あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



バンジャールの広場改装はムムクルだった。

バンジャールの広場の改装....
いっこうにブロックが積まれない。
それに道路際にも竹の柱が組まれた。
d0083068_10340348.jpg
どうも普通の家が建てられる様子がない。
で、村人に聞いてみると、ムムクルの会場造りと言う。
ムムクル(Mamukur).....
死んだ人をあの世から呼び戻し家に安置する儀式である。
バリヒンドゥーの一連の輪廻転生の中でもっとも重要な儀式だ。
最も重要なだけあって費用が嵩む。
で、まとまってみんなで儀式を行う。
前回のこの地区のムムクルは2009年6月だった。
確か350軒(家族)集まったと記憶する。
ひと家族の参加者が10人としても3500人の儀式になる。
盛大だ。
その時の写真だ。
以下、今日の写真は全てその時のもの....
d0083068_10411808.jpg
バリヒンドゥーでは、肉体は死んでも魂は死なない。
肉体は火葬にして海に流す。
その時、魂も海の彼方に行く。
海の彼方に行ってしまった魂を自分の家の寺に迎え入れる....
それがムムクルの儀式だ。

魂を家に迎えるにも誠意がないと魂は戻ってくれない。
その誠意の表し方がややこしい。

まずは盛大な儀式をしてから魂を海に迎えに行く。
すると魂は海岸に現れる。
現れたかどうかはプマンクー(祈祷師)がお告げをしてくれる。
そして魂は言う。
「そうか迎えに来てくれたか」
「娑婆に戻ってもいいかどうか閻魔様に聞いて来る」
「それまで待っててくれ」
そう言って、海の彼方に一旦消えていなくなる。
d0083068_10550477.jpg
後日、許可をもらった魂は、この地に戻って来る。
(戻って来れない魂もあるらしい)
が、「戻って来る地」はどこか言ってくれない。
待ち人である家族の方が探さねばならない。
海と山の双方を探すそうだ。
ようやく探せたら一族揃って家寺に迎え入れる。

てな、全体の儀式がムムクルなのだ。
だから、一日では終わらない。
家にはいろいろな事情がある。
魂にもいろいろな事情がある。
時間がかかるのだ。
ムムクルを要望する家族....
10年前はは約350軒だったが今回は何軒になるだろうか。
全部が終わるには相当の日数がかかる。
噂では一ヶ月ぐらい儀式がかかるという。
d0083068_10582068.jpg
ムムクルの儀式も地方によっていろいろ違う。
ヌサペニダ島ではムムクルの儀式を行わない。
なぜなら、葬式の時に火葬する。
火葬したら、すぐに魂だけをその場で受けとる。
受け取った魂は、その日の内に家の中に入れるのだ。
同じく、この地でも特別な儀式をして....
魂をすぐに家に入れることができるそうな。

いずれにしても、
バリヒンドゥーの輪廻転生はきちんした理屈でなりたっている。
全てに興味深く、納得できる。
9月1日がムムクルのスタートらしい。
丁度その頃、私は日本に一時帰国する。
ムムクルは悲しい儀式ではない。
神聖且つ晴れやかな儀式である。
是非に見たいがその機会があるだろうか。

by yosaku60 | 2019-06-28 10:55 | バリ島=慣習・伝統 | Comments(0)
<< G20関連(消費税増税を認めた理由) G20関連(結論は既に出ている) >>

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月