あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2017年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧


マルガ英雄墓地とタバナン英雄墓地の見方

odayakanao さん、おはようございます。
ご友人をマルガラナに、ご案内し、
次は、タバナン英雄墓地に、ご案内したいとの書き込み拝誦致しました。
説明が多岐にわたるので、このブログをもって返答したく思います。

1、タバナン英雄墓地の場所

スバック博物館の小路を通り越し、左に大きく回ると信号があります。
その信号を渡って、すぐに左に廻ると、墓地前の広場に入れます。

d0083068_09015386.jpg
2、マルガラナ英雄墓地(?)とタバナン英雄墓地の見方

マルガラナには、すでに行かれたいうことなので、お分かりかと思いますが、
あそこは「英雄墓地」ではありません....というか、日本でいう「お墓」では
ありません。

by yosaku60 | 2017-07-26 09:07 | バリ島での独立戦争 | Comments(0)

独立戦争史跡巡り(タバナン地区)

大東亜戦争の日本兵のお墓をお詣りして、
ジャワ島、スラウエシ島、スンバ島を巡っておられる清水さん....
がバリ島に来られた。
独立戦争の史跡巡りにタバナン地区をご案内した。
朝の10時に出発、午後5時に帰るという、
7時間の史跡巡りを写真で紹介する。
d0083068_10063661.jpg
① ムンドックマラン

遠いところから行くということで、まずは、ムンドックマランに行った。
1946年4月14日、ングラライ軍が旗揚げ式をした処である。
2000人の兵が、バリ島中から、ここに集結した。
d0083068_10154189.jpg
集まった2000人の中に、次の10名の日本兵がいた。
ワヤンスクラ、マデスクリ、ブンアリ、ブンチャング、ブンマデ、
ニョーマンスニア、ニョーマンサヤン、マデプトラ、イクトット、イグデ、
d0083068_10113497.jpg
d0083068_11162250.jpg
②; ワナサリの戦い慰霊碑

1946年10月5日、
日本兵のブンアリとブンマデが10名の部下を従え、
オランダ軍と戦い、この地で戦死した。
d0083068_10184406.jpg
前に訪れた時も「ワンカップ大関」があったが、
今回も新しい「お酒パック」が御供えされていた。
日本人の誰かが、お詣りしてくれたようである。
d0083068_10195119.jpg
慰霊碑のあるお寺の同じ敷地内には、
神格化された、ガジュマロの樹がある。
d0083068_10243778.jpg
③;ベンケルアニャール

ムンドックマランを逃れたングラライ軍は、
次の司令部をベンケルアニャールに置いた。
その司令部跡にこんなお寺が建てられている。
d0083068_10290810.jpg
ここまでくる、観光客はいない。
村人に珍しがられる。
インドネシア30年の清水さんは、村人ともすぐに仲良くなる。
d0083068_10301969.jpg
④;タバナン英雄墓地

ワナサリで戦死した、ブンアリとブンマデのお墓をお詣りする。
d0083068_10392343.jpg
手前のお墓は、イスラム教徒の戦死者。
支柱の頭の形が違う。
さらにお墓の方向がメッカの方に向いている。

ところで、ワナサリの戦いでは、
ブンアリとブンマデは、こういう格好で戦死した。
d0083068_10341845.jpg
当時、その場所に埋められた二人を
戦後、タバナン墓地ができ、そこに移すため、掘り起こしたところ、
二人の骨は、くっついたままで離れなかったそうな。
で、タバナン墓地には、二人一緒のお墓に入っている。
800余名のお墓で、二人で入っているのは、ブンアリとブンマデだけである。

ここには、無名の日本兵のお墓もある。
7個あると思っていたが、数えなおすと9個あった。
墓守(左)に確かめると、全て日本兵とのこと。
d0083068_10430906.jpg

by yosaku60 | 2017-07-25 10:50 | バリ島での独立戦争 | Comments(1)

久しぶりにジョニーアグン

ジョニーアグン....
我がバンジャール出身のバリの歌手。
彼の始めた、無料のヨガ教室....
昔は、10人ほどだったのに、今はこんなに盛況です。
d0083068_08122680.jpg
右の黒い粒がジョニーアグン。
良く見えないので、もう一枚。
d0083068_08132727.jpg
黒い点の頭がでっかいののは、
彼は髪が長く、それを丸めているからです。
最近は、他の先生が来ることが多く、
ジョニーアグン本人が来ることはめったなく、
久しぶりに会えました。
d0083068_08150921.jpg

by yosaku60 | 2017-07-24 08:16 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

淑女連と早朝ビーチのひとときを

今朝のナシジンゴは、特に美味しく頂きました。
その理由...
写真を見て頂けたら、お分かりと思います。
d0083068_10184458.jpg
ゴルフ場が見たいということで行ってみたら、
こんな木がありました。
ジュルック・バリ(バリ蜜柑)....... 
と言う名の果物だそうです。 
随分と大きな蜜柑です。
d0083068_10231300.jpg
すっぱくなく美味しいとか....
私は、まだ食べたことがありません。

by yosaku60 | 2017-07-23 10:24 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

今朝は佳子さんに教えられました。

最近、毎朝のように佳子(Yoshiko)さんと出会います。
佳子さんは、毎朝1時間半、海岸を早足でウオーキング....
我々夫婦は、30分、遅足(?)でウオーキング.....
で、出会う確率、75%....
出会って、当たり前ですよね。
写真は今朝のもの...
d0083068_10100810.jpg
写真は2年前の佳子さんと夫のフイリップ(日本の我が家で)
d0083068_10125541.jpg
先日まで、フイリップも一緒に浜で逢えたが、
今、フイリップは母国のフランスに行っていて、佳子さんだけ....
今朝は、そんな佳子さんに、いろいろ教えられた。

佳子さん夫婦は、
フランスとバリと日本との「行ったり来たり生活」をしている。
そうした経験の中で、今回フイリップがインドネシアの永久ビザを取ったとのこと。
フランスの国内法とインドネシアの国内法との違いで、そちらを選んだとのこと。
その理由、教えてもらうも少々難しくて、よくわからない。

が、その理由はともかく「永久ビザ」のこと、
現在、我々も、どうするか悩んでいることなので参考になった。

なんで、悩むのかって?
来年でキタップが終わるんです。
で、永久ビザをとるか、
一般旅行者に戻るかを選択しなければならないんです。

一般旅行者に戻れば、再申請してキタスをとることになる。
が、それも少々面倒くさい。
永久ビザ...安ければすぐにでも取りたい。
が、その費用が高い。
永久ビザ取得には、ひとり約60万円かかる。
フイリップはお金持ちなので、簡単だろうが、
我々夫婦にとっては、二人で120万円は、ドスンと重い。

さあて、どうしようか。
いっそ、日本に帰ろうか、と思ったりしている。

と、我々が悩んでいることをそのまま打ち明けると、
佳子さんは、次のようにアドバイスしてくれた。

1、健康でいることが一番大事。
2、そのためには運動すること。
3、「老い」を思わないこと。
そして忠告してくれた。
4、「日本に帰ったら老いるわよ」

そうかも知れない。
我ら夫婦、今後どうするか、現在思案中。
佳子さんは、見てのとおり、美人でスタイルも抜群に良い。
そして健康だ。
そんな佳子さんのいうことなので、実践的に聞こえる。
今朝も、他人の意見に心が動きました。

ありがとう、佳子さん。
考えさせてもらいます。

by yosaku60 | 2017-07-22 10:50 | バリ島=人生のかかわり方 | Comments(0)

スーパーにあるレストラン

日本では、スーパーの入り口付近に、
ちょっとした腹ごしらえができる「軽食コーナー」があります。
ここバリ島でも、そんな気の利いたスーパーが出現し始めました。
d0083068_10161913.jpg
座っているのは、カミさん。
バリ島も変わりつつあります。
どんどん住みやすくなっています。

by yosaku60 | 2017-07-21 10:19 | バリ島=人生のかかわり方 | Comments(0)

ご助言ありがとうございます。

我々夫婦、現在迷っていることがあります。
来年の4月で、バリ在住10年を過ぎるからです。
「バリ島に10年住んでみよう」との夫婦の約束の期限が来るのです。
さーて、来年から、どうしようかと、夫婦間で話し合いが続いております。

そんな今朝、お会いしたヤマナカさん(写真)から助言をいただきました。
「日本ではお年寄りは大事にされすぎている」
「大事にされすぎたお年寄りは急に老けてしまう」
「老けない為にもバリ島はいいんじゃないですか」
d0083068_10220359.jpg

ここ10年、日本に帰っても一ヶ月いるだけ、
去年は、日本に帰っていません。
日本の生活が想像できなくなっています。
解らない中でも「さもありなん」とする、ご助言でした。
どうしようかな~
①、もうそろそろ夫婦ともども日本に帰ろうか。
②、日本が好きなカミさんが日本に住み、
  バリが好きな私がバリに住む(しばらくは夫婦別居)。
③、あと2,3年は二人ともバリに住む。

現在、思考中ですが、今朝のヤマナカさんのご助言で、
①を選ぶのは、少し遠のいた感じです。
ヤマナカさん、ご助言有難う。
それに焼酎と柿ピーもありがとう。
d0083068_10324082.jpg

by yosaku60 | 2017-07-20 10:32 | バリ島=人生のかかわり方 | Comments(0)

神の領域に侵入する牛

バリヒンドゥーでは、
交差点にある大木は神木として大事にされます。
その神木に畏れ多くも毎朝居つく牛がいます。
お供え物を食べるためです。
d0083068_09583135.jpg
紐なんぞありません。
裸牛です。
写真を撮ろうとすると、こんなポーズをとってくれた。
人間を好きなようです。
d0083068_10034336.jpg

by yosaku60 | 2017-07-19 10:04 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

「いい加減人生」に少々の責任が.....

バリ島で年金生活を送らんとする、
こんな爺にも優しく接してくれるバリ人....
へのお礼の意味で始めた日本語教育ボランティア。

なんやかやと始めてから2年過ぎた。
当初は、私も生徒も「お金関係なし」で気楽だった。
いってみれば、いい加減だった。

が、3ヶ月前から、学校(私立の語学学校)のシステムが変わって、
同語学学校の他の授業を受けている生徒だけに、
私の授業を無料で受けれるということになったのです。

で、生徒は私にではなく、
学校になにがしかの授業料を払っている人だけになったのです。
そんな一生懸命な生徒に教えるには、私は能力不足です。
最近、少々重荷になってきております。

でも、今の私がバリ人にしてあげれるのは、これくらいしかありません。
もう少し、頑張ります。

手前の男の子、中学生です。
こういう子が、日本語に興味を持ってくれるなんて、
なんとも嬉しいことです。
d0083068_10321697.jpg

by yosaku60 | 2017-07-17 10:32 | バリ島=人生のかかわり方 | Comments(3)

バリ島に熱中症はありません。

日本は35度を超える猛暑日が続いていて、
テレビでは、熱中症への予防が報道されています。
が、ここバリ島では熱中症はありません。
年間を通して気温は26度~31度です。
特に、最近は涼しくて.....
Tシャツと短パンだけでは、少し寒く感ずるほどです。

さて、今日は日曜日、
涼しい浜を求めて得体の知れない人が集まります。
まずは、こんな子供....
後ろのふとっちょがかわいい。
d0083068_10061538.jpg
女の子は走らない。
d0083068_10062832.jpg
小学生から中学生の集まり。
同じ学校ですか? に「違います」
同じ村ですか? に「違います」
親類ですか?  に「違います」
じゃ、なんなのだ? に「ダンスです」
ダンスって?    に「ダンスを趣味にしているグループです」
本当かいな?  に「本当です」
d0083068_10065207.jpg
じゃ、先生は、どこ? に「後ろにいます」
そうか、いたいた、なーるほど....
みんな、どこから集まったの? に「あちこちです」
あちこちって? 「カランガッサムからも来ています」
ええ? カランガッサムの子、手をあげて....
と、左の女の子が二人手を挙げました。
カランガッサムのどこ? に「アムラプラです」
遠い!! バリ島は平和です。

と、思ったら、こんな大人のグループ.....
d0083068_10165356.jpg
走ったかと思ったら、15分だけ。
あとはマットを引いて、軽いストレッチ。
見ていると、誰もが体がカチカチ....
体に柔軟性のない若者が集まって反省している集まり?
のように見えました。
d0083068_10193567.jpg
バリ島では、一体感を求めて、人が集まります。
でも、日本と違うのは、年配者がいなく、みんな若いということです。
そして、若者達、誰も「無理をしている」ように見えません。
あらためて...
バリ島は平和です。
平和なバリ島にいらしてください。

by yosaku60 | 2017-07-16 10:22 | バリ島=その日のできごと | Comments(1)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月