あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2014年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧


ジルバッブを被る女性に品格を感ずる

イスラム教の女性はできるだけ肌を見せないようにする。
そのための服装だが、肌を隠す厳格度や用途により、
ブルカ、ニカーブ、アバヤ、チャドル、ブルキニー、ヒジャブ、ヒマールなどがあるそうな。
が、ここインドネシアでは、それほど厳格ではない。
何も隠さないか、隠しても髪と耳を隠す「ジルバッブ」を被るだけである。
友人のMさんは、ジルバッブを被る女性に魅力を感ずるという。
写真は、サヌールビーチで出遭った小学5年生の生徒とその先生。
デンパサールにあるイスラム専門の学校だそうな。
ジルバッブのせいで遊び方も品があるように思える。
最近のオレ、Mさんに感化されてきている...ようだ。
d0083068_1511586.jpg

by yosaku60 | 2014-04-30 15:25 | バリ島=慣習・伝統 | Comments(0)

バリ人、不可解なり!!

オレは朝は強いが、昼になると少々ぐったりしてしまう。
夜になると、もう超ぐったりで酔っ払ってカミさんにくだをまいて寝てしまう。
勿論に早朝以外にビーチに繰り出すことなんぞない。
が、日曜日、来訪者のお付き合いで夕方のビーチを覗いてみた。
と、いるはいるは、人だらけ。
最近のバリ人、よーく遊ぶようになったんですね。
d0083068_18535582.jpg

さて、今日の話は、
4月14日に書いた「今日はクダサの満月」のつづきです。
あの時は、自信がないままに書いたのですが、
正確なところが分かったんです。
エヴィさんが、調べてくれたのです。
96歳の祖母が唯一知っていたそうです。
調べてもらったのは、
バリヒンズーの最も大きな行事である「ニュピ」の日取りです。
ニュピについて、簡単におさらいしてみます。

1、バリ人の宗教行事は太陰暦(月齢)を使う。
2、月齢の一ヶ月は、約29.5日である。
3、太陰暦でも12ヶ月をもって一年としている。
4、その12ヶ月には、次のような名前がついている。

第1月:カサ
第2月:カロ
第3月:クティガ
第4月:カパット
第5月:クリマ
第6月:クヌム
第7月:クピトゥー
第8月:カウルー
第9月:クサンガ
第10月:クダサ
第11月:ジェスタ
第12月:サダ

6、このトータル、即ち月齢の一年は、355日である。
7、太陰暦の一年は太陽暦の一年よりも約10日間短い。
8、バリの宗教行事のもっとも大きな祝事はニュピである。
9、ニュピはバリ人にとって新年(元旦)である。
10、第10月(クダサの月)の1日(ついたち)がニュピである。
12、ニュピは、太陽暦の3月(まれに4月)に行われる。

と、ここまで読んで、おかしいことに気づきませんか。
太陰暦で実施日が決められるニュピ。
であれば、太陰暦は一年に10日短いのですから、
もし、今年が3月5日がニュピの日であれば、
来年はそれよりも10日早い2月23日ごろになって当然です。
ですが、そうはならないんです。
いつも3月なんです。

なーーーーんでだ?
ずーと疑問に思っていたんです。

きっと、閏月(一年に同じ月を2度繰り返す)があるはずだ。
てんで、エヴィさんに調べてくれるように頼んでいたのです。
そうしたらあったんです....閏月が。

3年に一度ほど、閏月を入れるそうです。
そのことをマラサシというそうです。
マラサシの年は、13ヶ月をもって一年になるのです。
マラサシは、ニュピの月の次かその次の月を繰り返すことになっています。
即ち、第11月のジェスタが繰り返される場合は、
その繰り返された月を「マラ・ジェスタ」と呼ぶそうです。
第12月のサダが繰り返された場合は、
その繰り返された月を「マラ・サダ」と呼ぶそうです。
こういう操作をして、毎年3月にニュピを合わせているのです。

やはり、そういうことだったのか。
オレも納得だ。
が、納得できないことがある。

バリ人にとって、もっとも大きな行事「ニュピ」......
なのに、こういう操作をして、3月になるように合わせていることを
バリ人の誰もが(ほとんどの人が)知らないのが解せないのだ。

上の写真のビーチにあふれるバリ人。
この中にマラサシを知ってる人が何人いるだろうか。
もしかしたらいないかも知れない。
どうも、そんな確率に思える。
どうして知らないんだろう。
何がバリ人をそんなに呑気にさせるのだろう。
バリ人........不可解なり!!!
by yosaku60 | 2014-04-28 18:59 | バリ島=慣習・伝統 | Comments(0)

韓国船の転覆(日本の船員へお願い)

韓国船の転覆の話、
オワルと書いたが、思いなおして追加する。
数字的な理屈を書いて、知ったかぶりしただけのようで、
後味が良くないのである。

今、日本では船乗りがどんどん減っている。
プロの船乗りが少なくなっているのだ。
残った貴重な現場の船乗りに向けて話を追加したいのだ。

机上の勉強も大事だが、
それ以上に身体で知ることが大事だ。
それを言いたいのだ。
何かの機会に、日本に残った貴重な船乗りが、
この私のメモに触れてくれればありがたい。

昔のことを書く。
私は、GMが少ない時の現象、そしてその対処として、

1、傾斜してもなかなか戻らない。
2、大きな舵をとらない。

を、若かりし航海士時代にあっても当然に知っていた。

が、実は、「急旋回」が伴うことを知らなかったのだ。
船乗り経験20年程度では、まだ知らなかったということだ。
そういう場面に出遭えなかったからである。
そういうことにならないように、
知らず知らずのうちに、事前に処置していたからでもあろう。

で、私が「急旋回」を知ったときの経緯を書くことにする。

どうぞ、日本に残った貴重な船員達!
この私の経験談を参考に安全航行していただきたい。

大型コンテナ船(質量的に今回の船の10倍ほど)での話である。
アメリカ東岸から日本に帰る大型コンテナ船は、
最終寄港地のサバナという港で結構に多くの貨物が集る。 
貨物が満載になるのだ。
で、アメリカ東岸からは、パナマ運河を通過して日本に向かう。
太平洋は大きい。
コンテナ船はスケジュールが命なのでスピードが出る。
燃料はスピードの3乗に比例して消費する。
日本に着くころには、船底の油タンクが残り少なくなる。
と、どうなるか、船の重心が上に移行する。
これまで書いてきたGMが少なくなるのである。
前に書いた、顧客の都合により、GMが少なくならざるを得ない、
と言ったのは、こういう場合のことだ。
燃料を焚かなければ、船は走らないからどうしようもないのだ。

勿論、アメリカ東岸での貨物積載時に予定したことであり、
復原力が少なくなっても、日本まで安全であることの確認はある。
貨物積載を計画するターミナルもプロの集りだから、それくらいはしている。

が、現場で船に乗っているオレ、
GMが少ない時の転舵による外側傾斜を確認しておこうと、
日本着数日前に実験を試みたのだ。
想像されるGMをあらかじめ計算しておいた。
GMは28センチ(記憶が正しければ.....)であった。
実験を始める。
勿論、太平洋のど真ん中である。
付近に船はいない。
そして、海面は平穏である。
船橋の天井から糸で錘をぶらさげて、床に目盛を入れて、
傾きが何度何分まで分かるように準備し、
その目盛を刻々と記入するように、
読み取りと記入の乗組員2名を配置しておいた。

そして、舵をとった。
確か10度の舵をとったと記憶するが定かではない。
(齢をとったので忘れた:笑)
で、外側傾斜だが、これも細かな数字は忘れたが、
確か3度程度の傾斜だったように思う。

..........後日、この傾斜量を力学的に分解して、
   GMを逆算してみたら、やはり28センチとなった。
   初めて挑戦する、複雑な計算であった。
   海水の抗力を考える場合など流れがあることなので、
   或る程度の仮定を含めながらの計算だったので、
   それが、実量と一致したことに吾ながら驚いた。
   それ以来、私は、船は力学どおりに動く....
   との信念をもった(笑:おおげさだけど)。

さて、話はこれからである。
実は、この実験の時、私は慌てたのである。
乗組員には、そぶりをみせなかったが、今、白状する。
内心は、大いにあわてたのだ。

舵をとり少しづつ船は回頭し出した。
と、しばらくすると......どんどん回頭が早くなったのだ。

舵角量に相当する旋回を超えての急旋回なのだ!!!

舵を戻し、当て舵をとった(当て舵が危険なことは既知)。
その際、少しではあるが、傾斜が増えたのも体感で確認した。

ということなのだ。
白状すると、私もこうした際に急旋回することを知らなかったのだ。

今回、その急旋回の理由を解析してみたが、
他所では語られたことがないことなので、
私の独善であって、思い違いもあるかも知れない。

が、それはどうでもよい。
数字や理屈ではない。
体験し、体感することが大事なのだ。

私は、この急旋回の体験について、
「船自体が舵になる」との感覚で他人に語るようにしている。
一枚の舵にプラスして船自身がもう一枚の舵になったように思えたからだ。
私にとっては、そんな感覚での急旋回だったのだ。
感覚的な言い方であるが、数字よりも感覚が大事である。

日本に残った貴重な船乗りのみなさん!

多分、同じ実験をすれば、同じような感覚を持つと思うのです。
是非に、GMが少なくなる機会があれば、安全な状況にて実験し、
急旋回と傾斜量を体験し身につけて自分のものにして頂きたい。

今回の転覆事故、
韓国の船員に申し訳ないが、
あきらかに無知(無智)というヒューマンエラーである。
それで200人以上の死亡は痛ましいとか言いようがない。

客室を増やすために構造物を嵩上げしたことをひとつの原因に書いてる。
冗談ではない!!
会社の責任ではない。
そうしたことをわきまえた上で、安全を確保してゆくのが現場のプロの船員だ。
是非に、こうした事故の再発はあってはならない。

ついでに、現場の船乗りさんに言っておきたい。
ちょっと、専門的すぎるけど、現場の船乗りならば、普通に分かる話です。
GMが少なくなる場合のバラストの張り方であるが、
教科書では、バラスト半積時の遊動水のGM減少を警鐘している。
それはそうだが、半積にして船全体の重さを下方をにした方が
遊動水のマイナス要素をカバーして余りあることが多い。
一般論にとらわれず、個々のケースバイケースで各々計算して、
あらゆる手段をとって、GMの増加を計るべきです。
自分の船で計算してみてください。

本当に、オワル。

.....

明日からはバリ島の話.....です。
by yosaku60 | 2014-04-27 11:22 | 日本=知ったかぶりです | Comments(0)

韓国船転覆の真相その5(外側傾斜の増加)

さて、急旋回する理由を書いた。
急旋回するということは、遠心力が大きくなるということだ。
遠心力が大きいということは、
回頭の反対舷に傾くという外側傾斜がさらに大きくなるということで、
これは今まで説明したことで容易におわかりいただけると思う。

次に、操船者がこの急激な旋回と外側傾斜に驚くとどうなるかである。

操船者は慌てて回頭を止めるような逆方向の舵をとることになる。 
専門用語では当て舵という。
この当て舵の応力を見てみる。

船のプロぺラの位置は、船底に近ければ近いほど海水密度が高いため効率があがる。
舵は、このプロペラから出る放出流を受け止めて蛇効を得るので、
やはり船底に近いところに設けられる。

舵で発生される力は勿論に船を回頭させるように働くが、
もう一方で船体をローリングさせる縦方向にも働く。
舵は船底に近いところにある。
といことはどうなるかだ。
当て舵で発生する縦のモーメントは外側傾斜を助長させることになるのだ。
(絵を描けば分かりやすいだろうが、疲れたので省略(スミマセン)。

ということで、急旋回、急傾斜中に、
あわててそれを制御するような当て舵をとると傾斜をさらに大きくしてしまうのだ。
で、ここで転覆してしまうケースもある。

また、これらの急旋回、急傾斜の結果、
それに耐えれず傾斜舷に貨物が崩れたり移動したりして転覆する。

以上が、韓国船転覆の真相である。

最後に急旋回の量につき現場での感覚的なことを書く。

2等航海士が舵を5度しかとってないのに急旋回して慌てたと言っている。
航海中の舵角量は、5度~15度である。
で、5度といえば、もっとも少ない舵角量である。
が、こうした復原力が少ない状態で回頭すると、
5度の舵角を取り続けただけで15度の舵角と同じほどのスピードで回頭する。
このいつもと違う旋回の感覚....
加えて異常な外側傾斜......
知らなければ怖くなって当然だ........魔の海の正体である。 オワル 
by yosaku60 | 2014-04-25 18:12 | 日本=知ったかぶりです | Comments(0)

韓国船転覆の真相その4(転舵初動時の船の動き)

余り語られていないということを書いた。
勿論、専門書にも書かれていない。
何故に語られないのか。
そういう場面に遭遇することが少ないからだ。

要するに.....
傾いた船がなかなか戻ってこないこと.....
すなわち、
傾いた状態がながーーーいこと。
通常はながーーくなんてないから理論されてこなかったのだ。
が、ながいがゆえに見逃すことができないことが起る。
その間の力が解析されてない。

ながーーい、と言ったって、せいぜい20~30秒のことだ。
さて、この間の船にかかる力をオレ流に解析する。
それが今回の急旋回の正体と思えるからだ。

語られないことは、大きく次の二つある。

1、転心点の前方移動による影響
2、船の横ずれによる影響

d0083068_17295428.jpgひとつづつ書くことにする。

(転心点の前方移動による影響)

船が回頭する場合の中心点である。
船を上から投影した場合の重力の中心に近い。
通常はPと表記される。
pivoting point と呼ばれるからだ。
その位置は(図示のA)である。

このP点であるが、船が走り出すと前方の水を
押しながら進む抵抗で前方の見かけ重量が重くなり
P点は前に移動する(図示のB)

さらに、船が回頭する時、船は横に向くので、
その分、スピードがダウンする。
走っているものがスピードを落とすと、
どうなるかはお分かりですよね。
スピードダウンして加速度が変化している期間、
さらにP点は前につんのめる(図示のC)

さて、先に書いた遠心力に話を戻す。
遠心力は重量の中心にかかると省略して書いたが、
事実はこのP点を中心に船の前と後にかかる。
P点が前に移動したら、船尾の方の梃子が長くなる。
ということは、偶力として船尾を回頭の外の方にほおり出す力が大きくなる。
ということは、船首が回頭圏の内側に入り込むということでもある。
即ち、旋回を加速させるということになる。
これが、急激旋回の理由の一部である。

一部と書いたのは、全部でないからだ。
これに至る理由がある。
d0083068_17405032.jpg外側傾斜がながーい、
という理由からだ。

外側傾斜がながーいと
影響をながーく受ける。
その影響とは右の図示のとおり、
水の抵抗が増すという影響である。
傾いたことにより浸水面積が
増えるからである。

抵抗が増えると、
船は、その分早くスピードダウンする。

余計(急激)にスピードダウンするということは、
余計にP点を前方に移動させることになる。
P点が前に移動するということは、前述同様に旋回をあと押しすることになる。
こうした二つの相乗効果で船は急旋回する。


(船の横ずれによる影響)

さて、船が急旋回すると、どうなるかだが、
船は前方に進みながら、また回頭方向にも進みながら、少々横滑りする。
遠心力が生まれる前のそれまで直進してきた慣性力があるからだ。
直進の慣性を持ちながら回頭すると、船は横滑りしながら回頭する。
まあ、当たり前であることは、わかっていただけると思う。

で、横ずれしたあと空虚になった空間には、
海水がその空間を埋めようと、どーと入り込んでくる。
要するに横ずれ中は、海水も引き連れて横滑りするのだ。
この数値は、結構に大きい。
一万トンの排水量の船は、一万トンの海水を引き連れて、
計2万トンの力で横ずれすると言っても大げさではない。

この一万トンの力、
勿論90度の横ずれではないので、まあ、その10%ほどだろうが、やはり大きい力だ。
この大きい力がP点が前に移動し梃子が長くなった船尾部を押す偶力となる。

この偶力は、当然に旋回を助長させることになる。
これも急旋回に至る理由のひとつなのだ。

この力は、私はその程度を計算できない。
多分、実験値を含めた係数を利用して計算されるだろう。
ただ、船の操船中に横移動してしまった船、即ち横滑りを始めた船を停止させるには、
相当の力が必要なことは、水先案内の業務の経験の中から知っている。
で、相当に大きい数値になるだろうと想像できる。
by yosaku60 | 2014-04-25 17:52 | 日本=知ったかぶりです | Comments(0)

韓国船転覆の真相その3(遠心力による外側傾斜)

d0083068_1791838.jpg復原力をおさらいする。
Ⅰ図を見ながら説明したい。

B:浮力の中心

  海に沈む容積の中心。

G:船体重心

  船の重さの中心。
  G点が上に移動すると
  復原力が少なくなる。
  どんな場合にG点が
  上に移動するかであるが、
  
  1、貨物を上の方に沢山積んだ場合、
  2、船体の構造を上に嵩上げした場合(今回のケース)
  3、燃料が少なくなった場合、
    :燃料タンクは、船底付近の低いところあるので、
  4、船底に近いタンクのバラスト(海水)を抜いた場合、
  などがあげられる。

M:メタセンター

  船のローリングの中心点と考えてよい。
  この位置は水没面積と船の形状により決められる。
  特に横幅の広い船は、M点が高くなる。

こうしたそれぞれの点の中で復原力と直接関係がある、即ち比例するのはGMの量である。
これをメタセンター高さと言う。


(遠心力を考える)

上記基本的知識を頭に入れて、回頭時の遠心力による外側傾斜を考えてみる。

d0083068_1857941.jpg廻るものには遠心力が働く。
船の回頭も廻るってことだから、
当然に遠心力が働く。
この遠心力はG点を中心に
回頭円の外方向に向けて働く。

この外に飛ばされようとする、
遠心力に抗するのが海水の抵抗である。
この力はB点を中心に抗力として働く。

船は通常、B点よりもG点が上方にある。
で、Gにかかる遠心力が、
BGという梃子の長さで偶力として働き、
船を傾けることになる。
これが「外側傾斜」が起るメカニズムだ。

さて、これまで書いてきたのは、教科書に出ていることである。
これから書くことは余り語られないことである。
が、ここに急旋回、急傾斜の原因が隠れているのだ。
by yosaku60 | 2014-04-25 17:20 | 日本=知ったかぶりです | Comments(0)

韓国船転覆の真相その2(常識的な復原力)

復原力とは、傾いた船が元に戻ろうとする力である。
数字的なことはさておいて、
まずは、船乗りが感ずる感覚的復原力につい書きたい。

復原力のない船は転覆する。
船の航行の安全を考える上で、
復原力を保つことはいの一番に重要なことである。

が、難しいものではない。
船乗りは、それを感覚的に知っている。

復原力の大きい船は、少し傾いても直ぐに戻る。
復原力の小さな船は、一旦傾くとなかなか戻らない。

この「戻る戻らない」という感覚で復原力をとらえているからだ。

この元に戻る周期を「横揺れ周期」という。
横揺れ周期が何秒かを測れば、復原力を知ることができる。
横揺れ周期が長い場合ほど復原力が少ないのである。

という風に簡単なことであるから、
とりわけどうという技術的なことはない。
ではあるが、船乗りは、
いつもこの復原力のことを頭に入れておかねばならない。
あたりまえ中のあたりまえのことである。
by yosaku60 | 2014-04-25 17:01 | 日本=知ったかぶりです | Comments(0)

韓国船転覆の真相その1(まえがき)

1、2等航海士が「以前にもあの海域で同じことがあった。魔の海域だ」 

  なんて言ってる。
  海は海だ。
  全ての動きに理屈がある。
  冗談ではない、魔の海域なんて海にありえない。

2、船長が「舵の故障かも知れない」

  なんて言ってる。
  舵の故障があれば、堪航性がないということである。
  そういう船を出港させることが船長の職務違反である。
  そういこともわかっていない。
  船は出港前に必ず船橋での舵角と現場の舵の動きが
  合致しているか点検する。
  船橋担当の3等航海士と舵担当の2等航海士の間で、
  常務として行っている点検である。
  舵の動きは停泊中の岸壁からも確認できる。
  かも知れないなどと疑問のままで放置されることではない。

3、日本のマスコミが貨物の固縛に重点をおいた報道をしている。

  大洋航海でもあるまいし沿岸航海である。
  それも海は時化ていない。
  通常では貨物は動かない。
  通常では起らない傾斜があったので貨物が動いたのだ。
  貨物が動いたことよりも、
  この傾斜が何故に起ったのかを考えるのが本筋である。
  日本の報道も本筋を違えている。


で、オレはまたまた少々いらだっている(笑)。
というか、日本のその筋の専門家にもあきれている。
本当に知らないのかも知らない。
であれば、問題だ。
同じ事故がまた起きうる。
老骨にムチ打って、オレの見解を書くことにした。
by yosaku60 | 2014-04-25 16:55 | 日本=知ったかぶりです | Comments(0)

抜いてもらえなかった顛末

d0083068_1211373.jpgオレの左下の奥歯、
歯槽膿漏気味でグラグラしている。
時々、痛みも出る。
面倒くさいので抜くことにした。
で、行ったのが診療所(写真)。
プスケスマスと呼ばれる、
オレの家から2軒隣と便利な処。
先のお手伝いさんの病気の件で
病院や医者をいろいろ体験した。
どの医者も態度がでっかすぎる。
そういう中で例外的に親切なのが、
こうした地元公営診療所である。
親切な上に嬉しいのは、
治療費が安いこと、さらに全員が女医さんであるということです。
さて、ということで、診療所に行ったのが三日前。
若いはつらつとした歯医者さんでした。
勿論、女医さんです。
d0083068_1225192.jpg「分かりました、抜きましょう」
「ただし三日後になります」
「それまで、お薬をおのみ下さい」
と、処方されたのが、右の3種類のお薬。
このお薬代ですが、
初診料(150円)に含まれているんです。
で、無料なんですヨ。
さて、んで、今日がその三日でした。
で、抜いてもらいに行きました。
と、女医さん、やおらオレの血圧を測りだすんです。
「どうして血圧を測るのですか」と聞くオレに、
「血圧の高い人は抜いてはいけないんです」
「オレ、下の方、ちょっと高めなんだけど....」
「下の方は80を越える方は抜けません」
冗談じゃない。
オレ、この10年間は下の血圧が90を割ったことなんてない。
そりゃ、無理に決まっている。
で、事前に冗談半分でけん制してみたんです。
「オレ、白衣高血圧症なんです」
「美しい女医さんの前だとそれが激しくなるんです」
「ちょっと、高くても抜いちゃってください」
「もう年寄りなんで、どうなってもかまいません」
と、言うと、女医さん、笑いながら
「貴方が困らなくとも、私が困るんです」
と、いいながら測った血圧が、90~140。
やっぱりか。
「やはり、あんたが美人過ぎたんだ」
「ないしょで、抜いてくれませんか」
と、頼んでみても、やっぱりダメ。
いいかげんなところで妥協してくれるのが、バリ人なのに!
うらめしいかな、妥協がありませんでした。
しようがないか~と、オレが妥協するはめに、残念。
by yosaku60 | 2014-04-24 12:16 | バリ島=社会・生活 | Comments(4)

バリの物価(ボーリング代)

d0083068_10131978.jpg先日の日曜日、
クトゥとその甥や姪達と
ラーマヤーナの3階にある、
ボーリング場で遊んだ。
左からクトゥの姪のレリ。
これで中学2年生だから驚く。
次いでクトゥ。
次いで従兄弟連の最年長グデ。
さて、そのゲーム代だが、
一人250円ポッキリ。
靴代は料金の中に含まれていて
別にかからない。
日本の価格を知らないので、比較は語れないが、
6人で遊んで計1500円は安いのではないだろうか。
by yosaku60 | 2014-04-23 10:22 | バリ島=物価・修理費 | Comments(0)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月