あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧


鳥越城址

d0083068_15264531.jpg息子夫婦が来たのでドライブをする。
目的地は自宅から約一時間半のところにある、鳥越城址。
百姓の一向一揆が織田軍と戦った城である。
壮絶な戦いだった模様で、この城が落城した3ヵ月後に信長が
明智光秀に殺されている。

d0083068_1526599.jpg大日川と手取川の二つの川の交差点にあり、周囲を広く見渡せる好適地にある。
本丸の前に前二の丸と前三の丸、後ろに後ろ二の丸と後ろ三の丸がある実戦重視の本格的な山城である。 
城址に佇ち、すぐに当時の戦いの様子が偲ばれる呈であった。 
久しぶりに良いものを見た。
by yosaku60 | 2007-08-30 15:38 | 日本=趣味・旅・お遊び | Comments(1)

哲学講座修了

d0083068_14555159.jpg今日で哲学講座を修了する。 
その感想であるが、オレは哲学を受け入れる資質がないということをつくづく
に感じた。
4年前にもこの講座を受講した。
前回も同じことを感じて挫折した。
時間をおいて二度も感じたということは、オレの資質がそうであると結論付けて
も良いと思う。
資質とは能力と性格。 能力はしようがない。 問題はオレの性格だ。

講義を聞き、語彙や文脈を追いながら・・、
「だから、どうなんだ」という反発心ばかり起きてしまうオレ。
今この現在、哲学が社会に役立っていることを見つけられない。
そのことに反発してしまうオレ。 
研究や勉強だけの哲学になっているのではなかろうかと思ってしまうオレ。
西田哲学もライフの中から築かれたものと聞くが、今現在の世のライフの中に跳ね返って来ているように思えないオレ。 
理屈や真理でなく「実」を求めたいのにそれがない。「実」がない真理は真理ではないとさえ思ってしまうオレ。

こんな風に変に反発してしまう全てのオレ。 
これは間違いであり哲学を志している人の冒涜であろう。
そのことだけは分かる。
だって、哲学を志し、哲学に没頭し、哲学を大事と考えている人が世界にいっぱいいる。
そういう沢山の人がいるという一般性を考えてみると、オレの方が間違っていることが明らかだ。

このように哲学を斜めに見てしまうのは、成果を求めすぎるというオレの「自我の深さ」ゆえと思う。
そして、オレはオレから抜け出れない。

哲学を学ぶ資格がない。 まあ、良い。 
オレは自分自身を替えたいと思って哲学を対象にしていない。
「オレ」はもう終わっている(と今の今は思っている)。
「オレ」のことなんかどうなっても良い。 世界に役立つ何かを求めて哲学を考えている。
「自己中」に走る世界、それを憂慮しての思索だからだ。

世の中を斜めに見てしまうオレ、素直さのないオレ、そうしたオレをあらためて再認識たことが今回の哲学講座の成果としておきたい。

あと、ひと講義残っている、風呂に入って、体を清めてから受講する。
by yosaku60 | 2007-08-28 07:54 | 日本=人生のかかわり方 | Comments(1)

哲学講座受講

d0083068_7402032.jpg西田幾多郎記念哲学館での「夏季哲学講座」を
受講している。 3泊4日の講座に北海道、九州からも受講生が来ている。 
90余名の受講希望があったが、先着順で67名に絞ったそうだ。
この講座、もう27年続いている。 哲学を教えている教授連も一般の人と話すことができる、この講座を楽しみにしているらしく毎年盛会である。
昨日は、演題「日本にとっての20世紀」の講演会であった。
西田幾多郎は本として発表する前に、多くの友人や生徒に手紙を書いている。
西田の気構えが明確に読み取れる手紙が多い。
陸軍と戦ってきた戦中の西田哲学に興味を持った。
講演が終わって、白尾の浜に出た。
d0083068_7413783.jpg弁当を食べながら、
受講生みんなでの「落日拝」。
まん丸で真赤な落日。
生かされている自分を思い心が和む。
by yosaku60 | 2007-08-26 07:48 | 日本=人生のかかわり方 | Comments(1)

露天風呂完成(バリの家)

d0083068_750773.jpgバリの隠居小屋に、
露天風呂が完成したらしい。
右の写真が送られてきた。
周囲は壁で囲まれている。
天井に簡単な屋根がついているが、
右の方から光が差し込んでいるので、
露天であることには間違いない。
おおげさかな。
屋外バスタブということかな。
まあ、これでカミさんは「風呂」に入りたくば、入ることができる。
オレも入ることがあるのかなあ?
by yosaku60 | 2007-08-22 07:49 | 日本=移住準備 | Comments(1)

すれ違う夫婦

晩酌解禁の余波がまだまだオレの胸を焦がす。
「ドライブでも行く?」とカミさんを誘ってみた。
一年間、そういうことを言わなかったような気がする。
で、目指したのは、空気の涼しい白山麓の林間コース。
途中に「かんぽの郷」という目新しい温泉宿がある。
プールもあるので、体を冷やすこともできる。
白山麓は「そば」が美味しいので、食べることも楽しみだ。
そんなドライブ、 自宅から小一時間、川沿いに山道を走る。
名物の「ソバ屋」を何軒もやり過ごす。
「かんぽの郷」でも、ソバを食べることができるからだ。

d0083068_96319.jpgで、「かんぽの郷」に着いたのは、丁度お昼。
早速、レストランへ。
「いらっしゃいませ」と、
蝶ネクタイのボーイさんが迎えてくれる。
なんか変だなあ、と感じつつ席に座ると、「本日はお一人様¥1980円也のバイキングでございます」との言葉。
これにはびっくり、今更出るわけにも行かない。 
ソバにありつけなかったカミさんとオレ。
しようがない。
いくつもの皿に山盛りのバイキングを摂ってのヤケクソ喰い。
腹がパンパンになった。 プールにはすぐに入れない。
タタミの間で一旦休憩だ。 
その休憩もカミさんに怒られる。 横になった途端、鼾をかきだしたので、周りの人が笑っている、 恥ずかしいので起きろ! というのだ。
周囲を見回すと、確かにみんなオレを見ている。 そして目が合うと目をそらす。
了解、納得、世間は冷たいのだ!
で、世間の視線を逃れ、カミさんとプールへと逃亡した。

温泉とプールは入り口が同じである。
「男湯」に入ったオレ、まず「湯殿」を覗いて見る。
いろいろなシステムの遊び湯が作ってある。
これは、楽しい。 すぐに入浴を決めた。  
カミさんがプールでオレを待ってることなんか忘れてお湯を楽しんだのだ。

十分に楽しんでから、プールの方に移る。
プールもなかなか良い。 水流があるので、それに逆らって歩いたり泳いだりすると、結構な運動量になる。 が、その内にプールにだんだんと人が集まり始めた。
例により女性が多い。 昔の女性も今の女性もいる。 そんな女性の中にはげちゃびんのオレが独りでいることの異様さに、だんだんといたたまれなくなってくる。 ど、どうして、カミさんが現れないのだ! 痺れを切らして、監視人に「風呂にいるはずのカミさんをプールに来させて」と頼んでみる。 

d0083068_965258.jpg待つこと10分、現れたカミさんは、もう着替えている。 そして「もう帰ろうよ」と、言う。
プール、そして風呂の順序で楽しんだカミさん。 風呂、そしてプールの順序で渡り歩いたオレ。
要するに”すれちがい夫婦”だった訳である。
せっかくのドライブなのに、ソバもすれ違い、夫婦もすれ違った。
写真は、カミさんに撮ってもらったもの、機嫌よく見せる精一杯の演技中。
by yosaku60 | 2007-08-19 09:19 | 日本=カミさんとのこと | Comments(1)

晩酌解禁祝い

d0083068_7574528.jpg晩酌解禁になり、はしゃいでいる。
はしゃぐ相手が欲しいので、実兄を誘ってみた。
が、晩酌解禁をネタにすると、おごらねばならない。
それは困る。
で、「どおう、久しぶりに夕食でも・・・」
とだけ言った。
兄は見事に騙された。
支払いは割り勘にした。
通常は年配者持ちのところ、割り勘を提案したのは、騙したオレのささやか良心。
が、こんなことは、兄は知らなくて良い。

d0083068_89438.jpg「田舎小屋」という店、田舎料理という意味だろうか、どんくさい、と言う意味だろうか。
まあ、食べたいものは何でも揃っていて、チョイスが楽しい。
刺身の切り身の大きさに圧倒される。
女性はほおばるのにためらう。
が、それは兄嫁の話し、オレのカミさんはためらわない。
写真は実兄、6歳離れている。
by yosaku60 | 2007-08-19 08:12 | 日本=趣味・旅・お遊び | Comments(1)

晩酌解禁

d0083068_20372519.jpg昼はビール、夜は焼酎の酒人生を送っていたのに、何を血迷ったのか、良いかっこして、カミサンに一年間の晩酌禁止を約束したのが去年の今日。
照れくさいが、カミさんの誕生日のプレゼントの意味もあった。
それから一年、本当に一年経った。
もう遠慮することはない、今日から晩酌解禁だ。 お祝いにカミさんがBBQをご馳走してくれた。
「頑張ったね」との、労いの言葉ももらう。
てなことで、飲み始めた晩酌、一年も飲まなかったのだから、すぐには沢山飲めない。
缶ビール1缶に焼酎のお湯割り4杯で、もうダウン。
蘇える不良男の心意気、懐かしい、そして、アリガタイ!!
by yosaku60 | 2007-08-16 20:40 | 日本=カミさんとのこと | Comments(3)

グランドゴルフ月例会

d0083068_8491683.jpg毎月一回、グランドゴルフ愛好会の月例会がある。
カミさんもオレも夏風邪が続き、病み上がりであったが、気分転換の意味もあるので参加した。
写真右は表彰式風景のヒトコマ。 
毎月一回のお世話は大変だろうと思う。
お世話してくださる方々、ご苦労様です。
男子は、毎回熾烈な戦いである。 今回優勝した人は、毎日グランドゴルフをしているプロのような人、
女子の優勝は、下の写真の中央の隆子さん、カミさん
の仲の良い友人。 左がカミさん、右は女子プロの恵子さん、男子でもこの人には敵わない。

d0083068_8493258.jpg他人のことばっかりで、自分はどうだって?
自分としては、まあまあの成績だったのだけど、余りにも周囲が上手すぎる。 てな、感じですかね。
炎天下の3時間、やはりバテテしまった。 
終わったあと、家に帰りカミさんもオレもバタンキューの討ち死に状態!
腹に乗せたタオルケットが、微動だにしないほどにタタミに張り付いて寝込んでしまう。
by yosaku60 | 2007-08-13 09:00 | 日本=趣味・旅・お遊び | Comments(1)

風邪をひく

d0083068_17143811.jpg何年ぶりだろうか、
風邪を引いて寝込んでしまった。
だらしがない。 
原因は名古屋のホテルの冷房である。
喉の炎症から39.5度の発熱。 
以後、5日を経て初めて37度台に戻った。
明日は、午前3時起きの仕事がある。
このまま、ジーと寝込んでおけば、大丈夫だ。
滑り込みセーフである。   フー。
by yosaku60 | 2007-08-07 17:16 | 日本=その日のできごと | Comments(1)

安全研修会

d0083068_17541087.jpgオレの職業は水先案内人、港に出入りする船の
安全を守る仕事。 安全を守ると言っても、人間
だから時として間違いがある。
でも一旦事故が起きると、被害額が大きい。
昨年の被害額の実例が3件紹介されたが、どれ
も100億円を超える。 大変な額だ!
で、操船には完璧を求められる。
そうしたニーズに応えようと、日本水先連合会では、5年に一度は「安全研修」を行っている。
中部地区の受講対象者は私を含めて28名。  
全員が名古屋に集合し、2日間の研修を受けた。

d0083068_17542119.jpg自分の技術の反省点を確認できるので、あり難い。 
特に、今年は飛行機のパイロットの話を聞き、飛行機の事故例の勉強会も行った。 飛行機も船も事故を起すプロセスが同じことを認識した。
なんやかや、2日間みっちり、古い脳みそを絞りながら緊張し続けるのは疲れるものだ。
昨晩、帰って来たが、未だに疲れが抜けない。
オレは、もう齢だ。 頭なんて動かない。 
ブログを書くのも上の空・・・・・・・・、
by yosaku60 | 2007-08-03 18:03 | 日本=パイロット時代 | Comments(1)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月