あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2012年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧


バリにもカーナビがあった

d0083068_11345238.jpgバリにもカーナビがあった。
インドネシア全土の地図が、
内蔵されているという優れもの。
早速に購入、使ってみた。
音声案内もなかなか明確だ。
が、英語、ロシア語、スペイン語
など10カ国ほどの言語切り替えが
できるのに、その中に
日本語が含まれていない。
それに取り扱い説明書は、
インドネシア語だけ......
まあ、しようがないか。
by yosaku60 | 2012-08-31 11:36 | バリ島=社会・生活 | Comments(2)

これはなんだ!

d0083068_9411411.jpg足元の蟻を追い払っていると、
蟻と同じ大きさのこんなのがいた。
始めてみる虫(大きさ3ミリ)だ。
足が「ふわふわ」に隠れて、
ちょっとしか見えない。
老眼鏡が必要だ。
2本見える? それはおかしい。 
昆虫は6本だぜ。
触るのが怖くて裏返しにできない。
家に帰り図鑑で調べてみた。
ミツクリハバチの幼虫に似ているが、
大きさが全然違う。
なんだろうね、これ。
by yosaku60 | 2012-08-30 09:47 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

ガルンガン(お盆)の朝

d0083068_9564286.jpgオレのブログ、何を書くかは、
朝のジョギング中に決める。
楽しみにしている読者がいる。
毎日見れくれる人も、
ほんの数人だけど、居る。
その方たちに喜んで欲しく、
何を書こうか、
というより、何を知らそうか、
と考えることが楽しいのだ。
できるだけ、
今、見てきたこと感じたこと。
昨日、見たこと感じたこと。
を書くことにしている。
そういうことが複数あると、書くことがどんどん溜まってくる。
溜まりすぎて処理に困ると、いつの日かまとめて書くことになる。
その場合、それなりに題名を変え、写真もそれなりに選ぶ。
昨日の「バリのお中元」は、そんなまとめモノでした.....ゴメンね。
でも、今日のんは、違いますよ。
写真も10分前に撮ったものです。
ほんわか湯気まででています(笑)。
上の写真は、ジョギングを終えて、
d0083068_10151613.jpgカミさんを後ろに乗せ、バイクに乗っての帰りの道、
片手運転しながら、前を走るバイクを撮ったものです。
撮ったあとハンドルがぶれて、ちょっと怖い思いが(笑)
後ろに乗っているのは、みんなクバヤを着た女性です。
そして、みんな、お供え物を小脇にかかえています。
ガルンガンの当日だからこそ、撮れる光景なんです。
今朝のバリは、町中がクバヤ女性であふれます。
壮観ですヨ。
普段は家にいて忙しく表に出ない女性も、
この日は、おめかしして外に出てきます。
右の女性は、行きつけの店の隣の店の若奥さん、
めったに逢えませんが今朝は逢うことができました。
クバヤを着たバリ女性は、誰もがきれいに見えます。
見にいらっしゃいませんか、バリに......。
by yosaku60 | 2012-08-29 10:29 | バリ島=慣習・伝統 | Comments(0)

バリのお中元

d0083068_11343299.jpgあと、少しで8月も終わる。
今年の8月は、特別な月であった。
三つの大きな行事が重なったからだ。
日付を追って、順に書いてみる。

8月1日..........
8月に入るとすぐに始まるのが、
独立記念日に向けての準備。
そして、いろいろな行事。
サヌール祭りもこの時期にある。
この2週間は、
インドネシア中が騒がしくなる。

8月17日..........
が、独立記念日当日。
朝から催しもの、昼は行進、夜になると、
メラプティの国旗を掲げて、若者がバイクで走り回る。

8月19、20日........
イードルフィトリーと呼ばれる、ラマダン(断食)明けの日だ。
イスラムは太陰暦を使うので、一年に11日づつずれてくる。
で、今年は8月中に、この日がきた。
イスラム教の人にとっては、一年間の罪を許されて、
この日から新しく再出発できる日である。
家族全員が実家に集まって祝う。
出稼ぎ人が実家に帰る民族大移動がある。

8月22、23日........
実家から出稼ぎ先に戻る日が、この2日に集中する。
したがって、再びの民族大移動。

8月29日........
バリ人にとってのガルンガンの日。
いわゆる「お盆」。
バリ人はウク暦を使用するため、210日に一回のお盆がある。
で、今年は8月なったのだ。
この日のための準備は前日の28日から始まる。
都会で働くほとんどの者が実家に帰る。
バリ人の大移動があり、この間従業員不在で店も閉じる。
このお盆は、10日間続く。

9月8日.........
クニンガンと呼ばれる、お盆が終わりの日である。
バリ人は、海岸に出て先祖を供養する。

こうした訳で、
太陽暦、太陰暦、ウク暦と違う暦を使う三つの大行事が、
たまたま、今年は、この8月に集中したんです。
で、バリ人は、こうした大行事のついでに、お祝い品を贈ることが多い。
遅れていた結婚祝いや出産祝いをこの日に贈るのだ。
まあ、言ってみれば、「お中元」のようなものだろうか。
写真は、スーパー「テアラデワタ」に、並べられた、お中元の数々。
品物が底上げしてあって、豪華そうに見える。
ベビーチェアーに積まれた生活必需品のセットが多い。
価格は、2000円~1万円と、いろいろだ。
8月に入って陳列され、少しづ売れて昨日はこれだけ残っていた。
バリ人も大変なんです。
by yosaku60 | 2012-08-27 11:41 | バリ島=慣習・伝統 | Comments(3)

油を売るバリ娘

衣料専門店「ラーマヤーナ」の地下の駐車場です。
バイクに女姓店員が殺到しています。
が、自分のバイクにではありません。
誰かのバイクのバックミラーを利用しての「お化粧なおし」なんです。
いつ来ても誰かがいます。
次から次と、代わるがわる来るんです。
......人件費が安く店員がいっぱいて、
......お互いの仕事っぷりを干渉しない、
から、できることなのでしょうが、
息抜きしなっくちゃーね~
オレ、許しちゃいます。
d0083068_4185318.jpg

地下だけではありませんよ。
これは、裏口です。
制服が違いますが、全てラーマヤーナ女性店員です。
右の奥の方をみてください。
ワルンに集まって「お茶」しております。
職場放棄? いいんじゃないの、少しなら....、
楽しいこともあるから、安給料で働けるんですよね。
オレ、解ります。
d0083068_4244089.jpg

by yosaku60 | 2012-08-25 04:26 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

サヌールの潮汐

d0083068_1021595.jpg潮汐とは、海の干満のこと。
単に潮(しお)と、
言われることもある。
船乗りが「しおを見る」
とか「しおを知る」と言うのは、
潮汐により起こる潮流、
即ち、海水の流れをさす。
船を安全に、あるいは効率的に、
走らせるには、
大切なことなのだ....。
それでね、この「しお」だけど、
食べる塩も「しお」だよね。
かねてより、気になっていた。
どうして同じ「しお」なのだろう。
で、今ほど塩の語源を調べてみました。
と、やはりそうでした。
塩は海水から作られるから、海水の意味で、「しお」と、呼ばれたらしいのです。
読み方が先で、塩は当て字なのでしょう。
ついでに「潮汐」って、字ですが、潮汐は一日に2回あります。
朝と夕にあるということです。
だから、潮汐って書くのだそうです。
つまらない話から始まりましたが、今日の話はサヌールの潮汐についてです。
海に向かって間口が広く開き、遠浅の海岸では、潮汐が大きくなる傾向にあります。
海が割れるのよ~♪♪♪ 黄海の天童よしみの歌が思い起こされます。
まあ、それはおいといて(今日も舌が滑るバカなオレ)......
サヌールの沖合いには、珊瑚礁があります。
珊瑚礁に囲まれた遠浅のサヌール海岸には、当然に明確な潮汐があります。
上の写真は、今朝の引き潮時のサヌール海岸です。
右の方に黒くあるのは、藻が打ちあげられているからです。
夕べは、そこまで海水が来ていたのです。
その時は、船も海の中に係留されていました。
それが今朝になると、写真のように船が浜辺にあがってしまったのです。
この一枚の写真で、サヌールの潮汐、わかっていただけますよね。
で、右の写真は、しおが引いて、
d0083068_1023139.jpg海水がなくなってしまい、
6人で船を押しているんです。
「しお」は、大変でもあるのです。
さて、こんな潮汐ですが、
日本海には、ほとんどありません。
対馬海峡と津軽海峡で、
両端を絞られた、
袋の中の海だからです。
ご存知でしたか?
昔、船乗りだったオレ.....、
の、ちょっと知ったかぶり(笑)。
by yosaku60 | 2012-08-23 10:03 | バリ島=その日のできごと | Comments(2)

新しい店(KESUMA)

d0083068_1023728.jpg日本の友人から、
未だ残暑、のメールがあった。
それに対して、
ここバリは、残寒である。
寒すぎて困る。
特に朝方が寒く、
下着はパンツとTシャツ、
その上に、ステテコを重ね、
パジャマを着て寝ている。
さらに、足先の冷えるオレ、
時々は靴下まで履いて寝る。
この靴下だが、
マッサージに行った日は、
翌朝まで足がポカポカして、履かなくても眠れる。
そして、このマッサージだけど、最近はオレも贅沢になってネ~。
一時間では物足りなく、一時間半やってもらっているんです。
身体のマッサージ1時間のあと、足だけを30分追加してもらうんです。
と、少々ゆとりがあるので、足のマッサージの途中、うつらうつら寝てしまいます。
その短時間に夢まで見るんですヨ。
一人分の料金だけど、800円です。
でも、美人なので200円のチップ、んで、合計、一人1000円。
1000円で夢を見れるのですから、こんなにありがたいことは、ありません。
ごめんね、今日の書き方、ちょっと細かすぎるよね。
そうなんです。書くことがないんです。
だらだらとキーボードを叩いているだけです。
こんな日があってもいいでしょ。
平和なんですヨ~、腹の調子が良くないことを除けば.....。
んん 腹がどうしたのかって?
実は、昨日チョバ(試して)来たんです、例の店を。

d0083068_104626.jpgほら、前のブログに書いたでしょ。
kESUMA という新しい店のこと。
行って食べてきました。
夫婦で頼んだのが、
ナシゴレン(オレ)、
クラブサンドイッチ(カミさん)
オニオンスープ(カミさん)
ポテトフライ(オレ)
ビール(オレ)
この時の、ナシゴレン、
オレの胃袋に合わなかったのかも。
カミさんもオニオンスープは、
美味しくないとの評でした。
ただ、ビールはよく冷えてて、美味しく頂きました。
ツマミに豆もついてましたしね。
ええ、ビールが冷えすぎてて、腹を壊したんではなのかって?
そうかも知れません。
d0083068_1042283.jpgんん、まあ、ということで、
新しい店、KESUMAの評価ですが、
「ちょっと飲みに来る店」
というところでしょうか。
写真上は、ビーチサイドの入り口。
中は、カミさんが頼んだ、
クラブサンドイッチ。
下は、食事中に海の方を撮ったもの。
どうです。
雰囲気だけはよさそうでしょう。
食事をしなければ、OKって意味、
ご同感いただけますか。
by yosaku60 | 2012-08-22 10:23 | バリ島=レストラン | Comments(0)

独立記念セレモニー

8月17日は、インドネシアの独立記念日。
セレモニーは9時半から始まる。
2時間前から会場につめて撮った写真の一部を掲載する。
まずは、実施直前の練習風景。
本番では、こういう角度から写真を撮れない。
全員が中学生、しかも吹奏楽器は全て女生徒である。
d0083068_16204898.jpg

3名が左脇に抱えるのは、それぞれ別の内容の宣言文。
d0083068_16253542.jpg

後方に並んでいるのは、各バンジャール毎に衣装を合わせた婦人会。
ここも何故か、男は加わらない。
d0083068_1629880.jpg

国旗掲揚は高校生によって行われる。
それを見守る茶色の制服は、中学生、しかも選ばれた人のみである
小学生は、学校からの指示で見学には集まるが、式典には参加できない。
d0083068_16332681.jpg

国旗掲揚を実演した男性9名、女性16名の高校生。
この数字に何か理由があるのだろうか。
d0083068_16344838.jpg

式典が終わったあとは、アトラクション。
それに出演する生徒達。
d0083068_16375437.jpg

そのアトラクション。
d0083068_1640258.jpg

楽器を含めたアトラクション全景。
d0083068_16452348.jpg

もっとも気を引いたのが、独立戦争に参加したと思われる老人たち。
残念ながら、話す機会がなかった。
d0083068_16504362.jpg

by yosaku60 | 2012-08-19 16:53 | バリ島での独立戦争 | Comments(0)

独立記念日前夜祭

明日は、インドネシアの独立記念日。
今宵はその前夜祭、PAWAI OBAR という。
まずは、松明行列、
d0083068_21341047.jpg

d0083068_21343395.jpg

そのあと、広場で中学生による演奏会、
d0083068_21351076.jpg

d0083068_21353430.jpg

d0083068_21355583.jpg

があった。
by yosaku60 | 2012-08-16 21:38 | バリ島での独立戦争 | Comments(0)

新しい店探し(6月29日のつづき)

d0083068_1172688.jpg6月29日のブログの、
プトゥおばさんの店、
の話です。
行って味わってきました。
定番のナシゴレン(焼飯)を
頼んでみました。
んで、その味ですが、
油が多すぎて、
べとべとして、
食感がよろしくありません。
でも、店内には欧米人が、
いっぱい居ました。

欧米人は味にはおおらかです。
d0083068_1132307.jpg彼らにとっては、
気にならない程度なんでしょう。
が、オレはダメでした。
さて、先のブログにも書いた、
オレの店選びですが、
次の条件です。
①、ほどほどに清潔であること。
②、価格が安いこと。
③、従業員が親しみ易いこと。
④、料理が不味くないこと。
この中の価格について、
さらに細かく言えば、
ナシゴレンが300円以下、
ビールの大瓶が280円以下、
d0083068_1133150.jpgが条件なんです。
んで、この条件に入りそうな店があるんですよ。
kESUMA という名の店(写真上)です。
ナシゴレンが250円、
ビールも同じく250円です。
ビーチサイドにありながら、
この価格は安いよね。
十分に条件内です。
上から従業員のリナさんとイロさん。
二人とも好感が持てます。
あとは味だけです。
近日中に行ってみます。
by yosaku60 | 2012-08-16 11:35 | バリ島=レストラン | Comments(0)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月