あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2015年 06月 ( 40 )   > この月の画像一覧


6月のバリ島(その3)

6月も今日で終わり、
7月~9月は、バリ島のゴールデン季節、
島全体が、さわやかに空気に包まれ、
観光客も、多くなります。

それを見込んで、
開店する店も多くあります。

写真もそのひとつです。
右の男性、名前は、ヤンディー。
毎朝、挨拶を交わす仲間のひとり。
7月から、左の1坪ほどの店を開きます。
帽子とかTシャツを売るそうです。
d0083068_1184419.jpg

ヤンディー! 
オレはコーヒーを飲みたいんだけど!
と言うと、
「いいよ」との返事....ほんとかな?
のオレの疑問を察したようで、「浜に椅子を並べるよ」と言う。

一年契約で場所を借りての開店とのこと。
場所代、一か月いくらか聞かなかったが、
多分、5千円~一万円の間であろう。
by yosaku60 | 2015-06-30 11:09 | バリ島=社会・生活 | Comments(0)

6月のバリ島(その2)

見てください、この風!
6月のバリ島、こんな風が吹くのです。
d0083068_7342650.jpg

風に吹かれて、
浜辺のペンジョールも美しく泳ぎます。
d0083068_9452974.jpg

写真は、ピンドカン(バリ語)、
インドネシア語では、バリンバリン。
風が吹き、羽根が廻ると特別な音が鳴ります。
6月のピンドカンの音、とても勇ましいのです。
d0083068_7415271.jpg

今の時間は、午前6時半。
室内の温度計は、25度。
外は、さわやかな風が吹いています。
では、ジョギングに出かけてきます。
by yosaku60 | 2015-06-29 07:44 | バリ島=社会・生活 | Comments(0)

6月のバリ島(その1)

ここバリ島は、
学年の終りが6月、新学年は7月から開始。
この間一か月は、休校。
日本でいえば、
夏休みと春休みが一緒に来たようなもの。

おまけに、6月から本格的な乾季に入り、
空気がさわやかになる。
加えて風も吹き、涼しさが増す。

こんな6月....
バリ人は、楽しむことのみ考えるようだ。

年に一回の、バリ島芸術祭(アートフェスタ)も
6月14日~7月12日の約一か月開催される。

わがバンジャールもそうである。
青年団が主催する「お祭り」が三日続いた。
そして、今日がその最後の日。

広場には、ステージが設けられ歌声が響く。
d0083068_11121528.jpg

観客の子供たち、
このあと、ゲーム大会があり、
賞品をもらえるのを楽しみに待っている。
d0083068_1115335.jpg

by yosaku60 | 2015-06-28 11:15 | バリ島=社会・生活 | Comments(0)

奇跡を起こす徳之島のご婦人たち

昨日の用事のひとつが私の友人からの依頼で、
あるグループにバリでの楽しみ方をお世話することでした。

そのグループというのが、現在、徳之島に住む4名、と
過去、徳之島に住んでおられた1名、の計5名のご婦人。
後者の方は、現在、私の故郷の金沢に住んでおられます。
以下、「金沢の人」と語ることにします。

さて、5名のご婦人たち。

大海原を見て育つ徳之島という土地柄でしょうか。
全員がこせこせしておりません。

お話していて、共感の持てる方ばかりです。
そう思ったいきさつを聞いてください。

午前2時にバリにお着きになった、その日の早朝、ホテルにお伺いしました。
睡眠が足りている訳がないのに、みなさん元気で待っていてくれました。

そこで、驚くことをことを聞かされました。
デンパサール空港で荷物を受け取れなかったとのこと。
まあ、これは時折ある話で、それほど驚かなかったのですが.....

徳之島を出発した4名と金沢を出発した1名は、
ほぼ同じ時刻に到着の別の便を利用し、
デンパサール空港で落ち合うことになっていたが、
そのとおりにならず、空港で落ち合えなかったそうで、

じゃ、どうなったの.....
につづく、次の話に驚かされたのです。

落ち合えなかった理由は、
行き先が紛失している荷物の処理をしている4名の行動と、
予定通り到着した金沢の人との行動が、
ちぐはぐになったからですが、

そのいきさつ......

到着したデンパサール空港での徳之島の4名のご婦人。
金沢の1名と会えないのが気になるものの、
いずれ、なんとかなるだろうと、
自分たちの荷物の紛失手続きに追われていた。

困ったのが、金沢のご婦人。
空港で4名と会えない。
さらに宿泊予定のヌサドゥアのホテルの名前を知らない。
時刻は夜中の2時。

長時間待つも、まあ、なんとかなるだろうと、
タクシーをつかまえ、うろ覚えのホテルの名前を言うも、
どの運転手も、そんなホテルは知らないという。
そのうち、ある運転手が「まあ、乗れ」てんで、
そのタクシーにとりあえず乗車する。

タクシーは、金沢の人のうろ覚えのホテル名...
に似たホテル(実は全然別のホテル)に向けて走る。

その運転手がいったそうです。
「もしホテルが見つからなかったら、私の家に来ればよい」

金沢の人は、思ったそうです。
まあ、それもいいか。
2日後に移動するウブドのホテル名は知っている。
2日後にウブドのそのホテルに行けば4人と会える。
どうってことはない。

さて、ここでびっくりするのは、
やみくもにいい加減に走る金沢の人のタクシーと、

時間遅れで宿泊予定のホテルに向かう徳之島の4名の車、
実は、前後して並んで走っていたのです。

荷物の紛失処理をしていて空港を出るのが「遅れた」4名と、
4名に会うのに空港にとどまったため、出るのが「遅れた」金沢の人、
二つの遅れ方が、たまたま同じ程度だったのです。

で、同じころ、同じような道路を並んで走ることになったのです。

そして、
夜中の2時、車も少なかったのでしょう。
金沢の人、前を走る車に4人が乗ってるのを見つけたのです。
まるで、奇跡です。
で、抱き合って再会を喜ぶ結果になったそうです。

この話を聞いたオレ、
徳之島のご婦人たちのあっけらかんとした....
おおらかな気性に一目ぼれ....


まだあるんです。
紛失した荷物、なかなか探せないのです。
ホテルのスタッフの力を借りて、八方に連絡をとるも、
現在荷物がどうなっているかがわからないのです。

が、その時の5名のご婦人たち....

パスポートと現金があればそれで良い。
下着も歯ブラシもないが、そんなものは買えば良い。
荷物が届かなくとも、別に 「死ぬわけでナシ」

この「死ぬわけでナシ」....
おれがカミさんに、いつも言っている言葉。

オレ、嬉しくなって、5名のご婦人に、二目ぼれ....

歯ブラシと下着を買いに行く前に、
まず腹ごしらえ.......そんな5名がこの写真。
d0083068_10384798.jpg

見てください。
みんな、ばーらばら、自分勝手です。
友達のことなんぞ、気にしないように見えます。
要するに、それぞれが自由で、あるがまんま....
でも、これはこれで調和がとれているんですよね。
日本人は、周りの人に気を使いすぎ。
徳之島は、日本でないのかも......てなことはないけど(笑)

にしても、
「徳之島に遊びにいらっしゃいよ」のお誘い。
こんな人ばっかりの島なら、誘いに乗ろうかな....気になる心の動き!
by yosaku60 | 2015-06-27 10:39 | バリ島=知人の訪バリ | Comments(4)

週に一度は行きたくなる店

週に2度通う、レストラン「ムティアラ」は別格として.....

週に1度は行きたくなるレストランがある。
ムルタサリビーチの 「リアの店」 だ。

その理由いろいろある。

ひとつ、ビールが冷えてて美味しい。
ひとつ、ビールのつまみの「豆」は無料である。
ひとつ、ビールが安い。
ひとつ、料理が美味しい。

などがあるが、付属的理由だ。

メインの理由は、これ。
一日が終わり、暮れなずむ、ビーチ光景だ!
右上の空の黒点は、この時期に一気に増える「凧」。
d0083068_6395281.jpg

いいでしょう。
オレ、こんなの好きなんです。
こんなのが見れる「リアの店」の全景。
d0083068_910026.jpg

ここは、
バリ人の集まるいわばバリ人専用ビーチ。
まだ観光客には荒らされていません。

全景....いいでしょう。
オレ、こんなのが好きなんです。
(座っているのはカミさん)

さて、リアの店....
と言うからには、経営者は、リア。
骨董に造詣のある友人のMさんは、仏の顔にも詳しい。
そんなMさんが、リアを 「仏のほほ笑み」と評する。
そういわれると、そのとおり。
リアの笑顔に見守れながらのビールは美味しい。

そんなリアさんが右の女性。
お見せするのがもったいないので、ピンボケ写真....
ではありません。
こういう写真しか撮れなかったのです(ごめん)。
(隣は私の友人のいわなさん)
d0083068_65625.jpg

リアの店....困ることがひとつだけ。
カミさんがあまり、行きたがらないのです。
理由は、食べるものがない(メニューが限られている)からです。
で、カミさんから許しの出る、週に一度程度にしているのです。
でなければ、毎日でも...は、ないか、さすがに(笑)。

さて、今現在の時間は、午前6時。
6時にブログを書き上げたのには理由があります。

今日一日、とても忙しいのです。
朝、昼、晩に、三つの異質な用事が重なったのです。
三つとも「人」へのお世話に関係することですが、全員が初対面。
バリ人へのお世話が二組、日本人へのお世話がひと組....
でも、どれもこれも、楽しい用事です。
では.....そういう一日のスタートに平常心で「ファイト!」
by yosaku60 | 2015-06-26 06:11 | バリ島=レストラン | Comments(2)

アディへのお祝いは、ナップサックに

6月15日のブログの最後に書いた....

進級できたら、ご褒美をあげることにしている。
はたして、何を欲しがるだろうか。

についてだけど、
アディが欲しがる前におばあちゃんから、
「学校に行く鞄がいい」との提案がありました。

昨年の入学祝に鞄と靴をあげている。
それを言うと、
「ジャワに帰った時、鞄をおいてきた」とのこと。
なあるほど.....

バリの小学生の通学カバンは、
高価なランドセルではなく、ナップサックである。
安価だから助かる。

写真は、プレゼントのナップサックを背負う、
アディとおばあちゃん。
d0083068_9452159.jpg

ところで、この写真、
プレゼントした記念に撮ったものじゃありません。
オレは、そんなに趣味が悪くありません(笑)。
ちょっと、裏話があるんです。
つまらない話ですが、聞いてください。

このナップサックを持って行った時、
アディは大泣きしてたのです。
おばあちゃんが慰めるのですが、
泣き止まないのです。

理由を聞くと、
遊びから飛んで帰って自分の家に入る時、
玄関のスロープにつまずき、
転んで膝を強打したとのこと。
誰も悪くない、自業自得....
と笑いたくなるものの真剣な大泣きなので、
笑うに失礼(笑)。

このスロープ、写真の足元がスロープになっていますが、
ここではないんです。
この手前の平らなところです。
平らに見えますが、軽ーいスロープになっているのです。

軽ーいスロープと言えば、
サヌールのビーチ沿いの石畳を走る、ジョギング時、
石畳が軽ーく波を打っているので、
考え事をしながらジョギングしていると、
よくつまづいて、転ぶまではいかないのですが、
ヨロヨロと泳いでしまうことがあるんです。

オレだけじゃありません。
先日なんぞ、カミさんもありました。
カミさんも2㎝ほどの軽ーいスロープにつまづいて....
カミさんの場合、前のめりに手をついてしまったのです。

オレは、ヨロヨロとよろめき.....
カミさんは、お手つき.....

なんて、どちらも良い言葉ではありませんね(笑)
変な言葉を空想してごめん、話を戻します。

さて、泣き止まないアディに、私は、
アディ、ナップサック買ってきたよ....
これを背負って笑ったアディを見せてくれ....
と、泣き止ませる口実に使ったのです。

アディは、しぶしぶ泣き止み(多分、内心はうれしい)。
写真に収まってくれたのが、上の写真なのです。

見てください、アディの表情。
恥ずかしいのでしょうか、男の子らしく粋がった風にして、
眼だけは、まだうっすら泣いているのです。

この写真を見ると、ついつい吹き出したくなるのです。
アディ、おまえ、おもしろいよ。
by yosaku60 | 2015-06-25 10:16 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

店の名が「Baramundi」に決まりました。

6月11日のブログで紹介した、名無しの店。
ついに店の名前が決まりました。
Baramundi だそうです。

  (場所) Kesuma sari beach の北側、
    Jl. Duyun の突き当りにあるビーチ。

Baramundi......
誰もが知る魚の名前だそうですが、
肝心のオレが知りません(笑)。

7月1日オープンで、現在、追い込みで準備中。
たまたま来ていたオーナーに、
どんな料理......と、聞くと。

「インドネシア料理、それに西洋料理」。
そして、オレを日本人と見たためか、
「日本料理もあるよ」と付け加えるのです。
が、ホントかな。

であれば、食べるものならなんでもあるよ!
になるじゃありませんか。
まさにマチャマチャです。

ああ、なーるほど、だから店内のインテリアが、
色彩豊かなマチャマチャなんだナ~

次の写真、見てください。
奥のテーブルと椅子......
こんな高さでは、足が地面に届きません。
誰もこんなところには、座らないでしょう、きっと。
d0083068_1040476.jpg

でも、いんです、きっと。
これも、マチャマチャなインテリアの象徴なのでしょう。

でも、これだけそろったら、
マチャマチャを超えて、ゴチャゴチャかも.....
といっても、私は、この新しい店を馬鹿にしておりません。
好意的に見ております。

というのは、良い店は、従業員が長続きします。
エナ・ダイブのビーチ店.....
の男の従業員達、その数10人ほど、
私は古くから知っていますが、
みんな昔のまんま勤め続けております。
きっと、従業員の待遇が良いのでしょう。
で、私の判断基準に寄れば「良い店」なのです。

んで、そうした「良い店」に勤める、
幸せなウエートレスは、どんな女性陣なのだろうか、
と、眺めてみると......

なんと!知ってる娘さん(中央)がいるじゃありませんか。
d0083068_10463811.jpg

バリに住む日本人なら、知っているかも知れません。
日本料理の「ミルミル」で働いてた、ワヤンです。

ワヤンとは、彼女が18歳の時に出会って、
20歳の誕生日に成人祝いを贈った一年後に、
彼女は職場をウブドに変え、以後、時々、
メールで元気なことを確認し合うだけで、
2年ほど逢えていなかったんです。

それがここで、ばったり会った彼女....
今は、23歳になっていました。

店もゴチャゴチャなら、
人間関係もなんだかゴチャゴチャ....
と言っても、私にとっては、嬉しいゴチャゴチャです。

デニッに続きワヤンも幸せになって欲しいものです。
by yosaku60 | 2015-06-24 10:54 | バリ島=レストラン | Comments(0)

デニッがバリに帰って来た。

d0083068_12103070.jpgデニッ(写真)が
出稼ぎ先のマレーシアから帰ってきた。
6ヵ月ぶりだ。

ラマダン中は、お客が少ない。
で、経営者から、
「休みを取るなら今にしろ」と、言われたらしい。

かといって、航空運賃は自分払い....
と、不満をもらす。

さらに、給料は出来高払いで、
お客が少ないときは、ほとんど実入りがない。
母親に送金もできず、申し訳ない....
と、不満をもらす。

デニッの妹のコマンは、
サヌールのビーチのレストランで働いている。
もう3年になるので、給料も3万円を超える。
外国で働く、自分よりも高額なことがある....
と、不満をもらす。

契約は一年だから、あと半年したら、
もうマレーシアに行かない。
バリで仕事を探す.......
と、不満を漏らす。

さて、こうした、デニッの不満。
デニッだけでなく、バリ人の多くが労働条件、
特に賃金について、不満を持ちつつ仕事をしている。

では、賃金はいかほどなのか。

バリ人の賃金(月給)....
沢山の人から現状を聞いている。
が、正直言って、よくわからない。

噂ではなく私が直接に本人から聞いた話で、
もっとも安いのは、5000円、
もっとも高いのは、15万円であった。
多分、高い方は、もっと上があるのだろう。
上と下では、余りにも差がある。
ひとくちには書けない。

バリには、「求職」「求人」双方ともに多い。
求職も求人も簡単だが、転職も多い。
ここサヌールでの求職、求人は、
1、ホテル従業員(女性は清掃、男性はガードマン)
2、レストラン従業員(ほとんどがウエートレス)
が、もっとも多く、
その賃金は、1~3万円である。

平均は?.....って、難しい質問だね。
8時間の単純労働で、一万5千円てとこだろうか。
但し、これだけの給料では生活してゆけない。

で、なんらかのアルバイトをして稼ぐことになる。
この辺になると、外国人のオレには見えてこない。
どうして生活しているのか、不思議でならない。

.........

さて、デニッ、現在26歳、
5年前からの彼女を知っているが、
私は、彼女の頑張りに敬意を払っている。
d0083068_1211081.jpg

トルコ国で働き、母親の家を建て、
不足分は、インドで働き援助しなおしている。
その労働の過酷さも聞いている。
女がもっとも輝く年代を母親のために費やしている。

「デニッ、これからは、自分のために働かなくっちゃ」
とのオレの意見に、コクリと、うなずくも.....
多分、今後も母親のために尽くすのではなかろうか。

デニッ、幸せになって欲しい!
by yosaku60 | 2015-06-23 12:11 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

オレの助っ人「centaral computer」

今や、コンピューターがないと、やっていけない時代。
そのコンピューター、時々、エンストする。
日本にいる時、その道プロの友人がいたから助かった。

バリには、そんな友人がいない......ことが続いたが、
ここ2年、何でも相談できる人ができた。

Central computer という名の店のオーナー(写真)だ。
彼は、小さい修理ではお金をとらない。
有料ソフトも無料で入れてくれる。
で、今朝は、電源周辺の故障で、彼を訪ねた。
保証期間中ということで、無料でパーツを取り換えてくれた。
d0083068_14352065.jpg

コンピューターが故障で使えないのは、辛い!
その反動で使えるようになると、嬉しい!!
それが無料だと尚更に、嬉しい!!!
きょうは、嬉しい日だ!!!!
晩酌が美味しいぞ!!!!!

ところで、彼との会話....
私は、英語で喋りかけるが、途中からインドネシア語になる。
英語でもインドネシア語でも両方で知っている単語は、
インドネシア語の方が先に出て来るからだ。
どちらもそれほど上手くないから中途半端なのだ。
そんな私の喋り方に彼も戸惑うようだ。
簡単な説明はインドネシア語、難しくなると英語で喋ってくれる。
など、お互いに意思疎通が難しいと感じている。
が、なんとかなる。
by yosaku60 | 2015-06-22 14:35 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

イスラム教徒は、ラマダン(断食)に入りました。

雨がほとんど降らなくなったバリ、乾季突入です。
早朝は、涼しくて気持ちが良い.....
のですが、それは日本人の感覚。

バリ人にとっては、
涼しいを通り越して、寒く感ずるようです。

で、見て下さい。
前を行くバイクの女性の服装。
二人だけでなく、ほとんどがこのような厚着です。
d0083068_10401783.jpg

ついでに、もうひとつ、
右のバイクを見てください。
女性のお尻がサドルからはみ出ています。

お尻が大きいからではありません。
足の方を見てください。
小さな子供の足が出ています。
そうなんです。
運転者との間に子供が挟まれているのです。
3人乗りなんです。

といっても、まあ、バリでは、
普通の乗り方で珍しくもなんともありませんが、
昨日、帰った日本からのお客様の
3人乗り、さらに、4人乗りを見ての驚き......!
自分も経験した昔の驚きを思い出し何故か新鮮でした。

日本からのお客様......
全員から家に着いたとのメールがあり、ほっとしている。
でも、きっと、お疲れのことでしょう。
お休み、ください。

さて、今日は、日曜日。
既に、イスラム教徒は、ラマダン(断食)に入っています。
日中の市内の交通も、幾分、閑散としているように思えます。
でも、ヒンドゥー教徒の集まる、ムルタサリビーチは、
いつもどおりの日曜の賑わい.......でした。
d0083068_1114938.jpg

by yosaku60 | 2015-06-21 11:02 | バリ島=社会・生活 | Comments(4)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月