あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



柳川宗成物語(その7;兵補との比較)

昭和十七年九月頃より広がり始めていた「兵補」の存在だ。
ここで少々「兵補」を説明しておきたい。
日本軍はインドネシア占領後、地域を分担して軍政を敷いた。
が、インドネシアは広大だ。
全土を統治し、護るには、兵力が不足した。
そこで補助戦闘部隊として現地人を採用することにした。
それを「兵補」と呼んだのだ。

十六歳から二十五歳までの青年を対象に募集した。
募集の当初は、志願者が多く五万人ほどが集まった。
しかし、すぐに不満が出て人が集まらなくなった。
日本軍の補助要員との位置づけに不満が出たのだ。
志願者が減ったため半ば強制的に徴募するようになった。
兵補の法的身分は、準軍属であった。
軍属ではなく、準軍属だ。
軍属とは、軍に採用される民間人を言う。

関連する国際法として、ハーグ陸戦条約がある。
条約では、占領地住民を強制して軍に従わせてはならない。
軍属としての法的身分では、国際法違反になる。
で、それに「準」をつけて準軍属としたのだ。
こういう言い逃れは、姑息である。
それも半強制的に徴募するのは、明らかに国際法違反だ。
原住民から不満が出たのは、当たり前だ。
ということで、「兵補」は、原住民に不人気だった。

が、これは、後々の話だ。
柳川がインドネシア青年による特殊機関を作ろうとした時点ではそうではなかった。
設立の初期であり、まだ、インドネシア人に歓迎されていたのだ。
が、柳川には、その時すでに「兵補」が行き詰まることは見えていた。
日本軍が目指す「兵補」と自分が目指す「特殊教育」は別である。

柳川は、二つを差別化した。
「特殊教育」は、「兵補」であってはならない。
「兵補」は、日本軍のためである。
「特殊教育」は、インドネシアのためである。
が、そのことを表に出してはならない。
誰にも悟られてはならない。
特に日本軍に悟られてはならない。
インドネシア青年は、独立に向けて燃えればよい。

日本人教官もそれを全面的にサポートする。
ただ、外部に対しては「日本のため」を見せつけるのだ。
教育の現場でそれを自覚しておれば、なんとかごまかせる。
誰にも本音を悟られずに、教育できる。
柳川は、そう心にとどめ、事を進めていった。

by yosaku60 | 2017-04-13 14:12 | インドネシア独立戦争 | Comments(0)
<< 柳川宗成物語(その8; 青年道... 今朝のアグンサンは2色でした >>


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月