あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



だらしなや日本(世界の緊急支援策と比較して)

中国コロナで世界経済がストップしている。
この期間、ゼロ成長ではなくマイナス成長だ。
元に戻すには大胆な「緊急支援策」が必要だ。
そんな中、
アメリカのやろうとする支援策が見えてきた。
日本のも見えてきた。
比較すると、日本のみみっちさが悲しくなる。
涙を拭きながら(笑)、書いてみる。
まずはアメリカの支援策(案)....

1、大事なのは雇用を守ることだ。

中国コレラの影響で全世界で失業者が2500万人増えると予想される。
リーマンショックの時で2200万人だったから、それを超える。
零細な中小企業者にたとえ15万円ほど支給しても従業員の解雇は防げない。
ではどうするか、
例えば、英国はすでに大胆な提案をしている。
従業員を解雇しない企業には英国政府が従業員の給与を8割肩代わりする。
さらに英国政府が自宅待機している英国民に「政府はあなたを見捨てない」
との励ましの手紙を出す.....なんて前例のない政策をとろうとしている。
そこで、アメリカは考えた。
国民がびっくりするような財政出動だ。

2、支援金220兆円を出す(案)。

まさにびっくりするような金額だ。
昨日まで、トランプは1兆ドルの支援を言っていた。
なのに今朝方、ラリークドロ―が出して来た案はその倍の2兆ドルだ。
GDPの10%という。
だらしなや日本(世界の緊急支援策と比較して)_d0083068_13272302.jpg
ただし驚くなかれ、ドイツも英国もGDPの10%を出す検討をしている。
ほとんど倒産したに等しいドイツ銀行を抱えるドイツまでも10%とは驚く。
国際的に足を揃えるとなると日本は55兆円の援助をすべきとなる。
中国ウイルスに対抗するには、G7の国は協力し合う....
って約束したんじゃなかったっけ。
なのに、日本のどこからもGDP10%の声が聞こえてこない。
アメリカのこの大きな支援額だが、もうひとつ驚くことがある。
その決定を急いでいることだ。
アメリカ国民が希望をなくしてからじゃ遅い。
そうなる前に国民に発表する。

3、3月末までに決める。

ミッチーマコーネルが担当して案を練っている。
だらしなや日本(世界の緊急支援策と比較して)_d0083068_14090813.jpg
今日は月曜日、今頃、彼のスタッフが鉢巻を結んで頑張っている。
アメリはやることが早い、羨ましい。
さて、この案の中に入るかどうか分からないが、
トランプは先に面白いことを言っていた。
企業は中国から帰って来い。
中国から帰って来た企業の法人税を一年間免除する。
だから、みんなアメリカに帰って来い。
トランプ、まっすぐですごい!
もうひとつ、すごいのがある。
株主を守るのではなく、従業員を守れという指示だ。
アメリカらしからぬ指示だ。

4、企業は自社株買いをしてはならない。

株の価格が落ちると、企業は内部留保を崩して自社株を買う。
株価を守るためだ。
だが、今はそうした時期ではない。
内部留保があれば、従業員に配り従業員をつなぎ留めろ。
これは民主党から出た案だが、トランプも既に賛成している。


.......

さて、
では、日本政府は今、どんな支援策を考えているか。
東京新聞に載ったものがあるので書いてみる。
正しいかどうか東京新聞なので甚だ不安があるが....

日本政府の緊急経済対策(東京新聞掲載)

1、民間支出も含めた事業規模は30兆円超。
  国の財政支出は15兆円を上回る見通し。  
2、国民への現金や商品券の支給の他、
  外食や旅行代金の一部を国が助成することも検討。
3、消費税減税は見送られる公算が大きい。
4、業績悪化に苦しむ中小企業の資金繰りを
  支援する融資枠を拡大。
5、大幅な減便で業績悪化が懸念される航空会社を
  支援する可能性も。

これを一口に言えば、
大変でしょうから、少しはお助けします。
困る中小企業さんにはお金をお貸しします。
あげるのじゃありませんヨ、お貸しするだけですよ。
と言っているのと同じだ。
余りにも現状認識ができていない。
そう言えば、昨日の国会での西田昌司への質問に応える...
麻生財務大臣の目的から外れたうわすべりな答弁。
ヤル気がないことが見え見えで適当にお茶を濁していた。
黒田日銀総裁なんぞは麻生よりもだらしがない。
中国では感染が収まってきており.....なんてことを言う。
国の財政のトップが、これじゃしようがない。
.......

でも、でも、
少しの光明がある。
以前のブログにも書いた自民党の経済通の安藤裕らのグループが
次のような支援案を政府に提出している。
だらしなや日本(世界の緊急支援策と比較して)_d0083068_19455846.jpg
これをやってくれれば、少しは効き目があるだろう。
少し解説を加える。
1、30兆円規模の補正予算を組む。
  プライマリーバランスは当分考えない。
  この赤字で書いたことが大事だ。
  世界の主要国は戦争の後始末的な気分で動いている。
  緊急且つ重大だということを認識すべきだ。
2、個人事業者には失った粗利を補てんする。
  援助ではない。粗利に見合う現金をあげるのだ。
  であれば従業員の首を切らないで済む。
3、所得税は当面0%にする。
  これは良い。
  この時期、一時金の支給では景気が戻らない。
  恒久減税である消費税を一時ゼロにするのは大賛成。
  即効性がある。
4、サプライチェーンの再構築。
  中でもこれが一番大事と思う。
  いわば、中国デカップリングだ。
  次世代のイノベーションを見つけ、それに向かって
  国民一丸となって努力して経済発展することだ。
  今は減税だが将来の税収に結びつけるには必須だ。
  日本が世界の一流国として生き残る道だ。

こうした自民党若手の提言...
金額的にいくらになるか、雑に試算してみた。
消費税10%減.....................25兆円
補正予算真水分...................15兆円
個人事業主粗利補てんなど.....10兆円
GDP10%の55兆円にはまだ5兆円余る。
余るなら20歳以上の日本人に5万円づつ配れば良い。
その5兆円が使える。
いずれにしても十分にやっていけるじゃないか。
こういうこと、
是非に解ってくれる安倍政権でいて欲しいが、
残念ながら、多分無理だろう。
中国コロナ問題以後も中国に残るかどうかのアンケートがあった。
中国リスクがあるので中国から離れたいという企業は10%だけだった。
ああああ、情けない。

by yosaku60 | 2020-03-23 14:47 | 中国デカップリング | Comments(0)
<< 「してやったり」ニヤリと笑う習近平 今年のオゴオゴ人形は街を練り歩... >>

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月