あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2015年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧


ジャワ島からの応援「Merkadi大尉隊(その2)」

Merkadi大尉は、何故にバリ島に来たのか。
駆け足で、その経緯を書きたい。

1945年12月13日、ングラライは、
数千人(pindha証言)の兵を率いて、
Kesiman の日本軍連成隊を襲撃した。
目的は、日本軍から武器を奪うことであった。
が、その襲撃計画は、スパイを通して日本軍側に知らされており、
何の成果も得られず、逆に全軍が散り散りに敗走する羽目となった。
ングラライは、ジュンブラナを経て、ジャワ島まで敗走した。

ジャワ島に渡ったングラライは、
ジャワ島からバリ全土の仲間に指令を出した。

もう日本軍が相手ではない、
これから来るであろうオランダに対して、
決然として戦えるよう準備するように….
との指令である。

バリ全土で、この指令に呼応するものが現れた。

例えば、Sugeriwaは、黒熊部隊を立ち上げ、
Badung南部において、オランダ軍パトロール隊を襲撃した。
同じく、Badung南部において、
Suwetia  と Tiaga  がオランダ軍パトロール隊に攻撃をしかけ、
オランダ兵10名を殺害した。
Tabanan では、数挺のカービン銃と竹槍だけで、
数名のオランダ兵を殺害した。
  
この時期、ジュンブラナ地区は、まだ空白状態であった。
ジャワ島からの武器の輸送や支援戦闘部隊の上陸が容易であった。
このことも加勢しての各地区の呼応であった。

ングラライは、ジャワ島に居る間に、
ジャワ島から援軍が送られるべく約束を取り付けていた。
あとで、知ることになるが、この援軍の約束は、全て実行された。
が、途中でオランダ軍に阻まれ、
援軍としてングラライ軍に加われたのは、
唯一、「Merkadi隊」だけであった。
上陸の時期が比較的早かったからである。

ングラライがジャワからバリに戻ったのは、1946年4月4日であった。
この時点、まだ、ジュンブラナ地区は、安全であった。
上陸地点は、ジュンブラナのYeh Kuningであった。 
オランダ軍に阻まれることなく、無事に上陸できた。

が、ングラライが戻ったことを知った、オランダ軍は、
ジャワ島とバリ島の往来を切断すべく、取り締まりを強化した。
その強化の直前に「Merkadi隊」は、バリ島に上陸した。
滑り込みセーフであったのだ。

とはいうものの、無傷ではなかった。
各地で、オランダ軍と戦いながら、駆けつけて来たのだ。

さて、この辺から、Pindhaの証言に頼ることにする。


(Pindha証言)

Munduk Malan にて、
民族闘争会議の方針を確認している時期であった。
ギリマヌク付近に上陸する手はずになっている「Merkadi隊」の
到着を誰もが待ち望んでいた。

Merkadi隊は、インドネシア海軍の陸戦隊であった。
各自が武器を携行する正規の軍隊であった。
闘争会議司令部の要請でバリ島に応援に来てくれるMerkadi隊。
そのMerkadi隊に失礼があっては、続く援軍が来てくれなくなる。

ングラライは、Merkadi隊を迎えるため、
Tjokorda Ngurahをギリマヌクに向けさせた。

彼は、10日間、探し続け、Yeh Embang村で、
Merkadi大尉に会うことができた。

その頃、Munduku Malanの指令本部がオランダ軍に攻撃された。
我々は、さらに北のBengkel Anyarに本部を移動した。

Tjokorda Ngurahに案内されたMerkadi隊が
ングラライ軍に合流できたのは、そのBengkel Anyar の地であった。

Merkadi隊の隊員は、全員が黒の野戦服を着て現れた。
軽機、自動小銃で完全武装している。
只、隊員全員が15~17歳からの者だった。
大人は、Merhadi大尉を含め、ほんの数人、
もっとも齢をとっていたのは、日本人のSelamatさん(曹長)であった。
このMerkadi隊には、ヌガラ地区の若者も同行していた。

私は、この海軍部隊の子供たちの勇敢さと精神力に、
心から尊敬の念を感じた。
何故なら、彼らは、ここまで辿り着くのに、
いくつもの困難を克服してきていたからだ。

バリ海峡を渡るときも、
敵に見つかり襲われたそうである。
その戦い….
最初に敵の自動火器の攻撃を受けた。
こちらからは、反撃をしなかった。
敵は全員死亡したものと思い、船に近づいて来た。
十分に近づいたところで、至近距離から手榴弾を投げ込み、
敵船を撃破したという。

ただ、この戦いで、味方の船も沈んでおり、
何十人の仲間が海の中に飲み込まれたという。

指揮官のMerkadi大尉について、彼らはこうも言っていた。
Merkadi大尉は、敵がどんなに撃ってこようと、
他の者達と違って、立ったままで指揮をとった由である。

何発かの弾が彼の身体や頭をかすめたようだが、
皮膚にタバコの火を押し付けたような傷跡が残っているだけであった。

更に、続けて、彼らはこうも言っていた。
Merkadi大尉は、神秘的な学問を修行していて、
それを実践している由で、
確かにその後のジャングル活動においても、
一切、コメや肉の食べ物はとらず、球根類のみしか食べなかった。

また、つぎのような経験談も話してくれた。
Pulukanのゴム農園事務所を攻撃した時であった。
オランダ軍は、前庭に配し、頑強に反撃してきた。
四角い前庭の四隅には、サーチライトと機関銃が取り付けられていた。
その四隅からの反撃であった。
この猛烈な射撃の最中に、Merkadi大尉は、
なんら普通と変わらぬ態度で歩き出し、
敵が守っている垣根へと近づいて行った。
ただ、この時、すでに日が昇り朝になっていたので、
海軍部隊は、退却せざるを得なかった。

このように、海軍部隊の隊員全員が
Merkadi大尉が彼らの指揮官であることに誇りを持っていた。

………

さて、こんなMerkadi大尉隊….
ジュンブラナの盆地にあるモニュメントに、
オランダ軍と二日にわたり戦う……と記録が残っている。

どのような戦いであったかは、記述がない。
が、私が思うに、

ジュンブラナ地区の兵員は、武器を持たず竹槍だけであった。
そこに現れた海軍部隊は、完全武装の軍隊であった。
そして、実際にオランダ軍と戦ってみせた。
強かった。
ジュンブラナ地区の者には、それが誇りとなり語り継がれた。
ということでのモニュメントのパネル記載ではなかろうか。

即ち、

1、ヌガラを経由して、ングラライ軍に合流したMerkadi隊、
  それにくっついて、ヌガラの若者がングラライ軍に入った。

2、そのヌガラの若い兵士の服は最後まで黒装束であった。
  Merakadi隊員も黒の野戦服であった。

これらが、Merkadi大尉が、
ヌガラ地区の人に敬愛されている証拠であり、
モニュメントのパネル掲載に結び付いていると思うのだ。


余談だが、
merkadi大尉の年齢をPindhaは、22歳と書いている。
(マルガラナの小冊子には、30歳としているが....)
これが本当なら、肝の座り方が、並はずれている。
by yosaku60 | 2015-08-31 16:51 | バリ島での独立戦争 | Comments(0)

ジャワ島からの応援、「Merkadi大尉隊(その1)」

ジュンブラナ県、Pulungan Batuの盆地にあるモニュメント….
d0083068_1472447.jpg

の、もうひとつの意味……、
その意味、私にとって「驚く発見」であった…..
と書いた昨日のブログ。

その「驚く発見」とは、
モニュメントにはめられたパネルのことです。
モニュメントの正面にある、次のパネル....
これは、
ここにジュンブラナ地区の独立闘争本部があった。
と書かれたもので、別に驚くものではない。
d0083068_14122983.jpg

問題は、右の側面に書かれた次のパネル...
d0083068_14132599.jpg

Muhaji海軍中尉がオランダ軍と二日戦った…と書かれている。

このMuhaji海軍中尉であるが、
Pindha がその証言集の中で書いている、Merkdi大尉のことだ。
Muhaji(ムハジ)を Merkadi(ムㇽカジ)と書くのは、
聞き言葉をそのまま文字に表した当時としては、単なる違いである。

また、階級であるが、モニュメントには、Letnan としている。
日本流にいえば、
Kapten;大尉、 letnan satu ; 中尉、 Letnan dua ; 少尉 である。
であるから、
Muhaji の階級が、中尉であるか、少尉であるか、
本当のところは分からない。

ということであるが、まあ、こんなミスは気にせずに、
Pindha証言に絞り、「merkadi大尉」を書き進めたい。
by yosaku60 | 2015-08-31 14:31 | バリ島での独立戦争 | Comments(0)

ジュンブラナのングラライ軍支援部隊本部

ジュンブラナ県は、
バリ島の最西部にあって東西に細く長い県である。
県の北側は山脈が連なり、南側の全域が海岸である。

北側の山脈は標高1000~1200m級の山々が連なる。
その山頂を境にし、北がブレレン県、南がジュンブラナ県である。

山脈に降り注いだ雨は、幾筋もの川になって南に流れる。
その川筋の全てが谷になる。

山頂から海岸までは10~15キロと幅が狭い。
で、全ての谷が海岸線の近くまで続く。
海岸から2キロほど北に進むと、もう平坦な土地はない。
谷や丘や渓谷や湿地や盆地が乱立する複雑な地形が拡がる。

盆地…..
d0083068_14535075.jpg
とにかく、これを書きたくて、
ここまで地形を説明してきた(笑)。

今回、ヌガラにお住いのFujitaさんから、
ご紹介いただいた、ジョンさん(右)
に案内され、そうした盆地のひとつに行ってきた。

ヌガラから6キロほど、
Pulungan Batu という地にある盆地である。

急坂を登り、急坂を降り、
それを何度も繰り返して盆地に入った。

しかし、最後の坂は、自動車が入れる道がない。
車を降り、林の中を歩くことになった。
d0083068_14132571.jpg

徒歩の途中に、数軒の家があった。
それらの家の庭を通らせてもらいながら、
着いたのが、このモニュメント…..
ここに、ジュンブラナ地区の、
ングラライ軍支援部隊本部があったのだ。
d0083068_1414357.jpg

ここに、どれくらいの兵士がいたのか?
ジョンさんは、1000人ほど、というがよくわかっていない。
なにも記録が残っていない。
が、あながちおかしな数字ではない。
当時、バリ中のどこの支部でも1000人程度の兵士がいた。
ここにも1000人ほどは、いたのだろう。

この本部、これもいつごろかは、解っていないが、
兵士が集まっていることがばれて、
オランダ軍の飛行機から機銃掃射されたとのこと。

すり鉢の底のような処だから、上には逃げることができない。
飛行機には竹槍も届かない(と、ジョンさんが言う)。
で、相当の数の兵士が死んだとのこと。
このモニュメントには、その慰霊の意味もあるそうだ。

が、もうひとつ、意味がある。
その意味、私にとって驚く発見であった。
それは、明日のブログに書く。
by yosaku60 | 2015-08-30 14:14 | バリ島での独立戦争 | Comments(0)

友(犬と牛)とも、しばらくのお別れ....

あと一週間で日本に帰る。
今回はちょっと長く、40日ほど日本に滞在する予定だ。
人間もそうだが、動物ともしばらくお別れする。
まずは、パンダ(犬の名)。
浜に行くと、どこからか現れてジョギングに付き合ってくれる。
写真は、今朝のパンダ。
オレたちがベンチで休む間、傍に坐ってジーと待つ。
別に飼ってるわけでもないのに、実に便利な犬である。
d0083068_10805.jpg

これも今朝の写真...
先日書いた森の中の子牛。
帰ろうとすると、どこまでも連いてくる。
手をなめさすと、いつまでもなめている。
油断していると、長い舌で手全体を口の中に巻き込み...
オレを食べようとする(笑)。
d0083068_101644.jpg

by yosaku60 | 2015-08-29 10:16 | バリ島=その日のできごと | Comments(2)

野生の白ウコン

手術が必要なほどの大きな腎臓結石があった、コミンの父親。
それが、白ウコンを煎じて飲み完治したとのこと。
その白ウコンを採取した場所に連れて行ってもらった。
そこは、隣の家の庭だった。
左がコミン、右は採取を手伝ってくれた隣の家の子。
d0083068_952996.jpg

採取した白ウコン。
細かい根が伸びているもの....
これだけ育つには、10年かかるという。
d0083068_9533958.jpg

by yosaku60 | 2015-08-29 09:53 | バリ島=慣習・伝統 | Comments(0)

田舎に行ったら帰ってこないグデ(5歳)

バリでは、女の子よりも男の子が大事にされる。
その結果、甘えた男の子が多い。
しかし、グデ(5歳)は、違う。
母親のコミンの躾が厳しいからだ。
茶目っ気があるが、甘えてもいない。

私には、恥ずかしがって近寄らないが、
かといっていじけていない。
なかなかに好ましい男の子だ。

そんなグデ.....
田舎に行ったら最後、家に帰って来なくなった。
パパとママが待つ都会よりも田舎の方が良いらしい。
と、母親のコミンから聞かされていた。


5歳の子が両親から離れて過ごすことを好むなんて?
もしかしたら、親の勝手があるんじゃないか?

こんな疑問は、グデに直接会えば解決する。
ってんで、グデの住む田舎に行ってみた。
田舎は、シンガラジャより20分の山の中だった。

久しぶりに会ったグデ。
サヌールで逢っていたころとは全く違う。
私にも、恥ずかしがらず、嬉しげに笑顔を見せる。
何よりも、走り回っている(黄色のTシャツの子)。
d0083068_11503746.jpg

ここがコミンの実家。
同じ年頃の遊び相手がいっぱいいる。
d0083068_11511143.jpg

子供たちは、みんな明るい(右端がグデ)。
これじゃ、都会に帰る気にならないだろう。
d0083068_11513128.jpg

グデにとって、ここが居心地の良い理由がもう一つある。
実は、コミンの夫の実家は、家から20mのお隣さんなのだ。
二人は、幼馴染....
ということは、グデにとって、
遊んで走り回る範囲の中に、
おじいちゃんが二人、おばあちゃんが二人いるってことだ。
いずれにしても、ここのグデは底抜けに明るい。

ああ、日本にも、こんな環境があったらな~(独り言)

コミンの実家から、10mほど小道を降りると小川がある。
この小川....
午後の5時ごろになると、マンデー(水浴)の人であふれるそうな。
「男も女も一緒なの?」スケベ心丸出しで聞いてみた。
「女は、こっち、男は、あっち」と、コミンが指さす。
その指先....すぐにお隣だ!
いいのか、男に裸を見られて....と聞いてみた。
「昔からそうだから、誰も気にしないよ」と笑う。
d0083068_1153821.jpg

よし、次来るときは午後の5時だ。
待ってろよ、村の衆!
by yosaku60 | 2015-08-28 11:53 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

シンガラジャの独立闘争記念碑

シャンティーの結婚式に出席したついでに、
シンガラジャの町にある「独立闘争記念碑」に寄って来た。
記念碑の正面に、Monumen Perjuangan Tri Yudha Sakti とある。
この意味がよく分からない。
が、闘争の記念碑であることは、間違いない。
d0083068_1446314.jpg

3人の兵士が立っている。
中央は、I Gusiti Putu Wisnu (多分、シンガラジャ出身)である。
ここでは、Wisnu の階級を Letkol としている。
letkol とは、Letnan Kolonel の略で、日本の階級でいえば中佐である。
Wisnuは、独立戦争当時は、Mayor=少佐であった。
日本もそうであるが、戦後に一階級昇進するのであろう。

Wisnu少佐は、ングラライ軍にあって、
ングラライが将軍であれば、副将軍の地位にあった。
正確に言えば、
「小スンダ人民闘争協議会」の「渉外担当参謀長」であった。
そんな彼、その立居姿を見て欲しい。
実に凛々しい。
実物もそうであったらしい。
Pindha が証言する、そんな逸話を紹介したい。
d0083068_14571210.jpg

(Pindha証言)

私がングラライ中佐とお会いした時、隣にはWisnu 少佐がいた。
二人は、いつも一緒である。
二者一体の如く、離れたことがない。
二人は、未だかって意見の相違という問題を起こしたことがない。
二人が一緒なのは、最近のことではない。
1937年のオランダ時代から日本の時代を経て、
そして今の闘争の時代もずーと二人は一緒に行動してきた。
親友と言うだけではない、お互いが尊敬し合っているように見受けた。
このような二人であったが、肉体的には随分と違った。
ングラライ中佐は、154cmしかなく小さく、
Wisnu少佐は、172cm、体重70kgと大きかった。
ングラライ中佐は童顔であったが、
Wisnu少佐は、色も白く、その口ひげはクラークゲーブルのようであった。
彼は、スラバヤでオランダ軍将校として日本軍に捕まったことがある。
その時、彼は日本兵から半死半生になるまで殴られた。
理由は、彼がオランダ人との合いの子(混血)に見られたからだ。
友人が、慌てて間に入り、彼はバリ人であって、オランダ人ではない。
と、説明し、その証明を見せて、やっと解放されたことがある。
それほどに、凛々しい顔つきなので、
どこに行っても娘さんたちの争奪の種になっていた。

ングラライ中佐は、上品で礼儀正しく、常に下の者を可愛がった。
また、ングラライ中佐の指導力は素晴らしく、
彼に会った者は、ことごとく彼から愛され可愛がられているという感じを抱いた。
それに比べ、Wisnu少佐であるが、
軍人としての義務を遂行するための規律に厳しく、
下の者は、ングラライ中佐よりもWisnu少佐の方を怖がった。

オランダ軍もWisnu少佐を恐れていた。
ングラライ中佐ならば、言うことを聞いてくれるかも知れない、
という交渉の余地をもったが、
相手がWisnu少佐であれば、なんの話し合いもできない、
と、交渉の余地すらないと捉えていた。



...........

そんなWisnu少佐、
ングラライ軍の長征には、最後までングラライと行動を共にした。
が、マルガラナの玉砕時の最後の96名の中には、入っていない。
何故なら、マルガラナに向かう前のブレレン県で、
ングラライ軍は解散したからである。

ブレレン県での解散であったので、
そこから近いシンガラジャ近辺の出身者は、全て故郷に戻った。
Wisnuも泣き泣き、ングラライと別れたのだ。

と言う訳で、Wisnu少佐もそうであるが、
マルガラナで戦死した兵の中には、ブレレン出身者がいない。

いや、一人だけいる.....
bung Canggu という兵士である。
日本人である。
彼はブレレン県出身と書かれているが、
ブレレン県から上陸して、バリ島に来たという意味にすぎない。
日本人の彼には、帰る田舎がなかったのだ。
by yosaku60 | 2015-08-27 15:06 | バリ島での独立戦争 | Comments(0)

シャンティーの花嫁姿はきれいだった。

d0083068_17562455.jpg右は、シャンティーさん。
サヌールのマッサージ店に勤めていて、
カミさんが好んで指名する娘さんだ。
揉まれるスピードの波長が合うそうな。
「結婚するときは、お祝いにいくからね」
と、約束して、かれこれ3年.....
このたび、本当に結婚することになった。

シャンティーは、なかなかに可愛い。
知り合った頃は、まるまるだった。
お年頃になって、全体に細くなった。
が、胸だけは痩せない!!!
男から見れば、ほんに可愛い。
d0083068_1885346.jpg

そんなシャンティー。
夫になるのは、船乗りのダル。
ダルとシャンティーは従兄妹どおし、
と聞くが、どんな従兄妹であるかよくわからない。
なぜなら、インドネシアでは、
「いとこ」も「はとこ」も「またいとこ」も
みんなひっくるめて、「いとこ(スププ)」という。
d0083068_1891014.jpg

さて、この結婚。
長い間、シャンティーの片思いであった。
ダルが振り向いてくれなかったのだ。
それが、ある日を境に急接近....
あれよあれよと結婚まで進んだ。
昔からシャンティーの胸の内を聞いているので、
本当にうれしい結婚だ。
結婚式は、ダルの故郷のシンガラジャであった。
シャンティーの友人のコミン(左)と一緒に駆けつけた。
d0083068_1812954.jpg

嬉しさを身体全体から発散したシャンティー.....
その花嫁姿、とてもきれいでした。
おめでとう、シャンティー!
d0083068_18161059.jpg

by yosaku60 | 2015-08-26 18:21 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

Jembrana県の探索(まえがき)

昨晩、ヌガラ(Jembrana県)より帰って来た。
Jembrana に行った目的.....
fujita Yasuhiroさんに逢うためであった。
Fujita さんにお会いする目的.....
Fujitaさんが得た日本兵のお墓の情報を教えてもらうためであった。
情報源は、Fujitaさんのご友人のジョンさんからであった。
NegaraのJemberawana Hotel で、お二人とお会いできた。
左がFujitaさん、右から2番目がジョンさん。
d0083068_9283167.jpg

実は、今朝....
あと30分でシンガラジャに出発する。
時間がない。
ヌガラでの取材報告は、シンガラジャより帰ってからにしたい。
で、今日は、軽く「まえがき」にとどめたい。
その「まえがき」も地図の掲載だけとしたい。
後日、ご期待(笑)
d0083068_932094.jpg

Gilimanuk
ングラライの要請を受けて来たジャワからの援軍....
インドネシア海軍陸戦隊の「Muhaji大尉隊」が上陸した処

Yeh Embag
そのMuhaji隊がングラライの迎えの者と逢えた処

Negara
Jembrana県の県庁

Yeh Kuning
ジャワに戻ったングラライがバリに再上陸した処
同じ名前が2か所あって、どちらのYeh Kuning か定かではない。

Pulungan Batu
ングラライ軍のJembrana支援隊の本部があった処

Sari Kuning Tulung Agun
日本兵11名が逃げ込んで殺された処
by yosaku60 | 2015-08-25 14:12 | バリ島での独立戦争 | Comments(0)

ヌガラに来ています(ジェゴク祭りを観る)

ヌガラの Jembarawana Hotel というホテルでの目覚めです。
おはようございます。
ぐっすり眠れて、気持ちの良い朝を迎えています。
夕べは、ヌガラでしか観れないジェゴク祭りがありました。
d0083068_8122773.jpg

ジェゴクは、竹を叩いて音を出します。
竹の大きさによって、出る音が違います。
一番低い音は、この大竹を叩いて出る音です。
写真の大竹(水色に塗っている)です。
d0083068_821464.jpg

こんなに太い竹になると、少々叩いても音が出ません。
若者が体を使ってばちを振り落として初めて鈍い音が出ます。
この鈍い音、耳からではなく、
皮膚から入って筋肉を震わして体に入ってくるのです。
一緒に行ったエヴィが 「内臓が震える」と、言っていました。
d0083068_1002287.jpg

踊りもあったようですが、
旅の疲れがあったので、ホテルに帰って、バタンキュー....
観ませんでした。
d0083068_8244885.jpg

by yosaku60 | 2015-08-24 08:26 | バリ島=慣習・伝統 | Comments(0)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月