あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



カテゴリ:バリ島=地方・景勝地( 105 )


バリ島の地形(その17;Bunut Bplong)

⑨の地点、
d0083068_09123304.jpg
パワースポットと噂される、Bunut Bolong

d0083068_07513839.jpg
見る処は、この木のトンネルだけである。

Pekutatanから、この木の間を抜けて、
そのまま北東に走り抜けることができる。
道幅が狭く、景色が良いわけではないが、
車やバイクが少なく、
バリ島の田舎道をゆっくり楽しむことができる。

脇道が多く、道に迷いやすいので、
時間がたっぷりある時のドライブコースとした方が良い。

by yosaku60 | 2017-07-12 08:00 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

バリ島の地形(その16;Belimbing)

⑦の地点、Belimbing
d0083068_09123304.jpg
棚田がきれいです。

d0083068_10534983.jpg
d0083068_10533497.jpg
この道を真っすぐ北に進むとシンガラジャ街道の「Seririt」にぶつかりますが、
その途中に⑧の地点、Tinggar Sari があります。
d0083068_11041189.jpg

by yosaku60 | 2017-07-11 10:59 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

バリ島の地形(その15;Sangketan)

⑥の地点、村の名でいえば、Sangketan村 付近、
d0083068_09123304.jpg
次の図で、私が勝手につけた通り名の「モニュメント通り」のこと。

d0083068_11023088.jpg
たった5キロしかない道ですが、
交通量が少なく「拓けた台地風佇まい」です。
d0083068_11112821.jpg
車で走っただけで、心が安らぎました。
一度しか行ったことがありません。
もういちど行きたい処です。

by yosaku60 | 2017-07-10 11:13 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

バリ島の地形(その14;Tegal Linggah)

⑤の場所、キンタマニー外輪山上のほぼ北、
村の名でいえば、Tegal Linggah ですが、家はほとんどありません。
d0083068_09123304.jpg
ここまで行くのは少々大変です。
外輪山上の道は、あちこち穴が開いていて、でこぼこ道だからです。
でも、こんな景色が見えるのです。
右がバトゥル山、中央がアバン山、左がアグン山です。
三つの山を一緒に見ることができるのは、ここだけです。
d0083068_08143499.jpg
何故に三つの山が見えるのか。
写真を撮ったのは、赤丸の場所です。
d0083068_08153614.jpg
外輪山の上を更に東に行くと、
ブランディンガン村に着きます。
小さい道がありますが、ほとんど行き止まりです。
ここで、ングラライの兵がひとり飛行機から撃たれ戦死しています。
写真が、その慰霊碑です。
d0083068_08192094.jpg
この慰霊碑のある場所は、
三叉路になってキンタマニーの盆地の中に降りる道があります。
降りた処が、バトゥル湖の東の果てのソンガンと言う村(写真)です。
d0083068_08222240.jpg
ソンガン村の村民....
バリ人ですが、なぜか顔が少々違うように思えたことがあります。
気のせいかな~

by yosaku60 | 2017-07-09 08:27 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

バリ島の地形(その14;Seraya)

③の地点、Ujung water palace から Amed までの海岸線、
20キロのうちの10キロほど.....
d0083068_09123304.jpg
(Ujung water palace)
d0083068_08124815.jpg
(Amed)
d0083068_08135410.jpg
この区間、ここ5年だけ見ても、どんどん発展している。
発展の方向は、アメッドからスラヤに向かってだ。
すでに5キロは、ビラやホテルが建っている。
いずれ10年もすれば、海を見下ろす道路沿いは、
家で埋まるのではないだろうか。
といっても、棲む人は欧米人。
発展と共に、バリの昔が消えてゆくのだろう。

by yosaku60 | 2017-07-08 08:27 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

バリ島の地形(その13;Sidemen)

③の地点、Sidemen。
隠れた宿泊村になって久しい。
d0083068_09123304.jpg
川沿いの景観を楽しみながらの滞在がコンセプトの村であるが、
霧がかかることが多く、付近の山の全貌はなかなか見れない。
それに宿泊のほとんどがホームステー、
それも長年、軒数が増えていなく手詰まり感あり。

ただ、Unda川の川向うのLuah村あたりの田舎感が少々面白いかも、
ここ2年ほど、橋がながれて向こう岸に渡れなかったが、
もう新しい橋がかかったとの情報が聞こえてきた。
どういう橋がかかったのだとうか、
一度、行ってみたいと思っている。

(写真はLuah村)
d0083068_08071426.jpg


by yosaku60 | 2017-07-07 08:07 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

バリ島の地形(その12;Banjar Anyar 村)

②の地点、バンジャールアニャール村周辺....
いつの日からか、少しづつ噂がひろがり、
今や欧米人が好んで訪れる(あるいは住む)場所になっている。
d0083068_09123304.jpg

1、村々に昔のバリが残っている。
2、平和な田園地帯である。
3、高い峰や深い谷が少なく、全体として丘陵地である。
4、喧騒地のシンガラジャから離れていて車やバイクの往来がない。

ということで、なかなか良いところですよ。
d0083068_09153916.jpg
d0083068_09160867.jpg
d0083068_09163945.jpg
d0083068_09165676.jpg

(交通)

ブドグル街道から降りる道はありません。
シンガラジャからパンジ経由で村に近づけます。
後ろ2枚の写真は、バンジャールアニャールの更に奥のチェンガナ部落です。

by yosaku60 | 2017-07-06 09:27 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

バリ島の地形(その11;Belok村)

①の地点の風光明媚な処です。
d0083068_09123304.jpg
プラガの大橋(写真)を過ぎてmungsenganまでの6キロの間が

1、右も左も緩やかな谷で見晴らしが素晴らしい。
2、高地なので空気がさわやかで美味しい。
3、車やバイクが少ない。
を理由に大好きな場所です。

(プラガの大橋)
d0083068_09510730.jpg

by yosaku60 | 2017-07-05 09:52 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

バリ島の地形(その2;次に解らない処)

おはようございます。

何故に「バリの地形」なんて書きだしたか、
ちょっと説明をば.....

みなさん、知ってますか。
このたび(といっていつから知らないけど)、
バリ島が観光地として世界一になったのですよね。
なんで、バリ島が世界一だなんて....
それに観るべきポイントとして、スミニャック、クタ、ウブド
をあげています。
私にとっては、3ヶ所とも、行きたくないところです。
観光客の見る観点と、住んでみて感ずる観点とは、
違うということなのですけどね~

まあ、それはそうですが、
ちょっと反発したくなったのです。
バリ島は、もっと他の魅力がある処なんですよ!
ってことをしゃべりたくなったのです。

私の思う、バリ島の魅力は、
その複雑な地形、
どんな過酷な地形にも必ず人家がある光景、
そうした処に住む人々の暮らしと連携、
を見ることなんです。

で、その思いの源泉である「過酷な地形」
を書こうと、バリ島全体を俯瞰していると、
またまた、解らないことが出て.....
一昨日から悩んでいるのです(馬鹿ですね~)

悩んでいることってのは.....、
なんで、どうして、
バリ島は南に平野があるのだろう。
って疑問なんです。

スマトラ島を見てください。
平野は北に向けて広がっています。
ジャワ島もそうです。
でも、その隣のバリ島は平野が南にあります。
(ロンボク島もバリ島と同じですけど)

スマトラ島、ジャワ島、バリ島は、
同じ火山列島の中にあります。
なのに、何故バリ島だけが.....

勿論、
南にヌサペニダ島があること。
島としては小さいこと。
オーストラリア大陸との関係(海溝)。
海流の流れ。
島周辺の海の深さ。
列島全体が南にもうひとつある二重列島。
季節風と雨の量。
なんぞをあれこれ考えてみるけど、
原因らしきものが見つからないのです。

間違ってもいいんです。
たぶん、こうなんだろって、理屈がつけばいいんです。
その理屈が見つからないんです。

なぜ、バリ島は、
南に平野があるのでしょうね。ワカリマセン。

by yosaku60 | 2017-06-24 07:23 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

バリ島の地形(その1;解らない処)

バリ島に住んで10年....
過去を振り返っていいほどになった。

面白かったことは.....
①バリ人を知ったこと。
②バリの地形に触れたこと。

である。
①は、過去形であるが、②は、過去もそうだが、
まだ、進行形でもある。

未だに、解らず、悩んでいることがある。
キンタマニーの外輪山とアバン山の間の深い窪みである。
どうして、こういう深い窪みができたのだろう。
まずは、全体を見ていただこう。
d0083068_10484117.jpg
これはウィキペディアから、とったものだが、どうも加工してある。
何故なら、アグン山もアバン山も山麓の傾斜が25度と解っているのに、
それよりも急傾斜になっている。
写真を横につぶして載せているようだ。
で、傾斜を25度に引き延ばして、アバン山付近を見てみると、
こんなのになる。
d0083068_10522902.jpg
これが、実際に近い山のはずだ。
外輪山とアバン山の切り込み、すごいでしょう。
普通なら、水(雨)の浸食と考えるのでしょうが、
両方に逃げ道のある川で、こんなに侵食されるでしょうか。

アバン山のできた経緯を描いてみたい。
これは、キンタマニー火山博物館に発表されているものなので、
まずは、間違いない。

d0083068_10593243.jpg
この古代のキンタマニー山(陥没前).....
博物館では、3000m と発表している。
が、山麓の傾斜角をそのまま伸ばしていくと、3800mになる。
アグン山よりも高い山の存在を書くと、
アグン山の神格度がうすれるので、
3000mと発表しているのだと思う。
まあ、こういうところはどうでも良い。
問題はアバン山だ。
左の傾斜は、25度。
なのに、何故右がドスンと落ちているのだ。

考えられるのは、左の外輪山付近のみの陥没だ。
というのは、バトゥル湖は左にあるからだ。
こんな風にだ。
d0083068_11232069.jpg
最初の写真に戻って見て欲しい。
キンタマニーの陥没内を見てみると、
右の方が二重になっている。
陥没は、何度かあったのではなかろうか。

こういう疑問を持つと、オレはすぐに現地に行って見たくなる。
が、ここは無理だ!
想像するだけだ。

by yosaku60 | 2017-06-22 11:08 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月