あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


住所表示事情

d0083068_9181527.jpgバリの住所は、通り名に番地がついている。
が、目的地に着くのは容易ではない。
通りの名も簡単ではない。
突然に通り名が変わる場所があったり、
同じ通り名が離れて2箇所にあったりする。
番地も、順番に並んでいない。
NO.5の次はNO.6であると限らない。
で、住所だけで目的の家を探すのは難しい。
困るのがバリ人のあいまいさである。
近所にたどり着き、尋ねると、
それぞれに言うことがばらばらである。
例えば、北に200m、と説明を受ける。
で、その辺りに着き、再度他の者に尋ねる。
と、ここから東に500mと言う。
どれもウソではない。
単に説明がいい加減なだけなのだ。
だから、困るである。
で、簡単に住所にたどり着くコツであるが、
まず、バンジャール名(村落名)で大体の位置を説明し、ついで、ジャラン名(通りの名)を言う。
さらに目印として、バンジャールの集会場からの方向を聞く。
このようにすると、比較的簡単に探すことが出来る。
写真、行進は、「バンジャールタマン」の人々、
場所は、「ダナウブヤン通り」、
建物は、バンジャールの集会場、である。
by yosaku60 | 2009-09-09 10:17 | バリ島=社会・生活 | Comments(0)

にこやかに輪廻転生

他人におおらかである、バリ人の考え方。
それは、バリヒンドゥーの経典、輪廻転生から来ているように思われる。
ここで一部を紹介するが、葬式の儀式は、実に複雑である。
また、出生から一年の間、さまざまな喜びの儀式がある。
それらが、バリヒンドゥーの輪廻転生の考え方で繋がれている。
死生観が全体主義としてとり入れられ、合理的な社会形成となっている。
で、葬式だが、
昨日、5日間続いた大きな葬式が終わった。
近辺に住む住民、300人の合同葬儀であった。
まずは、合同葬儀場の入口を紹介する。
この中は紹介できないが、今回の合同葬儀のために建てられた社がある。
d0083068_924058.jpg

バリでは、人が死んだ場合、2回の葬式を行う。
最初は、肉体の葬式であり、火葬し、あるいは土葬(仮)する。
次は、魂の葬式であり、これは輪廻転生に元づき荘厳に行われる。
荘厳であるから、費用が莫大であり、なかなかできない。
で、お金を貯めて、貯まったら、みんなで割り勘で行うのである。
今回の葬式は5年ぶりであったそうな。
300人が集まるまで、5年かかったということである。
こうした合同葬儀、 
沢山の人で魂の葬式を行えば、良い生まれ変わりができるとも思われているからでもあるそうな。
合同葬儀場に魂を送る前に、死者の各々の菩提寺で魂を清める儀式がある。
写真は、菩提寺での儀式の一場面である。
集まっているのは、死者の親類や知り合いのみである。
d0083068_9284519.jpg

魂の扱い方が面白い。
お坊さんが、ガジュマロの木の高いところの枝を落とす。
輪廻転生の生まれ変わりの性別を決めるためである。
それが地面に落ちた際、葉が表を向いておれば男性、裏であれば女性、に生まれ変わるそうな。
当然、ガジュマロの葉は、魂の一部として、供え物に加わる。
写真は、このようにして清められた魂を合同葬儀場に運ぶ行列である。
d0083068_9565420.jpg

合同葬儀場に着き、社の中に入るための時間待ちの人々。
みな、にこやかな表情である。
魂は合同葬儀場で燃やし、その灰は全員で海に流す。
300人の死者の家族や知り合いが海に集まるから、大変だ。
多分、2000人は集まったと思われる。
9月5日の早朝、5時~8時、マタハリビーチに通ずる道路は、全て交通規制がひかれた。
魂はこうして、一旦海に流したあと、再度菩提寺に迎え入れる。
その後、家族は菩提寺で、6ヶ月に一度、お参りすることになる。
d0083068_101524.jpg

にこやかな笑顔、もう一枚紹介する。
左は親子3代だそうな。
多分、おばあちゃんの連れ合いの魂の葬儀であろうと思われる。
輪廻転生であるからゆえ、悲しさはない。
「写真とっていい?」
との私に、笑って快諾してくれた。
d0083068_109860.jpg

by yosaku60 | 2009-09-06 10:21 | バリ島=慣習・伝統 | Comments(0)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月