あけっぴろげてあらいざらいのあるがまま



シンガラジャ戦没者墓地

残留日本兵で最後まで生き残った平良定三さん。
その平良さんの奥様、メルダさんから、
平良さんのお墓はシンガラジャにあることを聞かされていた。

で、平良さん(ニョーマンブレレン)のお墓まいりをすることと、
墓地に平良さん以外の他の日本人のお墓があるかどうか、
また、墓地のお墓の下に、骨が残されているかどうか、
を確かめたく、シンガラジャ戦没者墓地に行って来た。

d0083068_735518.jpg右がその戦没者墓地の全景。
小さくてわかりにくいが、
塔の右下の青いのが祈るクトゥ。
墓地の正式名は、
Taman Makam Pahlawan
Curastana Singraja 。

墓地に行った日は日曜日だった。
案じたとおり、
墓守人の事務所は閉じられていた。
事務所前のボードに、
500ほどのお墓の番号と名前が
記されていた。
が、その中にニョーマン・ブレレンの名前が見つからない。
幸いに、我々はクトゥの甥二人と姪一人を加えて6人の大勢で出かけていたので、
全員で手分けして、ひとつひとつお墓を探すことにした。

d0083068_7381956.jpg若者は早い。
名前を読み読み、
お墓の間を縫い縫い、
小走りに走って探した。
で、5分もしない内に見つけた。
墓標ナンバー168番。
nyoman buleleng と書かれた、
お墓を見つけた(写真左)。
お墓は見つかったが、
前述どおり、
他に日本人がいるか、
お墓の下に骨があるか、
の二つをどうしても確かめたい。
と、もういちど事務所に戻ると、
扉の前に「ご用の方は電話するように」
d0083068_7415718.jpgとの張り紙を見つけた。
電話をすると、
10分ほどして墓守人(右の人)が
駆けつけてくれた。
休日出勤となった無礼を謝ると、
私はこの墓地を守っていることで、
幸せを得ている。
お墓のことを知りたい人があれば、
いつでも駆けつける。
との、バリ人離れした答えが
かえってきた、ありがたい。

で、彼に問い合わせた結論であるが、

1、日本人のお墓はない。
2、ニョーマン・ブレレンもバリ人として葬られている。
3、ニョーマン・ブレレンはデンパサールで火葬された後ここに葬られた。
4、2000年に火葬してないものは掘り返して、全てを火葬した。
5、それ以降に運ばれたもので、火葬されていないものが13体ある。
6、が、これも、いずれまとめて火葬する予定である。
7、火葬しないと、ご遺体に失礼だからである。
ということであった。

タバナンの戦没者墓地と全く違った意見である。
即ち、
シンガラジャ戦没者墓地は、いずれ全て火葬されることを終点としている。
が、タバナン戦没者墓地は、骨が埋葬されたまま触らないこととしている。

扱い方が違っているのだ。
バリヒンドゥーでは、お墓はない。
だから、死人がお墓に入るという概念もない。
戦没者という英雄を祀るためとして特別な扱いでのお墓なのであろう。
特別な扱いということは、扱いが特定されないということでもある。
で、タバナンのお墓もバリヒンドゥーとしては例外的に許されているのだろう。
こうした例外を受け入れるおおらかさ....
バリヒンドゥーの経典の懐の深さを再確認した思いである。
by yosaku60 | 2014-06-16 07:51 | 帰らなかった日本兵 | Comments(0)
<< 可愛い生徒さん ペペスだけでご飯が食べれます。 >>


常時ほろ酔い候
カテゴリ
画像一覧
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月