あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2009年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧


あつらえた枕

d0083068_13305674.jpgカポックという木の実から綿のような繊維がとれます。
昔からバリの人は、それを枕の中に入れていたそうです。
で、私もカポックを使った枕を作ってみました。 一個、2500円で、少々値段のはる枕です。
ここでは、既製品ではなく、なんでも新しく作るので、サイズが自由です。
50cm X 70cm の少々大きめの枕を作ってみました
写真で解るでしょうか、
中央部分が広くえぐれております。
ここにすっぽり頭が入るのです。
中央部の高さは2cmですが、頭が乗ってつぶれると1cmほどになります。
枕の周囲は、首全体を下から軽く支えるために膨らんでいます。
その高さを3~5cmにオーダーしました。
カポックは一見すると綿と同じですが、綿よりも形を作りやすいのです。
そうしてできた枕ですが、やっと自分の枕が見つかった感じです。
枕が合うと、睡眠が楽です。
姿勢正しく眠れて、熟睡できるようになりました。
by yosaku60 | 2009-07-30 13:36 | バリ島=物価・修理費 | Comments(0)

幼い子でも泣かない

d0083068_641181.jpg幼い子が泣いて泣いて、
泣き止まず、親を困らせる・・。
日本では、
こんな光景によく出会う。
が、ここバリでは、
そんな光景に出会ったことがない。
何が違うのであろうか。
プツと言う名の写真の幼子、
早朝の6時30分、
浜辺のワルンで毎日出会う。
が、未だかって、
泣いたのを見たことがない。
by yosaku60 | 2009-07-29 06:10 | バリ島=社会・生活 | Comments(0)

チーム・ヨシイ

d0083068_9164512.jpg18歳~22歳までの若者が競う、
バンジャール対抗のフットボール。
17チームが参加している。
現在、我がバンジャールは、
3勝1引き分け、得点10点、失点1点
で、トップを走っている。
強い!
昨日は、やはり2勝1分けでトップを走っていた強豪との試合であった。
しかも日曜日とあって、観客も多かった。
そんな大事な試合に、選手(25名)は、
私がプレゼントしたユニフォームを着て戦ってくれた。
写真のユニフォームである。
チーム名の上に私の名 yoshii  と書かれている。
試合前の紹介も「チームヨシイ」とアナウンスされた。
こんな時、私は遠慮はしない。
放送と同時に「ヨッシ」と掛け声をあげた。
周囲のバンジャール衆は、掛け声も、名前も、同じに聞こえるのだろう。
ヨッシ、とか、ヨシイ とか、いい加減に発音して、同調してくれた。
そして、始まった試合。
最初から最後まで押せ押せムード。
結局は、危なげない内容の3対0で勝ったのである。

d0083068_9374576.jpg観客のバンジャールの衆も、私に親指を立てて祝福してくれる。
このユニフォーム、縁起が良いとして、今後の大事な試合に着てくれるに違いない。
と考えるのは、虫が良すぎるかな。
お調子者のオレ。
興奮をひきずりながら、肌寒い風の吹き荒れる浜に繰り出した。
久しぶりに来た浜のレストラン。
最近のオレにとっては豪勢な場所、そして祝杯、そして熟睡。
by yosaku60 | 2009-07-27 09:58 | バリ島=社会・生活 | Comments(2)

小船の値段

d0083068_10273720.jpgサヌール海岸の沢山の小船。
けばけばしく原色が塗られ、
海岸の白砂を際立たせている。
これ、1~3人乗りの小船で、
ジュクン(jukung)という。
船側に突き出た転覆防止の、
浮き棒が特徴だ。
この浮き棒のこと、チュデックと言う。
苗の時から曲げて植え、8~9年かけて自然に曲がった形に育てる。
で、高価である。
船体が5万円ほどなのに、
チュデックはそれと同額か、太いものでは7万円もする。
エンジンが18~20万円。
自前で釣りを楽しむために、ジュクンを持つと、小型のものでも合計30万円になる。
こんなジュクン。
案外と若い人が保有している。
仕事も少ないのに、どのようにしてお金を工面しているのだろうか。
日本人らしい、こんな心配。
バリ人には、余計なお世話であろう。
by yosaku60 | 2009-07-25 10:59 | バリ島=物価・修理費 | Comments(3)

爆弾テロ騒ぎ

d0083068_99953.jpgジャカルタでの爆弾テロ、その直後より観光客が目減りしている。
観光地としては田舎であるサヌールは、爆弾テロの標的にはならない。
そんなサヌールで、このようだから、
観光のメッカ、クタやウブドはもっと大変なのだろう。
写真は爆弾テロの前のサヌール海岸の賑わい。 ここ数週間、このような賑わいがない。
・・・話は変わるが、
今朝ほど見た、この写真の場所、
この浅瀬がなくなっていた。
今まで見たことのない海岸の風情、
日食での大潮で浅瀬が消えたのだ。
そして、沖のさんご礁と陸地がつながった。
ここ一年でもっとも大きな引き潮であった。
これが、略最低低潮面(海洋専門用語)なのだろう。
バリには関係ないと思われた日食現象だが、違ったところで、それを味わうことができた思い。
by yosaku60 | 2009-07-24 09:18 | バリ島=社会・生活 | Comments(1)

イエ・パナス

d0083068_91163.jpgバリ島には、七つの温泉がある。
そのうちの五つがバリ島中央部の
バトゥカル山系にある。
先に紹介した、観光客の行かない温泉は、バトゥカル山に最も近い麓にあった。
今回紹介するのは、そこよりも川の下流の温泉地、
タバナンから20分ほど、
幾分、平地にあるため道路事情も良く、
車で簡単に行くことができる、
イエパナスと言う名の温泉。
温泉だが温度はぬるい。
日本人にとっては物足りないだろう。

d0083068_912655.jpgが、温泉に入らなくとも良い。
景色だけを楽しむのも一趣向だ。
棚田があって、谷があって、小川が流れる、
そして森の中、そういうところに温泉がある。
谷を見下ろす場所に小さなレストランがある。
小川の音を聞きながら、バリコーヒーを飲む。
誰にも邪魔されないゆったりした時間であった。
by yosaku60 | 2009-07-23 09:55 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

ドリームランドビーチ

d0083068_9395147.jpgバドゥン半島の東側、ヌサドゥアは、すでに国の手で開発が終わっている。
反対の西側には、手付かずの700hcの広大な土地がある。
インドネシア政府は、ここを一大観光地にしたいとの意向を持っている。
で、この地の呼び方も「ニュークタ」としている。
でも、いつになることやら。
世界的にバブルが終焉した感がある。
永遠に開発されないのではなかろうか。
ではあるが、ニュークタの中央部に、
トミースハルト(スハルト元大統領の三男)が所有している広大な土地があって、彼の資本によるのであろうか、規模の大きいホテルが5つほど建てられ、新しくゴルフ場も作られ、開発が少しづつ進んでいる呈も散見できる。
そのゴルフ場を抜けて海岸に出たところ、そこをドリームランドビーチという。
右上の写真の浜である。

d0083068_9491712.jpg切り立った崖の多い海岸線、そこに狭い砂浜があって、サーフィンには絶好の波がある。
若者や金持ちが来そうな、ニュークタ。
私には将来とも縁遠いところであろう。
左は、ビーチにある、「クラパクラブ」での昼食風景。
バンド演奏を耳に、夕陽を目に、夕食を楽しむことができる。
新しい客層を求めるバリの観光事業。
ここにその将来があるのかも知れない。
by yosaku60 | 2009-07-22 09:50 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

ガルーダー公園

d0083068_10312025.jpgヒンドゥー三大神ヴィシュヌ(風の神)の乗り物、
不死身であって、宿敵ナーガ(蛇神)を退治する、
それが、バリに伝わる伝説の聖鳥、 ガルーダ。
そのガルーダーを専門に展示する場所が、
クタよりバドゥン半島に入って、
しばらくして左手にある
Garuda Wisnu Kencana 通りの
Cultural Park にある。
その公園の展示物で右の写真がガルーダー。
下の写真ががヴィシュヌ神。
双方とも相当に大きい。
この地は、広大な白い石の切り出し跡でもある。
白い石は、火砕岩及びその堆積岩であって、古い時代にマグマが噴出したことを物語る。
バリ島北部の黒い岩と生成の時代を異にする。
であれば、バリ島の南に突き出た、こぶしのようなバドゥン半島は、昔はひとつの島であったのではなかろうか。
また半島の東にあるヌサドゥアも独立した小さな島であったではなかろうか。
であれば、バドゥン半島とバリ本島との間には、小さな島々があり、海流を閉じ込めて土砂が堆積しやすい環境にあったものと思われる。

d0083068_10323756.jpgさらにバリ本島の高山から流れ落ちる岩石は、その堆積を助長したものと思われる。
ということで、バリ本島とバドゥン半島は、後年につながったのではなかろうか。
などと考えながら、公園(丘)から眼下の景色を観ると実に面白い。
まずバドゥン半島の付け根のか弱さが強烈に目に飛び込んでくる。 サヌール海岸が立地条件に恵まれた保養地であることがわかる。
ブノア港が後日の人工であるらしく伺い知れる。
右肩にヌサドゥア、左下のジンバランは森の中。
クタ海岸は思った以上に大きく湾曲している。
など、ガルーダ公園からのパノラマは一見の価値があると思うが、如何でしょう。
by yosaku60 | 2009-07-21 11:36 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(3)

バリ島地形

d0083068_11421830.jpg先日、友人と一緒に、
1、バドゥン半島の見える丘に登り
2、これから開ける海岸を観て
3、昔からある山の温泉を観る
丸一日かけて、こんな旅をして来た。
その話を書きたい。
が、それを読んで頂く参考として、
先にバリ島の全体像を書いておきたい。
あらためてバリ島を描いてみると、
山の高さ、山脈の方向、島々の位置、川が作る三角州とその大きさ、マングローブの位置、岩の質、砂の色、などから島の出来た歴史が想像される。
なかなか面白い。
例えば、
サヌールの北に流れる川。
なんという川だろうか、名前は知らない。
その川の渓谷は、相当に深い。
その渓谷のえぐれはサヌールにもある。
海岸の街であるサヌールに渓谷があるということだ。
昔の川の流れの速さを想像できる。
だから、大昔は火山石を海岸にまで押し出していたのだろう。
この川を境にして、北は黒砂、南は白砂なのである。
砂の色から、そういう昔が想像できる。
オレはそういうことを思いながら、その地を訪れるのが好きだ。
by yosaku60 | 2009-07-20 11:50 | バリ島=社会・生活 | Comments(2)

KKNのメニュー書き

d0083068_84277.jpg家から5分にあるKKN.
有名なイカンバカール(焼魚)の店。
写真は、そのKKNのメニュー。
後者・・って何。
ちょっとびっくり。
紅茶の聞き取りミスに、
加えて変換ミス。
どうどうたるメニュー書き。
ここではアバウトが許される。
それで良いのだ。
それがバリ。
by yosaku60 | 2009-07-19 08:44 | バリ島=その日のできごと | Comments(0)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月