あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



中国の崩壊(その5;環境汚染)

大気汚染がふたたび....

中国のpm2.5よる大気汚染だが、
北京オリンピック以降は下火になっていた。
がここに来て再燃している。
一旦収まったのに何故なのか。
米国との貿易戦争があるかららしい。
大気汚染を防ぐため中国は都市周辺の企業に規制をかけていた。
が、トランプが仕掛けた貿易戦争に対処しなければならない。
そんな規制をかける余裕がなくなった。
で、規制を解いたところ.....
またまた大気汚染が深刻化したのが真相だそうな。
d0083068_10163504.jpg
戦争になるとやばくなる「三峡ダム」......

中国は米国と思いきった戦争ができない。何故なら「三峡ダムに爆弾を落とされたら上海が全滅する」かららしい。
そんな爆弾のような三峡ダムの現状を説明する。
d0083068_19201684.jpg
三峡ダムは「中国百年の大計」として、水不足を解消する、気候を安定させる、電力を供給する、目的で作られた世界一のダムである。特に電力は70万キロワットの発電機を32台稼働し総発電量2250万キロワットで全国の年間消費エネルギーの一割を賄う予定であった。16年の歳月を経て造られ2009年に竣工した。竣工してすぐ弊害が現れ「100年の計」が「50年の計」に変更され、最近ではその弊害が大きくなり、今では「10年の計」と揶揄されている。10年の計といえば、2019年、今年のことだ。今年「三峡ダム」はどうなるのだろうか、またどんな失敗だったというのか。

失敗だったとは....

ダム建造により110万人が立ち退き、うち貧困化した10万人が流民となった。貯水池の水が蒸発し濃霧、長雨、豪雨、南雪災害、西南干ばつの気候変動が起き大洪水では死者128名、中下流地域では130万人が非難した。マグニュチード7.9(阪神淡路の30倍)だった四川大地震はダムの貯水の水圧で地下の断層がずれたからかもと言われている。
d0083068_19370486.jpg
こうした負の遺産の中で最も危険なのは貯水池の底に溜まった砂礫で.....
砂礫が貯水池に積り排水口を塞ぎ、水面にはアオコが発生し、ヘドロ状態になり、そこにゴミが溜まり、そのゴミの堆積物は5万平方メートル、高さ60cmに達し、人間がその上を歩ける場所があるという。

こんな三峡ダムだが、中国当局もやっと失敗だったと認め始めた。
ただ、将来起こる大災害への責任逃れと修復のために国民から更なる税金を集めるための公表ではないかと噂されている。
d0083068_19374396.jpg
いずれにしても、
現在「三峡ダム」は、水が流れず、貯水もできず、解決先も見いだせない....どころか、ひとたび決壊が起きれば下流の大都市上海にどんな影響が起こるか測りしえない危険をはらんだダムになっている。


(参考)

重慶の高温化.....

三峡ダムができると重慶の気温が安定し2度下がって38度になる予定だったが、現実には2度上がって42度になった。今や付近の40都市が40度を超える状況になった。専門家は、三峡ダムの影響と南水北調(長江から北京への水路作成=三峡ダムを超える大プロジェクト)の影響と言っている。
d0083068_11293607.jpg

by yosaku60 | 2019-02-12 11:04 | 時事放言 | Comments(0)
<< 今年のオゴオゴ人形 村の広場にバビグリン店が現る >>

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月