あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



葬式

d0083068_1438615.jpg知り合いのバリ人の祖母。
90歳、私も逢っている。
痴呆症なので、何度か挨拶をしたが覚えてもらえない。
そんなおばあちゃんが亡くなった。
その葬式のことである。
参列人の多さに度肝を抜かれる。
バンジャールの各家から一人、
それに友人、親類、
合わせて、総勢800人ほど、
その全員が火葬場まで行列をなす。
日本ではいくら大きな葬式でも火葬場まで行く人は限られる。
近い親族のみであり、数十人というところであろう。
それが、ここバリでは、集まった800人全員が火葬場まで出向くのである。
なんと壮観なことか。

d0083068_14423669.jpg当人のひ孫に当たる小学生の子供がいる。
私とは友人である。
友人の友人と言うことで、その小学生の友人も私の友人であるが、
彼らも学校を休んで参列していた。
聞いたところ、公休扱いだそうな。
大人数間での村のつき合い、
小学校の生徒は公休だらけ、
と心配になるので、聞いてみたら、
何度もある、のだそうな。
バリの小学生も大変だ。

棺はきらびやかな建築物に入れられ火葬場まで運ばれる。
火葬場は一見したところ、神社の境内のようなこところ。
そこに牛の身体に似せた火葬屋形が置かれている。
バンジャールの大人たちが、大きな椰子の木を切って、それを井形に組み、助け合い精神で造る火葬屋形である。
その屋形に棺を入れ一気に燃やす。
d0083068_1445268.jpgあとの灰は、海に撒く。
ということで、葬式は終わる・・・。
となるはずであるが、そうでもないのだ。
いずれ、この町の偉いお方の葬式があるとき、それに便乗してもう一度葬儀を行うとのこと。
但し、それは葬儀ができるというありがたい儀式であり、参加者は白の衣装を纏うとのこと。
そんな最後の葬儀がまだ残っている。
バリ人は子供も大人も、
つき合いが大変だ。
by yosaku60 | 2009-01-31 15:19 | バリ島=慣習・伝統 | Comments(4)
Commented at 2009-02-01 14:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yosaku60 at 2009-02-01 18:11
宗教観を基軸に伝統や風習が維持されるものだと思います。
日本人の宗教観は今や希薄になっていますので、観光の目的以外の伝統や風習はどうしても廃れていくのでしょうね。
Commented by ゆーちゃん at 2009-02-01 21:27 x
20年ほど前までの葬式はバリとよく似ていましたよ。参った人は火葬場まで付いて行き、そこで焼香をして最後のお別れをしました。それから近所の人達で積んだ薪で火葬を行いました。今では葬儀と言うより亡くなった人の処理になってしまいました。ちょっと言い過ぎかな(^_^)
Commented by 与作 at 2009-02-02 12:10 x
ゆうちゃん、
日本の現在の葬式ですが、出席する人は「葬式に行かねばならない・・・」と他人に言いながら、出席するように思うのです。
私は変人なので、自分が死んだときは、来なくてはならないと義務で来る人は、断りたいのです。
となると、結局は来る人がいないんで、葬式は必要ない、ということになってしまうのです。 ・・・変な理屈でしょうけど・・・、
<< バリヒンドゥー教はややこしい トゥガナン村に行く (その2) >>

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月