あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



ドミニカからの密航者(その21; 最終回)

11月5日。
商船三井担当者殿の自宅に電話。
続いてサントドミンゴ代理店と電話する。
サントドミンゴの電話でリオンのレジスターが整い、
2日前東京、サントス、サンパウロに送られていることを知る。
確認のためサンパウロに電話する。
昼食中でいない。
サントスに電話する。
確かに受け取ってること及びサントスから送還すべくワーク中であることを知る。
送還準備として密航者に新品の服と靴を買い求めるよう依頼される。
後は優秀なサントス代理店に任そう。
.....(経費として代理店からの電話代発生)
......(密航者の服靴購入代、買い物のための交通費経費として発生)

(17)  送還

11月10日 サントス入港。
FEDERAL POLICE に密航2名の身柄を渡す。
......(経費として送還費用カウンテイング開始


........

(解説)

当時は、国際電話をかける携帯電話などなかったことを
知らないと、こうした行為が理解できないと思う。
いずれにしても、代理店の事務所に電話をかけるために出向いた。
出向く際は、まだ、レジスターが出来、送還手続きが開始されて
いるとは、知らなかった。
そのため、市内にある代理店オフイスには、リオンを連れて行った。
リオンにリオンの恋人に電話させ、父親の説得に当たらすためだ。
ただ、リオンはパスポートもなく上陸許可証もない。
港の外に出ることができない。
また、逃げられても困る。
それで、私は、船長の服装を着て、リオンの手と私の手をロープで
つないで外に出た。
船長の肩章は、軍隊で言えば「大尉」に相当する。
権威があるので、ポリスも捕まえないだろうと思ったからだ。
d0083068_91716.jpg

代理店に行って、電話をかけたら、
上記のようにレジスターができ、送還手続きが始まっていることを知る。
リオンを連れて来る必要がなかったのだ。
それはそうとして、レジスターができたことは嬉しかった。
リオンが恋人と話したいと言うので、許可した。
恋人の声を聞いたリオンは、「帰りたい」と言いだした。
無理もない。
代理店のオフイスを出て、商店街に行き、リオンとペドロの服と靴を買った。
私もリオンも上機嫌であった。
タクシーで港に戻った。
ゲートを入ったところをポリスに捕まった。
上陸証明証を見せろと言う。
「ない」と言うと、二人繋がったまま、引っ張っていかれた。
牢屋に入れられ、鍵までかけられた。
私は、慌てなかった。
このポリスは多分新人だ。
外国船の船長というのは偉い、ということを知らない。
私はポリスに大声で怒鳴った。
「ポリスの責任者を連れて来い」
「連れて来たら、お前の無礼さを訴える」
「お前はポリスを辞めることになる」
その恫喝に恐れて、ポリスは牢屋の鍵を開けてくれた。
但し、このことは恥ずかしい(捕まったので)ことなので、
会社の報告書には、書かなかった。


サントスでの送還手続きは、報告書に書いていない。
なぜなら、サントスの代理店が報告するであろうから、
私が特段に報告する必要がないと思ったからだ。


以上で、サントドミンゴからの密航者を終わります。
報告書を転記しながら、若かったなあ、と改めて思いだしました。
by yosaku60 | 2017-03-26 09:18 | 日本=船員・船長時代 | Comments(4)
Commented at 2017-03-26 16:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゆーちゃん at 2017-03-26 22:51 x
17,8年前の正月早々与作さんのお家に転がり込んだ時、今回の密航者の事や想像すら出来ない海賊の話などを聞かせてもらいましたよね。その時は別世界の事のように楽しく聞かせてもらいましたが、今回読ませてもらってるうちに次元は全く違いますが、密航者と転がり込んだ自分はどこか同じ所を感じています。今になって謝ってもどうにもなりませんが、その節は本当にすみませんでした。でも最高に楽しかった~~~~、ありがとうございました。
Commented by yosaku60 at 2017-03-27 09:21
shinjiさん。

マカシー。
Commented by yosaku60 at 2017-03-27 09:25
ゆうちゃん。

読んでくれたんですか。
ありがとうございます。
ゆうちゃん。
逢いたいなあ、
逢って一緒に飲みたいです。
今年中に.....
<< ドミニカからの密航者(その22... ドミニカからの密航者(その20... >>


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月