あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2007年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


トイ・プードル

d0083068_865784.jpg兄がトイ・プードルを買った。
兄の家まで車で40分かかる。
見に行ってきた。
実に可愛い!
可愛いと言う言葉、今時の流行である。
が、自分が生意気に思えるので、使わないようにしてきた。
そんな理屈はどうでも良い。
今回は正直に可愛いと思った。
名前をどうするか、との話になった。
プードルなので、「プー子」はどうだろうか、との兄。
それは良い、簡単で親しみが持てる、とオレ。
ところで、プードルの大きさによる呼び方であるが、今朝の読売新聞にたまたま掲載されている。
スタンダード:  体高45~60cm
ミディアム :  体高38~45cm
ミニチュア :  体高28~38cm
トイ     :  体高28cm以下  

d0083068_873816.jpgそして、最近は更に小さいティーカップ・プードルが出てきている。
実は先日、兄と一緒にティーカップ・プードルも見に行ってきている。
余りにも小さいので、床にいると踏んづけてしまいそうで気になった。
また、歴史が浅く、病気に強いかどうか未知数の部分があるそうだ。
ということで、トイ・プードルに決めた経緯がある。
また、逢いに行きたい。

兄の家までは近くはない。
来月から車のガソリン代が増えることになろう。 
「逢瀬」に金がかかるのは昔から相場だ。
但し、これは世間一般の話、オレはそういう経験がない!
by yosaku60 | 2007-09-30 08:15 | 日本=その日のできごと | Comments(1)

お月見

d0083068_8574784.jpg月の満ち欠け、いわゆる月齢についてであるが、
お月さんが満月となるのは、その月によって変わる。
十五夜がまん丸とは限らないのだ。
月齢が13.8~15.8 という、ある範囲の中で満月が現れる。
平均すると14.8であるが、昨夜は9月26日、月齢は14.6。 まさにまん丸だった。 
双眼鏡でもまん丸であることが確認できた。
で、写真のとおり芒を活けてお月見会をした。
丁度カミさんの妹が、遊びに来ていたので、三人でのお月見会。
あらたまった形での「お月見会」は10年ぶりだ。
なぜに10年前かというと、その時、俳句をひねり、
色紙を描いたので、日付が残っているのである。 
下の色紙である。

d0083068_93452.jpg創った俳句は、

名月や 古刹の甍 反り深し

お寺の屋根の反り返っている丸さと鋭さ、それがまん丸のお月さんを借景にして、よく目立っている様を詠んだ物で、「名月や」と切れ字を入れて強調しているが、月がメインでなく、あくまでも借景であり、お寺の屋根がメインテーマなのだ。 色紙もそのイメージで描いたのだが、そこまで分かってくれる人がいるだろうか。 もともと俳句は鑑賞する人にいかようにもとれて良いのだから、それはそれで良い。  ・・・などなど、昔を思いだし、感傷深い昨夜の「お月見会」であった。
by yosaku60 | 2007-09-27 09:13 | 日本=趣味・旅・お遊び | Comments(2)

釣りバカ日誌 18

d0083068_16342073.jpgオレは映画を観るのが好きだ。
だが、カミさんは好きではない。
ただ日本映画の喜劇、それも昔の役者だとOK。
ビートたけしは嫌いだが、寅さんが好きという訳だ。
似た映画で「釣りバカ日誌」がある。
カミさんは、寅さんよりはつまらないという。
オレもそう思う。 
でも、こんなのでないと一緒に観に行ってくれない。
・・・
「釣バカ18話、来てるよ、行かない?」
「何処」・・・17話の「能登」はつまらなかった。
「瀬戸内海だ」
「どんな話」
「ネットで予告編を見て見るか」
「うん」・・・
ここまでくれば連れ出し成功だ。 
で、釣りバカ日誌を見に行って来た。 まあまあ面白かった。 
三国錬太郎のやつれ方が痛々しかった。 もう次は無理かも・・・、
by yosaku60 | 2007-09-26 16:44 | 日本=趣味・旅・お遊び | Comments(1)

ロッビ君の送別会

d0083068_854024.jpg私達のイネ語の先生、ロッビ君。
あと3日したら、インドネシアに帰る。
その送別会がロッビ君の大先輩の
アチェップさんの家で行われた。
ラマダン中なので、断食が終わった夕方の6時からの大宴会であった。
前にも書いたが、お酒が入らない宴会は、素朴で面白い。
それに料理は、買ってくるのではなく、みんなお手製なので心がこもっている。
実にありがたい。  
こんな集まりを経験すると、お酒が入る宴会は何なのだ、と思ってしまう。

d0083068_8541816.jpg冗談ばかり言って、ワアワア笑いながら賑やかな話が続く。
ほとんど聞き取りできないが、何故に笑っているかの雰囲気は分かる。
左の写真を見て欲しい。
ロッビ君が先輩にお別れの挨拶として手にキスをしようとしているのであろうか。 よくわからないが、周囲はこの二人を漫才コンビという。 ほとんどが金沢大学の関係の人で優秀な人ばかりの集まりだが、そういうことをひけらかさないのが気持ちが良い。

d0083068_854558.jpgロッビ君も、一年金沢にいて、今日が一番嬉しい日と言って挨拶した。
右の写真をみてくれ、ロッビ君がテッシュで涙を拭きながら挨拶するところである。 どうも、そのテッシュもとなりの女性から無理やりもたらされたもので、涙を拭くのもそれに応えての演技であったようだ。
しかし、私は見た。 
目は真赤になり潤んでいた。
ロッビ君、来年はバリに遊びに来てくれ。 約束だぞ!
by yosaku60 | 2007-09-24 08:56 | 日本=移住準備 | Comments(3)

イスラム教のラマダン

イスラム教にラマダン(断食)があるのは良く知られている。 オレは、ラマダンの意義を「人間の欲を絶つ為」の訓練と理解していた。 オレ達のインドネシア語の先生、ロッビ君に聞くと、そうではないという。 で、ネットで調べてみた。

1、ラマダンはイスラム暦の九番目の月の名で、この月はマホメツトに最初の神の啓示が授けられたことから特に重要視される月である。イスラム教徒はそれを忘れないようにラマダンの1ケ月間は、毎日、日の出から日没まで飲食を断たなければならない。

これは知らなかった。そうかそうか・・・、

2、イスラム教徒はラマダンに断食を行うことにより、貧困と餓えの苦痛を思い出すと共に、神からの賜物を大切にする気持ちを養う。断食は自己の修養と他人に対する寛大な態度を育成する。

なるほど、ロッビ君もこのようなことを言っていたっけ・・・、

3、富める者も貧しき者も同じ戒律を守り、1ヶ月同じ環境のなかで生活させる。飢餓を体験させ
て家族そろっての食事が何事にも代え難い喜びであることを学ぶ。


そうかそうか、最近の日本の「自己中心主義」の増長を考えると、こうした我慢をした上で得る喜びというものを体験させる国家システムが必要かもね。 
ラマダンの目的を少しでも理解できたようだ。 

d0083068_17472325.jpg写真は、前に一緒に遊んだ、ロッビ君。
彼は、あと一週間でインドネシアに帰る。 
明後日、彼の送別会がある。 招待されているので、是非にでも参加する予定である。

送別会は、断食明けの夕方6時から行われる。
断食後の食事のとり方にも決まりがあるらしい。 
次のように書かれている。

4、日没とともに日中の断食が終わるとまず最初に甘い菓子をジュースとともに口にする。
このためラマダンの期間中は特別の見栄えのよい菓子が作られ、ビルの中の特設売り場が設けられる。
すぐ口にしたくても我慢をするのがムスリムの誇りである。

うんうん、少し分かった、 ロッビ君の送別会には金沢の菓子を持って行こうかな。 
それとも甘いジュースを冷やして持っていこうかな。 迷うところである。
by yosaku60 | 2007-09-21 17:58 | 日本=移住準備 | Comments(2)

ご近所

d0083068_12365553.jpgバリの隠居小屋があるヴィラ。
そのヴィラでご一緒する予定の者のうち、
今回都合のつく4家族、
連休を利用して名古屋に集まっった。
初めて会うご家族もいる。
いわゆるご近所だから、懇親を深めるに
時間がかからない。
住むところは、北から金沢、名古屋、京都、福岡、
それぞれにバラバラ。
住む場所もバラバラなら、
年齢もバラバラ。
一番年寄りのオレが最前列中央で威張っている。
オレって目立ちたいんだよな。
いやーだな、オレだけだよ、禿げてんの。
まあ、いいか。 明るくみなさんを照らそう!
by yosaku60 | 2007-09-17 12:44 | 日本=移住準備 | Comments(1)

酔っ払い

d0083068_2092443.jpgおお、今日はちゅこーしきれいじゃない。
腹も出てるし、いつもと同じだけど。
うんにゃ、目やにの代わりにアルコールが・・、
ドスン! オレの尻を叩く鈍い音、
痛くはないが、痛い!
今日も酔っ払って、カミさんに叱られた。
by yosaku60 | 2007-09-14 20:11 | 日本=カミさんとのこと | Comments(1)

石川と神奈川は近い

d0083068_8385125.jpgする事がない時、要するにヒマだと・・、
長女をスカイプで呼び出す。
長女の長女、要するに、孫であるが、
彼女の、やんちゃ振りが面白い。
面倒見ている長女は大変だろうが、
オレ達には関係がない。
やんちゃなのを面白い面白いと、
言って他人事のように楽しんでいる。
左が長女の長男、輝仁。
なかなかの男前である。
右がそのやんちゃな長女、美愛。
無茶苦茶である。
by yosaku60 | 2007-09-12 08:48 | 日本=その日のできごと | Comments(1)

一番生り

d0083068_1944172.jpg庭の無花果の一番生りの実が落ちた。落ちる直前に採る予定だったのに、間に合わなかった。
頑張った一番生りヨ、ごめんな!
可愛そうに・・・、
こんな風についてたんだよなあって、
写真を撮って生きてるときの面影を残した。細い手はオレのんじゃない。カミさんのん。 次の実はいつ色づくだろうか。
ああ、そうそう、実はカミさんと半分ずつ分けた。 勿論美味しかった。
by yosaku60 | 2007-09-10 19:16 | 日本=その日のできごと | Comments(1)

足つぼマッサージ

久しぶりに「祥楽の湯」に行ってきた。
家から10分、大きな銭湯である。
露天風呂もあり、流行の岩盤浴もできる。
カミさんは風呂に入っている時間が長い、オレは早い。 
その差を埋めるため、カミさんが「アンタ、マッサージして来なさいよ」と言う。 
そんなありがたい心遣いに応えない亭主はいないってんで各種料金表をしげしげと眺める。

d0083068_7251441.jpg[整体]  部分:20分 2000円
      全身: 45分 3700円 
           60分 4900円 
           80分 6500円
オレはケチだ。 20分の2000円で充分だ。 
でも、「部分」ってどこの部分なのだろう。 
てなことを考えていると、となりのメニューに目が行く。

[韓国式あかすり]・・・・だ。
      背面のみあかすり+ボディローション 15分 1900円
      あかすり&ボディーシャンプー      25分 3000円
      あかすり&薬草マッサージ       45分 5000円
背面のみあかすりしてどうなんのよ!
でもその上の3000円はチョト高いよな。
てんで、迷っていると、さらにお隣さんに[足つぼ健康法]てのが、目に飛び込んできた。
あるじゃない。 これこれ!

      英国式(足裏のみ)       15分 1800円
      英国式(ふくらはぎまで)    30分 3000円
      台湾式(足裏のみ)       15分 1800円
      台湾式(ふくらはぎまで)    30分 3000円  

英国式と台湾式ってどう違うのだろうか? まあ、良い。 オレは金髪よりも黒髪の方が好みだ、てな屁理屈で「台湾式」を申し込む。 それもお手ごろ価格の15分を・・・、

d0083068_754409.jpgイヤー良かった。 気持ちがいいのなんのって・・・。
「どうしてそんな力がでるの?」 
目の上に乗せられた冷えタオルを外して、聞いてみた。
その時、示された指の形が左の絵。 
白い指の指圧部がピンク色に染まっているのがなんともはや・・・なまめかしくありました。
「いいね。 旦那はいつもこんなのやってもらえるんだ」との、
親父言葉にもちゃんと応えてくれる真面目さが又嬉しい。
・・・・
「まだ結婚していません」
「結婚してるとしても、家に帰ってまでやらないですよ、多分」
「ううん、週に一回ぐらいだったら、やってもいいかも・・・」
いろいろ話してくれる。 やさしいな。 
オレなら、週に一回でもいいんだけどなあ・・・、アアアくせになりそう。
という、15分が30分に感じる「足つぼマッサージ」でした。
でも、これだけではカミさんとの時間ギャップが埋まらない。
ついでにお安いのをもうひとつってんで、岩盤浴も試みたのでありました。

d0083068_8172462.jpgそれがなんと300円、オレのための庶民価格なのだ。 
写真の砂利の上にバスタオルを敷いてその上に寝る。
波の音だの、癒しの音を聞きながらの25分。
イヤー、出たのなんのって、汗が! 
特に顔から汗が滴り落ちた。
今、流行の小顔になったかも・・・
てなことを想いつつウキウキの61歳でありました。 オワリ。
by yosaku60 | 2007-09-07 08:19 | 日本=その日のできごと | Comments(1)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月