あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



韓国軍艦レーダー探知問題

韓国軍艦が自衛隊機にロックオンした問題がクローズアップされている。
この問題を日韓がどう見るか....
メディアでもいっぱい取り上げている。
昨日からそればっかり追って来たがつまらない。
どれも本質を解っていない。
情けないので少々腹がたってきている(笑)。
私が本当のところを書く。
d0083068_07172850.jpg
これは、韓国軍艦乗組員のレーダー照準担当者がはねっかえりでやった行為だ。
実射の準備ではない。「自衛隊機か脅かしてやれ」と、やった行為だ。
その行為について周囲にいた乗組員は「よくやった」と拍手している。
艦長は「大変になるが、乗組員が手をたたいているから、まあいいか」と思っている。
そんな船橋の光景が私には手に取るように分かる。
これが「韓国人」なのだ。

私は韓国人が嫌いで言っているのではない。
日本人と働くよりもは韓国人と働くことを好んだ時期があった。
で、乗組員が韓国人の船の船長を3年やってきた経験がある。
外界から閉ざされた外洋の船内なのでまさに彼らと寝食を共にした3年だった。
世界の港で起きるいろいろな事件を韓国人と共に処理した経験がある。

韓国人であるが、
征服され続けてきた長いた歴史の中で醸成された民族意識がある。
いくつかあるが、今回の事件に関連したもののみ述べると....

1、韓国人は理屈よりも情が優先する。
2、韓国人はいつも他との比較で自己を見る。
3、韓国人は勇ましいことが好きである。
4、韓国人は負けず嫌いである。
5、韓国人は負けたくない相手に絶対に謝らない。
6、韓国人は相手が謝っても絶対に許さない。

ということをベースに次のようになる。
韓国人の反日精神だが、一旦「反日感情」を抱くと元に戻らない。
この反感感情は、相手が日本だからという訳ではない。
韓国人どうしであっても、お互いを憎んだら元に戻らない。
憎んでしまうと理屈なんか通らない。
憎む方向が同じであれば同じ方向の者どうし情をもって助け合う。
......
ということで、冒頭の韓国軍艦の船橋光景になるのです。

さて、私は、これからロンボク島に向けて出発します。
今朝のこのブログ、超特急で書き飛ばしました。
言葉足らずは、お許しを..

by yosaku60 | 2018-12-29 08:52 | 飲んだくれ四方山話 | Comments(0)
<< ロンボク島1日目 中国の崩壊(その2;土地の所有... >>

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月