」だった。その通りになった。タマエさんは享年91歳だった。同じく小野田も91歳まで生きた。

さて、人前では怒りを表さない小野田がもうひとつ怒ったことがあった。
小泉総理大臣が靖国神社に参拝した時に放った言葉に怒った。
正確な言葉を忘れたが「行きたくもないところに行かされて戦死した皆様に....」
てな趣旨のことを言ったらしい。
小野田はこの言葉に怒ったのだ。
が、私でも解る。
戦地に向かい戦死した人に失礼だ。
こういう言い方は実際に戦った兵士を思いやる言葉ではない。
戦地に行きたくて行く人は少ない。
日本人として行かざるを得ないから行くのだ。
その責任感に尊崇の念で応えれば良いのだ。
小野田も言っている、「ご苦労様、その一言でいいのだ」。
余分のパフォーマンスから嘘(心のなさ)がばれる。


(参考)

小野田少尉がルバング島で戦っていた時の話で私が特に記憶に残っていることを書く。

1、茂みなどに隠れて寝る事はなかった。隠れていたら発見されて殺されるからだ。だから発見されやすいところの地べたで寝た。発見されやすいと言うことはこちらも相手が迫るのを発見しやすいからだ。そんな場所は斜面だった。上からは狙われない斜面で迫る敵を見下ろす斜面で寝た。

2、神経を使うと耳ダレが出る。いつも地べたに寝るので耳ダレに蟻が入ってきて鼓膜を破られる。耳栓をすれば防げるが耳栓をすると危険な音が聞こえなくなるので、しようがないので、やりっぱなした。

3、戦える体力は60歳までと踏んでいた。で、60歳まで毎年何発の鉄砲の弾を打つか決めていた。60歳になって日本兵が島に来なかったら最後に残った弾を全部撃って逆に鉄砲の弾で体をハチの巣にしてもらって死ぬ覚悟でいた。

4、谷口上官の命令解除を受け、フイリッピンに投降した時も殺される覚悟でいた。その時のどの写真もみな背筋が伸びていると思う。背筋を伸ばしたまま撃たれて死ぬ覚悟であった。

5、小塚金七が殺されてひとりになった時はすぐに諦めた。二人だからこそ大変だったこともある。全てがマイナスではない。一人だから戦力が2分の1になったと思わなかった。後ろ向きに考えると明日の戦いを戦えない。

6、島にいた30年間、家族のことを考えたことがなかった。そんなヒマがなかった。

7、雨の日は寒いので歌を歌った。雨で声が消されるからと寒さしのぎであった。寒さを防ぐのが目的だから勇ましい軍歌ばかり歌った。

8、30年間で嬉しかったことは一つもなかった。悔しかったことは戦友を殺された時だ。

9、正月になると神棚を作りお祈りをした。正月を迎えたことを感謝するだけで神にお願いしたことは一度もなかった。

10、最初の3年間は大変だった。3年するとどこに何があるか、どこに食べ物があるか、など島の地形がみんな頭に入った。みんな頭に入ってから戦いも生き方も簡単になった。(ルバング島は伊豆大島二つ分ほどの大きさ)。

by yosaku60 | 2019-02-16 15:06 | 日本=知ったかぶりです | Comments(0)

日本とインドネシアは反対になります。

バリ島の海が好きなみなさん。

元船乗りから海に関する知ったかぶりです。

写真はサヌールの海岸です。

サンゴ礁の港の中に入る入り口に二つの灯台が見えます。

写真では右が赤色、左が青色です。

これ、日本と反対なのですよ。

d0083068_11580642.jpg

写真は港の中から写したものですから....

外海から港に入って来る時は、右が青、左が赤になります。

即ち、入港する時;右が青、左が赤.....

インドネシアは全部そうなっています。

これ、日本と反対なのです。

日本では、入港する時;右が赤、左が青なのです。


おかしいでしょう。

説明します。

世界の航路標識は、国際航路標識協会IALA)で統一されています。

1982年に国際的に基準が定められたのです。

ですが、側面標識の統一が間に合わず、世界が二手に分かれてしまったのです。

A方式とB方式の二つに分かれたのです。

d0083068_12174210.jpg
インドネシアのように入港する時、右が青、左が赤をA方式といいます。

日本のように入港する時、右が赤、左が青をB方式といいます。

A方式は、ほぼヨーロッパ、B方式は、ほぼアメリカと覚えたら良いかと思います。


by yosaku60 | 2019-01-11 12:18 | 日本=知ったかぶりです | Comments(0)

国のアイデンティティー(その11;日本)

世界の国のアイデンティティーの最後は日本です。
今まで、次の国のアイデンティティーを書いてきた。
カテゴリの中の「日本=知ったかぶりです」にまとめてある。
(カッコ内は、その国のアイデンティティーだ)。

1、ブラジル(おおらか)
2、アイルランド(アイリッシュ)
3、オランダ(国土)
4、フランス(フランス語)
5、イギリス(誇り)
6、中国(共産党)
7、ドイツ(現実主義)
8、アメリカ(教育)
9、韓国(比較思考)

で、日本のアイデンティティー.....
当然に、「天皇陛下」である。
何故に、当然、と確定しているように書いたのか。
現代の日本人は、天皇陛下のことを知っているようで知らない。
天皇陛下は、世界から、どのように思われているか。
そのことを知れば、当然と書いたことを理解いただけると思う。


(天皇陛下の権威)



1、その系統の継続が世界から敬われている。

d0083068_13041095.jpg
2、日本人は気づいていないが....
d0083068_13044307.jpg
3、こんな順序らしい。
  完全に確立している訳ではないが、
  こう書かれてどこからも異論がないのが実態を物語っている。
d0083068_13074453.jpg
4、実際にローマ法王との面談でも権威が認められた。
d0083068_13102460.jpg
5、エリザベス女王からも権威を認められる。
d0083068_13114758.jpg
6、アメリカ大統領からも最高儀礼で迎えられる。
d0083068_13125660.jpg
7、5軍による観閲儀仗は滅多にないらしい。
d0083068_13134371.jpg

(各国を訪問)



1、王室ばかりのアラブの国々を訪問した時。
d0083068_13175421.jpg
2、オランダを訪問された時は、この写真が新聞の一面に載った。
d0083068_13231608.jpg
3、カナダを訪問された時。
d0083068_13250084.jpg
4、スペインを訪問された時。
d0083068_13254860.jpg
5、ノルウエーを訪問された時、
  その日は、吹雪が舞い散る寒い日であった。
  皇后陛下が、メッテ・マーリット王太子妃の腰を抱いている。
  当時、王太子妃はお子さんを身籠っており、
  皇后陛下をそのことを気にしての所作だった。
  この写真が次の日の新聞に載った。
  ノルウエーの国民はみな日本のファンになった、とのこと。
d0083068_13282918.png
6、フランスでは、国王のいない寂しさで、
  天皇陛下が滞在された全日に亘り新聞で大きく報道された。
d0083068_13351596.jpg
7、ロシアでは、軍による君が代演奏で迎えられる。
  何故に、日本で歌われないのだろうか。
d0083068_13373672.jpg
8、習近平に会った時、手をポケットに入れガムを噛んでた、
  フイリッピンのドテルテ大統領....
  天皇陛下にお会いするときは、神妙であり、
  フイリッピンに帰ってからも感激したと伝えている。

  先日、ドテルテ大統領は、マニラ市内に建てられた慰安婦像を
  「日本にこれ以上迷惑をかけるな」と号令をかけ撤去させた。
  天皇陛下にお会いになったあと、日本のことをより深く知ろうと
  されているように思う。ありがたいことである。
d0083068_13441088.jpg
9、パラオ訪問。
d0083068_13445888.jpg
10、サイパン訪問時、サイパン在住の朝鮮人の嫌がらせがあった。
   サイパン原住民は、それに猛反発した。
d0083068_13454977.jpg
11、インド訪問。
   インドでは、外国の国王や大統領が来ても、
   インド首相が空港に出迎えることがない。
   が、天皇陛下が訪問された時は首相夫妻が揃って出迎えた。
   その理由は、
   インドがイギリスから独立できたのは日本のお蔭であって、
   お出迎えは、その感謝の意とのこと。
d0083068_14404742.jpg
12、タイのプミポン国王がお亡くなりになった時、
   国王をお慕いするタイ人は一年間の喪に服した。
   国王と友人であった天皇陛下もタイに出向き、
   タイの国民同様に三日間喪に服した。
d0083068_15145059.jpg
それを知ったタイの国民はみな天皇陛下に感謝した。
d0083068_14592560.jpg

by yosaku60 | 2018-05-18 12:58 | 日本=知ったかぶりです | Comments(0)

国のアイデンティティ(その10;ブラジル)

国のアイデンティティ....
これまで、
韓国、アメリカ、ドイツ、中国、イギリス、フランス、
オランダ、アイルランド を書いて来た。

が、書きたい国として、ブラジルが残っている。
又、書かねばならない国として、日本が残っている。

そこで、今日は、私が大好きな国、ブラジル。
その大好きな理由は、....「おおらかさ」
それがそのまま、ブラジルのアイデンティティである。

私は、船長時代の3年間、ブラジル航路に従事した。
その頃の写真を見ながら語りたい。

まず、これは....
うーん、ブラジルのどこだったか、忘れた(オレ、痩せていたな~)。
ブラジル北部の街のレストランで撮ったものであることは覚えている。
ブラジル北部は、南部と比べて黒人(あるいは黒人の血が濃い混血)が多い。
この写真を見ながら、訴えたいのは....
ブラジルには、人種差別がないこと。
例えば、金髪且つ肌の色の白い娘さんに「先祖は何処」と聞くと、
決まって「知らない!私はブラジル人」と応えてくる。
肌の色なんて誰も気にしないのだ。
世界中、肌の色の違いによって、幾何かの人種差別がある。
が、ブラジルでは全くと言って人種差別が感じられない。
ブラジル人のおおらかさ....のひとつである。
d0083068_10371138.jpg
これは、覚えている。
ブラジルの中部、海岸沿いのサルバドルで撮ったものである。
リオのカーニバルは世界的に有名だが、サルバドルのカーニバルも大きい。
写真は、そのカーニバルの時のもの。
黒人系(の血が濃い)の混血が多いことに気づくでしょう。
d0083068_10532405.jpg
この明るさ.....悩みなんて吹っ飛んじゃえ!!
と、叫んでいるようでしょう。
全てに、おおらかなんです。
d0083068_10554202.jpg
私が大好きなブラジル料理、肉の食べ放題「シュラスコ」
肉の焼き具合を見ながら「ここを切ってくれ」などと指示できる。
d0083068_11024344.jpg
感心するのは、ブラジル人の食べ方。
夕方の7時ぐらいから12時ぐらいまで食べる。
ゆっくりゆっくり、たらふく食べ、たらふく飲む。
そして、次の日、5時頃起きて、もう仕事を始める。
昼は、12時から3時まで家に帰って休む(寝る)が、
それにしても、誰も疲れたなんて言わない.....おおらかだ。
d0083068_11084824.jpg
これは、有名なコパカバーナの海岸(リオデジャネイロ)
日差しも、砂浜も、まばゆいばかり....
豊満な女性もおおらかに肌をさらけだす。
d0083068_11160309.jpg
ブラジルは大きい。
ブラジルの海岸線は長い。
北部、中部と来て、ここは南部のリオグランデ(すぐ南がウルグアイ)。
ここまで来ると、太陽に影がさし人々からも陽気さが薄れるような気がする。
写真は、リオグランデの街の酒場....
私の後ろの垂れ幕にGloria Peak の名が書かれている。
私の船の名である。
垂れ幕を描いたのは、私の船の乗組員(フイリッピン人)。
酒場を借り切って、パーティー開催を宣言する私....
の講話は、ポルトガル語(カンニング=笑)なんですよ。
d0083068_11255392.jpg
一次会(パーティー)のため、
乗組員は、航海中に自前で楽器を作り、当日はバンド演奏もする。
そして、二次会(写真)は、
仕事のない乗組員を全員連れて、繰り出す。
d0083068_11360107.jpg
一次会も二次会も、みんなオレのおごり...
が、この日を楽しみに乗組員は3ヶ月間、明るく船内で働いてくれる。
いいかっこするが、船長にとっては、安いものだった。

書いてるうちに、
ブラジルのアイデンティティを書くはずが、
自分のことを書いてしまった。
申し訳ない。
話を戻す。

ブラジル人は、おおらかである。
細かいことを気にしない。
ブラジル語で、「アシタ、マニアーナ」という言葉がある。
日本人の誰かに教わった筈だが、誰だか忘れた。

気にするな....
今日はもうやめにしよう....
明日にしよう....
明日があるさ....

の意味の言葉である。
(いや、そう思っていた)
どんな場合でも使えて、便利な言葉だった。
ブラジル人の誰にでも通じた。

が、本当のところは、通じただけだった。
「アシタ、マニアーナ」は、「明日=マニアーナ」だったのだ。
マニアーナは、ポルトガル語で「明日」を意味する。
なんのことはない。
私は、「明日(アシタ)マニアーナ」と、
日本語とポルトガル語をチャンポンにして喋っていたのだった。
こんないい加減な言葉でもブラジル人は、
日本人の私を忖度して解ってくれていたのだ。
なんと、おおらかなことか.....   オワリ

by yosaku60 | 2018-02-15 10:57 | 日本=知ったかぶりです | Comments(0)

韓国人の歴史認識について

昨日は、知ったかぶりをしてほざきました。
ほざきついでに、もうひとつほざかせてください。

多くの日本人が理解していないと思われることです。
日本と韓国の間で交わされる「歴史認識」という言葉の深さです。

日本人がいう歴史というのは、平安時代も江戸時代も歴史の一部です。
ですが、韓国人のいう歴史というのは、そういう昔は含まれません。
豊臣秀吉、加藤清正らに攻められ抵抗した歴史は少し語られていますが、
その語られるデータも希薄です。

なぜにそうなのかを日本人のほとんどが知ろうとしません。

日韓併合(明治43年)が始まった頃の韓国では、
1、日常に話される韓国語
2、一部の人が読み書きできる漢語
3、一部が人が読み書きできるハングル文字
の三つの関連がシステム化されていなかったのです。

システム化....
日本の場合を述べると、
漢字に「音読み=中国語」と「訓読み=日本語」の二つを充て、
その間の言葉をつなぐ日本語独自のものには「ひらがな」を
充てたことを指します。
こうした「音読み」「訓読み」「ひらがな」の三つをシステム化
することにより、話し言葉と読み書き言葉の整合性をとっています。

ですが、当時の韓国には、こうした整合性がなかったのです。
中国から伝わった漢字は中国読み(音読み)のままでした。
漢文と韓国文は文法も違います。
当時、漢文を読み、韓国語に訳すことのできる韓国人は、6%
程度と言われております。
ハングル文字はありましたが、まだ普及していませんでした。
ハングル文字の普及に尽力したのは、福沢諭吉です。

これは何を意味するか。
本や活字が利用される社会環境が希薄だったということです。
ですから、
日本が最も力を入れた日韓併合当初の時期のことは韓国の歴史
としても韓国人の間で希薄なのです。
ですから、
韓国人にとって、
ハングル文字が韓国国民の間に十分に普及しはじめた時、即ち
戦中戦後の歴史ばかりが「歴史認識」としてクローズアップ
されるのです。

言ってみれば、あたりまえのことですよね。

ということで、
日本人の言う「歴史認識」と、韓国人の言う「歴史認識」には、
その深さにおいて違いがあると思うのです。
あなたは、そう思いませんか。

今日もほざきました。
これで終わりにして明日からはほざきません(笑)。

by yosaku60 | 2018-01-08 10:16 | 日本=知ったかぶりです | Comments(0)

国のアイデンティティ(その9; アイルランド)

国のアイデンティティ、今日はアイルランド。

アイルランドは、一度しか行ったことがない。
5千トンの冷凍船の船長として、2週間滞在した。

  ダブリンに近い小さなヨットハーバーで
  Dun Leoghaire という港であった。
  何と読むのかと聞くと、教えてくれたが難しかった。
  聞くと、アイルランド人も読めないと言う。
  5千トンの船が港に着くのは珍しいらしく。
  毎日、見物客(市民)が押し寄せてきた。

その中のひとりに、当地の大金持ちがいて、
懇意になり、毎日のように家に招待されているうちに、
アイルランド人のアイルランドに対する思いが伝わって来た。

それが、私が書きたい、
アイルランドのアイデンティティ.....
で、「アイリッシュ」という言葉である。


彼に連れられ、ゴルフ場に行った。
倶楽部では、ネクタイをした紳士が集まっていた。
プレーを終わったあとのミーティングだそうな。
「凄い!前時代的」というと、
笑いながら、「これがアイリッシュだ」という。

今にも雨が降りそうな空だが、なかなか降らない。
いつもどんよりしている空....
「そう、それがアイリッシュだ」と言って笑う。

アイルランドの紙幣は、カラフルでちょっと大きかった。
「珍しい」というと、
「それがアイリッシュだ」といって、ウインクする。

彼の家は、広大な土地に建っていた。
土地の背後は、断崖絶壁の崖になっていた。
「崖に建つお城」と私が驚くと、
「これもアイリッシュだ」という。

何から何まで、「アイリッシュ」というのだ。
これがアイルラン風の特徴なんだよ....
と、誇りを持って喋っているように受け取った。

アイルランドだが、

1、イギリスの植民地だったことがある。
2、アイルランド人にとっては屈辱であった。
3、イギリスから独立を勝ち取った。
4、が、国土が貧しく出稼ぎを余儀なくされた。
5、北米に渡る(移民)人が多くいた。
6、アメリカでもアイルランド人は白人から外された時期があった。
7、ケネディーが現れ、アイルランド人の地位が確立した。

というような歴史がある。
反骨の歴史である。
この反骨精神が「我こそアイリッシュ!」に結びついたものと思う。

だから、「アイリッシュ」という言葉に、
アイルランド人の誰もが共鳴するのではなかろうか。


ゴルフ場でのビールの味に誰かが「アイリッシュ」と言った時、
私は自分を指さし「ジャパニーズ」と言ったら、大受けした。
ジョークを連発するのも、アイリッシュだそうな。

私にとって、もう一度行きたい国である。



さて、明日、早朝、日本に向けて出発する。
日本でブログを書き続けるかどうか決めていない。
暫く筆を置く、ことになるかもしれない。

by yosaku60 | 2017-09-20 11:34 | 日本=知ったかぶりです | Comments(0)

国のアイデンティティ(その8; オランダ=後編)

国のアイデンティティ;オランダ=前編.....
を書いてから、随分と間が空いてしまいました。
オランダのアイデンティティー「国土」の後編です。

ここバリ島は、欧米人の定住者が沢山います。
その中で、断然に多いのがオランダ人です。

何故か?

インドネシアは、オランダの植民地でした。
オランダは、国土面積の約50倍以上の広さのインドネシアを
植民地にしていたのです。

狭い国土のオランダ....
勿論、人口密度は、ヨーロッパ随一....
おまけに巨人ぞろいのオランダ人....にとって、
本国は狭っ苦しくて、広い土地にあこがれる....
で、生まれた、オランダ人のステータス....

隠居したら、インドネシアに住んでのんびりしよう!


「国土」が狭いがゆえに生まれたステータスです。
ステータスもアイデンティティも、まあ、同じ意味です。

実は、
私は、ヨーロッパ諸国の過去の植民地政策に関心をもって
います。というよりも、過去の欧米の植民地政策と現在の
地域的抗争(人種、諸国)との関連に関心があるのです。

まだ、文章にできるほどの知識はありませんが、私が参考
にしている次の図を見て欲しいのです。

(過去、欧米の植民地となった経験のある処)

d0083068_09415985.jpg
欧米の植民地.....広いですよね。
これを見て、ちょっと気付きませんか。
青色に塗られていないところで、目立つ国は、
日本、中国、タイ、サウジアラビアです。

みんな「国王」がいる国です。

日本も天皇陛下がいなければ、
欧米の植民地になっていたのでしょうね。

by yosaku60 | 2017-09-18 09:50 | 日本=知ったかぶりです | Comments(0)

国のアイデンティティ(その7; オランダ=前編)

国のアイデンティティ、

今日はオランダです。



いつものように雑談から入ります。



ヨーロッパで、私がもっとも好きな国は、ポルトガルです。

理由は、日本人と体形が似ていて親近感があるからです。

ということは、

最も嫌いな国は、体形が似ていない国となりますよね。

そう、それがオランダなのです。



オランダ人は、見る人、みんな、大男、大女です。

背が低く、足が短い私にとって、

コンプレックスの裏返しでしょうが、

オランダ人(美女ゼロ=すみません)は、

どうしても好きになれません。



知っていますか、

オランダは、いろいろに呼ばれます。



オランダ..........日本語

ネザーランド......英語

ネーデルランド....オランダ語

ブランダ..........インドネシア語

ホラント...........俗称

ダッチ.............卑称



こんなオランダですが、

海から入国する船乗りにとって馴染みのある国です。



なぜなら、小さな国なのに大きな港が三つもあるからです。

アムステルダム、ロッテルダム、ユーロポートの三港です。



特に、ユーロポートは、大きなエネルギー港湾です。

ロッテルダムの入り口にある港で、

30万トンのタンカーが着桟できます。

で、オランダは「ヨーロッパの玄関」とも呼ばれています。



実は、オランダのアイデンティティを考えた際、

こうしたことから、

最初は「ヨーロッパの玄関」にしようかと思ったのです。





でも、船乗りだけの呼称でマイナーすぎるようでやめました。

そして、迷った末に、考えたのが「国土」でした。



オランダは、海抜0メートル以下の土地が多い。

ってこと、知っていますよね。

そうです。

そのイメージからの「国土」です。

多分、オランダ人も納得することでしょう。



あらためて、調べてみました。



国土は日本の約10分の1(九州ほど)。

その内の4分の1が海抜0メートル以下。

九州の4分の1と言えば、福岡県と長崎県を合わせた広さです。

そんなに広い面積を

海に防波堤を築き、その中の海水を抜いて、干拓地を造成する。

なみの努力では、これほどの干拓地はできませんよね。

有名な風車、あれは干拓地の水を汲み上げるためのものです。



ということで、

オランダ人の「国土」を広げるための並々ならぬ努力….

その努力に敬意を表して、

オランダのアイデンティティは「国土」としたく思います。



ただ、「国土」を選んだ理由は、もうひとつあります。

それは、明日書きましょう。



by yosaku60 | 2017-09-09 14:18 | 日本=知ったかぶりです | Comments(0)

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月