あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



<   2006年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧


去年今年(こぞことし)あるがまんまのブログ哉

60年生きてきた。 
その間、いろいろな人との出会いがあった。
その多くの人の中で、「やさしさ」に抜きん出た男が一人いた。
カミさんの弟である。
その義弟(享年58歳)が12月8日、心筋梗塞で突然に他界した。
それから20日余、未だふと空虚感を覚えて戸惑う。

私のの中のこうした気持ちの揺れ。
ブログに書くことも同じく揺れていた。
が、今日ふっきれた。
「あけっぴろげてあらいざらいのありのまま」の原点は読者不在の筈。
まして今日は一年の終わりの日。 
この一年でもっとも大きなことを書かなくて、何が「あらいざらい」なのか。
私だけのメモリー、オレだけのつぶやきでもいいじゃないか。

悲しい!
が、その悲しさを受け入れる。
そして、前向きにとらえたい。

それは・・・・・、
「やさしさ」の大切さを義弟から教えてもらったこと。
そのことを生涯かけて思い続けることだ。

彼は、
私の心情にあり、
私の信条として共に生き続けてゆく。
by yosaku60 | 2006-12-31 07:53 | 日本=人生のかかわり方 | Comments(0)

年賀状

いやないやな年賀状作り。
何故に嫌なのかって? 解ってるだろう、面倒だし、加えてウソが多いからさ。
常日頃その人のことをそれほど思っていないのに、このときばかりは、思っているように書く。 
そんなウソをつくオレが嫌!・・・こういうことを言うからオレは変人扱いされる。
年賀状なんて無くすればと思うが、結局はイイカッコシーだから続けている。
そして、そんな風にして世間の形式に流されているオレに嫌悪感を覚えるという二重苦。
で、少し反発し、”形式化したイヤーな年賀状”から外れたいという、オレの意地のようなもので、「心が篭った?絵」を10年添え続けてきた。
左が去年のもの。 図案はどこからかパクッたが、自筆の「絵」であり、「賀正」もオレの字だ。
実は、こんなのを150枚も描くのは大変、精魂込めてまる一日かかる。 
そして、今年・・・・・ああぁ、もう歳だ、軽く軽く生きてゆこう!!みんなヤーメた。 
で、右が今年のもの、「頌春」の字、文章もオレの字だが、「絵」は描いていない。
来年は仕事を止めて、義理年賀状なしにしたい。
引退するには、なんとかして後継者を探さねばならない。 誰かいないのか!!!
「新人募集」の新聞広告を出すことを真剣に考えないといけないほどの求人難だ。

d0083068_9134156.jpgd0083068_9135763.jpg
by yosaku60 | 2006-12-26 10:06 | 日本=人生のかかわり方 | Comments(1)

オレんちのわらしべ物語

d0083068_14451332.jpg今日はクリスマスイブ。
カタカナ行事は、オレには無関係。 
が・・・、
オレの娘の旦那は、マグロを捌く工場にいて、
彼から正月用にと冷凍のマグロの切り身を
送ってきたのがはじまりで・・・、
彼より、共通の知人であるオレの友人にもお
すそ分けしてくれ、との依頼があったので、
マグロの切り身をおすそ分けしたら・・・・・、 
その友人というのは、お肉屋さんなので、
お返しだといって、この時期彼の店で出している上の写真の丸焼きを二つもくれたので・・・、 
オレは二つも食べれないので、もうひとりの友人の「魚の仲買人さん」に丸焼きをおすそ分けしたら・・・、その仲買人さんが感激して、彼が扱っている蟹を届けてくれた・・・・。

d0083068_14453317.jpg見て、見て!!
こんなに大きな、そして沢山の蟹・・・・・、 
ワレワレ夫婦二人では食べれないので、
肉屋さんを呼んで、今宵はクリスマスイブ
の「蟹パーティー」。
何も提供していないオレは、船からいただいた、とっておきの「レミーマルタン」をテーブルに出すことで帳尻を合わすこととした。
北陸の片田舎の「わらしべ物語」・・・・、
万歳!!
by yosaku60 | 2006-12-24 15:10 | 日本=その日のできごと | Comments(1)

地デジのチューナー

d0083068_1638386.jpg

家中のテレビをデジタルにするにはお金がかかりすぎる。
で、デジタルテレビを買っても、地上デジタル用のチューナーは必要だ。
という思いつきから、チューナーを購入し、今のテレビで 「地デジ」を見るべくやってみた。
が、完全に全チャンネルを見れるまでにはいかなかった。
BSアンテナからの信号が途中で弱くなっているようで、入らないチャンネルもある。
で、BSブースターを途中につけてみた。 
でも、電波が弱いのか、やはりうまくいかない。
最後の手段として、BSアンテナを地デジ対応のものに換えることで成功した。 
現在、地上デジタルチューナーから二本のラインを出して二つのアナログテレビで「地デジ番組」を観ることができる。  
チューナー49800円、 BSアンテナ18900円、 BSブースター8925円、 プラbox3150円 で合計約8万円の支出。 チョットした思いつきにしては、お金がかかりすぎた。
社会の進歩について行くのも楽じゃない。 
今年いっぱいは 「思いつき」 を封印!!・・・できるかな?
by yosaku60 | 2006-12-23 17:22 | 日本=知ったかぶりです | Comments(1)

skype out の料金

d0083068_8235118.jpgskype をするときに使う機器、右はハンディーマイク、次はハンディーマイクとスピーカー
一体のもの、左の二つがウエブカメラ。 
これらを使い2台のPCで skypeをする。 
その時その時、どちらのPCのskypeが感度が良いか微妙に違うので、こんな風になっている。
で、今日は、skype out の話し。
オレはskype out もよく使う。 
日本国内でも安いから使う。 
中国に電話をかける場合は特に安い。 
中国の場合は、PCから通常の電話にかけても携帯電話にかけても同じ料金で、1分間2.4円である。 このようにskype out で相手が携帯電話であろうと通常電話であろうと、同料金という国は少ない。 チョット調べてみた。 中国の他に、グレナダ(22.4円)、シンガポール(2.4円)、ガテマラ(17.4円)、スリランカ(16.8円)、パキスタン(16.2円)、バングラデッシュ(15.4円)ぐらいである。 それに比べ、ギリシャやアイルランドは、携帯電話を通常電話の10倍以上の料金設定にしている。 そういう国は結構に多い。 どうもヨーロッパ系がそのようだ。
ずらーと見ていくともっと面白いことに気づく。 ブルネイとガンビアは携帯電話の方が通常電話よりも安い料金設定をしている。 何故なのだろう・・・とふと思う。 思ったら止めれないのがオレのイヤーな性格。 skype out の料金表を見ながら、国や地域の電話事情とか経済事情が読み取れないか考えてみた。 30分も料金表を見たが、何の関連性も見つけれなかった。 
時間のロスであった。 
オレはヒマ人、おまけに馬鹿だ!!
by yosaku60 | 2006-12-22 09:15 | 日本=知ったかぶりです | Comments(2)

ケチなオレ

d0083068_8483572.jpgオレの職業はパイロット、といっても知らない人が多い。 世間では「水先案内人」、日本語の正式名は「水先人」と言うが、スイセンニンと読む人がいて、○○ベンジョのイメージがあって、正式名を言うに憚れる。 この仕事、洋上で船から船へ乗り移るので、海が時化ると海中に投げ出されて命を落とす人も多い。 今年は一人だけだったが、去年は四人もそうして命を落とした。  
d0083068_849164.jpgで、海に落ちても沈まぬ服を着て
仕事をする。上がその浮き袋(内
装)、右がコート(外装)。 パイロ
ット協会が独自にに開発したコート
なので6万円もする。 ケチなオレ
には高価すぎる。

d0083068_8491874.jpg
で、今年は内装のみ、18000円で買い替え、外装は古いままで着用することとした。 が、外装の布地が水をはじかなく劣化しており、雨の中で着ると、じわじわ水が沁みこんで来る。これではイケナイと、左の写真の右のスコッチガードを生地に吹き付けてみた。 2本も使って満遍なく吹き付けたが、ほとんど効果なし。 クリーニング屋に出して加工処理してもらったこともあるが、その程度では洋上で使えないことは経験済みである。 で、思い切って左の外部木材用のオイルステンで布地に刷け塗りをしてみた。 少し効果がある。ただ、匂いが強くなかなか抜けない。 その匂いの刺激で咳が出る。 ゼイゼイ咳をしながら、昨日もこのコートを着て仕事をした。 冬の海に落ちれば、寒さで15分と命が持たない、こんなコートがあっても何の役にも立たない。 こんなところに大事なお金を使えない。 これで良い。 オレはゼイゼイ言い通すことにした。 ざまーみろ!!
by yosaku60 | 2006-12-21 09:54 | 日本=パイロット時代 | Comments(1)

不可解な女性心理

「スノータイヤ交換作業」のブログでカミさんのことを「チョロイもんだ」と書いた。
女性読者からその言葉に抗議のコメントありました。
そこで言いたい。 あれは冗談(笑)。 
オレがカミさんのことを、そ・そんな風に思うわけないじゃないの。
カミサンもオレの話しを半ば本当、半ばウソで合わせてくれただけ。
ウン、
この女性が男性に合わせる際は、微妙な女心ってあるんだよね。
そんな話しを書いて罪償い。

d0083068_13492377.jpg男なら誰でも天国、ブラジルの「ボアッチ」。
オレの船の甲板長は、フイリッピン人。彼はセニョリータの前で歳を聞かれる度に「ビエンテ、シエテ(27歳)」と言う。誰が見ても50歳とバレバレの容姿、すぐにウソだと解る。 
しかし、彼はどの港でもどのボアッチでも「ビエンテ、シエテ」と言い張る。 それが何航海か繰り返される内に有名になって、どんどん持てだした。 女性に言わすと、「可愛いウソだから許せる」から、「ウソが可愛い」に発展して、あげくの果ては、「本当に27歳」に見えてくるのだそうだ。 ああ、アホくさ。
オレはとてもそんなウソはつけない。
・・・・・ということになっている。
by yosaku60 | 2006-12-19 13:51 | 日本=船員・船長時代 | Comments(1)

クリスマスパーティー

d0083068_9303364.jpg昨晩はクリスマスパーティー。
町の国際交流協会会員による手作りパーティー、
オレもその会員であるが、何も手伝いしない、
というかできない。 
クリスマスというものをどのように楽しむのかの
経験もないし考えるセンスもない。
そして、パーテイー・・・
d0083068_9305344.jpg
オレ、やはり歳なのだろうか。 それとも、単に
下品で、がらっぱちなだけだろうかなぁ~。
上品すぎて、根っから溶け込むことができなかった。 世話してくださった方々に申し訳ないが、
終わってすぐ、遠いできごととなった。 
オレは赤提灯派、身の程を知るべし。反省!!
by yosaku60 | 2006-12-18 10:05 | 日本=人生のかかわり方 | Comments(1)

スノータイヤ交換作業

d0083068_1054274.jpg車のタイヤーをスノータイヤに換える作業。
2台の車で計8本のタイヤー交換となると、年寄りには少し辛い。 
特にジャッキで車を持ち上げる作業が大変。
で、写真の油圧ジャッキを購入。 2トンの力があって、1890円
と安い。  どうしてこんなに安く作れるのか、
いずれにしても安ければ安いほうが良い。
で、新品の油圧ジャッキを使っての嬉しいタイヤ交換作業・・・・・
d0083068_1065814.jpgの筈であるが、実際には気が進まず億劫。 ボルトの締め戻しが
面倒だからだ。 動力つきのインパクトレンチが欲しい。 
欲しいとなるとたまらなくなるのがオレのイヤーなところ。 
それを見透かされないように、カミさんと交渉する。
「この頃、力出ないんだオレ、歳だなぁ~」 と、悲しい顔を作る。  
カミさん・・・・・「まあ、大変」と、一発でOK。 (チョロイもんだ)。
で、右のコンプレッサー(付属品込みで23000円)を購入。
そして今、30分で8本のタイヤ交換を終了し、空気圧まで調整する。 
タイヤ交換の料金は一台2000円。ノーマルタイヤに戻すときもかかるので、2台の車で年間8千円の支出。であれば、3年で元が取れる。 カミさんには話さないが、家長としての言い訳である。
by yosaku60 | 2006-12-15 11:00 | 日本=その日のできごと | Comments(3)

「情けなさ」と「ありがたさ」の混在

d0083068_8264374.jpg小学生の頃は、冬でも裸足だった。
靴下は、「余所行き」が一足有っただけで日常ははかなかった。 雪に触れる裸足はいつもシモヤケで赤く腫れていた。 
それから、ん十年。 
見てくれ、オレの机の下の完全防備!
絨毯に厚い靴下、温風、足裏マッサージ機。
豊かさに守られて、知らず知らずにオレの足は弱くなった。
by yosaku60 | 2006-12-14 08:53 | 日本=その日のできごと | Comments(2)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月