あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



カテゴリ:バリ島=地方・景勝地( 95 )


晴れた朝のビーチ

今朝はカラッと晴れた!!
いつものワルンに行く。
右の白いシャツがカミさん、
が、目立たない程のバイクの量。
みんな釣り人のもの。
d0083068_7493175.jpg

久しぶりだもんな、こんな天気。
アグン山は、裾野くっきり....
d0083068_7541317.jpg

美味しい空気...
d0083068_755048.jpg

潮が引いてるゥ....
d0083068_7552460.jpg

オオッ!
d0083068_7555691.jpg

オモシロイ!
d0083068_7561330.jpg

芝生がキレイ!
d0083068_7564325.jpg

こんな朝は、みんな早起きだ。
d0083068_7565592.jpg

by yosaku60 | 2017-02-16 07:57 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

ローカルなビーチが好きです。

私は、観光客が集まる処は好きではない。
変わり者で天邪鬼....と自負し自虐もしている。
サヌールのビーチもそう.....
人の来ないローカルなビーチが好きだ。
d0083068_9212370.jpg

が、こういうローカルさが好きな変人は他にもいる。
そういった輩は、欧米人に多い。
アジア人特に中国人は、こういう処に来ない。
d0083068_9242574.jpg

満月後の四日間は、潮の干満が大きくなる。
観光客が多い処は、運ばれた砂がすぐに取り除かれる。
が、ローカルなビーチは、ばんらばらである。
d0083068_9303218.jpg

by yosaku60 | 2017-02-13 09:31 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

バリサファリ‐に行く

デイビス親子がバリに遊びに来た。
d0083068_9182797.jpg

一緒にサファリ‐パークに行く(私は2度目)。
入場料だが、キタップ価格で、1500円は安い。
動物たちを間近に見ることができる。
まずは、オーム....
d0083068_921228.jpg

と、一緒に写真をとる。
d0083068_922792.jpg

雌ライオン...
d0083068_9223594.jpg

サイとシマウマ....
d0083068_9231446.jpg

キリン....
d0083068_9234921.jpg

雄ライオン...
d0083068_9241510.jpg

カバ....
d0083068_9243791.jpg

トラ....
d0083068_9251281.jpg

ゾウ...
d0083068_9253827.jpg

コモドドラゴン...
d0083068_9261561.jpg

これは人間...
d0083068_9275923.jpg

大人どもは動物よりも食い気.....でした。
d0083068_928587.jpg

by yosaku60 | 2017-01-16 09:26 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

変わりゆくサヌールビーチ

足首の火傷の跡が塞がった。
化膿する心配がなくなった。
で、朝のジョギングを再開、
久しぶりに北の方の浜を走ってみた。
驚いた。
6か月でこんなにも様変わりしていた。
d0083068_13524714.jpg

大木を利用した展望台ができていた。
d0083068_13541811.jpg

次は、登ってみたい。
d0083068_13543933.jpg

この場所に、
昔はこんなのがなかった...新しい店だ。
d0083068_1355140.jpg

昔、ブログに書いた個人の家....もうできあがっていた。
d0083068_13553994.jpg

サヌールビーチ、だんだんときれいになってきている。
d0083068_13555385.jpg

by yosaku60 | 2016-12-06 13:58 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

ムルタサリビーチ・ドゥルー

バリ人が集まるムルタサリービーチ。
最近の私は、ムルタサリビーチ・バルー(新)ばかり行っていた。
久しぶりに、ムルタサリビーチ・ドゥルー(旧)に行ってみた。
人の出は、昔と変わらなかった。
d0083068_942419.jpg

今もって観光客に汚されていない。
d0083068_9423739.jpg

現地人だけのビーチである。
d0083068_9465050.jpg

by yosaku60 | 2016-10-04 09:44 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

クスマサリビーチの今朝の360度

先日書いたドゥユンビーチ...
のお隣のクスマサリビーチの今朝の光景。
d0083068_10314594.jpg

ここは、ダイビング客の集合所だ。
d0083068_10272180.jpg

ダイビング会社のバリ人スタッフ。
右から二人目の男....コマンという名のバリ人。
職業柄英語はペラペラ、日本語も少々話せる。
「女を泣かすなよ!」...
私から彼への‘いつもの朝の挨拶だ。
d0083068_10325140.jpg

そこから、10m...
ボートの船頭たちがたむろする。
d0083068_10403474.jpg

そんな男どもを相手するのがプトゥちゃん。
お金がなく中学に行かず、ここで働き始めた。
そんな彼女も、もう20歳になった筈だ。
先日、「彼氏ができた」と打ち明けてくれた。
d0083068_10445992.jpg

プトゥちゃんのワルンの前は、ジュクンだらけ...
d0083068_11564758.jpg

ビーチを降りて右を見ると...
d0083068_1157178.jpg

左を見ると....
d0083068_1157137.jpg

クスマサリビーチ....
今朝も人がいっぱいです。
by yosaku60 | 2016-09-30 10:30 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

変貌するマルタサリビーチ

8年前の....
私がバリに来た頃のマルタサリビーチ...
その東側の地点.....
で、現在、マルタサリーバルーと呼ばれる処...
は、まだ埋め立て中であった。

その後、埋め立てが終わり、
石が積まれて、護岸工事も終わった。
d0083068_9245488.jpg


ある日、ワルンが一軒進出してきた。
4年ほど前だったと思う。
そうしたワルンが、少しづつ増え、賑わうようになった。
2年前、私も時々、そこに行くようになった。
d0083068_9304882.jpg

d0083068_931142.jpg

が、先月のこと....
そのワルン群が突然に引越しを言い渡された。
こういう処に....である。
d0083068_9322652.jpg

海が見えず、寂しいが、
過去の付き合いもあって、今朝も此処に行って来た。


さて、
何故、引越しさせられたのか!
こういう工事が始まるためである。
d0083068_9344834.jpg

マルタサリビーチは遠浅海岸だ。
相当、沖に出ないと、水深の深いところに行き着かない。
そこまで橋を伸ばして、その先に桟橋を作ろうというのである。
観光目的の連絡船(ボート)発着の桟橋である。

サヌールは、観光地である。
他の観光地と海路で結ばれているが、残念ながら桟橋がない。
ボートに乗る際は、じゃぶじゃぶと海に入って乗船しなければならない。
当然だが、下半身が、ずぶぬれになってしまう。

桟橋ができると、それが解消する。
バリ島の工事は、雑であるだけに、案外と早い。
多分、一年後には、桟橋ができるのではなかろうか。

私がバリに来て、もっとも足を運んでいるマルタサリビーチ。
これからも、どんどん進化していくようだ。
昔がなくなる寂しさもあるが、変貌を肌で感じる楽しさもある。
私のバリ島生活....いろいろあって、なかなか(意味不明)である。
by yosaku60 | 2016-09-04 09:46 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

シンガラジャ行き(その5;コミンとコマンが育った村)

コミンとコマンは、同じ村の幼馴染である。
二人が育った村へ来たのは、3度目になる。
最初は、カミさんと一緒だった。
2回目は、調査の途中で寄っただけだった。
今回は、たっぷりと村の人々と交流できた。
こんな田圃の中の....
d0083068_7462223.jpg

小さな道を入った奥に、その村がある。
d0083068_7475586.jpg

20軒ほどの谷沿いの集落だが、ほとんどが親類だ。
(但し、コミンとコマンの家はご近所だが血のつながりがない)。
その一軒に、こんな祝い事があった。
d0083068_7501378.jpg

「家に入れ入れ」と誘うので仲間に入れてもらった。
3日後に左の男性のポトンギギがあるとのこと。
d0083068_754405.jpg

年齢を聞くと、55歳という。
「オレは70歳だ」といばると、男衆が「まだ、大丈夫か」という。
「勿論、元気だ」と応えたが、質問の意味は、あっちの方だったらしい。
誤解をさせてしまったようだが、それはそれで、まあいい。
d0083068_7581946.jpg

飾りつけが大きい。
d0083068_7584991.jpg

右の女性は、ポトンギギをする男性の奥さま。
聞けば、彼女も今回ポトンギギをするそうな。
夫婦そろってのポトンギギ.....それはめでたい。
みんな笑顔なのが解る。
d0083068_8182222.jpg

気が付くと、入口の男衆を除いて、中は女性ばかり。
d0083068_825912.jpg

理由を聞くと、昨日は男ばかりで、飾りつけをしたそうで、
今日は、女性ばかりで、料理の下準備だそうな。
で、明日は、男衆がラワールを作るそうな。
男女分けての分業が文化として定着している。
d0083068_872359.jpg

左がコマン(コミンの夫)のお母さん。
彼女は、いつも笑顔で迎えてくれる。
d0083068_884235.jpg

コミンが朝食を食べろ、と勧めてくれる。
バリは、食事を頂くのが、ほぼ礼儀なようなもの。
ホテルで食べたのに、もういちど食べることになった。
d0083068_8112660.jpg

腹がいっぱいになったので、村の周囲を散歩する。
散歩と言っても、こんな林の中....
そんな林の中でも、少し日が当たる場所には、食料を植えている。
こういう自然....オレは好きだ。
d0083068_8132997.jpg

コミンがキュウリをもいで、お土産に持たせてくれた。
d0083068_8151483.jpg

サヌールの喧騒に飽きたら、また訪れたい。
by yosaku60 | 2016-07-12 10:35 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

サヌールの海岸からバトゥカル山が見えた。

バリには2000mを超える山が7つあります。
神の住むアグン山、
と、キンタマニー高原の外輪山のアバン山、
と、ブドゥグルに固まって4つある、ブドゥグル4山。
それに、タバナンにあるバトゥカル山です。
d0083068_10333036.jpg

この中でもっともきれいな形をしているのがバトゥカル山です。
私だけですが、ひそかに「バリ富士」と呼んでいます(笑)。
ただ、残念ながら、サヌールのビーチからは、
林や市街地のビルに隠れてみることができません。
......
と、思っていたのですが、
サヌールのビーチからも見えるんです。
この左側の山がバトゥカル山です。
写真は雲で左のすそ野が欠けているように見えますが、
実際は、きれいな三角形をしています。
d0083068_10405233.jpg

見えるポイントは、ムルタサリビーチの先の埋め立て地の最南端です。
マングローブ越しにバトゥカル山が見えます。
行ってみて下さい。
by yosaku60 | 2015-12-29 10:42 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)

ブノア湾・遊覧船ディナー

ブノア湾を遊覧船で走りながら夕食を頂く....
sea safari cruises という名の観光に行って来た。
森崎さんのお知り合いがオーナーの船。
で、ひとり3500円の格安で乗せていただいた。
右が森崎さん。
d0083068_22154359.jpg

ショーもある。
d0083068_22162433.jpg

d0083068_221797.jpg

オレにとっては、ショーよりも船内が面白い。
緊急時の予備の手動舵輪もある。
d0083068_2218978.jpg

右の女性、事務所のスタッフだが、航海士も兼任している。
着離岸作業は、船長と操舵手の二人だけで行う。
女性航海士は、航海日誌(ログブック)の記帳を担当していた。
d0083068_22191164.jpg

2時間のクルーズ....
久しぶりに「船」を味わった。
by yosaku60 | 2015-11-08 22:20 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(2)


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月