あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



パナマ運河今昔(その6)

d0083068_9345749.jpg大西洋の海面の高さは太平洋よりも高い。
だから、太平洋と大西洋を通ずる海峡を掘ると、大西洋から太平洋に海水が流れ込む。
昭和52年頃だったろうか、第二パナマ運河と称して、今のパナマ運河至近の北西側にそのような海峡を掘る計画が持ち上がった。アメリカ主導、日本の財界が協力する形の検討であった。その時の資料によれば、大西洋が満潮のとき、最大で4ノットの速さで大西洋の海水が太平洋に流れ込み、逆に低潮のときはほとんど流れが止まるということであった。 さらに、大西洋に生息していない海蛇が海峡を通じて太平洋より入り込んでくるので、アメリカ東岸の生態系が変わるとも書かれていた。 ホンマかいな?  

d0083068_935197.jpgさて今日の本題・・・・、なぜに大西洋の海面が高いのだろうということ。 その何故が書かれた本に出会ったことがない。 だから、想像・・・・。
 1、 海水にもわずかな粘性がある。 で、海水の慣性が地球自転に追従しきれず大西洋沿岸の海面が高いままとなる。
2、 この付近の定常風は東風。 その風による吹送流が沿岸にぶつかって海面が盛り上がる。
3、 カリブ海を通り抜けるメキシコ湾流(日本の黒潮に相当)がその吹送流を後押しする。

・・・・・・じゃないだろうか。 言っておくがオレの想像は、大概当たらない。
ウソ!! と思って聞いた方が良い。  
↑ 「単なる興味」を「愛」と勝手に勘違いしておいて、騙されたと言い張るカミさんが横でそう言う。
by yosaku60 | 2006-11-09 11:06 | 日本=船員・船長時代 | Comments(7)
Commented at 2006-11-09 16:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by おっとっと at 2006-11-10 00:01 x
与作さんこんばんわ。
私もよく分からないんですけど、この辺に関係してる気が
しますけど、どうでしょうか?

Wikipedia ジオイド

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%89
ジオイドの凹凸は周囲の地形や地下の岩石の密度によって生じている。 地下に密度の高い岩石がある場合、その直上では重力ポテンシャルが大きくなるため、ジオイドが突出する。 山脈がある場合も同様にその質量による重力で引っ張られるため、ジオイドが突出する。





Commented by おっとっと at 2006-11-10 00:08 x
追加:
今のはテキトーですので、無視してください。
そういうことで多分与作さんのもわたしのも全部理由になるんでは?
Commented by yosaku60 at 2006-11-10 11:15
おっとっとさん、このようなコメントをいただけること感激です。
この重力ポテンシャルの話しは、知りませんでした。 
現在使われている潮汐表はあらかじめ計算されたものを使っております。 海水温・海流はその年によって違うのに・・・、又、太陽と月の位置だけで計算されるものであれば、緯度経度と月日だけで世界中のどこでも一様な計算式で潮汐が求められる筈なのに、そうならないことを昔から不思議に思っていました。 地域ごとの重力ポテンシャルが計算に含まれていたのですね。 長年の疑問解消です。 ただパナマ運河の東と西の場合、地域差が少ないので重力ポテンシャルの差も少ないと思いますので、この場合の海面の高さには余り関係ないと思います。忘れましたが、パナマ運河付近の大西洋と太平洋の海面の最大さは3mであったと記憶しております。 古い話しなので記憶はあいまいです。
また、気圧が1ヘクトパスカル低いと海面は1cm上昇します。 台風による高潮を考えるとき馬鹿にならない数字です。
さらに、地球が楕円である話しは、船で世界を旅する航海士にとって身近な問題でもあります。 この話し面白いので、いずれ機会があればここに書きます
Commented by おっとっと at 2006-11-11 11:35 x
Yahoo知恵袋にでてました~
高低差は24cmだそうです。昔より減ってきたのかしら?

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/service/question_detail.php?queId=9699211
Commented by 空き缶 at 2010-06-23 17:03 x
太平洋と大西洋に水位差があるかも知れないが、それが理由でガツン湖を設けて、船を上げ下げしているというのは間違いです。
アメリカが、フランスからパナマ運河建設を受け継いだとき、フランスと同じように、困難を極めた。理由は、太平洋側と大西洋側の間を掘り進むには余りにも長い距離で不可能と判断した。そこで間に人口湖を作り
そこまでの間だけを掘り、そこに3段階の閘門を作り上げ下げすることにした。陸を掘る距離は格段に短くなり、成功したというわけです。よく言われるように海のの水位のためではないのです。
Commented by yosaku60 at 2010-12-04 11:23
空き缶さん。
こんにちわ。
コメント、気づかずに申し訳ございません。
そうですね。 海の水位のためではありません。
昭和40年代後半に、「第二パナマ運河」の建設計画がありましたが、第二パナマ運河は、全工程掘り割り運河で計画されました。
ただ、その場合、太平洋と大西洋の高低さが理由に、運河内の潮流が最大4ノットになると見積もられておりました。
4ノットもの早い流れの中で、いかにして大型船の安全操船を行うかというのも検討の命題で、少々係わった思い出があります。
結局は、この話はお流れになりました。
<< 地球は楕円 ネパール、逃げ惑う民衆 >>

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月