あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2012年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧


日本敗戦までの4ヶ月半のインドネシア

独立養成塾は、海軍の前田精少将の言わば私塾でした。

独立に向けて陸軍に動きがあったのは、
小磯声明が出されてから8ヶ月経過した1945年4月29日でした。
すでに戦況が悪化し、補給線が絶たれていました。
独立準備調査会という、
「調査」の名がつけられた会合の設立です。

何もかもが遅すぎたのですが、
この日(4月29日)から日本敗戦(8月15日)までの、
4ヶ月半のインドネシア独立に関する動きは次のとおりです。


1945年4月29日、

独立準備調査会を設立する。
70名の委員が発表され、
この日からメラプティ旗(現インドネシア国旗)、
インドネシアラヤ(現インドネシア国家)の使用を許可される。
この調査会において、
スカルノは国体としてのパンチャシーラを提唱、
またインドネシア現行憲法の骨格もこの時期に決まる(6月)。

1945年8月7日

インドネシア独立準備委員会が設立される。
独立がカウントダウンに入る。

1945年8月9日

スカルノ、ハッタらは、サイゴンに発つ。
8月11日、サイゴンにて、
寺内寿一元帥(南方軍総司令官)による、
独立承認のセレモニーを受ける。
制空権、制海権も奪われ東京への交通が,
確保できない状況であったため、
日本は南方軍総司令部が代わって,
インドネシア独立承認を告げたのである。
独立は、小磯声明から一周年でもある,
1カ月後の9月7日に予定された。
 
1945年8月14日

スカルノ、ハッタらは、
サイゴンからジャカルタに戻る。

......

そうなんです。
スカルノ、ハッタがジャカルタに戻った次の日の
8月15日が、日本の敗戦日ですよね。
インドネシア独立を承認するはずの日本が、
突然にいなくなったのと同じです。
独立を約束した9月7日まで日本はもたなかったのです。
これじゃ、独立できません。
が、揺れにゆれて、その2日後の8月17日、
インドネシアは、独自の見解において独立を宣言します。
日本軍も連合軍もいない、
権力の空白を利用しての独立宣言でした。
独立宣言を決める8月16日、
たったの一日なれど分刻みで激動した24時間。
そこに登場するのが、海軍武官府の前田精少将。
でも、それはシークレット...
いよいよ、これを書けるところまで来ました(笑)。

が、書くのは、来年。
みなさん、佳い年をお迎えください。
by yosaku60 | 2012-12-31 16:25 | インドネシア独立戦争 | Comments(0)

マングローブに棲む蟹

d0083068_19435429.jpgオレの故郷は石川県。
で、冬のご馳走はズワイ蟹、
それにコウバコ蟹(雌)、
ほどの味はありませんが、
バリでも蟹がいるんですよ。
マングローブに棲む蟹です。
足が取れたりして、
出荷できない蟹が特別に、
安く買えるのは日本と同じです。
これだけで500円でした。
夫婦二人で一時に、
みんな食べきりました。
by yosaku60 | 2012-12-30 19:53 | バリ島=物価・修理費 | Comments(0)

小磯声明を受けて独立養成塾がつくられる

独立に向けて最初にインドネシアの要人が徴集したのは、
「独立養成塾」であった。

近いうちの独立...を約束した「小磯声明」が、
発表されたのが1944年9月7日。
その声明を受けてジャカルタに「独立養成塾」が作られた。
この「独立養成塾」のスポンサーは、
海軍武官府の前田精少将であった。
陸軍の統治するジャワにおいて、
海軍武官府は言わば治外法権下にある。
比較的に自由な活動がとれた。
が、前田は陸軍の統治に逆らうつもりはなかった。
何かの時に役にたつという長期投資のつもりで、
資金を投じたのである。
海軍武官府はまず調査部を設けた。
そこでインドネシアに熱い思いを持つ日本人を集めた。
その日本人を通してインドネシア民族主義者とパイプを持った。
そのパイプの先の集合体が「独立養成塾」であった。
この塾の運営は、一切がインドネシア人に任された。
軍事教育は行われずカリキュラムも文科系が重視された。
政治史はスカルノ、経済学はハッタが教え、
アジ史と社会主義はシャクリルが教えた。
塾長はスバルジョであった。
この四人は、以後のインドネシア独立宣言に、
大きな役割を果たすことになる。
ブログのクライマックスにも登場する(笑)。
是非に知っておいて欲しいので三人(シャクリルは省略)
の略歴を記しておく。

スカルノ;

ジャワ島東部の都市スラバヤ生まれ。
父はジャワの下級貴族の出身で小学校教師、
母はバリ人貴族の出身のヒンドゥー教徒。
大学卒業とともに、
本格的にオランダに対する反植民地運動を開始する。
1927年7月4日、オランダ留学から帰国した同志らとともに、
インドネシア国民党を結成。
インドネシアの独立と民族の統一を訴えるために、
各地で積極的に集会を開催し熱のこもった演説で聴衆を魅了し、
「民族の指導者」として認められるようになった。
オランダ植民地政府に逮捕され、
スマトラ島のベンクルに流刑となっていたが、
オランダを駆逐した今村均中将により解放される。
後にインドネシア初代大統領。

ハッタ:

西スマトラのブキティンギ生まれ。
生家は郵便輸送などを植民地政府から請け負う商家。
オランダ人子弟のための初等学校に通い、
オランダ語での教育を受ける。
1921年、オランダに渡りロッテルダム商科大学に留学する。
オランダ滞在中に、先住民留学生による学生団体である、
「インドネシア協会」に加わり、政治運動に傾倒。
ヨーロッパの労働運動や協同組合運動について見聞を深め、
ヨーロッパの左派知識人や活動家らとも交流。
1932年に経済学修士号を授与。
帰国するとすぐにインドネシア国民教育協会に参加し、
活発な評論活動や啓発活動などに励む。
この時期、民族主義運動の手法、独立国家構想などの点で、
インドネシア国民党を率いるスカルノと活発な論争を行う。
オランダにより流刑になっていたが、
スカルノ同様に、今村均中将により解放される。
後にインドネシア初代副大統領。

スバルジョ:

西ジャワの貴族の出身、ライデン大学に留学。
1935~36年にはマタハリ特派員として東京に駐在。
日本占領時は武官府で独立養成塾の指導。
その後、独立準備委員会の委員としても活躍。
後にインドネシア初代外務大臣。

....

以上であるが、スカルノとハッタのことで追記しておきたい。
独立時の大統領(スカルノ)と副大統領(ハッタ)は、
実質的に対等とされていた。
インドネシアでは、独立に活躍した勇士をもって、
地名や道路名にしている。
ジャカルタの空港を「スカルノハッタ国際空港」と言うが如し。
独立後の国家運営で、ハッタは、次第にスカルノと対立する。
で、1956年には副大統領を辞職するが、
その理由をハッタは語ろうとしなかった。
謹厳な人柄で、信仰心に篤かったといわれる。
by yosaku60 | 2012-12-29 19:06 | インドネシア独立戦争 | Comments(0)

サーフィンだなんて...

d0083068_1053523.jpg写真は今朝のアグン山。
サヌール海岸から見たもの。
最近のサヌール海岸....、
日本人サーファーとよく出会う。
今の季節ここの波が良いんだそう。
ある女性サーファーから、
「おじいさんもサーフィンしないの」
(おじさん)と、言ったのかも知れない。
けど、オレには、
そうは聞こえないんだよな~。
「70才でもやってる人いるよ」と、
今度は男性サーファーから。
立ったままで靴下を履けないオレが、
「ヨイショ」と、声を出すヒマもないほどの瞬間動作でボードの上に立てる訳ないじゃん!!
などとは決して白状しません。
「.....」と笑い返すだけ。
by yosaku60 | 2012-12-29 10:56 | バリ島=その日のできごと | Comments(3)

戦時下に日本に招かれたスカルノとハッタ

さて、戦時下の日本軍の悪政を書きましたが、
先に指揮官として今村均中将の人となりを書いたことと矛盾すると思いませんか。
実は、悪政を始めた頃、今村均はすでにジャワにいなかったのです。
大本営は、今村の温和な統治を由とせず彼を左遷させていたのです。
今村がジャワに来て8ヵ月後の早きに、左遷先はラバウルでした。
ラバウルに移った今村大将(左遷をカバーするため大将に昇進させた)ですが、
まずは、兵士に自給自足体制をとらせ、食料の確保を図りました。
生活のベースを安定させた上で、堅固な要塞を築きました。
その安定した堅固さを見て、連合軍はラバウル占領を諦めております。
次々と連合軍側に落ちる中、終戦までラバウルだけが無傷だったのは、
今村大将の指揮の元、最後まで統制が崩れなかったためと思われます。

脱線話が、長くなりましたが、
まあ、そんな訳で、今村を左遷させた大本営は、
インドネシア(ジャワ)の統治を思うが侭にしたのです。
で、今日は、「思うが侭にした」その中のひとつ、
スカルノとハッタを戦時中に日本に招いた話を書きます。
スカルノは、ご存知のインドネシア初代大統領(ハッタは、副大統領)です。

戦時下の1943年11月5日の大東亜会議のことです。
東京で行われ、主宰は日本の東条英機首相です。
参加したのは、
満州国の張景恵総理、
中華民国南京政府の汪精衛院長、
フィリッピンのホセ・ペ・ラウレル大統領、
ビルマのウー・バー・モウ首相、
インドからは自由印度仮政府首班チャンドラ・ボース、
タイ国からはワンワイタヤコーン殿下、
あとでいろいろ批判されますが、
まずは、みな独立を承認されたグループの集まりです。
この中にインドネシアは入っていないのです。
なぜなら、大東亜戦争の目的がインドネシアの資源のゲットだからです。
インドネシアを独立させたくはないんです。
でも、そんな本当のこと、インドネシアには言えません。
で、どうしたかというと、
スカルノ、ハッタのインドネシアの指導者については、
日にちをずらしたのです。
大東亜会議が終了し、出席者が帰国した後の11月13日に呼んだのです。
で、彼らが日本に滞在した17日間を接待漬けにしたのです。
で、独立の要求を言い出せないように仕向けました。
仮に、彼らが独立を要求してきても、
民族主義の盛んなジャワ島に限ることとし、
油田のあるスマトラやボルネオは、日本領土に留めておく、
というのが、大本営の思惑でした。
スカルノはジャワ島出身ですが、ハッタはスマトラ出身です。
一国の指導者にならんたる者、そういう日本の思惑なんてすぐに感じ取れます。
本音を隠す「嘘」なんて、すぐにばれますよね。
それをばれないと思うのが、「おごり」なんです。
インドネシア独立の功績は、スカルノとハッタを同等としておりますが、
ハッタがスカルノの日本一辺倒に不協和音を感ずるようになったのは、
この大東亜会議の後なのだろう、と、私は思っております。
by yosaku60 | 2012-12-28 11:44 | インドネシア独立戦争 | Comments(0)

スピンガン獲り

d0083068_10204371.jpgスピンガンは魚釣りの餌である。
ミミズのようでミミズではない。
ミミズよりも細く、
引っ張れば長くのびる。
それに、動きが素早く、
瞬間に砂に潜るので見つけにくい。
何度か挑戦したことがあるが、
一匹も探すことが出来なかった。
写真の彼はスピンガン獲りのプロ。
調子が良ければ、
30分で茶碗一杯ほどは獲るという。
茶碗一杯は40円ほどになる。
プロというからには、
それで生計がたつということであろう。
by yosaku60 | 2012-12-27 10:25 | バリ島=物価・修理費 | Comments(0)

何故に大東亜戦争に負けたのか

今回、インドネシアの独立と日本との関係を
調べるにあたり、これまで知らなかったことを知り、
驚いたことがあります。
インドネシア語となっている「ロウムシャ」の実態です。
日本軍は、インドネシア人をスマトラの鉄道建設や
ジャワの炭鉱開坑などに強制労働させました。
その労働は厳しく、やせ細って死者が出たり、
強制的に連れ出され若者が居なくなった村では、
米の収穫ができなくなり餓死者も出ました.....。
ここまでは、今までも知っていた知識です。
が、それだけではなかったのです。
日本軍は、インドネシア人をマレー半島まで連れて行き、
そこでも強制労働させていたのです。
これは知りませんでした。
ロウムシャを国外にまで連れ出してたのです。
これではまるで奴隷です。

このように日本軍は、戦争遂行のための
労働力は、インドネシア人を奴隷化することで得ました。
これでは現地人が不満を持って当然です。
さらに、食料は無理やりに供出させ、現地調達しました。
これも現地人にとっては、大変な重圧でした。
それに、軍隊までも現地調達しようとしました。
ヘイホ(兵補)、ペタ(郷土防衛義勇軍)などの現地兵です。
何故にこうした行為に及んだのか、
兵站が伸びきっていて、自前で賄えなかったからです。

昔、昔に読んだ「インパール作戦」を思い出します。
指揮した牟田口中将は、食料の不足は途中で調達し、
弾薬の不足は敵から奪う計画で、兵を前へ前へと行進させます。
補給がない行進で、兵はどんどんと病に倒れたことから
「死の行進」と呼ばれているという内容でした。
これも兵站が伸びきっていたための失敗でした。

大東亜戦争の目的は、
インドネシアの石油やボーキサイトなどの資源のゲットでした。
が、日本からインドネシアは、余りにも遠かったのです。
兵站の面で言えば、インドネシア人の理解を得て、
協力を得ることが絶対な必須要件だったのです。
なのに「バカヤロウ(有名な言葉です)」と、
強面のみで成就させようなんて、
嫌われることが解っており、どうにもなりません。

大東亜戦争に負けた原因としてよく言われるのは、
ミッドウエー海戦の敗戦です。
が、あれは、たまたま負けたのであって、
状況が変われば、勝ってたかも知れない戦いでした。
もっと、根本的なものに眼を向けねばなりません。
次に言われる原因は、国力の差(1対20)です。
それはそのとおりですが、それを言うなら、
日露戦争の時もそうでした。

あれやこれやで、
オレは、大東亜戦争の敗因は「日本人におごりがあった」から、
と、思っています。

そして、この「おごり」の出所ですが、
日露戦争に勝利した頃からの大衆迎合からでした。
大衆迎合では、個人の良識も、華々しい意見に埋没されがちになります。
さらに、この大衆迎合の出所ですが、つきつめてゆくと、
封建時代(江戸)を乗り切ってきた民衆の知恵に行き止るのです。
「知恵」ですから、普段なら佳い事づくめのはずです。
が、思いやりや、やさしさだけに「知恵」が集中すると、
「おごり」を咎める意見もかき消されることがあるのです。

また勝手なことを書きました。
次回からは、個人的意見を書き過ぎないように注意します(笑)。
by yosaku60 | 2012-12-26 18:01 | インドネシア独立戦争 | Comments(0)

何故に大東亜戦争に向かったのか

太平洋戦争という呼び名は、戦後アメリカ側から出た呼称。
このブログの目的は、
インドネシアに残った日本兵を書くことにあるから、
彼らの呼称であった、大東亜戦争を使いたい。
何故に、日本は大東亜戦争に突入したのか。
極端に言えば、
欧米列強の圧迫を受け、戦争にならざるを得なかった。
....と、
さはさりながら、外交の失敗から、無茶な戦争をしてしまった。
....の二通りある。
が、これらは、いずれにしても結果論である。
ここでは、そのどちらも述べる気はない。
違う視点から大東亜戦争に至った理由と、
それが負けて当然だった理由を書いてみたい。
まず、大東亜戦争に至った理由だが、
直接的には、1941年のハルノート(アメリカからの最後通牒)を
受け入れれずに、戦争に突入したことになっている。
が、その前に、1933年の国際連盟脱退があり、
さらに、その前に1905年の日露戦争、1894年の日清戦争がある。
これらの国際社会への日本の台頭がハルノートに結びついている。
では、何故に日清戦争になったのか、
いろいろあるだろうが、
オレは明治維新直後の征韓論がゆえと思っている。
征韓論は、明治維新の廃藩置県で職を失った武士の雇用確保に、
西郷隆盛が主張したものだが、西郷隆盛が敗れて一旦は下火になった。
が、海外への進出気運はそれでは収まらなかった。
それが証拠に、征韓論の翌年の1874年に台湾に出兵している。
このように職の確保を海外に求めたことが、
外国との軋轢を生み、ゆくゆくの大東亜戦争に結びついたと思っている。
さて、では、何故に征韓論が現れたかと言うことであるが、
オレは戦国時代の終焉が、その伏線にあると思っている。
明治維新時の廃藩置県で、武士はその職を失ったが、
1603年の戦国時代の終焉で、やはり多くの武士が職を失った。
で、この時は、各自が自分で海外に職を求め、傭兵となった。
1612年シャムにわたり王となった山田長政もその一人。
インドネシアでもそれはあった。
1623年に起きたイギリスとオランダの戦いの、
アンボン事件には、イギリス側に9名の日本人傭兵がいたことが記されている。
このようにアジア全域に広がっていた日本人傭兵だが、
1633年に本格的な鎖国令が出されると共に、補充がなくなり、
せっかく海外進出の芽があったのに歴史の中に消滅してゆく。
オレが思うに(えらそうに「笑」).......、
この鎖国令で、本来、海洋国家と農業国家の両面を持っていた、
あるいは、両面が進歩していった可能性がある日本が、
農業国家一本やりになってしまったのじゃないかと考えている。
立地環境から海洋国家としての芽がありながら、
それをつぶされ、農業国家一本になった不自然さが問題だった。
不自然であるが故に芽は消えないで残っていた。
で、明治維新後、すぐに征韓論を思いつくに至るのだ。
さらにその後、西欧にならって急に海洋国家になろうともしたが、
........時すでに遅かった。
遅くから伸びてきた日本は、出る杭は打たれた。
打たれ打たれて、四面楚歌になった。
その結果が大東亜戦争だったのである。
鎖国がなければ、海洋国家として、もっと早く、しかも緩やかに、
諸外国とつきあいができ、出る杭打たれるという状況にはならなかった。
結果として、大東亜戦争にならなかったのではなかろうか。
いずれにしてもナショナリズムが成熟していないが故に起こった戦争だった。
オレだけのちょっと偏った歴史観ですが、そう思うんです。
閑話休題......
大東亜戦争に負けて当然だったという話も、
私の見方で書きたいと思うのですが、
ここまで書くのに、随分と活字を打ちました。
明日のブログに延期することにとします。
by yosaku60 | 2012-12-25 15:01 | インドネシア独立戦争 | Comments(0)

日本軍政下のインドネシア(豹変した日本)

たった9日間でインドネシアからオランダを追いだした日本、
こんなにも短期間に駆逐できたのは、
独立を求めるインドネシアから、日本軍が歓迎されたからでした。
が、それもつかの間、日本はすぐに牙をむき出しました。
インドネシアは歴史教科書(中学三年)の中で、
こうした日本の豹変ぶりを次のように書いております。

民衆の心をひくため、日本は占領初期、
1、日本の国旗と並んで紅白旗(インドネシア国旗)の掲揚を許した。
2、オランダ語を禁止した。
3、日常生活でのインドネシア語使用を許可した。
4、インドネシア・ラヤ(インドネシア国歌)の歌唱を許可した。
を宣伝していたが、
このような人民へのソフト策が功を奏し
1942年3月8日のオランダ軍降伏すると、
その12日後の3月20日にはもうインドネシアの国旗掲揚は禁止され、
日本の国旗のみ掲揚することの政令が出された。

インドネシアの独立の為だなんて、
見え見えの真っ赤な嘘。
余りにも早い変わり身の早さです。
インドネシアは、日本のこうした豹変振りに戸惑います。
で、その後、強制労働、食料などの強制供出、
従軍慰安婦、捕虜や市民の虐待、が行われるようになるにつれ、
オランダ統治時代のオランダに対する以上の、
日本軍への憎しみに変わっていきます。
残念ながら、眼を背けてはならない事実です。
by yosaku60 | 2012-12-24 11:02 | インドネシア独立戦争 | Comments(0)

結局は、なにがなんだかわかりませんでした

カラガッサム県の県民が全部集まるスンバヤン(お祈り)があるから見に来ない?
と、誘われて、昨日の土曜日行って来ました。
場所は、アムラプラのサンドラブアナ。
朝の8時に着いたのですが、こんなにいっぱいの人。
d0083068_75525.jpg

お祈りの最前線は、すでにこんなにも多くの人がいて、
もう座る場所がなかったので、場外の草の上に、
d0083068_834287.jpg

座ったのが、これです。
左の娘さんが誘ってくれたウランちゃん、
スリ(手前)プトリ(奥)の3姉妹の中で、もっともしっかりしています。
d0083068_861140.jpg

何のためのお祈りなの?
ウランに聞くも、「知らない」と言う。
ウランが知らないのをスリが知ってるわけがない。
長女のプトリならと思い聞くも、彼女も「知らない」と、言う。
何のためのお祈りかわからなければ面白くありません。
英語が話せそうな人を探して、出会えたのが、この娘さん。
d0083068_8262772.jpg

アメッド(とても遠い)から来たと言う。
彼女が言うには、sembahyang untuku memuja tuhan であるとのこと。
これ、「神さまに祈りを奉げる」ってことだよね。
そりゃそうだろう...その中身のことを聞いてるんだけど。
それ以上は彼女も知らないという。
しようがないので、会場を見て廻ったら、
最前列で、こんなワヤン(影絵)をやっていました。
d0083068_8294759.jpg

真昼にワヤンをやっても、影絵が見えません。
どうなってるんだろう。
何がなんだかわかりません。
で、ウランの家に戻ったら、家では末っ子のアグスの誕生日のお祈りが....。
聞いていませんでした。
突然のことです。
アグスの誕生日は?と聞くと「1月22日」と、言う。
今は12月じゃないか、には、「だから今日が誕生日」と繰り返し言う。
まあ、よくわからないけど、アグスのお祈りをアップ。
d0083068_836536.jpg

要するに、昨日は、
アグスの誕生祝とカラガッサムあげてのお祈りに呼ばれたらしい。
誕生祝は、ウク暦での誕生祝い(「オトナ」というらしい)ってことだろう。
バリ人が使うウク暦は、35日を1ヶ月とし、これが6回(6ヶ月)で1年としている。
だから、210日に一回、誕生日が来るってことになる。
我々が使う暦との違いをバリ人は、すぐに計算できるようだが、これが不思議。
カラガッサムから家に帰ったのが夕方7時、
んで、12月 22日を調べてみると、
この日は、tumpek wayang の日であることがわかる。
楽器や舞踊、影絵芝居の道具に供物をささげる日、ということだ。
であるならば、一般的な催しとして、わが村でも経験している。
それなのに昨日はカラガッサム県全土でのお祈りであったことが解せない。
結局、昨日はなにがなんだかわからない日でした(疲れた)。

今朝方、お手伝いさんに、聞いてみた。
オトナ(誕生祝)は、tumpek Wayan と関係があるらしい。
でも、やっぱり解らない。
バリの祝日は、多すぎてややこしい(笑)。
by yosaku60 | 2012-12-23 08:53 | バリ島=慣習・伝統 | Comments(1)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月