あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



日本の政治の悪いところ(天下り官僚)

日本の政治の悪いところ....
その筆頭に上げるべきは官僚がしゃしゃり出過ぎることだ。
官僚は法律を作り日本や日本国民をがんじがらめにする。
がんじがらめにするため又それを監督するための法人を作る。
そしてその法人に天下りする....
だけなら良いが、その反対をする。
天下りする法人を作りたいがために法律をややこしくする。
いったん天下り法人を作ると岩盤規制になる。
いろいろある岩盤規制の中で典型的な岩盤規制だ。
天下り法人をなくすることと天下りをなくすることはセットだ。
このセット岩盤はなかなか崩せないのだ。
日本が未来に向かって伸びない大きな原因になっている。

さて、なかなか崩せない....
しかし、例外があった。
初期の橋下徹大阪府知事の頃である。
橋下は大阪府下の法人を70%カットした。
そんなこと、どうしてできたのだろうか。
私は常々そうした疑問を持ち続けていた。

その理由、上念司と原英史の対談を聞いて判った。
なるほど、そういうことか!
簡単だ。
疑問に思っていることが解けると嬉しいものだ。
d0083068_07341117.jpg
対談する二人のことを先に知っておいていただきたい。
その方が対談の中身の真実性を解っていただけるからだ。

上念司....
「経済で読み解く日本史」の著者である。
「日本にどんな岩盤規制があるか」の本も書いている。
マシンガントークで知られる経済評論家であって、
国会議員にレクチャーするため国会に呼ばれるほど、
公に認められた実践論者であり、博識家である。
d0083068_12001936.jpg
原英史.....
日本の岩盤規制を語るトップの論客である。
岩盤規制を審議する国の検討機関には必ず彼の名がある。
上念司同様に時々国会に呼ばれて国会議員を講義する。

d0083068_12081707.jpg
岩盤規制に関する著書が多い。
d0083068_12102246.jpg
さて、本題に入る。
何故に、大阪が70%もの法人をカットし天下りを排除できたか....
であるが、原英史曰く、

私は橋下府知事から手伝って欲しいと役を与えられた。
人事異動が適正な天下りかどうか判定する役職だ。
最初に必要のない天下りを1~2件、拒絶した。
そうすると天下り案件が役所から出てこなくなった。
どうせ出してもはねつけられる......
出すことそのものが恥ずかしい.....
と忖度して役所自らが天下りを減らしてきたのだ。

天下りがストップされれば、その法人はしりすぼみになる。
なんらかの代替え方法がとられ消滅する。
かくして70%もの法人を減らせたのだって.....

この話。
ということは、役人は自分たちの悪を分かっているのだ。
分かっていてやっているのだ。
これは大阪府の話だが、国政レベルでは難しいのだろうか。
いや、そうは思わない。
一緒であろう。
国政レベルで大鉈を振れる人物が出てくれば、
同じようになるのではなかろうか。
私心なき政治家達が官僚達より強くなることが待たれる。

by yosaku60 | 2019-05-19 14:53 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)
<< 本当に幸せなのだろうか 井上尚弥、ロドリゲスを倒す。 >>

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月