あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



キンタマニー山(仮称)の高さ、納得できず

2013年12月24日に書いたオレのブログ記事、
バリ島の世界遺産(バトゥール湖:その2)を見て欲しい。
その中で、昔にあったと思えるキンタマニー山(仮称)の高さを予測している。
絵を描きながら、勝手に引っ張った線から、3800mとの予測であった。
これが正しいかどうか、昨日、キンタマニーの火山博物館に行ってみた。
(だから、ブログもお休みした)
物好きでしょう!笑ってやってください。
さて、次の写真が博物館の受付。
きれいに整頓されている.....で、なんと、入場料無料。
礼儀正しい二人の青年がにこやかに迎えてくれた。
d0083068_854152.jpg

カルデラの全貌が見て取れる航空写真は見ごたえがあった。
d0083068_8544395.jpg

さて、ずーと見て廻ると......
d0083068_855833.jpgあった、あった!(右)
カルデラが出来る前のキンタマニー山。
そうか、やっぱりあったんだ。
外輪山の一部と思っていたアバン山は、
外輪山ではなかった。
キンタマニー山の噴火と同じ経緯の
噴火でできた隣の山だった。
新しい発見だ。
そして、意外や意外、キンタマニー山の高さ、
キラキラ(約)3000mと書いてある。
なあんだ、案外低かったんだ!!
と、その時は思ったものの、
運転しながらの帰り道、納得できなくなった。
高さに畏敬を持つバリ人。
神が住むと崇められるアグン山は、3012m、
それを超えて表現してはならない......
なんて、考えて低めに書いたのではなかろうか。
きっと、そうである。
オレがバリ人なら、やっぱりそうする。
幻のキンタマニー山は、富士山の高さに近いはずだ。
絵を描くときのオレ、結構に正確に描いたからだ。
自分の予測を裏付けるため、絵からではなく数字から迫ってみた
このしつこさ!これも笑ってやって下さい。

まず、博物館に書かれている3000mが正しいとして、
キンタマニー山の傾斜が何度になるかの計算だ。

半径: カルデラの直径は短い所で10キロ、長い所で13.8キロである。
    単純平均して12キロとし、で、半径は6キロとした。
高さ: 3000mであるが、カルデラの外の地形海抜はおおよそ1000mなので、
    その分を引くと、2000mが高さの計算根拠となる。

以上で、計算される山の傾斜は、18度である。
少々ゆるやかな山ってことで、特別におかしくないかもしれない。

だけど、だけどだよ!
キンタマニー山と同じ経緯で出来た隣のアバン山の傾斜角度は25度である。
このアバン山の写真は昨日撮ったものだぜ(笑)
d0083068_8571445.jpg

ついでに、神の山アグン山だが、少々傾斜がきつく26度である。
d0083068_856051.jpg

同じ噴火岩石を持つバトル山もやってみた、24度であった。
d0083068_8562798.jpg

そう、このあたりの山の傾斜は、大体がみんな25度なのだ。
で、傾斜25度で、幻のキンタマニー山を計算してみると、
山の高さ(海抜)=1000m+6000Xtan25度=3800m

となる。
で、オレは言いたいのだ。
幻のキンタマニー山は、やっぱ3800mだった!
by yosaku60 | 2014-08-10 09:54 | バリ島=地方・景勝地 | Comments(0)
<< tradtional vill... バリ人どおしは、まあまあなあな... >>


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月