あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



デフォルト(破滅)が迫る韓国

デフォルトって何?

正確な訳は債務不履行なんだけど、
経済財政面から国としてやっていけなくなるということだ。
実は韓国は過去に一度デフォルトの経験があるんだ。
1997年のアジア通貨危機の時、デフォルトしたんだ。

デフォルトした時、どうやって回復したの?

会社が破産したら裁判所は「破産管財人」を入れるよね。
そのあと、破産管財人の指示に従い再建する。
それと同じなんだ。
破産した国には「IMF(国際通貨基金)」が入ってくる。
そして、IMFの管理下のもとで再建する。
そのIMFなんだけどね。
アメリカの発言権が強い機関なんだ。
IMFへの出資金の17%をアメリカが出している。
出資金2位の中国や3位の日本の2~3倍も出しているんだ。
だから、アメリカの意向が強く入る。
で、1997年の韓国のデフォルトだけど、
アメリカが韓国を助けたようなものなんだ。
日本も協力したけどね。

解ったわ。
じゃ、今回の中国の新型肺炎騒動だけど、
何故に韓国にそれほどの影響があるの?

問題は韓国が「貿易立国」だからなんだ。
韓国の経済は貿易によって成り立っているんだ。
世界の国々の貿易依存度を見てみるね。

デフォルト(破滅)が迫る韓国_d0083068_10122987.jpg

輸出入を合わせた貿易依存度は、
韓国;70%、日本;29%、米国;20%なんだ。
韓国が突出しているだろう。 
それにね、この貿易の相手国なんだけど、
韓国の場合、中国が突出しているんだ。
中国に対するTIVA指標でいうと、韓国は25.3なんだ。

TIVA指標って何?

最近の貿易は、いくつかの国を経由しながら、
最終的に製品になって違う国に輸出されるでしょう。
そうした場合、
輸出の付加価値を入れて算出するのがTIVA指標なんだ。
例えば、日本の貿易相手国としての中国と米国を見てみると、
単なる依存度では、中国が24%、米国が22%で中国の方が大きい。
だけど、それをTIVA指標で見ると、
中国が15%、米国が19%で、米国の方が大きくなるんだ。
んまあ、難しいかもね、とにかく....
韓国の貿易は中国に頼っていると解ってくれればいいよ。
ということでね...
中国が風邪をひくと、韓国も風邪をひく関係なんだ。
新型肺炎で中国にダメージがあると韓国もダメージを受けるんだ。

そうか、それで韓国がダメージを受けるんだ。
具体的にはどんなダメージを受けるの?

うん、良い質問だね~。
具体的には、韓国の株価と韓国ウオンに影響するんだ。
実はね、1997年のデフォルトでは韓国ウオンの急落だけだった。
でもね、今年は株価とウオンが同時に暴落しそうなんだ。
それが、最近の韓国の特徴なんだ。
実はね、韓国ウオンって、
弱くて周りに影響され易いんだ。
最近の株価と韓国ウオンについて見て欲しい。
これが株価だ。
落ちているだろう。

デフォルト(破滅)が迫る韓国_d0083068_16073759.jpg

これが韓国ウオンだ。
ドルが高くなってるってことは韓国ウオンが下がっているんだ。

デフォルト(破滅)が迫る韓国_d0083068_16084867.jpg

株にしても通貨にしても突然の暴落は困るよね。
でも、韓国には、それがあるんだ。
過去の例から説明するね。


デフォルト(破滅)が迫る韓国_d0083068_14004027.jpg
二か所で突出したウオン安になっているだろう。
突然に値崩れするのが韓国ウオンなんだ。
韓国ウオンはそういう性質を持っている。
韓国に投資する人に外国人が多いからなんだ。
外国人は韓国がどうなろうと関係がない。
売り買いの儲けだけを考え投資している。
今、韓国経済の見通しが暗い。
だから、外人投資家は売り急いでいる。
その売り急ぎに対し韓国は一生懸命に買い支えている。
その買い支える原資に年金基金が使われる。

年金基金ね~

でね、韓国の年金基金というのは日本より脆弱なんだ。
韓国は日本以上に少子化が進んでいる。
日本では額に大小はあるけど国民のほとんどが年金を受給できる。
でも、韓国は年金を受けれるのは、国民の半分ほどらしいよ。
基金の総額が少ないんだ。
だから、枯渇しやすいんだ。
年金基金で自国通貨を買い支えると言ったってたかがしれている。

韓国の経済は財閥が握っているって聞くけど?

そう、それも韓国経済が脆弱な要素のひとつなんだ。
韓国には、10大財閥というのがあってね。
その10社だけで韓国の貿易の75%を占めているんだ。
それにね、あとで説明するけど、文在寅は「財閥いじめ」が好きなんだ。
財閥が潰れれば韓国が潰れるってことを解ろうとしないんだよ、彼は....

デフォルト(破滅)が迫る韓国_d0083068_10351256.jpg

まあ、だいたい分かったわ。
でも、韓国の経済の見通しが良くないって、
他になんらかの理由があるでしょう?

そう。
決定的な理由が三つあるんだ。
ひとつは、アメリカが韓国を見放したということ。
もうひとつは、文在寅がアメリカから見放されることに意を介さない。
もっと、言えば、文在寅の思ったとおりだということ。
最後のひとつは、最低賃金を上げるという失策をしたこと。

そうなの~
で、最初のアメリカが韓国を見放したって....
どういうこと?

いろいろな理由が重なってそうなったんだけど、
箇条書きにしながら説明するね。

1、Gsomia 騒動に飽きれた。
Gsomia は、米国が日本と韓国の間に入って制定したものだった。
それを韓国は米国に断ることなく、勝手に破棄しようとした。
その韓国のわがままさに米国は飽きれた。

2、米国大使(館)への無礼な行為。
抗議のために学生が米国大使館に入ろうと大使館の塀を乗り越えた。
韓国警察は、それを見てみぬふりをしたばかりか、
韓国政府は学生に罰を与えることもしなかった。


デフォルト(破滅)が迫る韓国_d0083068_16104128.jpg

ハリス大使は日本人の母と米国人の父のハーフである。
ハリスは軍人を辞め大使になってから口ひげを生やした。
反日の韓国民はハリス大使の口ひげを旧日本軍と同じと批判し、
ハリス大使の写真を貼った紙に髭に似せた紐を何本も植え、
パフォーマンスでそれを抜きながハリス大使を罵倒した。
アメリカ人にとっては許しがたい侮辱行為である。

デフォルト(破滅)が迫る韓国_d0083068_16145004.jpg

3、中国になびいた。
アメリカに言わず、中国と軍事的な情報を交換する協定を結んだ。
アメリカにとっては、反逆である。

4、北朝鮮への制裁違反を繰り返す。
国連決議に違反して、北朝鮮に数々の援助をした。
アメリカ主導で国連決議をきめたたのにとんでもない反逆だ。

文在寅がアメリカに見放されることを意に介さないって、
どういうこと?

今、韓国の経済の状況が良くないよね。
文在寅は、それを財閥の所為にすると思うよ。
財閥からお金をしぼりとって、国民に分配するつもりと思うよ。
それこそ、典型的な社会主義だよね。
文在寅にとっては、目指すのは社会主義....
経済が落ち込むことで韓国を社会主義国家にできるのなら、
万々歳なんだ。
アメリカに見放されるってことも彼にとっては本望なんだ。

じゃ、最後の最低賃金を上げた失策って....
どういうこと?

文在寅は、国民の最低賃金を2018年に16.4%アップし、
2019年にもういちど、10.9%アップしている。
この時のGDP(成長率)は、たったの2%なんだよ。
インフレ率にしてもたったの0.7%なんだよ。
こんな状態で最低賃金を上げるなんて無茶な話だ。
企業は、そいう高い給与を払えない。
じゃ、どうするか。
最低賃金は守るが、最低賃金以上を払っている従業員に
働き方改革を迫り、結果として最低賃金程度を払うようにする。
即ち、全体的に切り下げようとする。
要するに、手取りの給料が安くなるのだ。
それでも無理なら新規採用を控える。
となると、ただでさえ大きな失業率がもっと大きくなる。
それは将来的な社会不安になり、経済が冷え込む。
企業が望まないのに、政府が強引に決めると、こういう風になる。
当たり前のことだから、文在寅は解っててやったことかも知れない。
なぜなら、政府が何もかも統制をとる...これが社会主義だ。
社会主義国家が文在寅の目的なんだから、

ええ、!
韓国が社会主義国家になったら日本はどうなるの?

もちろん、韓国は北朝鮮と一緒になるんだろうね。
同一民族なのだからいつかはそうなる運命だろうしね~
で、どちらかというと半島全体で反米親中国家になると思うよ。

でも、一旦、民主主義を味わった...
韓国民が社会主義国家の国民になれるかしら?

そう、そこが問題だ。
そうなると、日本に不法移民してくる韓国人が増える。
日本には在日韓国朝鮮人があふれて幅を利かせているから、
その者達を全員で守るように運動するだろう。
となると....
いずれ、ここは日本か、韓国か.....てな国になるかも。
ああ、やだ、やだ。
こんなこと考えるのなんて!
今日はこれで終わりッ。

by yosaku60 | 2020-02-04 14:47 | 半島問題 | Comments(0)
<< ホンモノ度10%程度の嘘情報の数々 中国人が消えた桟橋 >>

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月