あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



柳川宗成物語(その9; 道場開きの挨拶)

柳川は、この地に決めた。
後に「タンゲラン青年道場」と呼ばれたり、
生徒をして「タンゲラン一期生」などと呼ばれたのは、そのためである。
昭和十八年一月、青年道場の開場式があった。
開場式にあたり、生徒たちを全員いがぐり頭にした。
そのいがぐり頭にオランダ軍から押収した戦闘帽を被せた。
軍服、帯剣、編上靴も押収品であった。
ただ、脚絆だけは日本式に巻かせた。
五十名の生徒を一班と二班に分け、二列横隊に並ばせた。
国旗掲揚台には、日の丸を掲げた。

柳川は、生徒たちに向かい訓示した。

今日、只今から諸君と此処で起居を共にし、一身一体となり一緒に勉強する。
諸君は選ばれた「インドネシア青年」として一日も早く、
我々から学び取り得る全てを学び、
強く、正しく、新しい「インドネシア青年」として生まれ変わってもらいたい。
諸君自らの手で、我々と共にアジア解放に、共戦共死できるようになってもらいたい。
我々のアジアは我々の手で解放しよう。
諸君は選ばれた戦士らしく、我々と共にアジア建設の捨て石となってもらいたい。
今日、我々はアジアをアジア人の手に取り戻すために戦っている。
普通の時代ではないのだ。
我々が一日休めば敵は一日進歩し前進する。
諸君は圧政下三百四十年の遅れがある。
それを一気に最も短い期間に取り戻さなくてはならない。
これは全く無理な話である。
この無理を承知してやるのだ。
大変な覚悟が必要である。
覚悟を十分にしてもらいたい。
ここでの教育は特に厳格にし、また強度のものとする考えである。
その程度は諸君の力量と見合わせ、だんだんと強めてゆく。
勿論、我々にできることを諸君に要求するのだ。
我々も人間、諸君も同じ人間だ。
我々にできることは諸君に出来ぬことはないと思う。
私は出来ぬ者があれば、みんなが出来るまでやらせる方針である。
もし一人でだめなら二人で、それでもできなければ三人ででもやり遂げさす。 
全員、何物にも負けず努力してもらいたい。
判ったか!
本日の開場式は、これで終わる。 
今日からは私が諸君の父である。 
各班長は諸君の母と思え。
他の教官は全員が諸君の兄貴であり兄弟である。
何事でも良い、相談するように。
何事でも困ったことは申し出るように。
また終わったことは忘れてもいい。
忘れたら覚え直せ。
忘れては覚え、忘れては覚えしている間に、いつかは覚えて来る。
先ず、理屈抜きで身体で覚えるのだ。
身体で覚えたものはちょっとのことで忘れるものではない。

by yosaku60 | 2017-04-16 07:14 | インドネシア独立戦争 | Comments(0)
<< 柳川宗成物語(その10; 教育... クニンガンのワジャ(残留日本兵) >>


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月