あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



おかしな国・ニッポン

日本人なので日本を悪く言いたくない。
が、今回は悪口を言いたい。
今国会で中国のジェノサイドを決めれなかったからだ。
その決めれなかった背景が余りにも貧しい。
次の記事を読んで欲しい。
おかしな国・ニッポン_d0083068_08064354.jpg
与野党いっしょになって中国のジェノサイドを決めようとしていた。
それが公明党の反対で決めれなかった....
ということになっているが、それだけではない。
与党(自民党)の中の親中派議員が決議案を止めた。
公明党もそれに乗ったというのが真相だ。
まずは、新聞記事から要点を抜粋する。
........

中国の人権問題の国会決議の採択が見送られた。
それについてNPO法人(日本ウイグル協会)が声明を発表した。
非難決議を推進してきた与野党国会議員に感謝する。
これは3月末から議論されてきた。
それを先延ばししてきたのは公明党だ。
今回、採択されなかったのも公明党が賛成しなかったからだ。
ジェノサイドに公明党は「証拠がない」という。
証拠はいっぱいある。
やる気のない政治家の言い訳だ。
G7の中でジェノサイドを言わないのは日本だけだ。
日本は人道犯罪に毅然と抗議する国になって欲しい。
世界の模範となる行動をして欲しい。
公明党の皆さまにも申し上げたい。
利害関係や政治的思惑以前に人間としてすべきことを考えて欲しい。
人間として許してはいけない問題だと認識を改めて欲しい。
こうしたウイグル人からの訴えを聞き入れなかった国会...
決議案が成立しなかったのは、政治家が中国に忖度したためである。
中国に忖度する政治家が実権を握っている。
日本国民は親中派議員の責任を問う動きを見せる必要がある。
......................

今回の元凶は自民党の親中派議員だ。
二階幹事長だと思うだろうが全てがそうでもない。
二階幹事長は決議案に賛成しようと思った。
それを止めた男がいる。
有本香がそれを暴露する。
おかしな国・ニッポン_d0083068_08410099.jpg
林幹雄という男の存在は知っていた。
いつも二階にくっついている。
ただ、その中身まで知らなかった。
こんな男がいたんだ。
おかしな国・ニッポン_d0083068_08433349.jpg
G7で菅総理は、中国制裁の多くを決めて来た。
中国包囲網の「インド太平洋構想」ではG7を引っ張った感もある。
全体を観るに敏感な二階は、決議案賛成やむなしと思った筈だ。
それを止めたのが林幹雄だった。
媚中派の二階は林の意見を由とし受け入れた。
二階はすぐに公明党に電話をした。
まもなく選挙が始まる....
公明党さんの有利になるよう働きかける....
だから決議案反対のまま突っ走てくれ.....
まあ、そんなところなのだろう。

公明党は何故に親中なのか。
いろいろあるのだろうが大きいのは創価学会の存在だ。
創価学会の池田大作が親中だからだ。
池田大作といえば今どうしているのだろう。
ベッドで横になったまま植物人間のように生きているとか、
死んでしまったのにそれを発表できないでいるとか、
いろいろだが.....そんな人物に左右される公明党。
憲法20条には「政教分離」が決められている。
それを無視し逆に憲法改正に触れさせない公明党。
こんな無茶苦茶がまかり通るニッポンがおかしい。

民主主義というのは多数決が基本だ。
少数意見ももちろん大事だ。
少数意見を拝聴することも大事だ。
だが、決める時は多数決だ。
そうしないと決めるものは決まらない。
決めなければならない時も決められない。
国会では全員一致でないと決まらないことが多くある。
憲法や法律で決まっている訳ではない。
国会の慣習でそうしているだけだ。
慣習をいつまで維持するのか。
全員一致は民主主義ではない。
それを民主主義と思っているニッポンがおかしい。

# by yosaku60 | 2021-06-18 09:21 | 国内時事ニュース | Comments(2)

アリゾナ州マリコパ郡の票読み手作業終了

長くなりそうだ。
まとめ方が難しい。
ごめん。
話し言葉で書かせてもらう。
アリゾナ州のマリコパ郡の票の確認作業の話だ。
209万票の確認作業だ。
手作業での票読みが終わった。
アリゾナ州マリコパ郡の票読み手作業終了_d0083068_11021212.jpg
どうも票数が足らなかったようだ。
噂によると20万票ほど足らなかったようだ。
だが正式にはまだ結果を発表していない。
一週間以内に発表する予定と言われるがよく解らない。
全部終わるまで発表を引き延ばす話もある。
全部終わるって、どんなこと??
確認作業を指示した共和党議員は少し不安を覚えた。
不正を見つけて発表しても選挙管理委員会はそれを認めない。
手作業での確認作業を信用できないといちゃもんをつけてくる。
その不安があるので事前に策を練った。
手作業と並行して科学的調査も行うことにしたのだ。
次の記事の「新たな選挙監査...」のことだ。
アリゾナ州マリコパ郡の票読み手作業終了_d0083068_16404054.jpg
それは何を意味するの??
まずは去年の選挙で結果が発表になったもの.....
これは集計機による結果で「①元集計」とする。
昨日終わった手作業結果を「②手作業監査」とする。
新たに加えた科学監査を「③科学監査」とする。
これら三つの結果で比較したいのだ。
例えば、②=③ で、明らかに ①と違う....
と言う結果が出れば、反論が難しくなる。
あらかじめそれを考えて現在、科学監査を加えているのだ。
科学監査には、去年に使われた集計機を使用しない。
監査指定会社が独自に開発した集計機を使う。
7月中には結果が全て出そろう手筈らしいよ。
その時、どういう結果が出るか楽しみだ。
民主党から反発がないのかって?
そりゃすごい反発があった。
特にCIAの反発が凄かった。
CIA(中央情報局)は、腐敗している。
CIAの次に腐敗しているのはFBI(連邦捜査局)だ。
CIAとFBI共に左翼化している。
それに司法省・司法長官も腐っている。
司法長官が腐ってるって、どんな風に??
すごいんだ。
思い出さないか。
トランプの時のウイリアム・バー司法長官....
彼が最初に「不正がない」と言ったので捜査が止まった。
あれが不正選挙を横行させた元凶だ。
CIAもFBIもそうだけど、司法長官もアメリカの癌なのだ。
現在はガーランド司法長官だけど彼も一緒だよ。
選挙の不正監査なんて行わせないとほざいた。
言い方を変えているが中身はそんなことだ。
アリゾナ州マリコパ郡の票読み手作業終了_d0083068_18371520.jpg
それって、おかしいんじゃない??
選挙はアメリカ合衆国連邦のものではないでしょう??
選挙は50の州が別々の権限で行うものでしょう??
そうそのとおり。
司法長官が口出しできる問題じゃない。
だから、アリゾナ州の上院議員が怒った。
怒ったのは、この人、ウエンディー・ロジャーズ上院議員だ。
アリゾナ州マリコパ郡の票読み手作業終了_d0083068_18351157.jpg
彼女の啖呵はすごい。
こんなんだけど.....
アリゾナ州マリコパ郡の票読み手作業終了_d0083068_11311257.jpg
直訳するね。

ガーランド司法長官よ、
アンタにはアリゾナ州の投票用紙や機械を触らせない!
さもなくば、アリゾナ州の刑務所に入れるぞ!
もしそれでもいいならやってみなさい!
アンタはテロリズムを阻止することに集中していなさい!
アメリカでもっとも腐敗してるのは司法省だ!!

すごいことを言う。
でも、州のことに連邦が首を突っ込んではいけない。
これがアメリカの憲法なのだ。
アリゾナの上院議員だけでない。
アリゾナの州の司法長官も同じように怒っている。
写真のアリゾナ州の司法長官のブルノビッチが、
連邦の司法省のガーランド司法長官にこんな書簡を送った。
アリゾナ州マリコパ郡の票読み手作業終了_d0083068_11555493.jpg
そうだ。
これがアメリカなのだ。
トランプが大統領権限をもっても各州の選挙に介入できなかったのも同じ理由だ。
が、これを聞くと、アリゾナ州マリコパ郡の票の監査は成功するように思う。
本当に成功するだろうかって??
不正が見つかりバイデンの勝利が取り消される可能性を示唆する報道もある。
アリゾナ州マリコパ郡の票読み手作業終了_d0083068_16423832.jpg
不正がみつかったら州議会はどうする??
それについてもウエンディー・ロジャーズ上院議員は語っている。
アリゾナ州マリコパ郡の票読み手作業終了_d0083068_04171470.jpg
深刻なものが見つからないように願っている....
既に死んでしまった人が投票している....
ここに住んでいない人が投票している....
そういうことを見つけることになるだろう.....
私達はそうした不正を見つけることになろう....
彼女のこの事前発言、
情報がなかったら言えない言葉だ。
それに非公式だが、
白紙の投票用紙の入った段ボールがあったことが言われている。
投票数が209万票に届かないのは確かなようだ。
そうなると面白い。
アリゾナ州の票の監査は今や全米が注目している。
最初は次の7つの州だけが注目していた。
ペンシルベニヤ州、ネバタ州、ジョージア州、
バージニア州、アラスカ州、コロンビア州、
ウイスコンシン州の7つだけだった。
それが今では、16州に増えている。
興味を持ち、マリコパ郡の監査場を見学に来ている。
マリコパと同じような監査を自分の処でも始めたい意向だ。
ペンシルベニア州では住民に意見を聞いてたよね??
そう、住民に票を監査するかどうか、その可否を問うている。
もう9万票の監査支持が集まっているらしい。
目標は10万票なので略成立する予定だ。
もしマリコパ郡の発表でバイデン票が取り消しになれば、
全米に広がる可能性もある。
ジョージア州の裁判はどうなったの??
いろいろあって裁判に先立ちヒアリングを行うことになった。
票の監査をするかどうかのヒアリングだ。
6月21日にそのヒアリングがある。
ヒアリングに先立ち裁判所で宣誓供述が行われた。
宣誓した二人の内のひとりは、ruby freemanだ。
覚えているだろうか。
私のブログでも取り上げた。
別の鞄から投票用紙を引っ張り出した女性だ。
監視カメラが彼女の違反を捉えていた。
アリゾナ州マリコパ郡の票読み手作業終了_d0083068_12393236.jpg
宣誓までして嘘をつけない。
選挙管理員会は嘘を逃れないと思ったのだろう。
昨日になって「票が紛失した」と公表した。
あってはならないことである。
あってはならないことをでっちあげて彼女の供述を助けようとしている。
票を紛失させといて誰も罪を被らないと言うことにはならない。
6月21日のヒアリングの結果が見ものだ。
ミシガン州でも裁判やってるんじゃなかったっけ??
そう、よく覚えてるね。
でも、それはMatthew Deperno ......
アリゾナ州マリコパ郡の票読み手作業終了_d0083068_15040931.jpg
という個人の弁護士の訴えなんだ。
集計機器が不正に外部に接続された証拠を握って争われている。
証拠がはっきりあるので面白い法廷闘争になりそうなんだ。
ということで、
民主党の選挙不正が次から次とあばかれる可能性がある。

# by yosaku60 | 2021-06-17 12:46 | アメリカ大統領選挙 | Comments(0)

この花の名前知りませんか。

バードパークの受付の横の大地に落ちていた花です。
この花の名前知りませんか。_d0083068_09411813.jpg
その数も少なくありません。
20個ほど落ちていました。
受付のバリ人達に聞いてみても誰も花の名を知りません。
3個持ち帰ってみました。
この花の名前知りませんか。_d0083068_08092656.jpg
今朝方、お手伝いのカデさんに聞いてみました。
見るのも初めてなので名前も知らないそうです。
直径10cmほどあって花弁がいっぱいあります。
花の名前を知ってる方、教えてください。

# by yosaku60 | 2021-06-16 08:14 | 日本=趣味・旅・お遊び | Comments(4)

ジャスミン一家とバードパークで遊ぶ

ジャスミンは小学6年生。
いずれ日本語を学ぶ学校に行きたいと私の家に通っている。
ジャスミンが日本語に興味を持ってくれるのは嬉しいことだ。
ジャスミンのパパは、鳥にとても詳しい。
鳥のいろいろな習性をパパから習っている。
パパの影響を受け娘2人も大の鳥好きだ。
そんな一家が「バードパーク」に行ったことがないと言う。
んで、一家をバードパークに案内した。
ジャスミン一家とバードパークで遊ぶ_d0083068_04180483.jpg
羽根を広げたクジャクがいた。
ジーハン(小2)は大喜びだ。
ジャスミン一家とバードパークで遊ぶ_d0083068_04193877.jpg
見るだけでなく触れることができるのが楽しい。
ジャスミン一家とバードパークで遊ぶ_d0083068_04200602.jpg
左はカミさん、三匹も手に乗って戸惑っている。
ジャスミン一家とバードパークで遊ぶ_d0083068_04211022.jpg
私の左手にも二羽止まった。
右手でシャッターを押す。
その動作が少々難しい。
ジャスミン一家とバードパークで遊ぶ_d0083068_04235430.jpg
ペリカンは白色と黒色の二色だけ....
大雑把すぎる。
大きい羽根に大きいくちばしも大雑把だ。
単に丸を描いただけの目も大雑把だ。
そんな大雑把さがオモシロイ。
ジャスミン一家とバードパークで遊ぶ_d0083068_04250772.jpg
日本名は「オオハナインコ」.....
オスとメスが色でわかる珍しいインコだ。
ジャスミン一家とバードパークで遊ぶ_d0083068_04274047.jpg
後ろにピンクの集団、フラミンゴ....
ジャスミン一家とバードパークで遊ぶ_d0083068_04332564.jpg
頭に鳥が乗って来て、固まったジーハン。
ジャスミン一家とバードパークで遊ぶ_d0083068_04352389.jpg
二人を見守るパパとママ。
パパは静かな男だが物知りだ。
鳥の飼育以外にも教えてもらうことが多い。
ジャスミン一家とバードパークで遊ぶ_d0083068_04365113.jpg
映画で「鳥の物語」を観る。
眼鏡をかけての立体映画だ。
小学生の頃に見て以来見ていない。
興奮した小学生の頃を懐かしく思い出す。
ジャスミン一家とバードパークで遊ぶ_d0083068_04400599.jpg
鳥のショーを観ることができる。
ジャスミン一家とバードパークで遊ぶ_d0083068_04504122.jpg
鳥の種類の違うショーが二つある。
これは二つ目のショー。
食べ物を捕獲する時の鳥を観察するショーだ。
空中で獲ったり水中で獲ったり、いろいろだ。
それを観るタバナン県から来た小学生たち。
ジャスミン一家とバードパークで遊ぶ_d0083068_04451816.jpg
日本では鳥のショーって見れるのだろうか。
鳥の種類の多いバリ島だからこそのショーかも知れない。
面白い、本当に面白い。
鳥って、何を考えているのだろうか。
ショーの会場の空はオープンだ。
会場を飛び立った大鳥は空を悠々と飛ぶ。
帰って来いというと、会場に降りてくる。
どうしたらこんな芸を教え込むことができるのだろうか。
鳥の先祖は恐竜だ。
恐竜だった頃のDNAが脳に残っているのだろうか。
鳥と遊ぶに大人も子供も関係ない....
って、ことはない.....
オレって昔も今も子供なだけだ。
それが結論(笑)。

# by yosaku60 | 2021-06-16 05:18 | 日本=趣味・旅・お遊び | Comments(0)

私は欲深くて、飽きっぽい....

鳥を飼う前に私は思っていた。
私が傍に行くと飛んできて私の肩に止まってくれる....
そんな鳥との相思相愛を望んでいた。

その通りになった。
私は欲深くて、飽きっぽい...._d0083068_08545879.jpg

私の両肩と頭に8匹全部が乗るスペースがない。
頭は剥げていて滑るので頂上に一匹しか乗れない。
場所を確保するために鳥たちが争うほどになっている。
だけど困ることがある。
肩に乗って興奮した鳥が私の首をつつくのだ。
鳥のくちばしは痛い、とても痛い。
愛情を示してくれているのだから、我慢、我慢...
と思って見るが、やはり痛い。
首にタオルを巻くと、今度は耳を噛む。
これも痛い、飛びあがるほどに痛い。
その痛さがいやで最近では肩に乗せないようになった。
私は欲深くて、飽きっぽい...._d0083068_09051559.jpg
てな言い訳をするが、
もともと肩に乗ってくる鳥たちを望んでいた。
そのとおりになったのに何を贅沢いうのか。
私は欲深くて、飽きっぽい....
いや~な性格だ。

.......

今日はジャスミン一家と「バードパーク」に行く。
ジャスミン(小6)も ジーハン(小2)も鳥が好きだ。
思いきり鳥と遊んでほしい。
日本語の勉強を頑張っている....ご褒美だ。

# by yosaku60 | 2021-06-15 09:16 | 日本=趣味・旅・お遊び | Comments(0)

カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月