あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



三浦襄(その6)

d0083068_2062339.jpg松井、荒木の両氏は、
なぜにプナルンガン村に居たのだろうか。
両氏の戦死は、ングラライの、
いわゆるププタンでの戦死だったのだろうか。
この二つの疑問を考えてみたい。
写真はマルガに祭られる1372名の英霊。   
5万ルピア紙幣の肖像画に使われている、
インドネシア独立戦争の英雄、
ングラライもこの中にいる。
オランダとの独立戦争で彼が戦死したのは、
日本の敗戦から1年3ヵ月後のことである。
4年5ヶ月続いた独立戦争を思えば、比較的早い時期での戦死である。
なのに、なぜにこれほどまでにあがめられているのか。
彼の戦死は「ププタン」と呼ばれる勇敢な戦いであったからだ。
ププタンとは、バリ語で「終焉」を意味し、覚悟の自殺的戦死を意味する。
彼に率いられた96名の民兵は、全員マルガの地で玉砕しているのだ。
二つ目の疑問の答えになるが、
オレは、この96名の中に、松井、荒木の二人の日本兵がいたと思う。
なぜなら、ングラライの出身地は、マルガのあるバドゥン県であり、
率いた民兵は地元民(プナルンガン村も含まれる)である可能性が高いからだ。
さらに、マルガの英霊1372名の中に日本人12名の名があるが、
その中で出身の村の名前が記入されているのは、松井、荒木の二人だけである。
d0083068_19464577.jpg

他の日本人10名は、単に jepang と国名が記入されているだけである。
次いで、一つ目の疑問、両氏はなぜにプナルンガン村に居たかということであるが、
隠し事をする必要がない理由で、堂々と村に住んでいたようだ、とだけは思う。
12名の日本兵の中で、出身地、生年月日の双方が判っているのは、
両氏を含めて3名だけだからだ。
ネット情報によれば、マルガに祭られる12名の日本人は、
日本の敗戦後、連合国にに捕らえられ捕虜となっていた収容所から脱走し、
ングラライの民兵としてオランダ軍と戦ったように書かれている。
が、オレは12名がみな同じ行動をとった者とは思わない。
もし、脱走してから村に来たのであれば、村にいた期間は約1年である。
後々まで村人に慕われる業績を残すには、期間として余りにも短かすぎる。
松井、荒木の二人は、日本の統治時代より村に住んでいたのではなかかろうか。
で、村人の生活に影響を与えれる立場にいたのではなかろうか。
三浦襄については多くのことが語り継がれている。
それなのに、松井、荒木の両氏について、語られるものは余りにも少ない。
日本人の誰もが、現地にこういう立派な銅像が建っていることを知らないのではなかろうか。
オレはもっと、知りたい。
近いうちに機会を作って、地元のお年寄りの話を聞いてみたい。
by yosaku60 | 2012-01-25 11:09 | 帰らなかった日本兵 | Comments(1)
Commented by 上村 傳 at 2012-03-15 10:08 x
友人と楽しい日々過ごしていまますか。かほく市は13日に雪がつもりました。午後にはすぐ雪は解けましたが、ロンボク島は美しい浜ですね、写真みました。多分夕日も綺麗でしょう。
ワインは以外と簡単ですね私も今年の夏やってみます。
カホクワインを内緒で少し作ってみようとおもいます。
作り方ご指導お願いします。美味しい赤ワイン飲みたいですね。
<< 景勝地(パンダワビーチ) 三浦襄(その5) >>

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月