あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2008年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧


peed(写真)

今しがた撮ってきた写真です。
二つのバンジャールの既婚女性、450名。
d0083068_18193457.jpg


壮観!
d0083068_18195472.jpg


手を使わない人も。
d0083068_18202968.jpg

by yosaku60 | 2008-11-28 18:21 | バリ島=バンジャール | Comments(3)

ペェッドゥ

昨日のムラスティーに続き、今日はpeed(ペェッドゥ)。
ムラスティーは海岸でのお祈り。
ペェッドゥは、バレアグン(大寺)までの感謝の行列である。

行列の構成は、おおよそ次のようらしい。
まず、旗の列、
次に楽器隊、
続いて子供達、
そのあとに女性によるお供え物の列、
続いて、神様に感謝をあらわす傘隊
さらに、また楽器隊、

お供えものにしても、2000円もする高価なもので、
それが450個が女性の頭に乗るそうな。
行列に参加する人々も、クバヤではなく、お揃いの特別な伝統衣装らしい。
知人の奥さんも知った子供達も参加する。

盛大な行列。
写真が撮れたら、紹介するので、お楽しみに!
by yosaku60 | 2008-11-28 09:30 | バリ島=バンジャール | Comments(1)

ムラスティー

今、浜から帰りました。
撮りたてのほっかほっかの写真です。

浜の祭壇の前列に陣取った、ルージャンを踊る女の子達。
初潮を迎えるとルージャンは踊れない。
d0083068_19515337.jpg


浜に集合する人々、
儀式が始まる頃には、砂浜に座りきれないほどの人出になる。
d0083068_19542210.jpg


横断道路もみんなで渡れば怖くない。
信号無視で渡る。 その間、車の方がいつまでも待ってくれる。
d0083068_19583340.jpg

by yosaku60 | 2008-11-27 19:59 | バリ島=慣習・伝統 | Comments(0)

2倍長生きするバリ人

てなタイトルはウソです。
が、バリ人(ヒンズー)は、一年に2回の誕生日があります。
6ヶ月がカレンダーの単位であるから、当然といえば当然ですが。

ところで、今日は「ムラスティー」。
お寺の神様を清める行事。
バリの各地域には、共同体の繁栄を司るバレアグンという大きなお寺がある。
それに、村の起源寺でもある、プラウセという寺があり、
死者のための寺院である、プラダラムというお寺がある。

それを
バレアグンは火の神様を祀り、
プラウセは、水の神様を祀り、
プラダラムは、風の神様を祀る、という人もいる。

どれが本当なのか、ややこしくてよくわからない。
とにかく、今日はバレアグンの神様を清める日であり、
今日の日を「ムラスティー」と呼ぶそうな。
午後2時ごろから、多くの人が正装して、浜まで出向き、お祈りをする。
私達もその列に加わることとする。
写真がとれたら、あとで掲載するので、お楽しみに。
by yosaku60 | 2008-11-27 10:05 | バリ島=慣習・伝統 | Comments(0)

悲しいこと

いつも挨拶を交わす、小さな店の女主人に、
「こんにちわ、元気?」
「こんにちわ、ううん、元気ないのよ」
「どうして」
聞きなおすために傍に寄った時、
彼女の眼から、涙がすーと流れた。
店のお金を持ち出して、亭主が2週間帰ってこないという。
5人の子供がいる彼女、今も妊娠中。
つわりがひどく、苦しい日々、それでも、気丈夫に「元気よ!」と言っていたのに。
涙を流して打ち明けてくれる彼女。 
オレは何をしたらいいんだろう。
何ができるのだろう。
「夕食でもおごるから、楽しく食べようよ」
「ダメ、食べれないの」
悲しくて食べれないのか、つわりで食べれないのか、そういう理由を掘り下げるのも酷。
「では、子供達だけ連れてゆくから」
で、小学6年生と3年生の上の二人だけを連れて、パサールで食事をする。
何か欲しいものある?
ううん、要らない。
けなげな子供達だ。
本当に何もできない。
かわいそうだと思ったら、何かすること。
何もしないのに、かわいそうだと思うだけは、相手に失礼。
かわいそうだと他人を簡単に思うことは自分が生意気なだけ。
というのが僕の主張。 
きちんと守れているわけではないけど(笑)。
時々、食べ物の差し入れでも・・・、
by yosaku60 | 2008-11-26 18:13 | バリ島=人物往来 | Comments(3)

kilat kilat

d0083068_15422830.jpgサヌールからウブドに入ってすぐのところ、kilat kilat という名の宿がある。
キラキラ輝くという意味の「お宿」、
稲穂に囲まれて、まさに輝いていた。
予約しておいた夕食、
これがまた美味しいなんのって!
日本食ではないが、なんとなく日本味、
どうしてなんだろう?
と不思議だった、あとになって解った。
食材の選び方
料理への取り組み方、
盛り付けの華やかさ、
これらへの ”真剣さ” が「日本的」なのです。
だから、日本の味と思えたのです。
ありがとう。
真剣さを美味しく頂きましたよ、女将さん!

d0083068_154366.jpg写真はその女将さん。
お名前は井上みなみさん、
本名もお聞きしましたが、忘れてしまいました。
ごめんなさいね。
そうそう、給仕してくれたのは笑顔の可愛いクバヤ娘でした。
田んぼの真ん中のお宿ですから、通って来るのが大変そうです。
「どこに住んでるの」と、聞いてみた。
指差すところは、道路を挟んだお向かいの家。
聞くと、村の人がみんな助けてくれるとのこと。
村人に溶け込んだ宿、
オレのコンセプトにぴったり、
うれしいね。
メルヘンが好きだという、女将さん。
宿のところどころに、メルヘンが隠れている。
どこに隠れているんだって?
語るには紙面が足りません。
是非に自分の目で確かめてください。
んん? 
でも、ひとつ書きましょうか。

d0083068_1543402.jpg右はベッドに寝て仰ぎ見た蚊帳の天井の模様。
お月さんが描いてある。
この部屋の名前が「月」だからだ。
で、二つあるうちのもうひとつの部屋の名は「空」。
その部屋の蚊帳の模様はどうなるのでしょう。
「空」って、描かなくとも仰向けばあるよね。
だから! わかるでしょう。
って、言いながら、僕は確かめて来なかったけど。
今度行ったら、「空」に泊まろう!
by yosaku60 | 2008-11-20 16:38 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(2)

行きつけの店(その6)

d0083068_11561923.jpg晩のおかずが少し足りない時、
カミさんに言われて、
屋台の野菜炒めを買いに走る。
野菜炒めのことをチャプチャイと言う。
若い夫婦が頑張っているこの店。
そのチャプチャイが美味しい。
たかが野菜炒めと言うなかれ・・、
炒め方に手際がある。
炒めている最中に火の強さを三度も加減する。
そして、幾種類もの香辛料、
その量と入れる時期に毎度のリズムがある。
作る手際を見ていて飽きない。
一人分が50円。
ビールの友にもなっている。
by yosaku60 | 2008-11-16 12:05 | バリ島=社会・生活 | Comments(3)

マンゴの切り方

週に三日だけですが、お手伝いさんが来てくれるようになりました。
うまく切れなかったマンゴの切り方を教えてもらいました。

まず、皮を剥きます。
d0083068_1139946.jpg


そして半分に切ります。
d0083068_1140284.jpg


種を残して削ぎ落とします。
d0083068_11413684.jpg


お手伝いさんが来て、生活に活気が出てきました。
ありがたいことです。
by yosaku60 | 2008-11-14 11:43 | バリ島=社会・生活 | Comments(2)

漬物

d0083068_1074981.jpg退職して年金生活になったら、
台所に入っても良い、
との、カミさんとの約束。
が、まだ許されていません。
知人から、ぬか床をもらいました。
これくらいはオレの担当にして欲しい。
と、頼みました。
許しが出ました。
で、始めたオレのぬか漬け。
高血圧症で治療中ののオレ。
でも、バリはあったかいんです。
血圧にはいいんです。
その分だけ、
大好きな塩味が許されてもいいんです。
とかなんとか言い訳しながら、
朝晩の2回、かき回しています。
写真は今朝のぬか漬け、
塩加減良く、最高の味!
寿命が延びます。  ウン?
by yosaku60 | 2008-11-13 10:12 | バリ島=その日のできごと | Comments(1)

サボー

d0083068_13173315.jpg雨季に入ると果物が美味しくなる。
私が好きなのは、写真のサボー。
インドネシア語では、サオーという。
が、私はこれを買うときは、
サボーとバリ語で発音する。 
バリ語を使うと「受け」が良いからだ。
甘味が多く、キウイと同じような食感。
種が二つあるが、
小さくて気にならない。
皮も食べれるらしい。
ということは、
ほとんど丸齧りできるということだ。
あっさりした甘味が美味しい!
by yosaku60 | 2008-11-08 13:20 | バリ島=その日のできごと | Comments(1)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月