あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



ドミニカからの密航者(その8; 逃亡Aの4)

弟のリオン、川に潜っているに違いない。
乗組員とそのうち見物者も加わって桟橋周囲の海面を睨み続ける。
 「もう逃げ切ったかもしれない」誰かが言い出した頃、
桟橋に接舷した機帆船の横で歓声が上がる。
疲れて浮いて来たリオンを見つけ、引き上げる。
この逃亡劇でリオン、夜泳いでも見つからないことに自信もつ。
逃亡後約1時間。
.........(経費としてボート乗組員への捜索礼金発生)  
.........(同じくポリスへの謝礼贈り物の経費発生)
.........(代理店も捜索に加わるがこの経費不明)


(8)ドアーダンパーの補修後 再保護

打ち破られたダンパー部分に鉄板を嵌めボルト締め補修後、再度保護する。
シャワーを浴びること要求されるも、出港後迄待てと断る。
この断りが次の逃亡につながった点あり、私のミスであった。
二回目の逃亡での捜索で私自身泳いだが、
ここはアマゾン河でもリオネグロと呼ばれる黒い水。
泳いだ後、頭洗うと洗面器が真っ黒になる。
彼らとて、ドップリと水に浸り気持ちが悪かったはずである。
さらにダンパーを鉄板にしたため、空気の換気が悪く、
室内の衛生条件良くなかった筈である。
この不満が爆発して二回目の逃亡になった部分あり。
10月26日の夜より出港までワッチマンを手配し、ドアーの前で見張らせる。
夜中に見てみるとワッチマンは隣の部屋で寝ている。
代わりにに朝まで船長が見張る。
.........(経費としてワッチマン手配代金発生)

...............

(解説)

リオンを見つけた;

浮き桟橋の沖側には、本船が着いていた。
内側(浮き桟橋の港の陸岸側)には、小さな機帆船が何隻も着いていた。
機帆船の中では人が生活しているため、電気がついていた。
その機帆船の横にリオンが浮いて出てきた。
浮き桟橋の上には、本船乗組員が総出で見張っていた。
機帆船で生活している人々もその騒ぎを聞きつけて知っていた。
それで、浮いて来たリオンをすぐに見つけられた。
ただ、浮き桟橋を離れ、少し遠くに泳ぐと真っ暗で上陸できそうな処がいっぱいあった。
何故、そこまで泳がなかったのだろうか。
後日、リオンに聞いた時のリオンが答えが、
「真っ暗なところは怖かった」であった。
やはりまだ子供だ....と思ったことを想い出す。

リオネグロ;

リオネグロは、ポルトガル語で「黒い川」の意味。
マナウス港は、アマゾン川でも二つの大きな川が合体する処にある。
その二つの川の一方をリオネグロと言う。
上流の木の葉の溶けるのが多く、黒色に変色しているのだそうな。
マナウス港は、リオネグロの方に位置する。
ということは、沖の方向に、もう一本の川があることになる。
川の色が違うので、その境が完全に解る。
そんな、アマゾンの大河ぶりが感ぜられる処がマナウス港だ。

二回目の逃亡;

思い出しても嫌になる。
あの時の悔しさがよみがえる。
最悪だった。
by yosaku60 | 2017-03-12 07:25 | 日本=船員・船長時代 | Comments(0)
<< ドミニカからの密航者(その9;... ドミニカからの密航者(その7;... >>


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月