あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



ドミニカからの密航者(その5; 逃亡Aの1)

7、マナウス港 一回目の逃亡 

10月26日 18時20分 マナウス港 フローテイングバースに着桟。
入港で乗組員がザワザワしているチャンスを狙い、ドアー下方のダンバーのビスを外し始める。 
道具を使わず指先で回しているうちにビスが緩む
内側のダンパーを完全に外し、抜いたビスをこれ見よがしに机の上に並べる
外側のダンパーは足で蹴れば開けれる。 
この状態で通路の物音に耳をすませ待機。
21時30分、外側のダンパーを蹴破り脱走。
アッパーデッキのアイアンドアーは、ロックが壊れていた。
外から入れないが、内からは出れる状態であった。
で、容易にデッキに出る。
左舷側(川側)のデッキからロープを降ろし、それを伝ってアマゾン川に逃げる。
リオンは途中からすぐに川に飛び込んだ。
ペドロはロープをしっかり掴んでいたため、途中で手が滑り、手の皮をすっかり擦りむく。

..........

(解説)

マナウス港;

アマゾン川の河口から上流の丁度中間点にある大きな都市。

フローティングバース;

アマゾン川は、雨季と乾季とでは、水量が極端に変わる。
水量が違うということは水位が違うということで、その最大高低差は10mになる。
こう言う場所では、固定式の岸壁は作れない。
水位と一緒に上がり下がりする、浮き桟橋でなければならない。
浮き桟橋のことをフローティングバースという。

ダンパー;

ドアーは木製だが頑丈にできている。 
そのドアーの下部に30センチ四方ほどの穴を空け、
アルミ製の蓋をしている。
その蓋には、スライドできる格子がついていて、
室内と室外との空気の取入れができるようになっている。
その構造をダンパーと言う。
このアルミ製の蓋の枠が、ドアーにビス止め(10個ほど)されていた。

ビスが緩む;

あとでのことだが、「どうしてビスを開けれたのか」と聞いたら、
「指で押しながらまわしたら緩んできた」
「一個外したら、その一個を利用して、次々に外せた」
「簡単だった」とうそぶく。
吉村昭が実話の小説{破獄}の中で、主人公の脱獄者が
「どんな釘であろうと長期間指で押して回しているうちに動いて来て抜ける」
と告白していることを思い起こされる。

これ見よがしに机の上に並べる;

これを見た時、まさにそう思った。
密航者は、私(船長)を馬鹿にしているのだ。
こんなドアー、簡単に抜け出れるよ、という私への嫌がらせだ。
ビスが床に散っていたのならまだ許せる。
机の上に、きとんと並べておいてあった。
私への挑戦だ。
これを見た時、畜生目と、ムラムラ腹が立った。
絶対、捕まえてやる!
まだまだ若かった船長のオレ、
逃がすものか待ってろ、と闘志をメラメラ燃やした。
by yosaku60 | 2017-03-09 07:41 | 日本=船員・船長時代 | Comments(3)
Commented at 2017-03-09 14:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yosaku60 at 2017-03-10 08:18
shinji さん。

今読み返してみると、報告書は淡々と書きすぎです。
実際には、もっともっと大変でした。
Commented at 2017-03-10 09:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ドミニカからの密航者(その6;... ドミニカからの密航者(その4;... >>


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月