あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2010年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧


ママ

d0083068_8514994.jpg「そろそろ、おばあちゃんちに行こうか」
オレ達夫婦が、月に一回は、語り合う言葉。
勿論、本人の前で「おばあちゃん」と呼ばない。
「ママ」と呼ぶ。
そのママがこの人。
嫁と一緒に小さなワルンを経営している。
一言二言だけだが、上品な日本語を話す。
その上品な日本語を覚えた彼女の過去に、
ほっとした興味を覚えて、付き合い始めた。
その付き合いは、もう2年を超えた。
今では、コーヒーを頼んでも、コーヒーだけでなく、
簡単な「付き出し」を添えてくれる。
そして、そーと、笑う。
可愛い人である。
by yosaku60 | 2010-11-30 09:17 | バリ島=人物往来 | Comments(2)

ジャラン・パンタイ

昨日の日曜日、
バンジャール(村落共同体)の青年部が主催する、
「ジャラン・パンタイ」があった。
日本流に言えば、「みなさん、一緒に歩きましょう」ってな集い。
オレ達夫婦も参加した。
まずは、約一時間の「歩き」。
d0083068_9413070.jpg

歩き終わって、集会場で休憩。
d0083068_9431287.jpg

が、休憩場所といっても、いい加減だ。・・・道路だったり、
d0083068_9452658.jpg

広場だったり、する。
d0083068_950887.jpg

日本だと、「どこどこでだれだれがこうしなければならない」との枠がはめられる。
が、バリは全てが緩やかなルールの中で、なんとなくコトが運ばれ、
そして催しの全てがハッピーエンドで終わるから不思議。
d0083068_950317.jpg

「歩きの集い」・・なんて単純な、とお思いかも知れないが、そうでもない。
前後の催しがあって、朝の6時に始まって夜の10時まで延々と騒ぐ。
バリの音楽(ガムラン)は、なが~い。
バリの踊りもいつ終わるか解らないほどに、なが~い。
バリ人の遊びは、全てが、なが~いのだ。
これ、朝の最初のゲーム。
小学(低学年)生のパンくい競争。
d0083068_951054.jpg

このあと、いろいろあったようだが、「歩き」で疲れたオレ達夫婦、家に戻って休憩。
で、夜の部のお楽しみ集会もオヤスミさせていただいた。
by yosaku60 | 2010-11-29 10:19 | バリ島=バンジャール | Comments(1)

ジャカルタからバリに

d0083068_8461315.jpgなんとなくザワザワしている。
いつもの静寂さがない。
土曜日だからだろうか。
・・・としたら、
バリも週休二日制が始まった、
ってことかも。
なんて、思ったりした、今朝のスガラビーチ。
その突堤に、二匹の絡み合う海蛇がいた。
オレが指差す、それを見て、
近くの人々が、更にザワザワし出した。
そのザワザワしたのが、下の写真のお嬢様方。
ザワザワの仕方がなんとなくバリ人でなさそうだ。
「どこから来たの?」と、インドネシア語で聞いてみる。
と、きれいな英語が返ってきて、ビックリする。
さもありなむ・・・・・、全員、ジャカルタの小学校の先生だそうな。

d0083068_98145.jpg全員が高学歴だ。 
休みを利用して遊びに来た、という。
いわゆる職場の同僚の小旅行。
勿論、お金持ちではなく、
ごく普通の娘さん達なのであろう。
インドネシアの経済は、
ジャカルタが発信元である。
毎年、5%以上伸びる成長率。
その発信元から来た娘さん達。
その屈託のない笑い顔、
そして、きれいな英語。
この国の成長率の確かさを実感!
by yosaku60 | 2010-11-27 09:55 | バリ島=社会・生活 | Comments(1)

早起き

日の出の時間が少しづつ早くなっております。
今日は、5時50分でした。
日の出に間に合うよう、5時に起きました。
朝早く起きると、一日をたっぷり使えますので、得をした気になります。
d0083068_72987.jpg

by yosaku60 | 2010-11-26 07:31 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

プトゥー(続きの続き)

d0083068_8345889.jpgオレのブログの掲載人物に、
女性ばかりじゃないの、イケメンを出しなさい。
と、女性の読者から、お叱りがあった。
ゴメン! オレは、人間が好きだ。
それも、生活の匂いをプンプンさせながら、
一生懸命に生きている人間が好きだ。
女性は、男性よりも弱い立場にある(通常は・・)。
で、女性の方の一生懸命さが目立つんだよなぁ~
だから・・・・、
てな、言い訳をしておいて、今日は女性の読者の
ために、男くささがムンムンする男を紹介する。
下の写真の店を経営する右の男である。
彼の店でコーヒーを飲みながら、彼の働き振りを
見ているだけで、オレは嬉しくなるのだ。
次から次と、新しい仕事を見つけ、こなしてゆく。
身体を一時も休ませない。 
それも、鼻歌を歌いながら嬉々として働き続ける。
さて、こんな彼、ヌサペニダ島の出身で、名前を「マデ」という。

d0083068_9142225.jpg次男・次女、6男・6女の呼び名には、「カデ」と「マデ」がある。
この「カデ」と「マデ」であるが、
彼の出身地であるヌサペニダに限らず、バリのどこでも平均に混在して、地域の特性がない。
が、3男・3女、7男・7女の呼び名の「コマン」「ニョマン」は、違う。
カナガッサム、キンタマニー、タバナンなどの田舎では、「コマン」が多く、
南部の都会では「ニョマン」が多い。
バリ人・・・・・んん、なんと複雑!
by yosaku60 | 2010-11-25 09:37 | バリ島=人物往来 | Comments(0)

プトゥー(続き)

d0083068_8101158.jpg今朝の浜のワルンでのヒトコマ。
駐車場の水溜りの水を飲みに来た牛達。
「ここは邪魔になるから来てはいけない」と、
牛にストレスをかけないようにやんわりと、
追いやっている左の男がワルンのオヤジ。
彼の孫が前出の2歳の「プトゥー」。
長男・長女、5男・5女の呼び名は、
「ワヤン」と「プトゥー」の二とおりある。
で、彼の孫は、何故に「プトゥー」というのか。
このオヤジが、カナガッサム出身だからだ。
カナガッサム、キンタマニー、タバナン、
などの田舎では、「プトゥー」が多く、
ヌサペニダ島を含む南部の都会では、「ワヤン」と呼ばせることが多い。
呼び名だけで、その人の出身地も想像できるってこと。
バリ人・・・そう、単純明快だ!
by yosaku60 | 2010-11-24 08:35 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)

これもプトゥー・・達

d0083068_8285035.jpg昨日は、2歳のプトゥーの話をした。
ついでと言っては失礼だが、他のプトゥーを紹介する。
まずは、早朝の散歩時に挨拶を交わすプトゥー。
ホテルの専用砂浜の清掃を担当している。
仲間とのおしゃべりに加わらず黙々と働く彼、
挨拶が丁寧で優しい、18歳。
特に、オレが好きなのは、彼の涼しげな眼。
どちらかといえば、濃い顔だちが多いバリ人、
その中で、今で言う、「草食系」の顔立ちをしている。
最近では、彼から声を掛けてくる。
そして、「挨拶できて嬉しい」と、
嬉しいことを付け加えてくれる。
プトゥー、汚れずにこのままゆけよ!
次いで、
下のプトゥーは、タンブリンガン湖畔のレストラン、「ギリン・ゲダン」で働く、プトゥー。 
可愛いので一緒に撮った・・・だけ、ホント。
プトゥーとは、長男か長女、または5男か5女の呼び名。
だから、バリ人には、プトゥーがいっぱいいる。
彼女に「プトゥー・・何?」と、聞き直すと、プトゥー・イクッと、下の愛称を教えてくれた。

d0083068_850881.jpg・・・が、みなさん、
彼女にとっては、プトゥー・イクッと呼ばれるのではなく、
プトゥーだけの方が、どちらかといえば嬉しいんです。 
彼女だけではなくバリ人はみなそう思う様ですヨ。 
みんな同じ名が好きって、どうしてでしょねェ~。
個性を軽んじ協調性を重視する、という風習から、
と思ってみましたが、どうもそうではなさそうなんです。
単純に、短い呼称が親しみやすくて好き、てなことのようです。 そして、余りしつこく聞くと、「どうしてそんなに呼称のこと、気にするの?」と逆に聞かれます。
呼ばれて解ればそれで良いんでしょうねェ~きっと!
ねえ~”プトゥー”
by yosaku60 | 2010-11-22 10:02 | バリ島=人物往来 | Comments(3)

プトゥー

d0083068_9451669.jpgこのブログは、「オレの日記」。
だから、今日あったことは今日に書く。
ということを出来るだけ心がけている。
そして、今日の話題が途絶えた場合、
過去の写真を引っ張り出して、
バリのあれこれを紹介する。
・・・っていうのを、
基本的な構成にしています。
実は昨日、話題が途絶えたので、
昔の写真から、バリの伝統的住居を
紹介しようとしたって訳。
が、今朝の浜で、もう「今日の話題」、
に出会いました。
で、バリの伝統的住居の話は、中断して・・・・、

d0083068_10125434.jpgさて、覚えていますか、上の写真。
去年の7月のブログ「幼い子供でも泣かない」で、
紹介した写真です。
この子の名は「プトゥー」。
今朝、久しぶりに彼に会うことができたのです。
それが、左の写真、大きくなったでしょう。
昔から、プトゥーはパンツをはかなかったが、
今日もはいていません。
で、「写真を撮るよ」というと、ポーズをとるのでしょうか、
シャツをまくってオチンチンを見せびらかすのです。
2歳で、もう「草薙 剛」をしているんですから、オマセです。
でも、こんなんで驚いてはいけません。
この写真を撮ったあと、プトゥーは、突然にしゃがみ、
その場でおしっこをしたんです。
そして、おしっこを自分の掌で受け止めて・・・、
さらに、それで顔を洗うんです。
d0083068_1043106.jpg「オイ、プトゥー止めろ!」なんて言っても平気。
右の写真は、母親の「コマン」。
「コマン、いいのか?」と、聞くも、
「tidak apa apa (気にしない)」と、コマン。
親子そろって、おおらかだ。
が、この、コマン。
亭主がちょっとぐうたらで、苦労の連続。
その苦労ついでに「ウブド」に引越し。
で、プトゥーにも、しばらく逢えなかったって訳。
「コマン、ウブドでの生活はどうなの?」
に、しばらく考え込んで 「ビアサニャ(普通)」・・・、
バリ人がよく使う、苦しさを紛らわす便利な言葉だ。
コマン、辛抱しろよ!
by yosaku60 | 2010-11-20 11:06 | バリ島=その日のできごと | Comments(4)

バリの伝統住居(玄関)

d0083068_10103270.jpg写真は、知人の家の玄関。
この地では、富豪のひとりの知人の家は、
バリの伝統的な造りで建てられている。
敷地全体が高い塀で囲まれるバリの伝統住居、
住居への入口は、この小さな「玄関」だけ。
で、その特徴だが、
①、門の幅を狭くして入りにくくしている。
②、入口を一段高くして、跨いで入るようにしている。
③、門をくぐると目前に「衝立て」がある。
・・・の造りをしている。
特に、③の「衝立て(アリン・アリン)」であるが、
外から中をみられない目隠しと、
門から住居への直行を妨げる障害物の意味がある。
このアリン・アリンに鏡を置いてある場合がある。
写真のこの家にも鏡があった。
「悪魔を追い払うため?」と知ったかぶりをして聞くと、
「いいや、襟を正して家に入ってもらうため」・・だそうな。
ということで、いろいろある、バリの伝統的住居の玄関だが、
要するに、”入りにくい玄関”なのだ。
門の幅を超える家具を買った場合、どこから住居に搬入するのだろうか。
って、いらぬお世話・・・でしょうね、きっと。
by yosaku60 | 2010-11-19 11:14 | バリ島=社会・生活 | Comments(0)

ゴキブリ

d0083068_98013.jpg日本にいたら気づかないこと。
床がタイルのバリだから気づくこと。
って、何だと思いますか。
ゴキブリの弱点です。
タイルの床で足を滑らせて(?)
ひっくり返って、仰向けになったゴキブリは、
もう元に戻れないんです。
そのまま、足をバタバタさせて、
疲れて死んでしまいます。
実はオレ、ゴキブリが大の苦手。
バリにはいっぱいいるんです。
バリ人はゴキブリをどう思っているのでしょうか。
お手伝いさんに聞いてみました。
が、「家にゴキブリがいないの?」って聞くと、なんと「居ない」と言うんでびっくり。
でも、次の言葉が面白い。
・・・・・「鼠がいるから」
by yosaku60 | 2010-11-18 09:18 | バリ島=その日のできごと | Comments(1)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月