あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



カテゴリ:日本=その日のできごと( 66 )


感情を持つロボットを造る男「光吉俊二」

ロボットが人間のような感情をもつことができるだろうか。
そんなことに挑戦している男がいる。
光吉俊二という男(左)だ。
d0083068_07151965.jpg
人間は時々ミスをする。
であれば、ロボットにも時々ミスをする回路を作れば良い。
人間は嬉しい時には脳内にドーパーミンが出る。
であれば、ロボットにもそれが出るようにすれば良い。
人間は相手と会話する時に相手の声色をうかがう。
であれば、相手の声色を判断する能力を身につけさせば良い。

てんで、感情を持つロボットを作った。
ポッピーと言う名のロボットだ。
d0083068_07234866.jpg
こんなロボットを造った光吉俊二は変わり者だ。
本職は彫刻家だそうな。
多摩美術大学美術学部彫刻科を卒業している。
同時に、計算機科学者でもあるそうな。
徳島大学大学院工学研究科博士後期課程を修了している博士(工学)だそうな。
で、これまでは、
元スタンフォード大学バイオロボティクス研究所客員化学者であって、
元慶應義塾大学上席研究員だったそうな。
で、現在は、
東京大学大学院医学系研究科特任講師であって、
何をしているかというと、
意志を持つロボットをつくっているそうな。
さらに、こうした研究の過程で、
「音声病態分析学」という新しい学問を打ち立て設立している。
声を聞いただけで「うつ病」を見分けるそうな。
d0083068_08015567.jpg

光吉俊二、実に鬼才である。
どういう風にしてロボットが意志を持つのか。
その過程を説明している図表は次のとおりだ。
ピンとくる人がいるかも知れないが、私にはさっぱり分からない。

こういう仕組みで....
d0083068_08080319.jpg
こういう風に組み込まれているそうな。
d0083068_08081955.jpg
ところで、光吉俊二は面白いことを言っている。
感情に関連する言葉は日本語の場合4500語あるそうな。
英語の場合は、何百しかないそうな。
細かなニューアンスを測るには...
より多くの言葉を持つ日本語が有利だそうな。
感情を持つロボットの開発は、
日本が世界の最先端...てなことになって欲しい~

by yosaku60 | 2019-06-01 08:09 | 日本=その日のできごと | Comments(0)

消費税増税反対を訴える漫画

「私立Z学園の憂鬱」と言う名の漫画...
ユーチューブで私立Z学園の憂鬱と打ちこめば見ることができる。
漫画と馬鹿にはできません。
面白い....例えば、次の画面の男、麻生副総理ですよ。
ですから、これは実際にあったことなのですヨ。
d0083068_08001590.jpg
今のところ、第6話まで描かれています。
ところどころの映像のみピックアップしてみます。
d0083068_08081559.png
d0083068_08084437.jpg
d0083068_08075441.jpg
次の画面の左半分を見て欲しい。
小さくてよく見えないが、
財務省に汚染された学者を連ねているようだ。
これだけを見ていても参考になる。
良く調べた上でストリーが作られている。

d0083068_10040997.jpg
d0083068_08090537.jpg
主人公は「高橋」と言う名の女の子です。
高橋是清をイメージしたのかも知れません。
日本の論客を次々と撃破してきました。
次はアメリカの論客との戦いです。
d0083068_08092307.jpg
最後は安倍総理との論戦になるのでしょうね。
勝手な予想ですが....

by yosaku60 | 2019-05-23 08:16 | 日本=その日のできごと | Comments(0)

井上尚弥、ロドリゲスを倒す。

私は、ボクシングの井上尚弥のファンだ。
現在、世界のバンタム級の王者達の中で誰が一番強いか争っている。
WBSS=ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズという。
次の8名がノミネートされていた。
d0083068_10515524.jpg
昨日、井上尚弥がロドリゲス(プエルトリコ)を倒した。
ロドリゲスは、それまで誰にも負けていなかった。
初めての敗戦だ。
バヤノ(ドミニカ)に続いて二人目だ。
バヤノもそうだ。
初めての敗戦だった。
生涯負けたことのない選手を二人ノックアウトしたことになる。
階級を2階級上げてからの井上のパンチ力は強くなった。
昨日の試合も接近戦の小さなフックでロドリゲスが倒れた。
拳の動きが早すぎて画面を目で追っていても、その瞬間が見えない。
何度もトライし、やっとフックが当たる瞬間を捉えた....これだ。
d0083068_11412739.jpg
井上も、勿論、これまで無敗である。
段々とノックアウトのラウンド数が早くなってきている。
d0083068_11134282.jpg
さあ、次は、いよいよ決勝戦、
ドネア(フイリッピン)と対戦する。

by yosaku60 | 2019-05-19 11:16 | 日本=その日のできごと | Comments(0)

誰もが解る都構想(その1;二重行政)

都構想の目的は二重行政をなくすることです。
二重行政とは....
ひとつの目的を二ヶ所からの指示(行政)で行うことです。
当然に無駄金がいっぱい出てゆきます。
都構想に反対する人は、大阪には二重行政がないといいます。
そんなことは絶対にありません。
次の絵を見て下さい。

Aは、大阪府です。
Bは、大阪市です。

A社長は大阪府知事です。
A工場長は大阪府議会です。
A社員は大阪府の職員です。

B社長は大阪市長です。
B工場長は大阪市議会です。
B社員は大阪市の職員です。

d0083068_17274731.jpg
A社長とB社長は、同じ権限を持っています。
同じ権限を持つと法律(政令都市法)で書いてあるからです。
当然に二人の性格が違うと同じ目的の仕事が前に進みません。
また社長が要望しただけでは社員は働きません。
工場長(議会)がOKしないと社員に命令できないのです。
A工場長...所謂、府議会議員数は88名です。
B工場長...所謂、市会議員数は85名です。
ですから、工場長の二人はほぼ同じ力を持っています。
ですが、二人の性格がとても違います。
二人の社長に、性格の違う二人の工場長...
全員が同じ方向に進むのは難しいのです。

さて、この絵を見て、
大阪府と大阪市は場所が違うじゃないか。
棲み分けすればいいじゃないか。
同じ工場内で働くという、この絵ちょっとおかしいだろう。
と、いう人がいると思います。

そうです。
それが、大阪の府と市の特殊な状況なのです。
説明するには他の都道府県との違いを知らねばなりません。
少しややこしいので、次の機会にします。

今日は、都構想の最初のとっかかりとして、
大阪の場合、二重行政は当たり前に起こりうるという...
上図だけを頭に叩きこんでください。

by yosaku60 | 2019-04-16 18:34 | 日本=その日のできごと | Comments(0)

嬉しいことが重なる

昨日は嬉しいことが重なって在った。
一つは大阪の統一地方選挙で都構想派が勝利したことだ。
これについては、のちほど詳しく書きたい。
で、もう一つの嬉しいことだが、
日本語を学びたいと家に通ってくる生徒がひとり現れたことだ。
写真は、そのチェニンさん。
d0083068_09200269.jpg
今年の12月の日本語能力検定試験の4級に合格したいとの希望で家にやって来た。
実力テストをしたところ今から7カ月勉強すれば3級に合格できると判定した。
ウダヤナ大学に通いながらアルバイトをしている忙しい娘さんである。
私の家に通うのではなく宿題を出して家で勉強をしてもらう方法をとることにした。
週に一回、新しい宿題をとりに家に来てもらう。
勿論、都度、テストを行う....ガンバレ、チェニン。

by yosaku60 | 2019-04-08 09:28 | 日本=その日のできごと | Comments(0)

「かほく市」住みよさランキング4位に

ちょっと郷土自慢をば....

私の日本の住居は、石川県の「かほく市」です。
現在、日本での住みよさランキング4位だそうです。
毎年10位以内に入るようですが4位という高位は初めてです。
d0083068_18171566.jpg

by yosaku60 | 2019-03-08 18:21 | 日本=その日のできごと | Comments(0)

私の真似をするバリ人の女の子

今朝も海岸で運動をした。
最近、凝っているのは足あげ...
こんなに上がるようになった。
d0083068_11032248.jpg
そんなオレを見ていたのだろうか、
やっと歩き始めた様な女の子がヨチヨチと近よってきた。
d0083068_11181340.jpg
木にとりついて何をするかと思ったら....
足を上げだした。
d0083068_11192673.jpg
そうか、エライ、エライ!!

by yosaku60 | 2018-09-04 11:21 | 日本=その日のできごと | Comments(0)

祝!! カウンター6000突破

d0083068_13510564.jpg私もホームページを持っている。
「残留日本兵の証言」というホームページだ。
最初の頃は珍しいのかアクセス数が多かった。
が、更新しなくなると、
アクセス数が極端に減った。
が、毎日、一人か二人のアクセスがあった。
そして...
昨日ついに、アクセスカウンターが
6000を超えたのだ。
尊崇の本を発刊してからホームページの更新意欲が更に鈍った。
今は、保有しているだけのホームページになっている。
が、カウンターが6000を超えたことは掛け値なく嬉しい。

http://www3.nsknet.or.jp/~yoji-yoko/index.htm
d0083068_13524747.jpg

by yosaku60 | 2018-02-28 14:03 | 日本=その日のできごと | Comments(0)

嬉しい人が訪ねてくれました。

私の住所は、石川県かほく市白尾....

「白尾」に越して来たのは、23年前、
その時、私は決めていたことがあります。
ここは「終の棲家」
ここに腰を据えて生涯住み続ける....
ということです。

それまでの私、
中学卒業を機に生まれ故郷を離れ...
その後、日本のあちこち、計7ヶ所を転々とし...
腰を落ち着けて住んだところがなく、
言ってみれば地元を持ったことがなかったのです。

それが「白尾」という地元を持ったのです。
で、嬉しくて...
これから人生が始まるという思いでした。
私が48歳の時でした。

そんな時に出会ったのが、吉田さん.....
白尾に生まれ白尾に育った地元のひと...
白尾の住民から選ばれた、
白尾の街のお世話をする専属職員でした。

白尾の街のお世話をする....
であれば、私もあやかりたい。
てんで、私は吉田さんに近づいて行き(笑)、
それを吉田さんが受け入れてくれる。
ってのが、お付き合いが始まった経緯です。

そんな吉田さんが、
昨晩訪ねてきてくれたのです。
で、夕食をご一緒することを無理強い「笑」。
d0083068_09024973.jpg
昔話に話が咲きました。
吉田さん、
こんなわがままな男を受け入れてくれて、ありがとう。
これに懲りず、これからもよろしくお願いします。

by yosaku60 | 2017-12-21 09:18 | 日本=その日のできごと | Comments(0)

故郷の恩人がお亡くなりになった。

2015年10月2日の私のブログ.....
わが故郷「白尾」についてを再掲載する。

..........

石川県かほく市の「白尾」.....
石川県七尾港の水先人(パイロット)の職、
についたのをきっかけに住居を探し、選んだのが、この「白尾」
を、終の棲家として「定住」を決めて住み始めたのが、
22年前、私が48歳の時。
古いしきたりを守る住民にとっては、私は新参者。
そんな新参者を暖かく迎えてくれた人が、
当時、区長の地位にあった、岩佐健一氏。
その岩佐さんから「美川」という、屋号を頂いた。
私が白山市美川の地の生まれだからだ。

屋号....

ここ白尾では、お互いを呼び合うのに、姓を言わない。
江戸時代から続く、屋号(例えば、「権兵衛」とか)で呼ぶ。
屋号を持つということは、住民に迎えられたということである。

残念ながら、私の屋号「美川」は、それほど普及(笑)していない。
私が、バリに住み始めたからだ。
が、バリ島は仮の住まい、故郷は「白尾」である。
いずれ、白尾に帰ってくる。
その時は、是非に「美川」....
という屋号で呼んでいただきたいものである。

そんな屋号をいただいた岩佐健一さん、
昨晩は、ご夫妻が夕食に招いてくれた。
昔、お世話いただき、今まだお世話いただいている。
ありがたい。
d0083068_19283387.jpg

..........

と、去年の10月2日に結んでいる。
そんな恩人の岩佐健一さんがお亡くなりになった。
上の写真を撮った日から、14ヶ月しか経っていない。
享年、85歳。

友人からのメールによれば、
お亡くなりになったのは、11月2日だったとのこと。
悲しい。
バリ島にいるため、ご葬儀に出れない。
不義理極まりない。
お許しください。
ご恩は忘れません。
by yosaku60 | 2016-12-05 18:59 | 日本=その日のできごと | Comments(0)

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月