あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



世界戦争(その8;子供じみた報復が好きな中国)

昨日のブログでインドのモディ首相がファーウェイの運用試験への参加を認めたことについて、私は「モディ首相は中国のことをよく知っている。さらに自国インドのことも勿論よく知っている。なるほどモディ首相のやりそうなことだと思った」と評している理由を書きたい。


モディ首相は何故にファーウェイの5G運用試験参加を容認したのか....

インドは歴史的にも紛争が絶えない中国について対応を熟知している。そのインドの指導者であるモディ首相はしたたかである。言葉を変えれば懐が深い。モディ首相が中国をそして習近平をどのように思っているかであるが「中国共産党はこのままではもたない」「習近平体制は間もなく崩壊する」と思っている....と私は見ている。またモディ首相は、習近平は「わがままで単純な男」「おだてに乗る男である」と見切っているふしがある。5G運用試験に参加させたからと言ってインドの懐が痛むわけでない。採用の段階になって「ファーウエイ不採用」を決めれば安全保障上問題もない。それよりも習近平体制がそこまで持たない可能性の方が多い。したがって今の時点で中国の5G運用試験参加を認め(要するにおだてておいて)インドへの援助を引きだし最終的には梯子を外すという戦術なのだろう。こういう風に考える指導者がもうひとりいる。フイリッピンのドゥテルテ大統領だ。先般、ドゥテルテ大統領は「フイリッピンは中国のひとつの州であても良い」なぞと歯の浮くようなことをしゃーしゃー言ってのけたドゥテルテ大統領はズボンのポケットに手を突っ込みながら喋ったに違いない=笑)。結果、習近平は大喜びでフイリッピンの果物をいっぱい買う契約を結んだ。中国と言う国は反発すると猛烈に報復してくるが褒めるといっぱいのお返しがある。そんな子供のような国であることを「チャイナ・アンセンサード」が次のように報道している。日本では中國親派が多いのでなかなかこんな報道ができない。面白いので映像を多めにして報告する。


1、ノルウェーに対して.....

(事件)ノーベル委員会は中国の劉暁波にノーベル平和賞を与えることを決めた。
d0083068_10163993.jpg
(報復)中国は、中国の体制批判をする者にノーベル平和賞を与えるなと怒りノルウエーからの鮭の輸入を60%カットした。
d0083068_10281977.jpg
(結末)劉暁波が死亡すると鮭の輸入量を元に戻した。
d0083068_10291522.jpg
(世間の目)ノルウエーが鮭に負けて、中国におべっかを使ったと皮肉られた。
d0083068_10301830.jpg


2、韓国に対して.....

(事件)北朝鮮対決に配備するTHAADが、中国にも向けられていると反発。
d0083068_10370418.jpg
(報復)中国人の観光目的での韓国訪問が制限された。
d0083068_10385500.jpg
(結果)韓国の観光収益が150億ドル減り、40万人の雇用が失われた。



3、フイリッピンに対して....

(事件)2012年、中国の船とフイリッピンの船とが南シナ海で衝突した。
(報復)中国人のフイリッピンへの観光旅行を制限した上「バナナ戦争」をしかけた。  
d0083068_11051572.jpg
バナナ、パパイヤ、マンゴ、ココナッツ、パイナップルの輸入を制限した。
d0083068_11054585.jpg
ドゥテルテ大統領は習近平に歩み寄ったばかりでなく、次のようなお世辞を言った。
d0083068_11144720.jpg
(結末)と、観光客は増えた。
d0083068_11160173.jpg
果物の輸入量も元にも戻った。
d0083068_11165055.jpg

4、スエーデンに対して...

(事件)夜中にホテルに着いた中国人親子3人が予約していないがロビーで待たせろと、その場でごろんと寝だした。ホテル側はここで寝てはいけませんと、外に出てもらおうとしたが、「何故ここで寝てはいけないのか」と3人は暴れ出した。
d0083068_12025371.jpg
3人は、ホテルから迫害されたとスエーデンの中国大使に訴えた。
d0083068_12041028.jpg
(報復)中国はネットでスエーデンを「非人権国」と批判し中国人のスエーデン旅行を制限した。これには他の嫌がらせの意味もあった。一週間前にダライラマがスエーデンに来ていたからだ。
d0083068_12072337.jpg
(結末)スエーデンが遺憾の意を表明することで観光客数が戻ってきたが、スエーデンでは国がお金に負けたとこんな風刺報道がなされた。
d0083068_12112628.jpg
d0083068_12132688.jpg

ウンチすわりをしているのは誰が見ても中国人だ。手に中華麺まで持っているとは何と念の入れた描写(笑)。この風刺報道で両国間の関係は再度炎上したが今は沈静化している。


5、台湾に対して....

(事件)祭英文が台湾総統になる。
(報復)観光客が減り承認国を減らされるという圧力がかかった。
d0083068_12190911.jpg
d0083068_12220556.jpg
(結末)これは台湾にとってそれほどの打撃にならなかった。逆に日本や韓国からの観光客が増えたからだ。中国の報復が失敗した。
d0083068_12250627.jpg
さて、今日の話で分かったように、中国は物量、即ち人口の多さを武器に他国に報復してくる。人口の多さは他国を攻める武器であるが自国を苦しめる武器にもなる。明日はそういう話を書きたい。

by yosaku60 | 2018-12-24 12:25 | 時事放言 | Comments(0)
<< ワルンは持ち込みOKです。 世界戦争(その7;ニュースひろ... >>

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月